サウジ記者殺害事件の余波が半端無いんです

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日もサッサと仕事を終わらせて、近くの野池に行って来ま
した。
中古ワームを溶かして型に入れて作った
「ラバー製バイブレーション」
の動きを確認するためです。
プラグでは無いのでキビキビとは動きませんが、意外と艶か
しい動きをすることが判明しました。
後方が左右に動き出すことで、前方も少しずつ左右に動き出
し、前後動きが共鳴した時点で左右の動きが無くなる、って
な印象でした。
ただ問題点はラバー部分の強度であることも判明しました。
30cmUPが1匹釣れたんですけど、金属部しか残っていなかっ
たんです。
釣れる度にラバー部を損失するようじゃ、ルアーとは言えま
せんからね~・・・。
今度は強度UPに挑戦です。

ってな訳で、本日最初の記事はこちら↓
蔡総統、特急プユマ号脱線の事故現場を視察
(TAIWAN TODAY 発信日: 2018/10/22)

この台湾での脱線事故の一報を知ったときに、直ぐに思い浮
かんだのが「福知山線脱線事故」なんです。
今から13年前の事故なんですが、原因は
「カーブ進入速度超過」
だったことが分かっています。
今回の台湾での脱線事故もカーブで発生しています。
まあ~原因は、間違い無く「カーブ進入速度超過」だと考え
られます。
また、蔡英文総統の初動及び諸外国への配慮は、文句の付け
ようが無いほど、完璧ですよね。
後は原因究明あるのみです。

お次も台湾から↓
カトリック修道女と仏教尼僧の諸宗教対話、バチカンも重視
(TAIWAN TODAY 発信日: 2018/10/19)

私は宗教に関してはド素人ですので、妄想させて頂きますけ
ど、この記事に注目したポイントが「女性」だから何です。
何と無くなんですが、カトリックも仏教も「男性社会」に思
えてならないもんですので。
例えばね、
司祭や牧師で何人の女性がいるんだろう?
お坊さんで何人の女性がいるんだろう?
って考えさせられたからなんです。
ただこんなことを台湾で行う、ってのは、中国にとっては、
かなりボディーブローになるのかもしれません。
後ね、「天主教」って確か中国とか朝鮮半島において使用さ
れた、「ローマカトリック」だと記憶しています。
但し「天主教」にも、中国共産党公認と、そうではない地下組
織で活動しているグループが存在したはず・・・。
果たして「天主教女修会長聯合会」なるものはどちら何でしょ
うか?
この記事で興味を持った文言がこちら↓
「この諸宗教対話のテーマは「観之以行、行之以観:比丘尼與
修女的対話(2018 Active Contemplation and Contemplative Ac
tion:Buddhist and Christian Nuns in Dialogue)」。直訳すると、
行動をとる前に神の前で熟考しなければならないが、宗教的黙
想は行動を伴わなければならないというような意味になる。」

例えばこの記事の英文を直訳すると、
「2018年、活発な熟考と瞑想的な行動:仏教徒及びキリスト教
徒の尼僧による対話」
となります。
次に中国語’(?)なんですが、私は一切分かりませんので無料
の翻訳サイトで日本語に翻訳してみたんですが、日本語になって
ませんでした。
見る限りでは、
「行動のために考え、考えるために行動せよ」
みたいに思うんですが、ここは省略です。
正直なところ、分かりません!からね・・・。

ただお互いの宗教的に逸脱しない範囲で熟考し、お互いに反発
し合わないように行動して行こうよ、ってな雰囲気は感じるこ
とが出来ます。

今後もこのような対話が続くことを期待します。

そして、本日最後の記事がこちら↓
トルコ大統領、サウジ記者殺害は「計画されていた」と断定
(AFP BB NEWS 2018年10月23日 20:06 配信)

