米露首脳会談から見た、日本の進むべき道

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

ここしばらくはこの言葉が続くんでしょうね~・・・。
「とにかく暑い!」
完全に夏バテ状態で、思考能力が極限まで落ち込んでいる、今日
この頃です。
何かね、考えが全くまとまらないんです・・・。
それでなくても「支離滅裂」なのに、さらに思考能力が落ち込むと、
「多支離多滅裂」ってな状況になっちゃいます(こんな日本語はあり
ませんけどね)。

ってな訳で、本日は気を取り直してこちらの記事から↓
トランプ氏がプーチン大統領をワシントンに招待 対話拡大が目的
(SPUTNIK日本 2018年07月20日 15:21 配信)

この記事のポイントはこちらでしょう↓
「トランプ氏はCNBCテレビからの取材に対しては、プーチン氏との
交渉後、関係改善ができなかった場合、自分はロシア大統領の「最
悪の敵」になる」

ここでさらに注意したい言葉が「関係改善」なんです。
当然、米露関係なのは当たり前ですが、さらにその奥にもう1つの
関係が含まれているように思われます。

この関係改善という言葉を読み解くヒントになりそうなのがこちら↓
トランプ氏の支持者にも衝撃 米ロ首脳会談
(BBCニュース 2018年07月17日 配信)

この記事の最大のポイントがこちらの文言↓
「トランプ氏たちにとって今回の首脳会談は、世界の2大核保有国が
関係を改善するため、より大きい取り組みの始まりとして位置づける
べきものなのだ」
この「より大きい取り組み」って何だろう?って思いませんか?

個人的に妄想している取り組みってのが、こちらになります↓
①核軍縮
②ロシアゲート
③ウクライナ
④シリア
⑤イラン
⑥中国・北朝鮮

そこで、初めにこの記事から↓
米露首脳、露の米大統領選干渉疑惑の捜査批判で足並み合わせる トランプ氏「魔女狩りだ」 プーチン氏「ばかげている」
(産経ニュース 2018.7.18 00:58 配信)

とにかくプーチン・トランプ両大統領ともに、「ロシアゲート事件」に
対しては、真っ向から否定しています。

そして「核軍縮」に対しては、今後も取り組むそうです。
つまり①と②は、「より大きい取り組みじゃないってこと。

ってことで、注目すべき文言がこちら↓
「ロシアによる14年のウクライナ南部クリミア半島併合に関しては、
双方の見解の相違は埋まらなかった」
つまりウクライナに関しては、取り組むべき事じゃないってこと。
これが「より大きな取り組み」になるかどうか?

お次はこちらの記事↓
米大統領選介入、ロシアに同調=トランプ氏「捜査は災難」―首脳会談で成果なし
(時事通信ニュース 2018-07-17 05:41 配信)

この記事のポイントがこちら↓
「シリア問題では、米ロ両軍の偶発的衝突の回避に向けて協力する
ことで一致しただけだった」「

これは当然の帰結でしょうね。
だってね、
ロシア=アサド支持
米国=反アサド支持
なんですから。
ってことで、これも「より大きな取り組み」になるかどうか?

そして⑤に関しては、EU、ロシア、中国などが米国に猛反発7して
いる状況でしょ。

ここまで考えてみると、「より大きな取り組み」って⑥しか無い、って
思いませんか?

確かにロシアは核保有国のトップ3に入りますが、GDPだけで見れ
ば、韓国にも劣る国家なんです。
ロシアとしては、自国のGDPを増やしたいのは当たり前。

ってことは・・・。

トランプ大統領とロシアとして許せる範囲で、同調することができ
れば、「制裁措置」の緩和に持っていける可能性が十分にあるっ
てことになります。
これはロシアにとっては、非常に「メリット」に成りえます。

結論から申し上げますと、米露首脳会談の真の目的は、
「中国・北朝鮮潰し」
なんじゃないのかな、ってこと。
これこそ「より大きな取り組み」なんじゃないの。

トランプ氏もプーチン氏が中国潰しに協力してくれるんなら、極端
な話ですけど、シリア、ウクライナ、イランの問題は多めに見ても
構わんぞ!ってな勢いがあるように感じます。
単純位考えて下さい↓
中国潰す→北朝鮮も潰せる→イランへの北朝鮮からの武器供与・
技術供与も無くなる
最も理に適った外交政策なんですよね。

プーチン大統領は我が道を行けるんでしょうか?

今後は、目が馳せませんよ。

●●●追伸●●●
トランプ大統領の「中国潰し」は、「ガチ」って考えて間違っては
ないと思います。

んじゃ、日本はどうすりゃいいの?
って思いませんか?

