ボーイング737MAX墜落事故って、ひょっとして「人災」かも

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています

いや~、本日は暖かい日でしたね。
仕事をサッサと終わらせて、近くの野池に行って来ました。
・・・、バサーの人数が半端無いんです!
「こりゃダメだ」
ってことで、次の野池に移動です。
・・・、バサーの人数が半端無いんです!
「ここもダメだ」
ってことで、次の野池に移動です。
よっしゃ~、誰もいない、って思ったら「釣り禁止」の立て札。
はあ~、意気消沈して大人しく帰宅です。
晩飯は「麻婆豆腐スパゲッティ」で決定。
麻婆豆腐って炭水化物との相性が、とってもいいんです。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
米ボーイング社が再びコメント 謝罪なく賠償にも触れず
(RecordChina 2019年3月20日(水) 17時40分 配信)

この記事の中で注目すべき文言は、これのみ↓
「ボーイング社はさきに発表したソフトの更新とパイロットの訓練
についての変更を行っている。こうすれば737MAX制御システム
(MCAS)が誤ったセンサー入力に応答してしまうという状況が解
決される」と述べた」

ここでいう「ソフトの更新」とは、
「737MAX制御システム(MCAS)が誤ったセンサー入力に応答して
しまう」
というソフトを「更新」することですよね。
では「パイロットの訓練についての変更」って何だろう?

ここで、これに関連するこちらの記事をご覧下さい↓
事故前日のライオンエア機に第3の操縦士、危機救う
(Bloomberg 2019年3月20日 12:21 配信)

この記事のポイントとなる文言の1つ目がこちら↓
「機首を下げている動力装置の電源を切ること」
つまりMCASは「機首を下げる制御システム」だってことが、
この文言から分かります。
しかし、一定高度で飛行している飛行機にこんなもんは必要あ
りませんし、高度を下げて着陸態勢に入りつつある飛行機にも
必要ありません。
ってことは、「離陸」時に必要な制御システムってことでしょ。
しかも、インドネシア・エチオピア両方とも、離陸後に墜落して
いますから、まず間違い無いんじゃないのかな。

では何でこんな制御システムを、ボーイングは導入したんでしょ
うか?
離陸後、上昇している最中に墜落してるんですから、原因として
考えられるのは、「失速」でしょう。
正常な飛行機が上昇中に「失速」するってことは、上昇角度が高
過ぎる、上昇するだけの速度が得られていない、などが考えられ
ます。
しかし「速度」に関しては、無視してもいいんじゃないのかな。
だって、これって完全な「整備不良」でしょ(確かに鳥なんかも
考えられますけどね)。
ってことは上昇悪度が高過ぎる、が濃厚ですよね。
んじゃ、何で上昇角度が高くなっちゃうの?
正直なところ分かりませんが、737MAXは他の737シリーズの
機体よりも大幅に改良したんじゃない。
そのため、従来の737シリーズと同じような操縦をすると、機体
の上昇角度が上がり過ぎてしまうのかもしれません。
このように妄想すると、MCASを導入したことも頷けるんです。

問題は、こちらの文言なんです↓
「操縦士なら全員覚えておくことが義務付けられているチェック
リストに盛り込まれている手順だと関係者は語った」

これが事実だとしたら、パイロットの「怠惰」ってことでしょ。
でもね、お客様とパイロット自身の命に直結する情報をないがし
ろにしますかね~?

個人的には、こちらの文言が全てを物語っているように思えてな
りません↓
「ボーイングとインドネシアNTSCの担当者は、2018年10月28
日の737MAX8運航についてコメントを控えた」

つまり「徹底」ではなく「中途半端」にしかパイロットに伝えな
かった、伝わらなかった可能性なんです。

このように妄想すると、ブルームバーグの記事内容も納得出来るん
です。

これって「人災」なんじゃないのかな?

●●●追伸●●●
現在、世界中で自動車の自動運転技術が研究・開発されています
けど、この2つの飛行機墜落事故は、いい「教訓」になるものと
思います。
運転者が理解出来ない制御システムを導入しても、運転者は適切
な対応が取れない、ってことを証明した事故だと考えるからなん
です。

自動運転の「自動」とは、「全自動」なのか「半自動」なのか、
選択すべき時期に来ているような気がします。

勉強とは?学ぶとは?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、最初にこちらの記事をご覧下さい↓
「奨学金は学生ローンであることを忘れてはならない」――「保証人制度の廃止検討」報道をどう見る
(キャリコネニュース 2019.3.19 配信)

