立場変われば人格も変わる、典型的な教科書

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は仕事が遅くなってしまったので、ルアー作りは無し。
しかも面倒臭いのでカップ麺にしようと思い、麺コーナーへ。
そこで偶然見つけたのが、カップ焼きそばなんですが、お湯
を切らずにそのまま何か入れて、あんかけ風焼きそばにする
というもの。
こりゃ~食べてみようと思い、早速買って食べて見ました。
待ち時間後に粉末をいれて掻き混ぜ、さらにとろみが出る液
体をとろみが出るまで掻き混ぜるんですが、なかなかとろみ
が出ない。
しかも混ぜてる最中にこぼれるし・・・。
発想は面白いんですけど、もう少し陽気の形態を工夫すべき
じゃないかな、って思った次第です。
味は・・・、こんなもんでしょ。
ただこれだけじゃ満腹にはならないので、結局、もう1個の
カップ麺も食べちゃいました。
身体に悪そう・・・。

ってことで、本日最初の記事がこちら↓
「欧州軍」創設、メルケル独首相も同調
(AFP BB NEWS 2018年11月14日 12:32 配信)

フランス大統領のマクロン氏だけならともかく、ドイツ首相
のメルケル氏まで、言い出すとは・・・。

んじゃ何で「欧州軍」を創設する必要があんの?ってなりま
すよね。
もちろん現在の米軍主導型のNATOでは、トランプ大統領から
横槍ばっか入れられて、「我慢出来んは!」ってのもあるんで
しょうが、個人的にはEUが今後は中国が台頭して来ると考えて
いるように思えます。
このように考えると、米国主導型では手遅れになる可能性が、
非常に高くなりますので、今の内に欧州軍を創設しちゃえ、っ
て考えても、何ら不思議ではありません。
但し前提条件があります。
「米中通商問題で両国が合意すること」
なんです。
現在の中国では、米国に金融面で制裁をやられると、あっと
いう間に窮地に陥りますから、「合意する」ってことは、
米国の要求に従うものと思われます。
米国の要求とは何ぞや?
自由と秩序でしょ。
国家が勝手に、
為替操作すんな!
技術を盗むな!
法を遵守しろ!
人権を尊重しろ!
ってな感じで、中国がこれらを守るようになると、中国は世界
でも稀に見る一大市場になっちゃいます。
こうなると、米国から中国の時代、ってのが訪れる可能性も否
定出来ないんじゃないのかな。
それにしても、EU各国が技術共有をした上で、欧州軍を創設し
たら、かなりの軍隊になるんじゃない。
問題は資金だけです。

お次はこちらの記事↓
ロヒンギャ迫害は「理由のない」暴力、ペンス米副大統領がスー・チー氏非難
(AFP BB NEWS 2018年11月14日 20:40 配信)

このアウンサンスーチー氏は、暴力に訴えることなく長年に
渡り、何回も自宅軟禁を余儀無くされつつも、遂に軍事政権
から民主主義を勝ち取った女性なんです。
だから当時は、民主主義活動家としての側面をぜんめんにm押
し出していたんでしょう。
しかしミャンマーの民主化が成立し、政治の舞台に上り始めた
頃から、活動家ではなく政治家に転向したものと思ってます。
つまりミャンマー国民の9割以上が「仏教徒」なんです。
民主主義国家として産声を上げた以上、政治家として民主主義
に従う義務があります。
ってことは、必然的に仏教徒の声が政治にも反映されることに
なりますよね。
そして、日本統治から英国統治に移行したことにより、イスラ
ム系労働者が当時のビルマに移民してきたことが、事の発端、
って言われています。
ただね~、本当にそうなんでしょうか?

