海だけじゃなく空にも中国侵略が始まりました

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日から扁桃腺を腫らせてしまって、会社はお休みです。
特に昨日は40℃近い熱で、フラフラになりながら病院へ。
医者:「熱が出たのは何時からですか?」
私 :「昨日(日曜日)のよるからです」
医者:「ではインフル検査をしましょうか」
理由を聞くと、最新の検査キットを使っても発症後6時簡以上、
できれば12時間は経過してからでないと、正確な検査が出来ない
とのことでした。
つまり朝に発症して、すぐに病院に行って検査しても、陰性とな
ることも有り得る、ってことですよね。
気を付けないと、風邪だってことで出社なんかしちゃうと、パン
デミックを引き起こすかも知れませよ。

ところで経済評論家の三橋貴明氏、逮捕・釈放されていたんです
ね(知らんかった~・・・)。
原因は夫婦喧嘩における暴力だとか・・・。
何か、摩訶不思議ですよね~。
逮捕には、
●通常逮捕
●現行犯逮捕
が存在します(緊急逮捕もありますが、これは現行犯逮捕の一部
みたいなもんですので)。
今回の逮捕は、どう見ても通常逮捕ですよね。
ってことは、裁判所が逮捕状を出していることになります。
逮捕状を出す理由としては、
●逃亡の恐れ
●証拠隠滅の恐れ
●繰り返す恐れ
だったと、記憶しています。
この中で該当するのは、「繰り返す恐れ」しかありません。
ってことは、日常的にDVをやってたってこと?
何度も警察に相談したけどDVが収まらず、ついに奥さんが被害届
を出しちゃったんでしょうか?
単独の夫婦喧嘩での平手打ち程度で、逮捕されることは有得ない
ですからね。

本日はこの記事から↓
中国 米駆逐艦が領海侵犯と米海軍を非難
(SPUTNIK日本 2018年01月20日 19:26 配信)

この記事の中で注目すべき文言がこちら↓
「国際関係の基本的規則に違反」
よくもまあ~、どの口下げて言えるんや、って思いつつも、逆に
言うと、それだけ中国の実効支配が進みつつある、ってこと。
もはや南シナ海周辺諸国は、太刀打ち出来ない状況になりつつあ
るんですね。
日本の尖閣諸島も、同じようになりつつあります。

次に気になった記事がこちら↓
台湾、新航路をめぐり中国2社の運航を阻止
(AFP BB NEWS 2018年1月19日 17:02 配信)

相変わらず中国のジャイアンぶりが、ものの見事に反映されてい
る記事ですね。
台湾が反発するのも、当然でしょう。
ことの発端は、こちらなんです↓
海峡中間線付近の航路、中国大陸が一方的に使用開始 台湾反発
(フォーカス台湾 2018/01/04 19:06 配信)

M503航路よりも中国大陸側の航路を使おうよ、ってことで台中
が合意していたんですが、ここに来て中国が一方的に破棄して
来たってこと。
昨年10月の中国共産党大パーティ以降、侵略戦略を加速度的に
進めていることが、このことからも見て取れます。

ちなみに2013年に中国が、一方的に宣言した防空識別圏がこれ↓

防空識別圏.jpg
(出展:ウィキペディアHP)

青:日本
赤:中国
緑:お花畑
なんですが、この赤の範囲を見て、何か気付きませんか?
現在も中国が防空識別圏としている東シナ海の延長線上に、台湾
海峡が位置しており、中国の防空識別圏の拡大を狙っていること
は、明々白々ですよね。

1995年の中国の台湾海峡に向けてのミサイル発射実験に対して、
米軍は当時の空母打撃群を台湾海峡に送り込んで来ました。
その圧倒的な空母兵力を前に、何も出来なかったことを、中国は
身に染みて知っているからこそ、今回は空を侵略しに来たんだと
考えられます。
防空識別圏に国際法はありませんからね。

まだ海軍力では米国の足元にも及ばない中国ですから、この程度
が精一杯の背伸びなんじゃないかな。

ただ北朝鮮を前面に押し出す形で、裏で着々と侵略戦略を進めて
いる中国。
本当に戦略としては見事であり、侮れませんね。

●●●追伸●●●
いわゆるスライス戦術を、確実に実行しています。
このままだと台中問題ではなく、東・南シナ海すら中国の領域だ
という既成事実が、今後も積み上げられていくことになります。
んじゃ、日本は何か動きを見せてんの?
米国政府は国務省が直ぐに反応を見せましたが、残念ながら日本
政府は、全くといっていい位の無反応。

台中だけの問題ではなく、日本にも大きく影響する問題なのに、
何で日本政府は動かないんだろう?