この記事で重要な文言は、これのみ↓
「借金をしてまで学ぶべきか慎重に考える必要があることを匂わせ
ていた」

ってことで、本日の昼飯はパートさんたちと一緒でした。
相変わらず続く、雑談スパイラル・・・。
本当に、ある意味で「才能」ですよね、これって。
そんな中で、子供の勉強が話題になりました。
っていっても、「全然せえへんねん!」ばっかなんですけどね。
「ゲームばっかして」
「テレビばっか観て」
ってな感じ。
では「勉強」って、そもそも何なんでしょうか?
個人的には、
「勉強とは、勉めて(自分自身の人生を)強くするための手段」
って考えています。
そのために、
①学問、技芸を習得する
②物事に精を出す、努力する
③経験を積む
ってなことをやるんじゃない。
これらのことを総称した言葉が、「学ぶ」ってことになります。
ここで「強くする」ってことの意味は、「豊かにする」「幸せに
なる」といったことの「基礎」みたいなもんと、個人的に考えて
います。
このように考えていくと、子供にはまだこのような考え方はあり
ません。
つまりは、親の「務め」ってことになります。
我々も子供も同じだと思うんですが、そこに「目的」「楽しみ」
「興味」なりが無いと、誰も「学ぶ」ことをしませんよ。
私個人を例に取ると、
国語=作者の意図なんか知ったこっちゃ無い
社会=範囲が広過ぎて、無理
理科=興味津々
算数=最も大好き
体育=一番大好き
図画工作=2番目に大好き
音楽=3番目に大好き
道徳=意味不明
ってな感じの、小学生でした。
つまりね、「楽しみ」とか「興味」を持てば、必然的に長期記憶
になるんです。
これらを持たないから「短期記憶」になっちゃうんじゃない。
「勉強せえへんねん!」
ってことは、子供はそこに何も感じないから。
ちなみに私も勉強は大嫌いでしたが、妹が生まれて変わりました。
「何でも答えられるお兄ちゃんになる」
っていう、「目的」が出来たから。
父親になっても同じです。
「何でも答えられる親父になる」
って「目的」があるから。
だからあらゆる分野に「妄想」して、裏取りをして行くんです。

ただ単に大学に行くだけが「目的」じゃ、借金してまで行く意味
は無いでしょ。
大学に行って何を「学ぶ」、のかが重要なんですよ。
しかし現在の日本の教育は、「暗記」が主となっています。
でもね、
暗記は知識ではありません。
暗記は経験でもありません。
暗記とは、「棒読み記憶」でしかないんです。

だから司法試験に合格した方々って、「ばか」が多いんです。
勿論、皆が皆じゃ無いですよ。

でもね、現実を無視した意味不明なことを言う輩が、余りにも
多いんです。

つまり「棒読み記憶」だけで、その「背景」とか「大枠」とかを
一切理解していない、って思っちゃうんです。

「視野」が余りにも「狭過ぎる」んですよ。

「勉強」って一言だけでも、かなり「奥が深い」んです。
当然ですが、これは個人的な「妄想」であって、パートさんたち
には話しませんでしたけどね!

こんなこと言ったら、また「冷たい視線」を浴びせられるだけで
すから・・・。

●●●追伸●●●
「学ぶ」こととは、「自分自身を成長させる」ことに尽きます。
「暗記学生」になって東大という「暗記大学」に入学して、さら
に「暗記社会人」になって「官僚」になってどうすんの?
全く「日本国」のためにならんでしょようよ!

そろそろ日本の教育も「暗記主体」から抜け出さないと「ダメ」
なんじゃない???

社会人に必要なのは、「発想力」「独創力」「先見力」そして
「決断力」なんです(個人的な経験からです)。
「暗記力」なんか必要ありませんよ。

「短期記憶」では無く、「長期記憶」の子供を育てるのが、親
の努め、なんじゃない。

ってなことを、妄想しながら昼飯を食べていた今日この頃です。
posted by とんくん at 21:11Comment(0)日記

あの世と国際機関が同じに見えちゃった!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は仕事が少し遅くなっちゃいました。
釣具屋に行こうと思ってたんですが、断念してスーパーに直行。
店内を徘徊していたんですが、何と握り10貫で半額の248円!
料理するのも面倒臭いので、晩飯は握りで済ませてしまいました。
よくも残っていてくれた!ってとこですよね。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
「死」は二つの世界の中継点か
(大紀元時報日本 2019年02月20日 22時53分 配信)

最初にこちらの文言↓
「ペアソル氏によると、心臓は人間の性格や特徴が存在していると
ころである。心臓は人間の脳を制御し、感情、恐怖、夢、思想など
は、すべて心臓によって管理されている。さらに、「魂」の記憶は、
心臓の移植とともに他の人に移り替わることができる」

これは是非とも、他の臓器移植患者に対しても、調査をして頂きた
いものです。
他の臓器移植患者でも同様の結果が得られるのであれば、人間の
身体そのものに「魂」が宿っている、って言うことも出来るんです
からね。

