米国と中国に、世界が翻弄されてるようですね

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は帰りが遅くなってしまったんですが、まだスーパーが開い
てる時間だったので、スーパーに立ち寄りました。
念のため、惣菜コーナーを確認したんですが、何とお弁当が残っ
ているじゃありませんか。
早速確認すると、一口サイズの6種類のご飯に、これまた6種類の
一口サイズのおかず・・・。
しかも値引きシールが3回貼られて198円・・・。
元値は398円辺りでしょうか。
確かにバランスは取れているんでしょうが、余りにも「買う気」
が起こらないんです。
初めて見たお弁当でしたが、本日限りで抹殺されることでしょ。
だってこの形態のお弁当はご当地グルメや郷土料理を、少しずつ
味わうための形態であり、スーパーのお弁当には向いていないん
じゃないのかな。
お弁当で売るんなら「駅弁」でしょ。
でもどうせなんで購入して、食べてみました。
五穀米や十穀米、発芽玄米とかで6種類のご飯があり、肉2種類の
野菜4種類のおかずがあり、明らかにこれはお年寄りを狙った弁当
だな、って感じました。
美味しいんですけどね。

本日、どうにも気になった記事がこちら↓
合意破棄との対中非難に外交部「米国の責任転嫁は徒労に終わる」
(人民網日本語版 2019年05月21日15:21 配信)

特にこちらの文言↓
「報道によるとトランプ米大統領は17日、米中には実はすでに合意
があったが、中国側が破棄したと述べた」

実際の合意内容は不明ですが、少なくとも局所的な合意はなされて
いたのかもしれませんね。
但し、それすらも大局的な合意には至らなかった。
翻って中国としては、局所的な合意をすることにより、大局的な
合意を回避しようと画策した、って妄想すると、何となくですが
納得出来るんですよね~。

だから局所的な合意をしちゃったことをバレないようにするため、
「米側の言う「合意」が何なのか私は知らない。米側には度を超え
た望みの「合意」がずっとあったのかも知れないが、中国側の同意
を得た合意でないのは確かだ」
って言うしか無かったんでしょう。

次に気になる文言が、こちら↓
「第11回中米経済貿易協議が合意にいたらなかった根本的原因は、
米側が最大限の圧力をかけることで不合理な利益の要求を実現しよ
うとしたことにある」

米国側に責任があるんだよ、って言ってるんですが、「不合理」と
は中国にとっての「不合理」ってことであって、この言葉から妄想
すると、中国は逆に対米報復を加速させるつもりかもしれません。

この文言の直ぐ後に、
「これは初めから通用しない」
って、言ってるくらいですから。

このように妄想させる記事が、こちら↓
中国・習近平主席がレアアース産地を視察、「貿易戦争の兵器」とアピールか
(Record China 2019年5月21日(火) 18時40分 配信)

確かにトランプ大統領は、3000億ドルの中国輸入に対しても25%
関税を掛けると示唆してますが、レアアースは除外されてるんです
よね。
理由は単純で、米国が輸入しているレアアースの8割近くが中国か
らだから。
但しレアアースを中国が貿易戦争の武器に使っても、この記事に
も書いてる通り、「短期的」な効果しか出せないでしょうね。

米国債に関しては、中国は保有数を減少させつつありますし、
さらに日本は増やしつつありますので、これも武器にはならんで
しょう。
唯一武器になるのが、「在中米国企業」だと思います。
例えばね、テスラなんかは中国で散々荒稼ぎしたのはいいけど、
技術も設備も根こそぎ中国に没収されるのは、目に見えています。
それでも目先の利益を追求するんでしょうか?
もしくは中国の1企業と成り果てる覚悟なんでしょうか?

だったら「米国」のために働けや~!、ってのがトランプ大統領
の主張でしょ。
何かテスラが経団連に見えて来ちゃった。

でもね、このように妄想していくと、米中ともに解決の目途が
立たなくなってる、ってことです。
つまり米中貿易協議においては、現在が
「最悪の状態」
だと言ってもいいんじゃないのかな。
最悪ってことは、これ以上は悪くなりませんよ、ってことでしょ。
なんだかね、この関税合戦で米国の景気が悪くなる、って言う方々
もいらっしゃいますが、本当にそうなの?
一時的に悪くなることは十分にありえますが、長期的に悪くなるん
かな、って思っちゃうんです。
だってね、ベトナムなどの同等で安価な製品に換えればいいだけで
すし、他国の企業が米国内に工場を作っちゃえば、関税の影響なん
て微々たるもんじゃない。

つまり米国の景気を後退させる要因は、米中貿易協議とは結び付け
にくいんですよね~。

しかし日本とEUは、中国への依存度が非常に大きいので、モロに
影響が出るものと思われます。
つまり世界経済に関しては、米中貿易協議において日本とEUが足
を引っ張ることになります。

