GSOMIA破棄、する?しない?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は帰宅時に、交差点での事故現場に遭遇しました。
車とスクーターの接触事故です。
車は左折しようとしていたようで、左ウィンカーを出したまま。
そこにスクーターが突っ込んだように思われます。
しかしスクーター運転手はピンピンしていて、何か逆ギレ状態。
車の運転手も相手の逆ギレに逆ギレしているようで、どうにも
収拾が付かない状況になっていました。
この事故のおかげで大渋滞になってるんですから、普通だった
らとにかくどこかの空いているスペースに移動させるはずなん
ですが、そんな行動は一切見られません。
ってことでクラクションを鳴らした車に対して、スクーターの
運転手が再び逆ギレ。
「何じゃ~、おんどれ~!」
さすがにこれはアカンやろと想い、私は車から降りてとにかく
移動してくれるようにお願いしようとしたんですが、後続車の
運転手もみんな降りて来ちゃって、
「何ふざけたことやってんねん、おんどれ~!」
「ワレ、どこの誰や!」
「何様かしらへんけど、ふざけたことやっとんちゃうぞ!」
って、みんなが殺気立ってしまう始末。
そこへ誰かが警察を呼んでたんでしょうか、その後直ぐに警察
が到着して、なだめながら何とか移動させることに成功。
スクーターはいつから車の横(路肩)を走ることを許されたん
でしょうかね?
360度パノラマでスクーターの方に罪があると思うんですけど。
しかも「逆ギレ」でしょ~・・・。
歩行者信号が赤になっても渡り切れないお婆さんを、女子高生
が左右を庇うようにして無事に渡らせた光景を思い出してしま
いました。
この女子高生が月なら、このスクーターの運転手は蛆虫以下の
存在です。
日本人の民度が下がり続けているんでしょうか?
だとしたら、原因は「社会」しかありません。
としか、考えられないんです。
何かね、イヤ~な気分になっちゃいました。

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
「独身の日」セール、売上高4兆1800億円で過去最高を記録 中国
(AFP BB NEWS 2019年11月12日 21:27 配信)

こちらの文言が全てを物語っていますよね↓
「国営新華社(Xinhua)通信は、かつて輸出向けの製造業に依
存し、「世界の工場」として知られていた同国が世界的な力強
い消費市場に進化したことを「独身の日」の成果が証明してい
るとし、「市場のあるところに未来がある」と評した」
中国国内の消費が強ければ、こんなことしなくてもGDPは上昇
していますよ。
中国国内の消費が低迷しているから、外資を呼び込もうとして
いるんでしょう。
しかも「売り上げ」のみを強調していますしね。
外資呼び込みのためのプロパガンダ、としか思えません。
何のためのプロパガンダ?
「第2回中国国債輸入博」
しか、無いんじゃないのかな。
だってね、こんな日にのみここまでの売り上げを達成するって
ことは、超大安売りをしているから、としか考えられません。
つまり中国国民の消費動向は、かなり「低い」と妄想すること
が出来るんです。
日本企業も、このプロパガンダに洗脳されちゃうんでしょうね。

お次は、こちらの記事を↓
米軍首脳部 13日から相次ぎ訪韓=GSOMIAで圧力強める
(聯合ニュース  2019.11.12 11:53 配信)

この記事でポイントとなる文言はこちら↓
「SCMに合わせ、エスパー国防長官やシュライバー国防次官
補(インド太平洋安全保障担当)らは14日に訪韓する」
GSOMIA破棄に対する「最後の説得」を、米国は行うようです。
ところが韓国側は、
「GSOMIAは両会議の公式議題ではない」
「今のところないと承知している」
といった調子。
マジで韓国は、この問題を楽観ししているのか、それとも別な
意図があるのか?
個人的には後者だと妄想しています。
そもそもなんですが、韓国にGSOMIA破棄を要求していたのは、
北朝鮮ですよね。
そこに追い討ちを掛けるように、日本が韓国に対してホワイト
国除外をしてきた。
このことにより韓国も北朝鮮への横流しが難しくなった。
そして北朝鮮としては横流しよりもGSOMIA破棄の方が、重要
だった。
このように考えると、
「別の意図」=「北朝鮮の意図」
ってな妄想が出来上がっちゃうんです。