非常に意味深な記事になっています。
最初にこの文言から↓
「殺害に関わったとみられるサウジ人容疑者18人の裁判をトル
コのイスタンブールで行うよう要求し、事件への関与者全員が
刑罰を受けるべきだと訴えた」
ここまで言い切るんなら、国際指名手配犯として全世界に発信
すべきですよね。
イスタンブールで裁判をして「刑罰」ってのは、どうなの?
次にこの文言↓
「同大統領は、記者殺害はそれを企図してイスタンブールへ派
遣されたサウジ人グループがまとめた行程表に沿って、数日前
から「計画されていた」との見解を示した」
あくまでも「見解」を示しただけで、この「見解」が証拠を伴
うものなのかどうかが、依然として「不明」なんですよね。
但しここまで言う以上は、何らかの「証拠」を握っているとも
考えられます。
そしてこの文言です↓
「同大統領は、サウジ総領事館内でカショギ氏が殺害される前
に、建物の監視システムが意図的に解除されていたことも発表
した。サウジ人容疑者らは「まず監視システムからハードディ
スクを取り外していた」として、「これは政治的殺害」だと指
摘」
この文言こそが、前文の「証拠」に値する、ってことを強調し
たかったんだと、考えられます。
つまり「計画的犯行」ってことですよね。
そして最後のこの文言↓
「エルドアン大統領はムハンマド皇太子の名前に言及すること
はなかったが、捜査では父親のサルマン国王(King Salman)
の全面的な協力が得られると確信しているとも述べた」
この文言の構成は、ちょっと卑怯な気がします。
この文言だけで、ムハンマド皇太子とサルマン国王が不仲な
のか、そうで無いのかが判断出来ないんです。
何故なら、トルコの一方的な「確信」が一人歩きしているか
らなんです。

そもそも何ですけどね、このサウジ記者をトルコ領内のサウジ
総領事館で殺害して、ムハンマド皇太子に何のメリットがある
のか、って思いませんか?
単なる「バカ」なら、それで一件落着なんですけどね。

この事件で最も利益を得ているのは、間違い無く「イラン」で
しょ。

個人的にはね、イラン革命防衛隊のゴドス軍なんかがサウジ人
を装って殺害したんじゃ!ってな記事が流れても、全く不思議
には思いませんけど。

真相が明らかになるんでしょうかね~?

●●●追伸●●●
この事件の恐ろしい点は、サウジの関与が明らかになり次第、
米国が「制裁」をサウジに対して発動するってことなんです。

このことを如実に示しているのが、サウジが開催する国際会議
に対する、各国の「欠席表明」でしょ。
これはサウジにとっては、「痛恨の一撃」クラスなんです。

ここからは個人的な暴想に入っちゃいますので・・・。

個人的に懸念するポイントが3つ存在するんです。
①米国が「経済制裁」を実行した場合、サウジとしての対抗
 手段は、「原油」を武器として対抗措置を取るしかない
②サウジの原油売買は米ドルのみだったので、この売買通貨
 に他国の通貨を導入する可能性がある
③サウジ反米により、イラン包囲網が瓦解する

①について。
現在のサウジが持つ経済的武器って、「原油」しかないんで
すよ。
そしてロシアや中国と手を結ぶしかないんですよね。
但し、この政策をサウジが採ると日本もヤバイ状況になっちゃ
いますよね。

②について。
米ドルのみを売買通貨(基軸通貨)にすることで、米国とサウ
ジは良好な関係を保って来たんです。
原油の売買通貨を他国の通貨にしちゃうと・・どうなります?
米国にとっては、米ドルの基軸通貨の危機を迎える可能性が出
て来ます。
逆にサウジから見れば、米国の後ろ盾を失うことになりますの
で、現在の王政保証の根幹が崩れることも考えられます。

③について。
そもそも何ですけど、イスラエルに中東においての友好国って
サウジくらいでしょ。
それも米国を中心としての友好国ですし。
ってことで、①のようにサウジがロシアや中国と手を結ぶよう
な状況が発生すると、イスラエルの存続そのものがヤバクなっ
ちゃうんじゃ無いのかな。

何だかね、喜んでいるのは「イラン」に思えて仕方が無いのは
私だけ・・・?