だからトランプ大統領は、日本やEUに対して自動車輸入に関する
関税と台数制限を、打ち出したものと妄想されます。
「いつまで中国べったりやねん!」
ってことなんでしょう。

個人的な妄想で、最も危惧したのが以下の2点↓
①中国人民解放軍
②日本の消費増税ショック

①について。
習さんが人民解放軍をどこまで掌握出来ているのか、ここが不明
だからなんです。
掌握出来てなかったら、中国の経済後退とともに暴走する可能性
が、常に付きまといますからね。
特に米国は、台湾に対する対話と援助を最大限に実施しています
し、中国はかなり敏感に反応しているようにも、見受けられます
しね。

②について。
5月20日の内閣府HPで詳細はご覧頂けるので、ここでは省略致し
ますが、1~3月期のGDPは2.1%増だったんです。
あれ~????
これで益々消費増税に拍車が掛かっちゃいそうです。
でもね、この内訳をしっかりと把握して下さい。
公共及び住宅などの個人投資は増加していますし、訪日外国人の
増加によるもの、って直ぐに理解出来ますよね。
翻って日本の経済を支える個人消費はって言うと、減少してるん
です。
国民の個人消費が弱い国に国力なんか、付きゃしません。
全てが他人頼りになりますからね。
個人消費が落ち込みつつあるのに、消費増税なんか「やろうもん
なら、さらに消費が落ち込み、日本政府の財源は枯渇の一途なん
じゃないのかな。
つまりね、日本円が大暴落する可能性があるってこと。
だから米国のメディアもIMFも、日本の消費増税に対して警笛を
鳴らしてんです。
このことにすら気付かない、ましてや「消費税はもっと上げる
べきや~!」って言ってる方々は、「経済」というものをご存知
無い方々、って思われても仕方がありませんよね。

日本さん、大丈夫???

●●●追伸●●●
中国に対してもイランに対しても同じだと思うんですが、今こそ
日本とEUが同盟を結んで、米国による圧力を和らげるべきだと、
心の底から思うんです。
出来れば、威厳はブレグジットで喪失しちゃった英国ともね。
但し条件があります↓
「脱中国」
ってのが。
これが出来ない限りは、同盟を結ぶべきではありません。

これが出来れば、かなり強力な同盟関係になりますよ。
米国も大歓迎するんじゃないのかな。

中国包囲網の一環としてね。

ロシアの思惑、米国の思惑

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、久しぶりに同僚たちと昼飯を共にしました。
でもね、せっかくの昼飯なのに会話は仕事のことばかり・・・。
昼飯のとき位は、そんなん忘れろや~!って思うんですが、そう
も行かないようです。
そんな中で優先順位の付け方が、話題になりました。
但し、何を言ってるのか意味不明・・・。
「もっとブラッシュアップさせないと・・・」
「プロシージャの見直しが必要かも・・・」
下品な言い方で申し訳ありませんが、
「横文字オナニー野郎」
そのものじゃないですか、これって。
つまりは横文字による「自己満足野郎」ってことです。
優先順位なんて、以下の4つがポイントだと、私は教えられて来ま
したけどね↓
①直ぐ出来んの?
②簡単なん?
③費用は安いん?
④効果は大きいんか?

改めて説明する必要も無いくらい、単純ですよね。
①から、短期・中期・長期に分類します。
②から、自部署のみ・他部署・業者を分類します。
③から、必要経費を小・中・大に分類します。
④から、効果を小・中・大に分類します
ってことで、最も優先順位が高いのは、
「直ぐに出来て簡単でコストは安く、効果が大きい」
ものが最優先順位、ってことになります。
当然ながら順位は、
①>②>③>④
ですからね。

意味不明な横文字なんか、全く使う必要すらありません。
マジで、喉元まで
「横文字オナニー野郎」
って出掛かったんですが、我慢しました。

せちがらい世の中に、本当になって来ましたね~。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
米大使館近くにロケット砲=「イランの脅威」警戒中―イラク
(時事通信ニュース 2019-05-20 05:23 配信)

これはさすがにチョット「予想外」でした。
こんなことをやられて、黙っているトランプ大統領とも思えま
せんから。

って考えていたら、やっぱりこんな記事が↓
「戦いたいならイランは終わり」 トランプ氏が警告 米政権内部で争いとの報道も
(AFP BB NEWS 2019年5月20日 10:40 配信)

この記事でポイントとなる文言の1つがこちら↓
「トランプ氏自身も最近、ボルトン氏を「和らげる」必要があると
発言していた」
武力による威嚇と威圧は必要ですが、必要以上にやってしまうと、
イランの操り人形たちが、何をしでかすか分かりませんよ、って
ことでしょ。
それ故の、「和らげる」、なんじゃない。

