回転すしで考え込んだことなんです

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は釣り仲間に誘われて、回転すしに行って来ました。
回転すしなんて20年以上も行ったことが無かったので、本当
に久しぶりなんです。
さすがに週末は混雑していますよね~。
それにしても1時間待ちは「長い!!!」。
こんなに待ってまで入る意味がどこにあんねん、って思いな
がら釣りの話をしていたら、やっとこさお呼びが。
席に付いて、メニューを見た途端、
「ここ何屋さん?」
ってなっちゃいました。
だってね、確かにすしの種類は80種類くらいあるんですが、
その他のサイドメニューとデザートが多過ぎ。
例えば、うな丼、牛丼、天丼、カレー(ライスはしゃり)、
ラーメン、うどん、から揚げ、ポテト、天ぷら・・・。
これじゃ、おすしをメインにした「大衆食堂」と一緒やん。

釣り仲間の話を聞く振りをしながら、考え込んでしまいまし
た。
初めに考え込んだのが、ここの「経営方針」って何やろ?
ってこと。
飲食店なんですから、「安心・安全」は当然のこと。
また低価格で全品提供していることから、「安い」も当然。
そこで、このサイドメニューなんかを見ていて思ったんです
が、恐らく「イノベーション」とか「レボリューション」と
いった方針を掲げてるんじゃないのかな。
つまり、従来の回転すしに対する「革新」や「変革」を追及
していくで~、ってな感じ。
簡単に言っちゃえば、従来の回転すしには無いメニューを創
造し、お客様に提供していく、ってことかな。
これって、ちょっと危険な方針だと思いませんか?
本業である「おすし」に関連しないメニューばっかでしょ。
このお店の「基軸」は「おすし」じゃないのかな。
もしも私の勉強不足で、おすしを食べながらラーメンをすす
るとか、うどんをすする、ってのが流行してるんなら頷ける
ことも出来るんですけどね。
ただ、どう考えてもちゃうやん。
ってことは、結論としては
「目先の利益追求型」
の企業なんだな、ってこと。
お客様を呼び込むために、次々と新メニューを創造し続ける
企業なんでしょうね。
メニューに対する創造と破壊を繰り返しながら・・・。
このお店の売り上げに対するおすしの構成比を知りたいもん
です。
70%以上あるんなら、基軸としては合格でしょうから、この
ような創造もあり、かと思いますけどね。

次に考え込んだのが、「お客様はリピーターなの?」です。
ただ単にメニューのバリエーションが豊富なんで来ているだ
け、なんじゃないのかな?
もしもそうだとすると、他の回転すし店が同じようにメニュー
を創造し、提供し出したらそちらに行っちゃう可能性は非常
に高いと思うんです。
それを阻止すべくメニューを創造する・・・。
こういうのを
「いたちごっこ」
っていうんです。
「いたちごっこ」やってる店舗に、リピーターが付く可能性
はかなり低いんじゃない。
そもそもリピーターって、提供された商品やサービスに満足
したお客様、のことでしょ。
本日行った回転すし店の従業員も、ロボットみたいなもんで
すよ。ただ機械的に接客してるだけ・・・。
極端な例で申し訳ないんですが、「心」を持った従業員が、
毎月来店してくれているお客様を覚えていると致します。
このお客様は当然ながら「リピーター」ですよね。
本日も1時間待って頂いて、店内に入ることが出来ました。
「心」を持った従業員は、
「いつもご来店頂き、誠に有難うございます」
と言った後に、
「大変長い時間お待たせさせてしまったお詫びとして、お客
様には1皿無料でご提供させて頂きます」
とか言ったら、お客様も
「満足」→「感動」
に変わるかもしれません。
もしも変わってくれたなら、このお客様は
「永遠のリピーター」
になりますよ。
メニューだけ創造しても、お客様の心を鷲掴みにすることは
出来ません。
そこには心を鷲掴みにする「メニューとサービス」が無いと。

最後に考え込んだのが「何を目指してるの?」ってこと。
原材料費というものが存在する以上、「安価」にするには限界
があります。
逆に「高価」にすることは無限です。
何故無限かというと、様々な「価値」を付加することが出来る
からなんです。
問題は、その「価値」をお客様が「理解」し「納得」するかど
うか、ってことなんです。
経済活動をしている以上、同じ美味しさなら安い方がいいに決
まってます。
しかし異なる美味しさならどうでしょうか?
不味い価格と美味い価格の差が、お客様から見て「理解」出来
るかどうかなんです。
「理解」出来ないお客様は「デフレマン」でしょう。
「理解」出来たとして、次に「納得」するかどうか・・・。
「納得」出来ないお客様は、その価格に不満があるってこと。
食べ物である以上、
「より良い商品をより安全に、より安心に、より美味しく」
はどこも同じなんです。
ここに「より安く」、「より適正価格」いずれを組み込むかで
経営方針は大きく違って来ます。

この差は大きいですよ!