以前に述べた個人的な妄想を、もう一度おさらいすると
①インドのベンガル地方の方言を共通語としている
②ロヒンンギャという名詞は、大東亜戦争以降の近代史から
 出現している
③ミャンマーラカイン州近郊に実在したアラカン王国には、
 すでにムスリムが存在していた

程度しか、私のような庶民には分かりません。

でもね、このように考えることは可能でしょ。
アラカン王国にムスリムが存在し、ベンガル地方というイス
ラム教の地域において、その方言を共通語にしているんです
よ。
英国支配によって連れて来られた、ってな訳無いでしょう。
但し、本来住んでいたムスリムに、英国がさらにムスリムを
送り込んだ可能性は、非常に高いものと思われます。

ここまでが「ロヒンギャ」と呼ばれる方々の祖先とも言える
集団でしかありません。
んじゃ、現在のロヒンギャは?
全く分かりません!
少なくともミャンマー政府は、ロヒンギャを民族としては、
認めていないんですが、国際的には認めているようですし。
だからアウンサンスーチー氏が攻撃されるんでしょ。

民主主義に則った政策なのに。

中国は一党独裁国家ですから、ウィグル問題と同列に扱う
べきでは無いと思うんですけどね。
それでも「人権侵害」という事実は、「同じ」か・・・。

この女史は政治家になってからボロクソですね。
このような政策を採択せざるを得なかったのも、これまた
自業自得と呼べるのかもせれません。

最後は、こちらの記事↓
イスラエル国防相が辞任=強硬派、ガザ停戦に反発
(時事通信ニュース 2018-11-14 21:54 配信)

この記事で注目すべき文言はこれだけでしょ↓
「イスラム組織ハマスとの停戦を受け入れたネタニヤフ首相
の判断を「テロに屈した」と批判し、総選挙の早期実施を要
求した」

種は同じでも花の色が異なると、ここまで戦争が続くんです。
宗教が違えば、しかも圧倒的多数と圧倒的少数が混在すれば
国家が乱れるのも当然のこと。
一方的な宗教徒の構成に偏った国家には、「民主主義」って
なもんは導入しない方が、ひょっとして良いかもしれません
ね。

●●●追伸●●●
いつも暴想ばかりしていますけど、今回も同じです。
軍事政権を打倒するため、そして民主化を目的にして活動し
た女性は、光り輝いていました。
でも民主化という目的を達成した女性は政治家に転向しちゃ
いました。
何故なら、そこにはまだ「活動家」としての意識が残ってい
たからこそ、「政治家」に転向して「活動家」だった頃の
目的を突き進もうと考えていたんだと思います。
でも政治家になったら、そうは問屋が降ろしません。
あらゆるしがらみが発生しますからね。

「立場変われば人格も変わる」
典型的な教科書だと思いますよ。

「利」の存在は、すなわち「妖怪」の存在と同じなんです(いるんだけど、気付かない「利」)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はアサリのボイルが68円/100gと非常に安かったので、
200g購入して帰宅しました。
早速、バターで炒めて味付けにめんつゆを入れて、酒の肴に
したんですが、これがメッチャ美味いんです。
ってことで晩飯を急遽、うどんに変更したんです。
ネギ・ミョウガ・卵・バターうどんの完成。
しかしこれがどうにも「微妙」なお味・・・。
めんつゆとバターの相性は良いと思ったんですが、そうでも
無さそうです。
塩・バター・コーンラーメンのようにはいかないものです。

ってな訳で、本日最初の記事はこちらから↓
林修、人脈という言葉は「人を金儲けの道具として見ているから出てくる言葉」 SNSが損得ありきの人脈作りを加速していると指摘
(キャリコネニュース 2018.11.13 配信)

この記事の内容は、その通りだな~、って思います。
ただ個人的には「損得」じゃなくて「利害」なんじゃない、
って考えてます。
個人の「利」なんて数え切れない位、存在しますからね。
ってことは、この記事はどちらかと言えば、
「企業などの組織」
「SNSなどの集団」
に的を絞った内容になっているように思います。
ここに的を絞ってるんなら、納得がいくんです。
この記事をご紹介したのは、
「ルフィー型」
「ケンシロウ型」
の分類の仕方が面白かったから。
言われてみれば、確かに「そうだな~」って思っちゃった
からなんです。

人脈・水脈・山脈・鉱脈。
いずれの「脈」も、「何らか」の「繋がり」を表す言葉。
特に「人脈」は、「利」・「主義」・「主張」などの「繋が
り」が強いのも当然かと思いますけどね。

