捕鯨についての妄想

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

いや~本日も近くの野池に釣りに行って来たんですが、とん
でも無い目に逢ってしまいました。
車1台が通れるあぜ道(農道)なんですが、車のテールが流れ
てしまって(もちろんカーブでね)、水田に突入・・・。
脱出不能になってしまって、仕方なくJAFに連絡。
しかも到着時間が4時間後・・・。
とにかく水田を荒らしてしまったので、農家の方を探して、
謝罪に・・・。
ただとっても心の広い方で、
「そんなん気にせんでも構わん。助けが来んのにまだ時間あん
ねんやろ。だったらそれよりも晩飯食ってけ」。
ってことで、晩飯をご馳走になったんですが・・・。
晩飯なんか食べれません!
かしこまっていたら、いきなりご主人様が爆発!!!
「ウチの晩飯が食えんのか!!!!」
「とんでもありません。ただご主人様が精魂込めて耕した水田
を荒らした身で、ご馳走を頂戴することは出来ません」
さらにご主人様のお怒りが爆発!!!
「だから、そんなもん気にせんでえ~、って言ってるやんけ、
助けが来るまでのんびりしてけ!!!」
素朴な典型的な晩飯ですが・・・、涙が出ました。
本日改めて謝罪に行って来ます。

本日の最初で最後の記事がこちら↓
IWC、商業捕鯨再開案を否決 日本は脱退示唆
(AFP BB NEWS 2018年9月15日 6:22 配信)

そもそも何ですが、反対票を投じた国々をご覧下さい。
どの国家も、産業革命以降、石油が出るまでは捕鯨をしまくっ
た国々ばかりじゃないですか!
しかも油が欲しいがために・・・。
だってね、黒船が日本に来航したのも、捕鯨するための食料
と燃料の補給を江戸幕府に求めただけ。
まあ~、ここでの通商条約は一方的な条約ですけどね。

この国々に比べたら、日本も含めた捕鯨国は「食べる」ため
に、必要最小限の捕鯨しかしてこなかったんです。

どちらの罪が大きいと思いますか?

食べるために最小限の捕鯨をする国々と、ただ単に油が欲しい
がために、鯨を乱獲してきた国々と。

一目瞭然でしょ!!!

捕鯨国は、鯨を食料としています。

しかし、捕鯨反対国は鯨を食料としていません。
かつては油のために捕鯨していましたが、石油が登場した
とたん、鯨への関心は無くなってしまいました。
関心が無くなったからこそ、このような一方的な行動をする
ことが出来るんでしょう。
石油が登場するまでは、鯨を捕獲しまくってきたくせに。
冗談抜きで、
「ふざけんな!」
って、言いたくなります。

鯨の数が減少したのは、捕鯨国が原因ですか?
違います!

産業革命時代の欧米が、鯨油が欲しいがために乱獲したから
でしょうに。

今更、何言ってんねん!って思いませんか?

●●●追伸●●●
今回のIWCにおける日本の態度こそ、外交なんだと思います。
このような表現は嫌いなんですが、賛成票の中で大国っての
は、日本だけなんです。

その日本がIWC脱退を示唆したんです。
しかも、このような文言で↓
「科学的証拠や多様性が尊重されない場合や、商業捕鯨が完
全に否定される場合」

日本が脱退すれば、これに追従する国々が続々と出てくるで
しょうね。

この状況下では、既にIWCの存在価値はありません。

単なる「反捕鯨コミンテルン」でしかありません。

こんな意味不明な委員会の結論で、日本の食文化が壊されて
もいいんですか?

鯨を絶滅寸前まで乱獲したのは、反対票を投じた国々でしょ。

これぞまさしくグローバリズムですよね。

意味が分かりません

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は釣り仲間から「飲み」のお誘いがあったんですが、
断りました。
だって先週の3連休で生活費のかなりの部分を使い込んでし
まったので・・・。
ってことで、近くのスーパーに行ったんですが、相変わら
ず、自動ドアが開きません。
仕方が無いので、ほかのお客様に付いていって、入店。
真っ先に惣菜コーナーに行ったんですが、ほとんどが売切れ
状態・・・。
でも「ん~?」って見ると、カキフライがあるじゃないです
か。
しかもカキフライ弁当まで!!!
カキフライが4つ入りで98円!!!
カキフライ弁当が198円!!!
これは買いポジでしょう。
って勝手に喜びながらも、ふと思ったんですが、
「何でカキフライだけ残ってんの???」
これが不思議でなりません。
地域性なんでしょうか?
日本人の牡蠣離れなんでしょうか?
他の地域でも調べてみようと思います。

ってな訳で、本日最初の記事はこちら↓
サハラ砂漠に大規模な風力・太陽光発電所で降雨量が増加する可能性 研究
(AFP BB NEWS 2018年09月21日 17:30 配信)

この記事の内容の意味が分かりません!