そしてここ数年、韓国の防衛費は増加の一途なんです。
例えば、米国は偵察衛星を世界中に散りばめています。
日本も独自に7個ほどの情報収集衛星を保有し、日本領土を監
視しています。
ところが韓国は、このような衛星を保有していません。
韓国の防衛費増加が、このような衛星に使われるのであれば、
恐らく米国もGSOMIA破棄に対して、ここまでの反応はしな
かったんじゃないのかな。
ところが韓国の防衛費増加は、軍備拡大に使われて来ました。
米国からすれば、衛星1つも持たない韓国軍を軍拡したとこ
で、何の意味もありません。
ってことで、これ以上防衛費を増やすくらいなら、
「米側は韓米合同軍事演習にかかる費用も含め、今年の分担
額の5倍を超える50億ドル(約5460億ドル)を求めて
いるとされる」
ってな文言になるんじゃない。

だってね、日本からすれば、別にGSOMIAを破棄されても、
何ら困ることは無いんですから。
困るのは韓国の方でしょ。
衛星情報は日米に頼らざるを得ないんだから。
しかしそれすらも「いらない!」って言う以上、韓国は北朝
鮮にベッタリ、ってことの証だと思われるんです。

GSOMIA破棄を大歓迎しているのは、北朝鮮はもちろんのこ
と、中国もですよね。

だから米国は、「最後の説得」を試みているじゃないの。
って考えると、このままGSOMIAの期限執行を迎えれば、
米国というよりトランプ大統領は、
「韓国は中国・北朝鮮に組した!」
って判断するでしょうね。

このように判断されると、韓国も中国同様の規制を米国に
されてしまう可能性も否定出来ません。

このような記事を読めば読むほど、韓国の魑魅魍魎大統領
は「チュチェ思想」信者なんだろうな~、って思っちゃい
ます。

だってこれをきっかけに、在韓米軍が撤退しようもんなら、
それこそ北朝鮮と中国の思う壺ですからね。

最後も聯合ニュースの、こちらの記事で↓
米軍駐留経費交渉 「南北の不可侵宣言に違反」=北朝鮮が連日非難
(聯合ニュース 2019.11.12 10:15 配信)

この文言↓
「連日非難の論評を出している」
これってね、北朝鮮による朝鮮半島統一という目的のため
の目標の1つなんだよ、って言う証と思いませんか?

米国側としては、韓国を何とか引き戻そうとしているよう
ですが、韓国側は日本に原因があるような振る舞いをして
います。

日米離反を画策しているように思えてなりません。

●●●追伸●●●
GSOMIA破棄をするかどうかで、韓国政府の考えや政策が
はっきりと見えて来そうです。

日本は遠く離れた場所から、今後の勧告の情勢を見極めて
行けばいいんです。
ヘタに近寄ると、接触して「逆ギレ」されてしまいますか
らね。

香港と台湾の気持ち、世界に伝わらないかな~

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はパートさんから蟹味噌を頂いたので、この蟹味噌を使って
晩飯を作ろう、って考えたんです。
ちょうど乾麺の讃岐うどんがあったので、こいつを茹でて水を切
り、そこにめんつゆをかけて蟹味噌を乗せて食べてみました。
味は悪く無いんですが、何か物足らない感じ。
ってことで、生卵を加えてみました。
生卵と蟹味噌との相性は、あんまり良くないようですね~。
仕方が無いし勿体無いので全部食べましたが、こりゃ、失敗作に
なるのかな~。
まだパスタとかグラタンとかの方が、相性は良さそうに思えます
ので、気が向いたら試してみようと思います。
本当はネットで検索すれば、いくらでもレシピなんか出てくると
思うんですが、それじゃ~、つまらないじゃないですか。
やっぱ自身で考えないと。

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
中国 香港統治制度への「挑戦容認せず」 愛国心強化へ
(SPUTNIK日本 2019年11月02日 12:30 配信)

この記事で注目すべき文言が、こちら↓
「沈主任は、党幹部らが香港における統治制度をさらに改善して
いくことで一致したと説明」
香港は英国からの返還時に特別行政区となっており、香港独自の
法制度もあるんです。
その法制度では、集会・デモ・言論の自由がされているんですが、
これがまた中国共産党にとっては、大迷惑な代物。
この文言で言う「改善」とは、中国共産党に迷惑な法制度を少し
ずつ変えていく、ってことなんでしょうね。
この法制度がある限り、香港デモの参加者が暴徒にならないと、
警察権力を発動出来ませんからね。
そしてこのような香港市民を育てないためにも、
「国民意識や愛国心を高めていく」
ことが必要なんでしょう。
最悪の場合、香港も新疆ウィグルのような状態になってしまうか
もしれません。

そして、こちらの記事を↓
習近平国家主席「法に基づく暴力を制止し、香港市民の幸福を守る」
(人民網日本語版 2019年11月05日16:19 配信)