お次の記事はこちら↓
1.5~2度の温暖化で氷床「回復不能」の恐れ、パリ協定のシナリオに警鐘 論文
(AFP BB NEWS 2018年11月13日 13:51 配信)

相変わらずの「地球温暖化」ってな論文ですね~。

翻ってこちらの記事をご覧下さい↓
地球の最低気温を更新、-94℃、南極の高地
(NATIONAL GEOGRAPHIC 2018.06.29 配信)

地球全体の温度が上昇して氷床は融解したとしても、蒸発し
て雲になり、やがては雪となって南極に戻って来る、ってこ
とじゃ無いのかな?
例えね、南極大陸の氷床の面積が減少しても、南極大陸の山
が成長すれば、差引き「ゼロ」でしょ。
これは異常気象になります。
そして「地球温暖化」で、「異常気象」を証明することも説
明することも出来ていないんです。

ってことは、まったくの別物として研究すべき事象でしょ。
何で無理矢理結び付けようとするのか、理解出来ません。

そしてこちらの記事↓
イギリスで、アメリカ大統領が今年の「イスラム恐怖症者」に選出
(Pars Today 2018年11月12日20時43分 配信)

そもそも何ですが、この「イスラム恐怖症」っていう日本語
訳が間違っているように思えます。
別に「恐怖」しているんじゃなくて、イスラム教とムスリムに
対する「嫌悪」「憎悪」「偏見」ってことでしょ。
私のような庶民では、この記事の内容を精査することは出来ま
せんでしたので、何とも言えないんですが、仮にこのような発
表があったとしても、「だから何やねん!」って感じです。
トランプ大統領が問題視してるのは、あくまでも、
「「絶対的・排他的」イスラム原理主義集団」
でしょ。
そして、それを見極める手段が無いってこと。
だから、この文言↓
「トランプ大統領は、イスラム教国である複数の国の国民に対
し、アメリカ入国を禁じる大統領令を発令しています」
何故なら、自国民を危険に晒す訳には行きませんからね。
当然じゃないんですか。
日本も9.11同時多発テロ級のことを実行されれば、「移民」っ
てな考えは吹っ飛ぶと思います。

だって自国民を守ることも、重要な自国の「利」ですから。

最後はヤッパリ、この記事でしょ↓
TAG交渉で貿易拡大=米側、障壁に不満-安倍首相とペンス副大統領が会談
(時事通信ニュース 2018-11-13 20:09 配信)

まずはこちらの文言↓
「日米物品貿易協定(TAG)交渉を通じ、日米双方の利益と
なるよう貿易・投資を拡大していくことで一致した」
米国が日本に折れた印象を受けます。
折れたというよりは、先延ばしにした、って方が正解か。
とにかくTAGを基本として、貿易・投資を拡大するという、
言質を取った、ってこと。
但しそれだけじゃ「終わらへんで~・・・」が米国。

それが、こちらの文言↓
「日本市場には貿易障壁が残っているとの不満を表明」

日米間の貿易障壁に関しては、こちらをご覧下さい↓
2018年USTR外国貿易障壁報告書(日本関連部分概要)
(外務省HPより 平成30年4月 発信)

外務省としては、かなり分かりやすく記述された内容だと
思っています。

そしてこちらの文言↓
「日本政府によると、会談で両氏は、米国が協定交渉中に日
本製自動車への追加関税措置を発動しないことを改めて確認」
日本政府は、この文言をFTAにまで拡大したいんでしょう。
しかし米国政府は、あくまでもTAG限定の立場みたいですね。

だってこの文言↓
「米国はあまりにも長い間、日本との貿易不均衡を抱えてき
た。米国の製品とサービスはしばしば障壁に直面し、日本市
場で公平に競争できていない」と懸念を表明」
あえて「サービス」って言葉を入れて来た以上、米国の目的
はFTA、ってことになります。

この米国の目的を牽制するために、
「首相は共同記者発表で「公正なルールに基づく、自由で開
かれたインド太平洋地域の経済発展を実現していくことを再
確認した」と強調した」
んじゃないのかな。
つまりはTPP加入の再考を、安倍首相は米国に打診してるっ
てことなんです。