ちょっと長くなり過ぎましたので、ここで終了。

「原油価格高騰」の状況を考えて見て下さいね。
日本における最大の「インフレの火種」なんですから。


posted by とんくん at 23:35Comment(0)国際

中国がソ連に見えて来ちゃったんだけど、何か変?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は1日中、「会議」状態でした。
色々な部署が集まっての会議だったんですが、途中からはずっ
と妄想していました。
妄想し出したきっかけは、営業が掲げる目標販売数量に対し
て、生産キャパが限界だってことで、議論が始まったからなん
です。
本来であれば、設備増強なり交代制導入なんかを検討すべきだ
と思うんですが、そんな直ぐに出来る訳もありません。
ってことは、OEMにするのが応急処置となります。
但し、あくまでも応急処置であって、「その場凌ぎ」でしか
ないんです。
ここからは会議そっちのけで、ず~っと妄想していたんです。
何を妄想していたのかって言うと、
「「その場凌ぎ」→「改善」
にする方法です。
極端な話ですが、OEM先の主力製品がバカ売れしたら、こちら
の製品の生産数は、間違い無く縮小していきます。
このような状態を回避する方法が必要となりますよね。
ってな感じで妄想した結果、以下の結論に辿り槌来ました。
①年間最低生産数量の締結
②複数OEM先での生産
①がOEM先に最も「安心感」を与えるんちゃうかな~?って
ことで、真っ先に考え付いた方法です。
②は、①が締結出来なかった時に取るべき方法かな~?って
思っただけです。
最終的には、妄想だけで終わっちゃいましたけどね。
「その場凌ぎ」で何とか「その場」を乗り切っても、再び同じ
ような状況は発生します。
再び同じような状況に陥らないようにすることが、「改善!」
だと、私は教わったんですけどね。
何だか疲れちゃって、釣りにも行かずに真っ直ぐ帰宅です。

最初にビックリした記事がこちら↓
中国が「人工月」打ち上げへ 街灯代わり、電気代節約に
(AFP BB NEWS 2018年10月19日 19:59 配信)

中国共産党が電力節約のために、こんなもん作る訳が無い
でしょう。
明らかに宇宙兵器の第一歩だと思いませんか?
もしも電力節約が本当だったとしても、そこには「夜の無い
都市」が誕生するだけ・・・。
この記事を読んだ時に、古くは
「伝説巨人イデオンのガンド・ロア」
ちょっと古いと、
「ガンダムSEEDのジェネシス」
を思い出してしまいました。
本当に中国「恐るべし!」です。

お次はこちらの記事↓
トランプ氏、核廃棄条約離脱の計画認める ロシアが違反と主張
(AFP BB NEWS 2018年10月21日 10:16 配信)

これはね~、何と言うか「お互い様」って感じがします。
そもそもね、このINFって陸上配置型の弾道ミサイルと巡航ミサ
イル廃棄を求めた条約なんです。
中距離って確か500~5000km程度だったと記憶してますが。
これってね、米国から見れば2010年以降、ロシアはメッチャ
巡航ミサイルを製造してるやんけ!ってことなんです。
でもロシアから見れば、米国もTHAADみたいな迎撃システムを
製造してるやんけ!ってことになります。

恐らく何ですが、トランプ大統領は少しでも米国にとって不利
益をもたらす条約や協定に対しての、「見直し」をしてるとし
か、思えないんですけどね。

そして最後にこちらの記事↓
中国、ASEANと海上演習=救助などで協力、米けん制
(時事通信 2018-10-22 17:55 配信)

この記事のポイントとなる文言は、これかな↓
「南シナ海の海上や東シナ海の空域で、海難救助や軍同士の偶
発的衝突の回避に向けた訓練を実施する」
ASEANとしても単独で中国とやりあっても、さすがに分が悪い
こと位は認識してるでしょうから。
単純に中国に対する「パフォーマンス」なんじゃないのかな?
特に重要なのが、
「偶発的衝突の回避に向けた訓練を実施する」
なんです。
ASEANとしては、偶発的衝突の回避が重要なんです。
例え「意図的」だったとしてもね。
つまり「偶発的衝突の回避訓練」を実施した、ってことは、
その手続きに則って中国は動かざるを得ないんです。
ASEANとしても、「意図的」に「偶発」を演じる選択肢も出て
来るんです。
ほんでもって、これでしょ↓
「ASEAN側は、対立が深まる米中の間でバランスを取るため、
来年は米国と合同演習を行う」
どう考えてもね、ASEANって米国寄りじゃない?
ただ実力行使を中国にされたら「溜まったもんじゃ無い」で
しょうから・・・。
そのためには米国のバックアップは必要不可欠なんです。
アジアにおける米中冷戦の縮図のようにも見えます。

現在の習近平氏のやり方を見ていると、どうにもソ連を想像
しちゃうんです。

何故買って言うと、以下の理由から、
③ソ連の経済は米国の経済制裁により、ボコボコにされた
④ソ連は軍備増強を最優先したが、経済力が追い付かなかった
⑤ソ連は同胞国を作るために、大量の資金と資源を供給した
 結果、経営破綻に追い込まれた

「ソ連」=「中国」
に置き換えて、現在の状況を考えてみると、見事に一致して
ると思いませんか?