個人的にこの記事を読んで、
「林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、生贄にされちゃった
のかも」
って感じてしまいました。
だってね、表面上は人民解放軍を出す訳にも行きませんし、そう
なると香港警察の力で、何とかこのデモを抑え込ませるしか無い
からなんです。
「暴力と混乱を制止し、秩序を回復することが今も香港にとって
最も重要な任務だ」
これが習さんの目的になります。
この目的のために、
「法に基づき暴力活動を制止し、懲罰すること」
を実行しろ、ってのが指示になります。
さらに中国共産党の考えとして、
「香港社会各界が『一国二制度』の方針と基本法を全面的かつ正
確に貫徹」
ってなるそうなんです。
ぶっちゃけ、香港の法制度を中国共産党の「方針」に照らし合せ
ながら、変更していくからな、って言ってるようなもんじゃない
の?これって。

この会談の結果、こんなことが発生してしまったんです↓
香港警察が実弾発砲、デモ参加者撃たれる 朝の衝突
(CNN 2019.11.11  14:35  配信)

反トランプ急先鋒のCNNでも、このように報道しているんですね。
っていうか、これはちょっとやり過ぎで、世界中で報道されてし
まっていますからね~。
しかも林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官よりも、その背後に
いる習さんの方に全世界の目が向いているはずだと思うんです。
習さんにもちょっと焦りが出始めてるのかもしれません。

って思ってたら、すかさずこんな記事が↓
蔡総統、北京と香港の政府に呼び掛け「民主主義の約束で応えるべき」/台湾
(フォーカス台湾 2019/11/11 17:55 配信)

さすがは蔡英文総統だと、改めて関心しちゃいました。

まずね、こちらの文言↓
「銃弾ではなく、民主主義や自由への約束で香港の人民に応える
べき」
言うまでもなく、
「銃弾」=「中国共産党の方針」
ですよね。
そして、
「民主主義や自由への約束」=「香港特別行政区基本法」
ってことなんで、「遵守せんか!」って言ってるんです。

そして、
「発砲は問題を悪化させるだけだ」
という事実を述べた後で、
「対話でこそ問題を解決できる」
って文言を使っているんです。
この文言って、中国共産党の外交部も含めた全員がしょっちゅう
使っている文言ですよね~。
「他人に言うなら、自身も対話に応じろよ!」
っていう皮肉なんじゃないのかな。

蔡さんと習さん・・・。
これだけでも、人間としての「質」と「格」の違いが歴然とし
ていると思いませんか?

●●●追伸●●●
香港デモの長期化は、少なからず台湾の世界派によい影響をもた
らすものと考えられます。
っていうか、台湾の親中派にとってはかなり悪いイメージが拭え
ない、って言う方が正解かもしれませんね。

このように中国共産党の支配の下では、「自由」が存在しないん
です。

香港市民の気持ち、台湾国民及び蔡英文総統の気持ち・・・。

世界に伝わらないかな~!!!
posted by とんくん at 21:00Comment(0)日記

安倍首相、台湾を見習った方がいいんじゃない?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、本当に久しぶりに釣り仲間達と飲みに行って来ました。
当然ですが、ホルモンです。
このホルモン屋はモツ鍋の種類が、5種類もあるんです。
って、それは昔の話で、現在は7種類に増えていました。
塩、味噌、醤油、キムチ、豆乳に加えて、カレーとソースが
仲間入り!
ってことで、早速この2品とシロコロを注文。
意外なんですが、ソースのモツ鍋が美味い!
和風ダシにほんのりソースを利かせた感じで、非常に食べ易かっ
たんです。
当然ながら、釣りの成果から話題になり、結局は世界情勢の話に
なっちゃいました。
釣り仲間との会話は、私とは全く異なる視点で情勢を見たりする
ので、非常に勉強になるんです。

例えば、こちらの記事↓
中国が民進党政権批判 蔡総統「視野が狭い」/台湾
(フォーカス台湾  2019/10/31 14:54 配信)

この記事で注目すべき文言は、これだけなんだそうです↓
「台湾は元々国際化を目指していて」
この文言が意味するところは、台中関係なんか眼中になくて、
国際社会における台湾の位置付けを重要視していることだ、
なんだそうです。
確かにそうかもしれません。
来年の台湾総統選挙を控えて、「台湾独立派」と「親中派」って
考えがちですが、この表現は中国側から見た表現であって、台湾
側から見れば、「国際派」と「親中派」との選挙ってことになり
ます。
つまりは、台湾と中国の関係が台湾情勢を左右させる時代は
「終了した!」
って、宣言してんのと同じってことでしょう。
思わず「なるほどな~」って思っちゃいました。

安倍首相、台湾を見習った方がいいんじゃない?