お次はこちらの文言↓
「1990年末、米国の科学者はさらに精密に魂の重さを量ることに成
功し、死後の体重は生前より2.5~6.5グラム減少したことが分かった」

これって生命活動による微振動分の重量、ってだけじゃ無いの?
直接的に重量を計測するのではなく、間接的に質量を計測しないと
意味が無いように思えるんですけどね。
もしもですけど、間接的に計測しても質量の減少が見られるのであ
れば、「魂」は質量を持つことになり、つまり「エネルギー生命体」
という結論になります。
このような存在になれば、もはや我々の物質文明の科学は通用しな
い可能性が、極めて高いんですよ。
こうなると、「輪廻転生」も可能になるかもしれません。
ちなみに以前、お寺で説法を聞きに行った時の内容を思い出してみ
ますと、確か「六道輪廻」だったかな↓
①地獄
②餓鬼道
③畜生道
④修羅道
⑤人間道
⑥天上界
そして①の地獄には、さらに8つに分類されていて↓
●等活地獄
●黒縄地獄
●衆合地獄
●叫喚地獄
●大叫喚地獄
●灼熱地獄
●大灼熱地獄
●無間地獄
だったように記憶しています。
詳細までは覚えていませんので、知りたい方は自身で調べてみて
下さい。
さらに仏教では、以下のような分類がされていたはず↓
~如来=悟りを開いたもの
~菩薩=悟りきっていないもの
~明王=如来の命を受けた仏様
~天 =六道輪廻の天上界に住むもの
この中でも、確か「阿弥陀如来」が最高位だったと、記憶してい
ます。
そして、「阿弥陀如来」が創造した「浄土」こそが
「極楽浄土」
だったんじゃないかな。
「魂」に本当に「質量」が存在すれば、これらの世界もあながち
「空想」とは呼べなくなるかもしれないんです。

そして最後に、こちらの文言↓
「ロメル氏たちは、「瀕死の患者が、本来見えないはずのものを
見たのは、ちょうど中枢神経の機能が停止した時で、その時に意
識が大脳から分離して活動をしている」と考えている」

つまり「魂」とは、脳から切り離されて存在している、ってこと
なんでしょうね。
そうなると人間の各臓器に存在していても、ちっとも不思議じゃ
ありませんし。

人類が唯一あの世のことを調査出来るのは、残念ながら「臨死体
験」患者の記憶しか無いんです。
あの世とこの世の「交信」が出来ない以上はね。

本当に交信出来るんだったら、恐山の「いたこ」の元には世界中
の科学者が集まって来ていると思いますよ。

ってことで、お次はこちらの記事↓
フィリピンが、ICC国際刑事裁判所を脱退
(ParsToday 2019年03月18日16時35分 配信)

これは「正解」だと、個人的には考えています。
だって「麻薬」がフィリピン国民にどれだけの犠牲を与えているか
を考えたら、強硬手段に出るのは「当然」でしょ。
これに横槍を入れて来たのが「ICC」ってこと。
日本のように国民を拉致されても、実力で奪い返すことが出来ない
国家とは、まさしく大違い!
フィリピン国民の命と生活を守るのが、フィリピン政府の役目。
「ICC」なんて決してフィリピン国民を守りませんからね。

最後にこちらの記事を↓
米国、国際刑事裁判所関係者にビザ制限へ=国務長官
(大紀元時報日本 2019年03月16日 10時38分  配信)

こちらの文言が全てですよね↓
「ポンペオ氏は「ICCが方針を変えなければ、経済制裁などの
追加措置に踏み切る用意がある」とも言明した」

これは米国もかなり突っ込んだことを言ってますよ。
「他国も見習え!」的じゃないですか。
それ位、「左巻き」になっちゃった機関ってことなんでしょう。

っていうかね、「国際~」って言う機関の存在意義が、殆ど無く
なってしまいましたよ。
正直な感想なんですが、「あの世化」してるように思えます。
つまり、我々とは違う世界に存在している「機関」だってこと。

そんな機関にしがみ付く必要があるのかな?

●●●追伸●●●
「あの世連合」なんて、いまや「クソ」みたいな存在でしょ。
「あの世人権法」制定により、NGOが好き勝手なことをやりだし
て、結果的に「慰安婦問題」をでっち上げたんですよ!
しかもこの法制定に着手したのは、「あの世人権委員会」なんで
すよ!
この委員会は、結局のところ現在までに「何を」して来ました?
何にもしてへんやん!

せっかくのいい機会なんですから、日本は米国とともに新しい、
本当に歴史を直視出来る、国際機関を立ち上げてもいいんじゃな
いのかな?

何て妄想してしまう、今日この頃です。
posted by とんくん at 21:25Comment(0)日記