だって2つ目のポイントとなる文言が、こちら↓
「イランの外相は18日、イランは戦争に反対すると述べ、中東で
新たな戦争が起きる可能性は低いとの見方を示した」
こんなん、当然やん。
イランは間違っても、国家間戦争なんかしません、って。
せいぜい、操り人形を使っての局地的戦闘が精一杯でしょ。

米国はイランを中東の北朝鮮にしたくないんです。
何故なら、現在のままイラン核合意が維持されれば、一定期間後
には、イランは核開発が出来ちゃうから。

だから、こんな記事まで出てくるんじゃない↓
イランは原爆を製造する能力を保有している=マスコミ
(SPUTNIK日本 2019年05月20日 14:59 配信)

初めにこの文言↓
「専門家らはイズベスチヤ紙に、原爆を製造するためには1つの
化学成分だけでは不十分であり、起爆薬とコンパクトな殻が必要
だが、イランはまだこれらを保有していないと説明した」
あくまでも、「まだ」ね!

次にこちらの文言↓
「ロシア上院国際問題委員会のコサチョフ委員長はイズベスチヤ
紙に、ロシアはイランが核兵器を保有することを許可しないと述
べた」
さすがのロシアも、これ以上中東に核保有国が出現することに関
しては、かなり「警戒」しているものと思われます。

だから、このような文言も出るんです↓
「ロシアは、核兵器不拡散条約の体制を維持するというイランの
心構えをいろいろな手段で支持している」
つまりね、イラン核合意の期限が過ぎた後も、「核開発」なんか
しませんよね? ってこと。
これを守ってくれるんやったら、ロシアはイランを応援しまっせ、
ってなとこじゃない。

この妄想の発端が、こちらの記事なんです↓
アメリカは「イランとの戦争を望まない」 ポンペオ国務長官
(BBCNEWS JAPAN 2019年05月15日 配信)

読むほどの記事内容では無いんですが、この時期にポンペイオ
国務長官がロシアに行く意味ってなんなんでしょうかね?

個人的な妄想の世界に入りますが、最も影響力が大きいのが、
「ロシア疑惑」
が、限りなく「シロ」に近い、ってことなんだと思います。
この疑惑ゆえに米ロは、表面上、対立せざるを得ませんでした。
しかし現在は、この対立の中核が壊れつつあります。
ってことは・・・。
ポンペイオ国務長官の訪ロの意味も、重大さを増して来ます。
だってね、セルゲイ・ラヴロフ外相だけじゃなくて、プーチン
大統領とも会談しているんですからね。
ここでイランに対する両国の考え方とか方向性を、両国が確認し
た可能性は、非常に高いものと思われます。

そして、この妄想を勢い付けてしまった記事がこちら↓
テロリストが、シリアにあるロシア空軍基地への攻撃を試みる
(SPUTNIK日本 2019年05月20日 20:50 配信)

この記事で読むべき文言は、これだけ↓
「国防省によると、「ジャブハット・アル・ヌスラ」は5月18日
00時からフメイミム基地を攻撃しようとしていた」

「しようとしていた」って、何か意味深な文言ですよね。

この文言が、私の妄想に火を付けてしまったんです。

だってね、ISISに対しても喧嘩売るしシリアにも喧嘩売ってる
し、メチャクチャな組織なんです。
この組織にもイランっていうか、革命防衛隊が絡んでんじゃな
い?ってこと。

ある意味、ISISよりも狂信的な武装集団ですからね。

こんな武装集団をイランが、操り人形にしちゃアカンでしょ、
ってことで米ロが共同戦線する意味は、十分にあると思います
けどね。

イランは国家間戦争は。絶対にやりません。
せいぜいやっても、武装集団による局地的戦闘じゃない?

ここまで妄想すると、何となくロシアの思惑も妄想できちゃうん
ですよね。

●●●追伸●●●
一帯一路をみれば分かりますように、中国は「侵略」しか頭に
ありません。
中国国境付近のロシア領も、中国国民が数多く移住しています。
しかも、この中国国民は中国共産党の言いなりな人民です。
当然ながらロシアも脅威を覚えますよね~。
私がプーチン大統領だったら、以下のような政策を採ります。

⑤シベリア地方を開拓したい
⑥資本は日本から提供して貰おう
⑦人員は、北朝鮮国民を採用しよう

これって非常に「合理的」な考え方だと思いませんか?