遠くを押さえつつも近くを把握して、初めて国益を考えること
が出来るんでしょうに。

航路問題じゃなく、空の領域侵略の一貫だってことに、気付いて
無いのかな?

かなり不安です。

辛抱強いのは中国なんですね

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

先日、ニジマスが釣れた場所に本日は行って来ました。
しかし既に先行者が・・・。
私:「どうです~、釣れましたか~?」
相手:「いや~、ボウズですわ~」
相手のルアーを見てみるとスプーンを使用していました。
相手がスプーンを取り替えるようなので見させてもらったんです
が、これまたビックリ!
タックルボックスの中はスプーンだらけ。
私:「スプーン用に改造したんですか?」
相手:「そうなんです。全部で108個あるんです」
108個って、まるで水滸伝やん、とか思いながら、その壮観な眺
めにしばらく見惚れていました。
それから10mほど離れた場所で、いざ開始。
4投目でヒット~!
案の定、ゴイニーでした。
またしばらくキャストしていると、再びヒット~!
やっぱりゴイニー。
この場所はニジマスもいるんやろうけど、ゴイニーの溜り場やな
とか思っていると、先行者が近付いて来ました。
私のルアーを見て、明らかに顔がビックリしてました。
スピナーのフックをオフセットフックに変えて、そこにグラスミ
ノーを取り付けたルアーなんですけどね。
相手:「この場所には、既に何回も来られているんですね」
私:「そうなんです。色々と試したんですが、このルアーが最も
   よく釣れるんですよ」
当然ですが、ニジマスが釣れたなんてことは絶対に口にしません
けどね。
私は早々に切り上げて、次の川へ。
ここからはボウズの嵐。
精神がズタボロになった時点で、終了です。

最初に目に付いた記事がこちら↓
中国の空母が台湾海峡に入域、緊張が高まる
(Pars Today 2018年01月18日19時47分 配信)

中国の侵略戦略は、一貫して問題が無い場所に問題をでっち上げ
て、あたかも問題が存在しているかのようにしていくことです。
何て言うか、スライス戦術とでも呼べばいいのかな?
この記事のポイントは、
「中国政府は、アメリカに対し、台湾への内政干渉についての警告
を発しました」
なんです。
普通に考えれば、何が内政干渉なのか、理解に苦しむんですが、
「台湾は中国領土」が大前提の立場で考えると、内政干渉になり
ます。
つまりは自分勝手ってことで、これが中国の侵略戦略の基本なん
です。
それにしても超長期的戦略であり、ある意味、脱帽です。

次に目に付いた記事がこちら↓
マティス米国防長官「中ロの脅威増大」に警鐘 「優位喪失」指摘
(AFP BB NEWS 2018年1月20日 5:28 配信)

この記事は、中露に対する米国の見方を非常に良く表していると
思います。
中国 =軍事化を進める戦略的競合国
ロシア=隣国の経済、外交、安全保障上の決定に対して拒否権を
    獲得しようとしている
この温度差はかなり大きいんじゃないのかな。
中国に対しては「戦略的競合国」と言い切っている点です。
だってロシアに対しては、「拒否権を獲得しようとしている」に
止まっているのにね。
それだけ中国を敵対国として、米国は見ているってことでしょ。
南シナ海・尖閣諸島・台湾の他に、「一帯一路」構想も明らかに
米国に対する「宣戦布告」なんです。
そりゃ~、米国もあらゆる面から中国を「ジワジワ」と攻めて、
追い込んで行きますよ。

この中国の日本への侵略戦略が、この記事↓
日中関係改善の流れにさざ波、緊張高める中国潜水艦の尖閣接続水域侵入、領有権主張さらにエスカレート
(Record China 2018年1月20日(土) 11時40分 配信)

この記事を読んで頂ければ分かりますように、既に中国侵略戦略
は、「領土問題」というスライスを経て、
「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土だ。中国艦艇の
活動は完全に正当で合法的だ」
とまで言い切る状況に、スライスが移行している点です。
こうなる前に日本政府は、尖閣諸島に公人を常駐させるべきだっ
たんですが、今からでもまだ間に合うと思います。
北朝鮮に注目させてる隙に、中国は平然とこのようなことをやっ
てくるんです。
言葉だけじゃダメです。
本格的に実力行使を見せて行かないと、本当に尖閣諸島は中国の
実効支配下にある、って世界中から見られてしまいますよ。

この中国に実力行使を見せ付けている国家の記事がこちら↓
インドの新型ICBMで「中国全土が核攻撃の射程内」
(Newsweek 2018年1月19日(金)12時30分 配信)