このような場合は、中国の立場に立って考えると、非常に理解し易
いと思います。
中国にとって、ジャマになる関係を潰していくことしか無いやん。
日米同盟
でしょ!
まあ~、ここには日露関係も含まれると思いますけど・・・。
間違っても、日韓関係は含まれないでしょうね。
だってね、中国ベッタリの韓国に関係修復をしてどないすんの?
北朝鮮からは、米国に媚びを売る国家、とか言われてるんですよ。

日本が行く道は、米露との関係をさらに強固なものにしていくこと!
しか、無いんじゃないのかな。

対中政策においては、
「中国が嫌がること」
「中国が容易に動けなくする状況」
を、しっかりと構築すること、なんじゃない。

憲法8条を改正すれば、日本は戦争に向かいますか?
断言しますけど、「戦争」に向かう日本国民なんか、一人もいま
せんよ!

だったら中国が日本に攻めて来てもいいの?

日本国民は何にもしないの?

中国のやるがままなの?

その結果、チベットやウィグルみたいな虐待を受けるの?
そして虐待を受けたく無いから、中国に願えるの?

日本の先人とまでは言いませんけど、せめてね、祖父とか祖母
が必死に守ってきた日本を、孫が守らんでどうすんの!

個人的な感想であり妄想なんですが、米露首脳会談は「成功」
だったと思いますよ。

日本外交の行くべき道を、非常に端的に示してくれてるやん。

西日本豪雨から見たダムの存在意義

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

15~16日で釣りに行きながら、ビジネスホテルのパソコンを使って、
色々と情報を集めていたんですが、どうにも気になることがあります
ので、ここでちょこっとだけ・・・。

ダムが満水になったら、下流の住民の命なんかお構いなしに放流
してもええの?ってこと。
確か愛媛県だったと記憶していますけど、こいつらって人間やない
でしょう!
しかも下流の住民の9人の命を奪っているんですよ!
はっきり言いますけど、これは「自然災害」ではありません。
「人災!!!」
です。
恐らく住民には避難勧告とか出していたと思われますが、住民に
届いていなければ、「出していない」のと同じことです。
例えばね、町村に設置されているスピーカーごときの音量で、あれ
だけの豪雨の中、聞こえると思いますか?
さらにね、どこに逃げれば良いのか、住民に周知していましたか?
とか言い始めるとキリが無いんです。
個人的にはね、以下のように言うだけで済むんじゃないの?って
考えています↓
「今すぐ、ダムの上に避難しろ~!」
「何故なら、1時間も経たない内にダムは満水になるんじゃ!」
「そうなったら、ダムは放水するしか無いんじゃ~!」
「その放水量は、半端無いんやぞ~!」
「だから、頼むからダムの上に逃げてくれ~!」
「皆様方の命を守る為なんです。是非ともこちらの指示に従って、
頼むわ~。誰一人として失いたくないんです!」
「どうか、我々の指示に従って下さい!」
素人でも、ここまでは考えるでしょ。
ここまで言っても指示に従わない住民に対しては、さすがにちょっ
と難しいと思います。
ただね~、ここまでのことを実行した形跡が無いんです・・・。
こうなっちゃうと、やっぱり「役所仕事か!」って思われても仕方が
ありませんね。

ではダムの存在意義は?

もちろんですけど、下流の住民の命を守るため!
そのため、治水行為や灌漑では水害を防ぎ切れない場所を選択
してきたのも、これまた事実。
これらで100tの水量を防いでも、それ以上に水量が流れてきたら
終わりでしょ。
だから、ダムを建設するんです。
ただ今回の問題は、ダムの許容範囲の水量を超えてしまったって
ことなんです。

だから放水したんでしょう。
9人も死亡したのに・・・。

当然ながら、ダムが決壊なんかすれば、もっと多くの方々が死亡
したんでしょうけど・・・。

だったらどうすりゃいいの?

それを考えるのが、「国家」でしょう!

●●●追伸●●●
本日はね、このことを考えるうちにダンダンと頭に来てしまいま
した。

だってね、これって政治問題じゃないですよね。
どちらかと言えば、国家問題ですよね。
理由は単純で、政治は国民を守りません。
政治が国民を守るんなら、消費税増税しますか~?
しないでしょう~。

今以上に日本国民がモノを買わなくなることが分かっているのに。

何でここで「政治問題」って言うかというと、間違い無く、そこには
「利権」が絡むからなんです。

「利権」が絡んだダムに存在意義なんてありますかね~?

高度成長期を支えた1つが、「公共事業」だってことを忘れている
方々が多過ぎるんじゃない?
もしくは「知らなさ過ぎる」んじゃない?