意図するところは分かりませけどね。
つまり「地球温暖化」推進派から研究資金を頂くために、
このような論文を投稿してるんだろう、ってことは。

でもね、旱魃と雨季(短いんでしょうけど)がある地域に
年間降雨量とか、1日当りの降雨量が増えたからっていっ
て、それで植物が成長しますかね?
雨季によりもたらされた水を、如何にして蓄えるかが、
最優先課題なんじゃないのかな?

だってね、確か梅雨明け位だったと思いますけど、ユニセ
フが「サヘル地域の飢餓を救おう」ってなことを思い出し
たからなんです。

太陽光発電や風力発電をするのはいいんですけど、その
宣伝の仕方が「滑稽」に見えて仕方が無いのは私だけ?

気候の変化も考慮した上でのシュミレーションであること
は重々承知していますが、それでも違和感が拭えません。

お次はこちらの記事↓
アメリカの反戦活動家、「イランではなく、サウジアラビアこそ、世界の脅威」
(Pars Today 2018年09月20日18時19分 配信)

この記事の内容は、もっと意味が分かりません!

ここからは妄想でしか無いんですが、もしもこの女性が
自らの信念で反戦活動をしているんなら、単純にイランに
「利用」されているだけです。
もしも私がイラン人で、米国に対するプロパガンダをする
のであれば、こちら↓
「世界中の皆さん、特に米国国民の皆さん、平和を愛する
方々が遂に立ち上がって、真実を語ろうとしています。
しかも米国女性が立ち上がってくれました。
非常に立派な行動であります。
この女性が伝えたい真実とは何か?
米国から武器援助されているサウジアラビアが・・・・を
無差別に攻撃していることです!」
かなり長い文章になっちゃいましたけど、こんな感じじゃ
ないのかな。

そうではなく、イラン側に同調してるんなら、イランの
「コミンテルン」
なんでしょうね。

最後にこちらの記事↓
「100年後も生き残ると思う日本企業」任天堂がトップ20に入る 1位は5回連続でトヨタ
(キャリコネニュース 2018.9.21 配信)

この記事が最も意味が分かりません。

だってね、年間売上を条件にするんは構わないんですが、
従業員数を条件にしちゃダメでしょうに。

こんなアンケート、ただ単に
「100年後も生き残る大企業ランキング~!」
じゃないですか。

年間売上2500億円以上で、従業員数5000人以下の企業の
方が、遥かに生き残る可能性は高いんじゃないのかな?
素人考えで申し訳無いんですが、どう考えても
「少数精鋭」
ってイメージになっちゃうんです。

出来ればなんですけど、このようなアンケートを実施す
るんなら、せめて「企業の総資産額」も含めた上でやって
貰いたいものです。

●●●追伸●●●
本日は「意味が分かりません」をキーワードにしてみたん
ですが、「意味が分かる」方々も大勢いらっしゃるものと
思います。

「意味が分かる」方々から見れば、「知識不足」ってこと
になるのかな~?

とにかく「疑問」が多過ぎます!
「疑問」が多過ぎると、「疑惑」になります。
そして「疑惑」を理解・納得出来ないと、「不信感」に
なっていきます。

そして「行動」に移っていくんです。

「平和活動」とか「人権擁護」とか名前を変えて・・・。
そしてそこに自身の「価値観」を見出してしまうんです。
一度「価値観」を見出してしまった方々を、元に戻すこと
なんて、「不可能」に近いですから。

賛否両論あるとは思いますが、個人的に最も嫌いな言葉が
「信念」
なんです。
理由は単純明快で、
「視野を狭める」
からです。
自らの考えを「信じて」、それが実現するように「願って」
どうすんのかな~?
これって、ただの宗教じゃないですか?

もっと「広い視野」を持たないとね。

ちなみにグローバリズムは、極端に狭い視野しか持っていま
せんから。

posted by とんくん at 23:03Comment(0)日記

米中と日露の構図を妄想してみました・・・?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は帰宅途中で、本当に何十年ぶりかの再開をしました。
場所はスーパーなんですけど・・・。
何と、マツダ・コスモスポーツ!!!!!!!!!

いや~、本当に感激です!!!!!