お次もフォーカス台湾から↓
台湾と米国、合同でセントルシア視察 外交孤立化回避へ
(フォーカス台湾 2019/11/07 18:29 配信)

この記事で注目すべき文言がこちら↓
「米台と台湾の国交国による三者間協力の促進にも注力するなど、
台湾支持の姿勢が強まっている」
これこそが、米国の中国に対する政策、ってことでしょ。
しかしながら、日本は中国に急接近しつつあります。
つまり、日本は米国の政策に逆らった政策を採っていることに
なるんです。
これじゃ、中国の思う壺じゃないんですかね。

安倍首相、台湾を見習った方がいいんじゃない?

釣り仲間曰く、
「天皇陛下のご即位の儀で、トランプ大統領は無理としてもな、
最低限でもペンス副大統領を名代として送るはず。
しかし今回は何か知らん奴が来よったんや。
このこと1つだけでも、トランプ大統領の心の内が分かる、ちゅ
うもんやで」
言われてみれば、確かにそうなのかも知れんな~、って考えてし
まいました。
他国は王族や大統領や首相が来ているのに、米国だけは「誰?」
って人を送って来ましたからね。
これって米国の日本というか、安倍首相に対するメッセージとも
受け取れます。

安倍首相、台湾を見習った方がいいんじゃない?

そして安倍首相は来年、習さんを「国賓」としてお出迎えしちゃ
うんです。
安倍首相とトランプ大統領の間で、何らかの意思決定がなされて
いれば、問題は無いんですが、そうじゃ無い場合は?
安倍首相は、「米国の日本に対する考え方」の方向転換に全く
気付いていない、ってことになります。
ヤバくないですか、この状況は・・・。
日米離反なんて、中国の戦略そのものでしょ。

安倍首相、台湾を見習った方がいいんじゃない?

ロシアとの関係については、例えばこの記事↓
露日共同経済活動の本格的実施へ=露外務省
(SPUTNIK日本 2019年11月07日 12:47 配信)

釣り仲間曰く、
①ロシアは北方領土を日本に譲渡する気など全く無い
②しかし日本の経済支援は欲しい
それ故に、日本側が北方領土返還を前面に押し出せば日露関係は
「疎遠」
となり、経済支援を前面に押し出せば
「良好」
となる。
結論から申し上げますと、米国の中国潰しを支援するためには、
日露関係を良好にしておく必要がある、ってこと。
対米政策においては、中ロは一致する部分が数多くあるので、極力
ロシアに対する働きかけを有利に出来るように、日本の立場を維持
しておくべき、ってことです。
まあ~、その通りですよね。

何が問題なのかと言いますと、台湾のように一貫した政策が、残念
ながら日本には無い、ってこと。
日本にとっても中国は脅威なんですから、米国の中国潰しに協力す
べきなのに、米国にいじめられて日本に擦り寄って来た中国に対し
て、逆に手を差し伸べるような行動をしていますからね~。

安倍首相、台湾を見習った方がいいんじゃない?

この飲みの席では、韓国に対する意見は殆ど出ませんでした。
唯一話題になったのが、
「在韓米軍が撤退するまでは、日韓の軍事協力を維持すべき」
くらいかな~。
今月末には、GSOMIAの期限も切れてしまいますし、今後の韓国の
政策次第、ってことなんでしょうね。
これまでは日米韓及び日本をクッションにしたロシアとの関係で、
中国を包囲することが重要でしたが、ここに来て米国は日米韓から
日米台の関係強化に移行しつつあるように思えます。
しかし現状は、米台の関係強化に留まっており、日本はこの関係の
中には入っていません。

現在、米国による中国潰しの真っ最中なのに、中国に接近して何の
メリットが日本にあります?
デメリットしか無いんじゃないのかな。

「希望の同盟」発言が、「無」になろうとしてることに安倍首相は
気付いているのかな?

●●●追伸●●●
他にもチリの暴動は中国経済の失速が原因だ、とか、トルコに関し
ても、クルドを追い詰めすぎるとガチでクルドとシリアが手を結ぶ
可能性も否定出来ない、とか、フランスのマクロン大統領は、ます
ます「赤化」している、とか・・・。
表面上だけでいうのではなく、しっかりと根拠を示した上で、こう
いう意見を言うので、個人的には常に勉強になるんですよね。

しかし40UPのバスを釣っていないのが、私だけとは・・・。
posted by とんくん at 02:37Comment(0)日記