インドは遅まきながらも、確実に中国に対する実力を付けつつあ
りますよね。
もはやインドにとっての敵国はパキスタンにあらず、中国ってこ
とを、如実に表しています。

最後に米国が、本格的に中国叩きを開始したと思われる記事がこ
ちら↓
米、中国WTO加盟は「過ち」=強硬姿勢を明確に
(時事通信ニュース 2018-01-20 08:00 配信)

特にこの文言↓
「WTOの貿易紛争処理手続きに加え、あらゆる手法を取ると表明」
これって非常に分かりやすい、米国の戦略ですよね。
だって経済力があるから軍事力を増強することも可能なんです。
経済力が無いのに軍事力を増強すると、北朝鮮みたいになってしま
います。
つまり、中国の経済力を削ぎ落としていくのが、中国にとっては、
最もダメージが大きいんです。
日本も朝鮮半島問題は重要なんですが、それ以上に重要な問題こそ
中国侵略のはずなんです。
阿部首相においても、外交はもちろん重要なんですが、それ以上に
経団連に対して、中国への接近に「待った!」をかけるべき状況に
あるんじゃないのかな?

中国=自分勝手=ジャイアン

この図式は、今後も変わりませんよ。

●●●追伸●●●
かつての日本企業は、未来に投資をする企業が多かったんですが、
現在の日本企業は、目先の利益を追求する企業がほとんどじゃ無い
のかな。
私が入社した頃は、営業でも製造でも研究でも、職人が数多くい
ましたが、グローバリズムのおかげで、周囲に職人はほとんどい
なくなってしまいました。
確かにルーチンワークは「見える化」出来るんですが、職人が持
つ技術は「見える化」出来ないんです。
だから職人なんです。
この技術を取得するには、経験を積む事で体と頭で取得するしか
無いんです。
つまり「見える化」って、職人廃絶宣言をしているようなもんなん
です。
この職人の技術が損なわれることを防ぐために、「強み・弱み」と
か、こと細かく分類して、補強しようとしているんですが、所詮は
マニュアルであり、手順書でしかありません。
例えば営業の場合は、相手との交渉がメインとなります。
でも相手といっても、その個人差は千差万別。
そこにマニュアルや手順書通りにやったとしてね、常に良い結果が
出ると思いますか?
こちらの思惑と相手の思惑は、基本的に異なっているんです。
異なっている思惑を「見える化」なんて出来るんでしょうか?
セールストークを「見える化」なんて出来ません。
何故なら、相手によってトークを変える必要があるからなんです。
さらに細かく、これまでの営業マンが相手にした交渉内容を分析
していけば、確かに「見える化」も可能かもしれません。
でも「無限大の見える化」にならないのかな?

では製造の場合は?
製造の場合は、一定のオペレーションが存在しますので、「見える
化」はしやすい環境にあるものと考えられます。
だってトラブルさえ無ければ、手順書通りに操作をすれば良いだけ
なんですから。

つまり、何度も言っていますが、「見える化」は大量生産に向いて
いるんです。
しかもルーチンワークが確立している作業においてね。

流行り言葉は、所詮は流行りでしかありません。
日本は日本独自の経営理念を持っていました。
グローバリズムが輸入されたことにより、日本独自の経営は崩壊
しました。
つまり企業の利益を最優先させた結果、社員の賃金は増えなくなり
ました。

皆様方も今一度考えて下さい。
勤めている企業の製品を、積極的に買っていますか?
勤めている企業の製品を、周囲に宣伝していますか?

自分では購入しないくせに、他人に買わせようとするなんて行動
は、人として最低なんじゃないですか?

だから私はグローバリズムが嫌いなんです。

だって人間は、自分の閉鎖空間を持ちたい生き物なんですから。
posted by とんくん at 14:18Comment(0)国際

脱原発に地球温暖化か・・・

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は職場主催の新年会でした。
当然ながらパートさん達も数多く参加して来ます。
だって、半額は男性持ちですから当然ですよね。
ただ、その会話の内容に私は、全く付いて行けませんでした。
「どこそこの何さんが・・・」
「あそこのケーキが・・・」
「あそこの息子さんが・・・」
何故、この意味不明な会話を延々と続けることが出来るんでしょ
うか?
改めて、私にはこのような会話は「無理」ってことを実感した次第
であります。
そして、ひたすら理解不可能な会話を聞く羽目に・・・。
やっぱ主婦って、目の前のことしか興味が無いんだな~。
世界情勢の方向に話を振り向けようとしても、全く無視ですから。

ってな訳でパートさん達はほっといて、同僚達と飲んでいたんです
が、そこで出て来たのが「電力」なんです。
「電力」といっても、「原発推進派」と「脱原発」の言い争いなん
ですけどね。
ちなみに私は、このどちらでもありません。
だって、その時代の最も有効な発電をすれば良いだけだと考えてい
ますから。
今現在では、文句無しに原発でしょうね~。
これに反発している組織がこちら↓
原自連