これに対する米国の回答がこちら↓
「2国間貿易協定は自由で公正で互恵的な貿易の絶好の機会と
なる。交渉開始を歓迎する」
とことん「交渉開始、やろうぜ!」ってことです。

ただ、この後に意味深な発言を米副大統領はしてるんです↓
「協定は物品だけでなくサービスも含めた重要分野の条件を
整備し、アジア太平洋地域の模範になる」

ここからは暴想の領域に突入します。
「物品だけでなくサービスも含めた重要分野の条件を整備」
とは、日米で条件整備を「作ろうや!」ってことなんじゃ
ないのかな。
もしもこの「条件」を日米で「整備」し、TPPの「模範」と
することが出来れば、米国はTPPに加入しなくても、2国間
協議でTPP加盟国との交渉が可能になるんです。
だって「条件」を「整備」した国なんですから。

個人も企業も国家も、「利」あるのみ(ラオウ風に)。

●●●追伸●●●
例えばメッチャ可愛い子は芸能界にデビューしますよね。
そしてファンが出現します。
この子にとっては、「可愛い」が「利」なんです。
だからこそ「ファン」という「益」が産まれるんです。
「利」が「益」になり、「金」になっていく。
ここには本来の「人間関係」は存在しないんでしょうね。
だから
「金の切れ目が縁の切れ目」
って文言が存在するんでしょう。
これが現在の「人脈」ってことかな。

本当は婚姻関係にも「利」が存在するんですけど、またの
機会にでも述べさせて頂きます。

「利」が直接「金」を産むんじゃなくて、そこに「益」が
産まれるからこそ、初めて「金」が産まれるんです。

我々の身の回りには、あらゆる「利」が存在しています。

「妖怪」のように・・・。
posted by とんくん at 23:07Comment(0)日記

利益優先の方が理想優先よりもマシなんじゃない?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は久しぶりに新入社員たちと昼飯が一緒になりました。
色々な話題が出て来るんですが、ちょっと気になった会話が
こちら↓
「あの課題、進んでんの?」
「アカン!時間的に余裕があらへんから全然進んでへん」
ってな感じ。
個人的には、
「時間的に余裕が無い」
って文言は、
「時間的な余裕を作り出すための行動をしていない」
って考えてしまうんです。
理由は簡単で、仕事が出来る人ってのは、
「どれだけ忙しくても、様々な仕事をこなして行く人」
って思ってるからなんです。
仕事をこなして行く以上、必ずそのための時間を捻出しな
ければなりません。
例え、どれだけ忙しくてもね。
出来る、出来ないってここだけだと思うんですけどね。
ちなみにこのことは新入社員には言ってませんよ。
楽しい昼休みがつまんなくなっちゃうから。

ってな訳で、本日最初の記事はこちらから↓
殺虫剤でハチの社会性低下、幼虫の世話せず非活動的に 研究
(AFP BB NEWS 2018年11月9日 16:43 配信)

ネオニコチノイド系殺虫剤って、1990年代から使用され始
めた殺虫剤ですよね。
そして1900~2000年代にかけて、ミツバチの大量死や失踪
事件が多発しています。
電磁波説もありますが、個人的にはこの殺虫剤説のほうが、
遥かに有力なんじゃないのかな、って思います。
そもそもは人類を含む哺乳類や鳥類、爬虫類に対しては安全
だ、って言われており、何故か昆虫にのみ効力があるような
説明がなされていました。
しかしこれも崩れつつあるようですね。
特にハチの社会性は「本能」が司るものでしょ。
その「本能」に悪影響を及ぼす殺虫剤の成分が、人間に安全
だとは、到底思えないんです。
実際にそのような論文も出てますしね。
但し植物を昆虫に食べられると、我々人類の食物が減少する
こともこれまた事実。
特にミツバチなんかは、受粉は手伝ってくれるし、蜜は採っ
てきてくれるし、人類には欠かせない昆虫でもあります。
このような蜂を絶滅危惧種にしちゃ、ダメでしょ!