確か量産型のロータリーエンジンを積んだのが、この車だっ
たと記憶しています。
円盤のような美しいフォルムは、当時は非常に印象的でした。

よろしければ皆様方も、ネットで調べてそのフォルムを確認
してみて下さい。

ちなみにコスモスポーツと私は、同じ年に生まれています。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
米中貿易摩擦でトランプ氏の当初の優位性、今後損なわれる可能性
(Bloomberg 2018年9月20日 13:55  配信)

最初にこの文言なんです↓
「合意を取り結ぶよう圧力を受けているそぶりを見せないと
いう不動産ビジネスで培った戦術を用いている」
別にね、不動産ビジネスじゃ無くても、同じ何じゃ無い?
個人的には「印象操作」をしているように思えちゃうんです。

次にこの文言↓
「11月の中間選挙で民主党が下院の過半数議席を獲得すれば、
大統領の政治力は低下せざるを得ない」
これは、単なる事実を述べているだけですね。

お次が「えっ!」って言っちゃった文言↓
「中国経済は減速の兆候が若干見られるものの依然としてか
なりの高成長を続けていることから、同国政府には打撃を吸
収する余地がある」
普通に考えて見て下さい。
中国経済の根幹は、「輸出」じゃないんですか?
少なくとも「内需」で無いことだけは、確かでしょ。
ざっくりと、米中の輸出額を比較するだけでも、
中米:約5000億ドル
米中:約1300億ドル
なんですよ。
この規模だと、貿易戦争に突入しても勝ち目は無いでしょう。
どのような根拠を元に
「高成長を続けている」
って、言えるんでしょうかね?
先にも言いました通り、「内需」は低迷しています。
AIIBですか?一帯一路ですか?
世界中でメッチャこけてるやん!
それでも中国に肩入れしている、としか個人的には思えない
内容なんです。
だってね、貿易額を比較するだけで、米中のどちらの方が有
利かなんて、子供でも理解出来るでしょうに。

最後にこの文言↓
「ロンドンに本拠を置く資産運用会社ユーリゾン・SLJ
キャピタルのスティーブン・ジェン最高経営責任者(CEO)
は、「影響力の問題は時とともに変わる。明日同じ質問をすれ
ば、ほんのわずか中国有利に傾くだろう。1週間後なら、さら
に中国寄りに傾く」と説明した」
ここからは個人的な妄想になりますが、この方は中国の経済状
況を元に答えている、って言うより、中国が米国に妥協するこ
とにより、中国経済が今後も発展していく、ってな感じで答え
ているんじゃないのかな?

お次は、こちらの記事↓
ロシア・中国が大規模合同軍事演習、対日・対米を意識
(高麗ジャーナル 2018.09.02 配信)

ちょっと古い記事なんですけど、大切に残して置いた記事
なんで・・・。
この記事読んで、最初に
「何でロシアが中国と合同軍事演習なの?」
って思っていたんですが、今にして思えば当然かな~って、
考えるからなんです。
現在のロシアから見る脅威って、
①中国
②米国
しかないはず(違うかもしれませんけどね)。
①に関しては、
ロシア領土内における人海占領。
経済的占領。
この2つが考えられます。

②に関しては、現在も「戦争状態」なんですから。

つまり米国って、ロシアと中国の「共通の敵」なんです。
だから合同軍事演習をするのは、「当然」となります。

しかし経済に関しては、「別物」でしょう。
だってロシアは中国の経済力を「脅威」と考えているんです
からね。

だから日露会談を行うんです↓
プーチン大統領、日ロ平和条約締結を提案 年末までに「前提条件なし」で
(AFP BB NEWS 2018年9月12日 21:44 配信)

この記事のポイントは「北方領土返還」にあります。
その中で考えるべきポイントが2つ、かな?
③平和条約締結
④日本からの経済援助

③について。
日本と「平和条約」を結ぶことにより、北方領土返還時に
北方領土に米軍駐留、っていうリスクが大きく減少する可能性
が高まります。

④について。
中国による経済侵食を抑えるには、日本が最も御し易いから。
だって「北方領土返還」を最高の餌にすることが出来るから。

結論としては、ロシアは軍事的には中国と手を結ぶしか無い
状況ってこと(上海条約機構でしたっけ)。
但し経済的には中国とは手を結びたく無いので、日本に擦り
寄ってくる。
そして日本をショックアブソーバーとして、米国の影響力を
弱めていく。

本日の妄想の結論でした・・・。

●●●追伸●●●
FXをメインで投資をしていますが、サラリーマンはデイトレ
出来ないんで、どうしてもスウィングトレードになっちゃい
ます。
だから世界情勢を妄想するんですが、妄想結果が為替に反映
されないのが、特に「今年」なんです。
米ドルも日本円もユーロも、大幅な上下が見られないんです。
市場はすでに、折込済みなのかな~?
でもね、これってバブルっぽくないですか?

ここまでが限界です。

それにしても石破氏じゃなくて、一安心です。
posted by とんくん at 22:53Comment(0)国際