本当にそれで、日本の電力を賄えることが出来るんだったらね、
何も文句は言わないんですけど、現状では無理でしょ。
たとえばこのグラフ↓
電源別発電電力量の実績.gif
(出展:電気事業連合会HP より)

見て頂ければ分かりますように、ほとんど火力発電なんです。
では火力発電に必要なものとは、一体何なんですか?
原料でしょ。
では、その原料を日本はどのようにして調達しているんですか?
輸入でしょ。
どのような手段で、原料を日本に輸入しているんですか?
船舶でしょ。
その航路の安全をどこが担っているんですか?
米軍でしょ。
では、米軍が撤退したらどうなるの?
「・・・」

確かに原発稼動ゼロでも、日本は必要な電力をこれまで供給して
来ました。
故に、危険極まりない原発の再稼動に対する合理的理由なんか、
ありゃしません、ってのが、主張のようなんです。

先程のグラフを見て頂ければわかりますように、原発を無くすと
日本は化石燃料に頼らざるを得ない状況なんです。
核廃棄物の処理よりも高い金を払って、化石燃料で電力供給を行
い、クリーンエネルギーが代替する日を夢見ている方々こそが、
「脱原発」ってことにならないのかな?
私個人的には、この「脱原発」派の方々の言うことに、非常にで
すけど、違和感を覚えます。
だって、現在の日本の電力は火力発電なんですから。

結局、この話題は平行線を辿るしか無いんです。
現在の日本の電力事情を説明しても、全否定から入ってくるので
話にならないんです。
確かにクリーンエネルギーで日本の電力を賄えるんなら、それに
越したことは無いんですけどね。
まだまだ先のことです。

本当につまんない新年会になっちゃいました。

ってことで、本日目に付いた記事がこちら↓
4強首脳はすべて平昌五輪欠席か…「誰も北の脇役になろうとしないはず」
(中央日報 2018年01月17日07時52分 配信)

韓国にとって、遠い国の元首は来るみたいですが、身近の元首は
誰も来ない、ってこと。
お花畑大統領は身近な元首にも参加してもらって、北朝鮮に対す
る和平活動を、ちょこっとでもいいから見て欲しかったんだ、と
思うんですが、これまた大外れ。
お花畑に学習能力って、果たしてあるんですかね?

次はこの記事↓
17年の世界気温、2番目の高さ=急激な温暖化警告―NASA
(時事通信ニュース 2018-01-19 05:07 配信)

この記事でいう「平均気温」って、なんなの?

ここから私の妄想が始まります。

最初に「地球温暖化問題」を考えてみる必要があります。

地球温暖化問題の結論としては、
「地球の平均気温は上昇している」
なんです。
次に地球の平均気温の上昇をもたらす原因として、温室効果ガス
を人類が排出している、ってこと。

つまり「地球温暖化問題(私は仮説でしかない、と考えています
けどね)」は、あくまでも地球の平均気温という、非常に曖昧な
考えの下に作り出された、仮説でしかないんです。
確かに世界各国には気象台が存在しますから、ある程度の平均値
を取ることは可能でしょう。
でもね、北海道と沖縄の1年間の平均値を、さらに平均したとし
て、どのような意味があるんだろう?って思いませんか?
北極や南極の1年間の平均気温と、赤道直下の国々の1年間の平均
気温の平均を取って、何の意味があるんだろう?って思いません
か?
はっきりと申し上げますが、「地球規模の平均気温」という意味
不明な概念が、地球温暖化仮説の「基礎」となっているんです。

日本の気象庁も「地球温暖化仮説」に傾いてしまってますけど、
今なら、まだ間に合うかもしれません。

●●●追伸●●●
「地球温暖化」は「問題」ではありません。あくまでも「仮説」
なんです。
さらに言わせて頂くと、「地球の平均気温」なんて、求めようが
ありません。
南極と北極と赤道直下の年間平均気温を、合計すりゃ地球の平均
気温が求まる、って誰が思いますか?

だからね、最近は地球の平均気温って言葉は出なくなりました。
代わりに出てくるようになった言葉が「異常気象」なんです。
これって本当に分かり易いんですけど、
「地球の平均気温を基本とした考え方は、その矛盾点を攻撃され
すぎてしまう。だから異常気象の発生原因にシフトさせて行こう」
としか、私には思えないんです。

私個人的には、温暖化じゃなく寒冷化じゃない?って考えてしま
うんですけどね。
posted by とんくん at 10:57Comment(0)日記