ほんの少しの「背伸び」は、自身をこれからも成長させること
が出来ます。
しかし「背伸び」をし過ぎると足元が不安定になり、「成長」
することは出来ないんです。

皆様方も、自身を成長させるコツは、
「チョコットした背伸び」
の継続だと思いませんか?

●●●追伸●●●
安倍首相が今週、訪中します。
お願いですから「一帯一路」に関わんなよ!
そんな話が出たら、直ぐに「蹴れ!」って。
何で今のこの時期に行く必要があんねん?
単純に「日中友好条約・・・年」だから?
だったら、それはそれで割り切って、深部にまで会談すること
も、必要性も全く無いんじゃないのかな?

現在の日本の状況を振り返って見て下さいね。
今、この状況で米国との「軋轢」を産むようなことをしちゃう
と、後々トンデモナイしっぺ返しを食らうことになりますから
ね。

これだけがメッチャ心配なんです。
posted by とんくん at 21:58Comment(0)国際

米中露って何関係なんだろう?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は久しぶりに会社の同僚と昼飯を食べていたんですが、
その時に話題に上ったのが「ゼンショーが米国のテイクア
ウトすしチェーンを買収した」、って話なんです。
帰宅して確認しましたが、本当ですね。
っていうか、創業者って日本人やん!
ここで直ぐに頭の中に浮かんだのが、
「ひょっとして日本の酢メーカーの株が上昇してるかも?」
ってことで、調べてみました。
が、お酢メーカーで上場している企業が見当たらないんで
すよ。
っていうか、「~醸造」っていう企業名が上場企業に無いん
ですよね(実はあるのかもしれませんが、分かりませんでし
た、っていうか、そこまでの労力を使いませんでした)。
結局、無駄な時間を過ごすことになっちゃいました。

ってな訳で、本日最初の記事はこちらから↓
米中の国防相がシンガポールで会談 その前に米軍のB52爆撃機が南シナ海上空を飛行
(産経新聞 2018.10.18 21:32 配信)

全国紙の中では、唯一まだ正常に近い新聞です。

ってなことは置いといて、気になった文言がこちら↓
「マティス氏は当初、今月中旬に北京を訪問し、米中両政府が
予定していた「外交・安全保障対話」に出席する予定だったが、
中国側が中止を伝達していた」
のにね、
「米国防総省によると、中国側がシンガポールでの会談を呼び
かけてきた」
そうなんです。
この場合は3つのパターンが考えられます↓
①米中ともに会談拒否
②いずれか一方が会談を要請
③米中ともに会談を要請
個人的には③だと思うんです。
理由は、っていうと「戦争」したくないから。
先日、南シナ海航行中の米軍艦に中国軍艦が急接近したばかり
なんですよ。
チョットしたきっかけで「戦争」に突入する危険性は、米中共
に理解はしていると思うからなんです。
では何故、中国は注視を伝達したのか?
「見栄」
しかないんじゃないのかな~。
例えば簡単な妄想をするとね、
米国:人民解放軍は、一兵卒までしっかりと統率してくれ
中国:とにかく中国近辺で、これ見よがしのチョッカイを
   謹んでくれ
みたいな会談をやったように思えるんです。
つまりね、軍は命令には服従する義務がありますので、従わざ
るを得ません。しかし偶発的な衝突を回避するためにも、互い
の軍部統制を再確認し、連携の強化を強めていこうよ、っての
が、今回の会談の目的だと妄想出来るんです。
はてさて・・・。

そして次は、非常に考えさせられる記事です↓
米政治学者「中国の脅威が露米を団結させる」
(SPUTNIK日本 2018年10月18日 08:08 配信)