●●●追伸●●●
個人的には、
「より安く」=「デフレ依存症企業」
「より適正価格」=「デフレ脱却指向企業」
と考えています。
この回転すし店は、明らかに前者ですよね。
だって外国人従業員がメッチャ多いし・・・。
不法就労とかさせてないんやろな~、とかって考えていると、
釣り仲間から鶴の一声!
「わしらの話、聞いとんか~!」
ってことで、これまでの内容を説明すると、
「お前はここのオーナーなんか!」
本当に仰る通りです。

その後は、ゴーンショックの話題で盛り上がりました。
posted by とんくん at 23:41Comment(0)経営

遺伝子組み換えとゲノム編集、何が違うの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、さっさと仕事を終わらせて機械部品専門店に行って
来ました。
リールのベアリングを交換するためです。
だってね、リール部品専門店ってメッチャ高いから。
今年はバス釣りは終了、ってことでメンテナンスするため。
でも海釣りはこれからです。
特にかわはぎは、これからがシーズンなんですから。

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
三菱重工にも賠償命令 徴用被害者と元勤労挺身隊員の訴訟=韓国最高裁
(聯合ニュース 2018.11.29 11:47 配信)

韓国はかなりヤバイ状況になってるようですね。
この韓国最高裁の長官を任命しているのは、「妖精の国の
大統領」なんですから、政府の意向が入っている、っ考える
のが自然です。
つまり韓国経済がヤバイ、だから日本からお金をたかるぞ、
ってことなんでしょう。
韓国ってこういう国なんですから。
皆様方も、韓国に腹立ててるんは分かりますが、ここはね、
冷静沈着に行動すべきだと思います。
韓国は「情」の国なんですから、日本までもが「情」による
政策を行ってはダメなんです。
あくまでも「和」の政策で行かないと・・・。
過去の歴史を勝手に作り変えて、一方的に意味不明な要求を
して来ているんですから、「和」の精神で歴史的事実を淡々
と繰り返し、言ってればいいんです。
但し、それだけじゃダメです。
韓国の経済を、さらに破綻に追い込む政策があります。
韓国が製造する製品って、その殆どの部品が「日本製」なん
です。
つまり「輸出規制」をすればいいんです。
ただ韓国輸出に依存している部品メーカーは、倒産の憂き目
に会う可能性がありますので、そのケアは必要ですけどね。
「和」とは、全てのものと「仲良し」になることでは無いん
です。
お互いに尊重し合えるからこその「和」なんですから。

お次はこちらの記事↓
悪魔のレシピ お手軽にできる魅惑のツナ缶軽食がヤバい
(おたくま経済新聞 2018/11/29 15:16 配信)

これって私が学生の頃(30年近い前)には、徹夜マージャン
でよく食べていたものなんです。
理由は簡単で当時のコンビニ(セブンイレブンだったかな?)
で、ツナマヨのおにぎりが販売されていたから。
これがめっちゃ美味しかったからなんです。
だったら「ピザみたいにチーズ入れりゃ、さらに美味しくな
るに決まってんやん!」ってことで、私の周囲では大流行し
たんです。
ただおつまみにしかならんので、〆は「吉野家の牛丼」だっ
たんですけど(もしくはカップラーメン)。
この記事読んで、マジで昔を思い出しました・・・。
こんなんだったら、
「ほていの焼き鳥の親子丼」
「チキンラーメンの炊き込みご飯」
「ベビースターラーメン雑炊」
とかメッチャあるんですけどね。
本当、懐かしいな~・・・。

最後は、こちらの記事↓
「世界初のゲノム編集赤ちゃん」の正当性主張 中国科学者
(BBC NEWS JAPAN 2018年11月29日 配信)