だってね日本って、地震発生大国だし、台風大国だし、火山大国なん
ですよ。

公共投資とは言いませんが、公共事業にはもっと力を入れるべき。

少子高齢化以前に、自然災害で日本国民は滅んじゃいますよ。


posted by とんくん at 21:37Comment(0)災害

中国包囲網も着々と

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

冗談抜きでバテバテ状態に突入です。
せっかくの3連休なのに・・・。
昨日はスーパー残業だし・・・。
釣りをする気力も沸いて来ません。
でもせっかくの3連休を寝て過ごすのは、勿体無さ過ぎます。
どうしようかな?

ってなことで、本日最初の記事はこちらから↓
ウォルマート、「買い手候補と一切協議せず」-西友売却報道否定
(Bloomberg 2018年7月13日 10:43 配信)

日経新聞が報道した内容を、全否定しているような記事です。
でもね、日経新聞が何の情報も得ずにこんな記事を書くとも思えな
いんです。恐らくその関係者からの情報を元に発信しているはず。
ちなみに共同通信も、同じような内容を発信しています。
ポイントは、最後の文言↓
「西友の業績に満足していると述べ、同事業は食料雑貨品への一
段の集中と楽天との提携を通じた「変革のさなかにある」と説明して
いた」
この文言で考えたのが、「少子高齢化」なんです。
少子高齢化=日本人口減
って考えるかどうか、じゃない?
このように考えるんなら、撤退でしょう。
しかし歩ける高齢者は、スーパーに買い物に行きますよ。
わざわざネットでお取り寄せなんか、しないんじゃない。
「健康」のためにもね。
だから↓
「食料雑貨品への一段の集中」
って文言が出て来るんだと思います。
しかしアマゾンとの競争激化も、これまた事実。
だから↓
「楽天との提携を通じた「変革のさなかにある」」
って文言が出てくるんじゃないのかな。
ウォルマート内部でも、意見が分かれているようですね。

お次は、こちらの記事↓
トランプ氏、英のEU離脱計画は「貿易協定締結をだめにする可能性高い」
(BBC NEWS JAPAN 2018年07月13日 配信)

この記事の中で、最大の文言がこちらじゃない↓
「トランプ氏の発言について、ローラ・クネスバーグBBC政治編集
長は、英国はEUの規則を順守しつつ、より広い世界で適切な貿
易協定を結べるとするメイ首相の主張を「ブルドーザーでひいた
」ようなものだと述べた」
トランプ大統領からすると、
「何で離脱すんのに、EUの規則を順守すんねん?」
ってこと。
その回答となる文言がこちら↓
「EUに対しても「断固たる処置を取っている」と述べた。「EUは貿
易において米国を公平に扱っていない」からだという」
これってね、トランプ大統領からのメイ首相に対するラブコール
なんじゃないのかな?
離脱するんなら「未練」残さず徹底的にやらんかい!
ってことかもしれませんよ。
つまりね、
「米国に従え!」
ってことでしょう。

そんな英国はTPP参加も模索しています。
遠く離れた国家なのに・・・。
でもTPPに英国が加わると、日英同盟的なものが出来上がるのも
これまた事実。
だって豪州もカナダも英国領なんですから、反対は出来ないでしょ。

もしもですけど、日米共同でこんな戦略を構築して来たとしたらね、
余りにも凄過ぎでしょ。
バカが単純に考えますよ↓
①表のトランプ大統領
②裏の安倍首相

まさかとは思いますけどね。

最後は、この記事↓
NATO首脳会議、国防支出で異例の再協議=トランプ氏要求で
(時事通信ニュース 2018-07-12 23:34 配信)

この記事に関しては、妄想させて頂きます。

1つ目の文言はこちら↓
「ロイター通信によるとトランプ氏は会議の中で、各国に対し「来年
1月までに支出を増やさなければ米国は独自の道を行く」と警告し、
NATO離脱を示唆した」

本当に個人的な妄想なんですけど、トランプ大統領はEUに対して
本気でお金を要求しているようには、思えないんです。
では何でここでね、こんなことを言うの?
はっきり言いますけど、
「中国潰し」
に協力しますか?しませんか?
これだけだと思えてならないんです。

ここからは、さらに暴想の領域に入っちゃいますけど、こちら↓
「終了後の会見では「NATOから離脱する必要はない」と語った。」

この文言の意味深なところは、米国の戦略を考えて下さい。
「中国潰し」
「イラン核合意離脱」
いずれも「中国」絡みなんです。
でもね、
「NATOから離脱する必要は無い」
なんです。
中国とイランにに対しての、何らかの取引があったと考えるのが、
普通でしょ。

個人的には、「中国包囲網」を着実にトランプ大統領は築いている
ように想います。

だから、「米露会談」が設定されたんです。

何で暴想かって言うと、
「米露が主体となって、中国を潰そうや~!」
「そこに、NATOも入って来いや~」
これだけしょ!

●●●追伸●●●
プーチン大統領に対する、明確なメッセージだと思いますけどね。

違います~?

posted by とんくん at 21:27Comment(0)国際