これもまた、妄想のし過ぎなんかもしれませんけどね。

でもね、何か辻褄が合いません?
posted by とんくん at 22:58Comment(0)国際

イランの操り人形たちが・・・

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は1日中、野池巡りをして来ました。
しかしスモールバスならぬスモールバサーが増えましたね~。
私がオーバーハングにスキッピングで自作ルアーを放り込んだり
すると、目の色変えて寄って来るんです。
「教えて~!」
って。
可愛いじゃないですか。
ってことで、スキッピング教室の始まりです。
しかも子供たちは、お弁当まで持参してるんです。
私も非常食で常備しているカップヌードルを大判振る舞いしちゃ
いました。
スピニングリールでは、直ぐに覚えてくれたんですが、問題は、
ベイトリールを使う子供たち。
如何に優れたベイトリールでも、ある程度のサミングは必要に
なっちゃうんです。
これだけは「感覚」で覚えて貰うしかありませんので、ひたすら
「練習」あるのみです。
ただね、個人的にはマグネットよりも遠心ブレーキの方がスキッ
ピングし易いかな、って思っています。
それでも1時間も経てば、皆がそれなりにスキッピングをマスター
してるし、「釣る」よりもこちらを楽しんでいましたね~。
本当に人間って何かを覚えると、それに集中しちゃうんだな~、
って、改めて思いました。
当然ですがフィールドはスキッピングで荒らされまくりましたの
で、釣れるはずもありませんけどね。
でも子供たちは満足だったようです。
私も年を取り過ぎたな~、って実感した次第です。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
イランが「民間ボート」でミサイル運搬 米当局者が「脅威」説明
(AFP BB NEWS 2019年5月17日 11:31 配信)

この記事で重要な文言は、こちら↓
「だが米国は、実際に脅威が存在する証拠を示していない」
こんなん当然でしょ!
イランの国内事情を理解すれば、直ぐに分かることなんですから。
イラン国内ではインフレが続いています。
このインフレの原因は、お金の刷りまくりなんです。
しかもその刷ったお金が国民に届かない。
何で?
殆ど全てが外交に使われているんです。
って考えると、インフレの説明になりますよね。
イラン国民も現政権の方針には、不満を持ってるんじゃない?

そしてこちらの文言↓
「同大使は「私はイランの軍事的な備えについて話す立場にない」
とした上で、「こうした疑惑はすべて、紛争のようなもの、あるい
は戦争のようなものに備えるためにイランに向けられた、偽りの疑
惑の一部だ」と述べた」
これこそね、イランの本音なんじゃないのかな。
「偽りの疑惑の一部」
ってことは、イランが直接的に米国と戦争なんかする気はありゃし
ません、ってことでしょ。
しかし間接的には、戦争しまっせ!って言ってんのと同じやん。

以前にも書きましたが、イランは米国と戦争は絶対にしません。
しても負けるからね。
だからイスラム武装組織を利用して、何とか活路を見出そうとして
るんでしょう。

そんな中で、こんな記事が↓
サウジ船攻撃、イラン革命防衛隊関与か ノルウェー保険会社が調査報告書
(Newsweek日本版 2019年5月18日(土)10時56分 配信)

イラン政府が直接関与、って記事じゃありませんが、
「イランの「イスラム革命防衛隊(IRGC)」が関与していた疑いが
「極めて強い」とする報告書をまとめていた」
って文言は、非常に重要ですよね。
当然ですが、
「イランは攻撃への関与を否定」
するに決まってるやん。

北朝鮮と異なり、イランには「ホルムズ海峡」という要所が
存在します。
ここを盾にして踏ん張れば、現政権も踏ん張れると思い込んで
いるようです。
ちょっと限界があるように思えます。

最後にこちらの記事を↓
アメリカの情報機関が、同国政府高官による反イランの主張の正当性を否定
(ParsToday 2019年05月18日17時47分 配信)

最後の、この文言だけですね↓
「イランの政府関係者は、「イランはいずれの国とも対決するつも
りはない。しかし、自国に対するあらゆる軍事攻撃には力で対抗し、
自国の利益を防衛していく」と表明しています」

北朝鮮と同じことを言ってますよね。
「国民の利益では無く、最高指導者と政府の利益を防衛する」って
宣言してるようなもんやん、これって。

狂信者集団をどれだけ使おうとも、国民の支持が無ければ国家何て
成り立ちません。

国民を豊かにしてこその、「国家」でしょ!
だから国民も「国家」を愛するんです。
その代表が「政府」なんでしょ!

このことを今一度理解し、腹に落とし込む必要があるんじゃない?

●●●追伸●●●
北朝鮮はICBMで脅して来ました。
イランはイスラム武装集団を使って来ているようです。

やればやるほど、自国の立場を危うくするのにね。

何度でも言いますが、イランと米国の
「直接戦争」
はありえません。
だってイランが望まないに決まってますから。
問題は「武装組織」を活用した「戦闘」ですかね。

ホルムズ海峡は、日本のエネルギーの生命線とも言える場所
だけに、見過ごすことは出来ません。

他人事ではありませんよ。

posted by とんくん at 23:47Comment(0)国際