この記事での最大のポイントが、この2つの文言↓
「深圳市にある南方科技大学は、賀准教授の研究内容を把握
しておらず、内容について調査を開始すると発表。准教授は
今年2月以来、無給休暇中だったという」
「准教授も、自分の研究は大学の関知するところではなく、
研究資金は自分で賄ったと説明している」

これだけでも「???」が付きませんか?
大学側は研究内容を全く把握しておらず、この准教授は自費で
研究をしていたって・・・。
でも機材は大学のものを「使用」していた、ってことなんじゃ
ないの?
自費で機材から何から全てを賄っていたんなら、話は別なんで
すけどね。
でもね、「今年2月以来、無給休暇中だった」准教授に果たし
てそれだけの資金があるの?って思いませんか?

さらにね、こちらの2つの文言↓
「准教授はさらに、研究論文は査読のため学術誌に提出済み
だと述べたが、どの学術誌かは明らかにしなかった」
んだけど、
「その一方で、自分の研究内容が「予想しない形で外部に漏
れた」ことを謝罪し、「現状をかんがみ臨床試験は中断して
いる」と話した」
って、言ってることが支離滅裂なんです。
学術誌の名前すら明らかにしてないのに、外部に漏れるって
ことがあるんですかね?
外部に漏れるんだったら、その学術誌の名前も漏れるんじゃ
ないのかな?

そして最後にこの文言↓
「中国科学技術部の徐南平副部長は国営メディアに対し、賀
準教授の実験は中国の法律で禁止されていると述べた。中国
では体外受精による受精卵を使ったヒト胚研究は、受精後14
日以内の利用しか認められていないという」

これこそが「曲者」なんです。

「中国の法律」は「中国共産党」の下に位置するものでしょ。
つまり中国共産党が「指示」したんなら、法律違反にはなら
ないんです。
何が「中国の法律では禁止されている」って、まあ~よくも
ズケズケと言えたもんです。

ここで考えて頂きたいのが、
①遺伝子組み換え
②ゲノム編集
の違い、なんです。

個人的に理解している範囲で説明しますね。

①について。
そもそも生物には、遺伝情報を伝えるDNAが存在しています。
このDNAの中でも、特にある特定の「働き」をすることが解
明出来ているDNAを、「遺伝子」と呼んでるんです。
その「遺伝子」を別の生物のDNAの中に組み換える技術こそ
①ってこと。
組み換えるだけなんで、どこにどのように組み換えられるの
かが、非常に難しいんです。
だってね、普通に考えて下さい。
いきなり自身に存在しないDNAが送り込まれたら、当然なが
ら、自身の体は「戦闘モード」に入っちゃうでしょ。
この「戦闘モード」の結果自体が「予測」出来ないからこそ、
「危険」って言われる所以なんです。

では、②について。
ゲノムって確か、「遺伝子」と「染色体」の英語の造語だっ
たはず。
そして「染色体」って、DNAそのものでしょ。
そのDNAの中に「遺伝子」が存在するんです。
ってことは、遺伝子が解明されている染色体は、1つの「集団」
になってる、ってことなんです。
だから①は単純に無作為に組み換えるだけなんですが、②は
ピンポイントでこのゲノムそのものを組み換えることが可能
なんです。

ってことは、HIV感染者のHIVゲノムを削除して、非HIV感染者
のゲノムに書き換えたら・・・。
HIVに感染してない赤ちゃんの誕生になっちゃいますよね。
だって「遺伝」させないんだから。