理由は、ミアシャイマー氏の著書の内容を、「何故記事にす
る必要性があるの?」ってことなんです。
当然ながらロシアの国益に適う内容だから、って考えるのが
自然ですよね。
ってことは、
④ロシアは米国と団結して中国を押さえ込む用意がある
⑤米国のイスラエル偏重主義がイランを中国に追いやってる
ってのが、妄想ポイントになりそう。

④について。
中露ともに米国の経済制裁を受けていますので、このままだ
とロシアも中国と手を組まざるを得ない状況になっちゃいま
す。そうならないためにも、ロシアへの経済制裁を解除して
対中国で団結しようぜ!ってことなんじゃないのかな。

⑤について。
単純に、ロシアはエネルギー産出国として中東と関係を保ち
たいだけなんだと思うんです。
だから「中東に他国の外交政策を突っ込んで来んな!」って
いう感じじゃないんでしょうか。
そういう余計な考えを中東に適用するから、中東が混沌とな
り、ロシアの国益に不利益をもたらすんじゃ、ってこと。

イランは「核」を保有したくて仕方が無い国なんです。
「核合意」の内容を見て頂ければ分かりますように、
「しばらく辛抱すれば、核開発をしてもええよ~!」
っていう、トンデモナイ「合意」なんです。
ただね、北朝鮮が「核は持ったもん勝ち」を実践してしまい
ましたから、米国としてもこれ以上の核開発は断固拒絶する
でしょうね。

最後にこちらの記事↓
ロシア大統領、「アメリカの対イラン制裁は大きな誤り」
(ParsToday 2018年10月19日18時51分 配信)

最初にこの文言↓
「ヨーロッパ諸国も、イランが核合意に違反しているとは考え
ていない。そのため、アメリカの制裁政策は大きな過ちであり、
国際的な備蓄通貨であるドルの信用を失わせる」
プーチン大統領の発言は、瞬間的に「そうかな?」って思わせ
ますが、トランプ大統領は別次元の話をしてるんです。
つまり、
「イランの核合意の内容そのものが間違ってるやんけ!」
ってことでしょ。
間違った核合意の内容は適切に修正すべきなのに、
「何でお前らは反対すんねん!」
っていうのが、本音なんじゃないのかな。

次にこちらの文言↓
「ロシアもまた、イランや他の国との貿易において、自国の通
貨を利用していく方針だ」
これってね、経済制裁の効力が発揮出来る最大の理由が、
「米ドル」
こそ基軸通貨だからなんです。
中国も頑張って人民元を基軸通貨にしようとしましたが、結果
は惨敗だったでしょ。
理由はいたって単純で、人民元に「信用」が無いから。
ルーブルも同じです。

そしてこの文言↓
「アメリカのイランに敵対する行動は、テロとの戦いや中東危
機の解決を助けるものではなく、この地域に問題を作り出して
いる」
これはある意味、その通りなんですよ。
だって米国には巨大な「軍需産業」が存在しますからね~。

そして最後に気になったのが、この文言↓
「プーチン大統領は、アメリカが、イランのシリア駐留に反対
していることに触れ、「イランとシリアは独立国であり、ロシ
アには、イランをシリアから撤退させることはできない」と述
べました」
これってね、世界の国家は米国の「傀儡国家」とちゃうんや、
ってことを言いたいんだと思います。
各国はあくまでも「独立国家」なんじゃ!ってことを、再認識
させたい文言とも言えますよね。

結局のところ、プーチン大統領はトランプ大統領に対して、
「経済制裁止めたら一緒になってもええで、そやけど止めへん
かったら、中国と一緒になんで~、どっち選ぶん?」
って、問い掛けているようにしか思えないんですけど・・・。

そんな甘い世界じゃ無いことは、十分承知していますけどね。

●●●追伸●●●
年金問題を見ても分かりますように、ロシア財政はかなりな
ところまで追い詰められている、って見ることが出来ます。
それでもロシア国民の生活を重要視しているんだな~、って
思います。
翻って中国を見ると、中国国民を奴隷としか扱っていない、
中国共産党が存在しています。

いずれの国民が、チョコっとでも幸せだと思いますか?
posted by とんくん at 22:32Comment(0)国際