お次もAFPから、こちらの記事↓
動画:仏大統領、ナショナリズムの台頭に警鐘 トランプ型「自国第一」主義を批判
(AFP BB NEWS 2018年11月12日 12:13 配信)

最も注目すべき文言がこちら↓
「「ナショナリズムは愛国心を裏切るものだ」とマクロン氏。
「自分の利益が第一で、他者は二の次だと言うことによって、
国を尊いものにし、命を吹き込み、偉大にするもの、中でも
最も重要な道徳的価値観というものを、われわれは消し去っ
ている」と訴えた」
このように言わないといけない位、EUは難民問題で分裂状態
になりつつある、ってことなんでしょうね。
この問題をきっかけにして、EU各国で保守陣営・政党が勝利
して来ているんですから。
仏独共にEUにおける「宗主国」的な立場を維持したいんじゃ
ないかな、って思います。
そのためにはトランプ大統領は「邪魔な存在」となります。
トランプ大統領がいなくなれば、EU各国の「自国第一主義」
も崩壊する、とでも考えているんでしょうね。
そんなに甘くは無いと思いますけど・・・。

そしてお次はこちらの記事↓
親ロ派が独自「選挙」強行=ウクライナ東部、欧米は非難
(時事通信 2018-11-12 17:10 配信)

元々ウクライナって国には、「親露派」と「親EU派」が混在
しています。
しかし2014年にロシアがクリミアを併合してから、様変わり
しちゃいました。
それこそ「親露派」武装勢力の台頭です。
結果、この武装勢力が地方行政府各施設を占拠したことによ
り、一方的に「独立宣言」しちゃいました。
この「独立宣言」した勢力こそ、この記事にある2つの共和
国なんです。
つまり、
「自分の利益を、自分達の利益を、そして自国の利益を」
ってことなんじゃないのかな。
欧米はこれらの共和国に対して反発を強めるんでしょうが、
ロシアは間違い無く擦り寄ってる、って考えるべき。
プーチン大統領のことだから、ここに「中国」を一枚咬ませ
て来るかもしれませんね。

最後はこちらの記事↓
韓国陸軍 非武装地帯監視所の撤去を開始
(聯合ニュース 2018/11/12 17:21 配信)

お隣の妖精の国大統領は、遂にここまでの行動を起こし
始めたんですね。
朝鮮戦争って、米軍率いる国連軍と北朝鮮及び人民開放軍と
の戦闘でしょ。
その米軍と北朝鮮が終結宣言もしていないのに、こんな行動
をしちゃって「大丈夫?」、って思っちゃうんです。
米国の中国に対する政策を見れば一目瞭然のはずなんですけ
どね~・・・。
この妖精の国大統領の理想を、このまま韓国の政策に反映す
ると、近いうちに米国から「トンデモナイ」しっぺ返しを喰
らう、って発想は無いんでしょうね。
だってね、米国は北朝鮮に「上から目線」ではありますけど
歩み寄ろうとしてるんでしょ。
そこに同盟国である韓国が横槍入れて来て、黙ってるトラン
プ大統領とは考えられません。
つまり韓国には「自国第一主義」も存在しない、ってことに
なりますよね。

やっぱ、日本は距離を置きましょう。

●●●追伸●●●
「利益」は自分を、自分達を、そして自国を、ってなります
けど、「理想」に対して言えば、成り立つようで成り立ちま
せん。
何故なら「理想」のためなら「利益」を簡単に見捨てること
が出来るから。
極端な例で申し訳ありませんが、自分自身が信じる宗教の為
なら、「家族」をも犠牲に出来ますか?
宗教=妖精の国大統領の理想
家族=韓国国民
常識で考えれば、「有り得ない」んじゃない。
北朝鮮という宗教の信者に、妖精の国大統領がなっちゃった
としか思えません。

個人はいざ知らず、大統領なんだからせめて「自国」のこと
を最優先すべきでしょうに。

お隣を見てると、特に「自国第一主義」のどこが
「アカンねん!」
って思っちゃいます。
だって政府が自国の国民の生命・財産・領土を守るなんて、
当たり前やん!

現在の日本も同じでしょ。
posted by とんくん at 21:34Comment(0)思想