これってメッチャ難しい話で、妄想すら出来ないんです。

●●●追伸●●●
一神教の倫理では、「ご法度」になります。
でも医学の分野から言えば、「進歩」になります。

このさじ加減って、非常に難しいですよね~。

真偽のほどは別にしても。
posted by とんくん at 23:27Comment(0)日記

「元祖」と「本家」の違いがコンプレックスになっちゃいそう

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はお客様相談室の方々とのミーティングがありました。
っていうか、初めてなんですけどね。
ただその殆どが「つまらん」議題。
特にクレームについて。
クレームとは、自社製品を信頼して購入頂いたお客様が、そ
の信頼を裏切られた時に発生するんです。
何故これを取り上げたかというと、クレーマーに関しても同
じように接しているからなんです。
ホンマに「アホか!」って思っちゃいました。
クレーマーって信頼して自社製品を購入しているんじゃなく
て、無理難題を押し付けて自身の「利益」を得ようとしてい
る「輩」のことでしょ。
この区別が出来ていないから、ダメなんです。
クレームが発生したときに、確認と謝罪をするのは営業マン
なんだから、もっと営業マンから「その時」の状況を聞き出
せよ、って思いませんか?
その上で、自社製品に欠陥が存在したから、製品への信頼が
失われたんなら、会社全体でその失われた信頼を回復させる
べきでしょう。
そうで無いんなら、クレーマーです。
会社は「全力」でクレーマーと戦わんとアカンでしょうに。
クレームはお客ですが、クレーマーはお客じゃないんだから。
そのクレーマーを肯定するような会社は、最悪ですよね。
これって名前忘れちゃったんですけど、「・・・義務違反」
になるって記憶があるんです。
もっと勉強しろ!って・・・。

本日はどうでもいいようなことを。

お昼、パートさん達と飯を食べていたんです。
相変わらずなんですが、
「お隣の奥さんが・・・」
「どこそこのお子さんが・・・」
ってな感じ・・・。
どうでもええやん!!!
って思いながら飯を食べていたんですが、いつのまにやら
「元祖」と「本家」って、何が違うの?って話に・・・。
申し訳無いんですが、脈絡とか一切無い会話に混じることっ
て、私には「絶対無理だ~!」って痛感しました。
マジで「360度パノラマ会話」としか言いようがありません。

敢えて何も言いませんでしたが、個人的には次のように整理
しているんです↓
元祖:人間社会における「祖」とは「人間」のことです。
   「元」とは「最初に始める」、ってことです。
   つまり元祖とは「最初に始めた人」ってこと。
本家:「家」とは「一族」のこと言います。
   「本」とは「正統血統」のことを言います。
   つまり本家とは「正統血統の一族」ってこと。

これは個人的な勝手な解釈なんで、悪しからず。

これってね、
①「元祖の血統」=「本家の血統」
②「元祖の血統」≠「本家の血統」
だけなんです。

①だったら、同じ意味になりますし、②だったら全く別の血
統から派生した、ってことになります。
このように考えると、「元祖」と「本家」の違いが見えて来
ませんか?
パートさん達が言ってる「違い」は、②なんです。

例えば「味噌カツ」だと、ウィキでは三重県津市のお店が考
案したとして記述されていますが、我々が「味噌カツ」と聞
いて思い浮かぶのは「名古屋」ですよね。
つまり「味噌カツ」の元祖は三重県津市のお店なんでしょう
が、それを全国区に広げたのは「名古屋」ってことになりま
すよね。
このように考えると、「元祖」とは最初に考案したものであ
り、それを世に広めたのが「本家」とも言えそうなんです。
世に広めた「本家」なんですから、「元祖」が何を言おうと
知ったこっちゃ無いですよね。
それだけの商品力を持ってるんですから。
だから「本家」に関しては、「分家」が存在するんです。
お店で言えば「のれん分け」ってやつかな。
こうなると、益々「本家」の力が強大になっていきます。

味噌カツを考案したお店は「元祖」なんでしょうが、これを
「ご当地グルメ」にした名古屋こそが「本家」って思わん?

だから「名古屋」という「本家」から、「お店」という「分
家」が産まれたんじゃないのかな。

さらに言えば、ラーメンの元祖は中国でしょ。
しかし現在、ラーメンの「本家」は日本なんです。
即席めんや多種多様なラーメンを産み出して来たから。

元祖と本家の違いって、こういうことじゃないんかな?

このように整理すると、「初代」は限り無く「元祖」に近い
のかな、って考えています。

ホンマにどうでも良いことなんですけどね。

●●●追伸●●●
何で何も言わなかったか?って言うと、パートさん達の話題
が直ぐに別の話題になったから・・・。
本当に「付いて行けない・・・」。

ここで悟ったんですが、直ぐに「次の話題になる」ってこと
は、パートさん達にとっては「どうでもいい話」ってこと。
そんな話を真剣に考えてること自体がナンセンス、ってこと
なんでしょうね~・・・。

マジで会話が出来なくなって来ちゃいました。
posted by とんくん at 21:59Comment(0)日記