「義務感、責任感、使命感」、勉強も仕事も一緒やん!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も帰宅時にスーパーに寄ってお買い物です。
店内を徘徊していると、奥様方の会話が聞こえて来ました。
「これまでテスト直前しか勉強せえへんかったAちゃんが、何でか
しらんけど、テスト前でも無いのに勉強するようになってん!」
「だからな、チョット、カマかけてみてん」
「好きな女の子でも出来たん?」
「そしたら「エッ!」ってな顔して、自分の部屋に戻って行ってし
もたんや」
「あれって絶対、自分の好きな女の子と同じ高校に入りたいんと
ちゃうかな~?」

この奥様の子供は中学生で、男子だということは直ぐに理解出来ま
すよね。
そしてこれまでテスト前しか勉強しなかった、ってことは
「嫌々」
やってたってことですよね。
しかし好きな女の子が出来たことで、この「嫌々」は消え去り、
自身に「好きな女の子と同じ高校に受かる」という、目標が出来た
ことになるんですよ。
そして目的は「デート」すること、ってな感じかな。
中学生だと、まだ「義務教育」の段階です。
この子供は「嫌々」勉強をしていたんですから、義務には
「嫌々」
という言葉が含まれることになります。
しかし好きな女の子が出現した途端、目標が出来ました。
そして「嫌々」が消えて目標が出来たんですから、これは
「責任」
ということになります。
そしてデートが目的だと仮定しても、色々な目標をクリアして
いかなければなりません。
この色々な目標をクリアするためには、色々な責任を負う必要が
あります。
これこそが
「使命」
ってもんじゃないんでしょうかね。
以上が個人的な妄想なんですが、さらに暴想すると、
「義務感から責任感へ、そして使命感へ」
ってのが、私の持論なんです。
但し義務感から責任感への変換は、
「嫌々から愛着」
への変換だと考えているんですが、責任感から使命感への変換が
今いち、ピンとこないんですよ。
ただ責任感の積み重ねが「使命感」になるだろう、とは考えてい
ますけどね。
このように暴想すると、社会人にも3つのパターンが存在すること
になります↓
①義務感で働く社会人
②責任感で働く社会人
③使命感で働く社会人

①について。
「嫌々」働くのは「生活のため」。

②について。
「周囲に迷惑をかけない」、「自身の評価のため」。

③について。
「意義」と「価値」を見出した。
つまり、「目的」が鮮明になった。

って考えると、①は「依存型」に属する社会人であり、②と③は
「自立型」に属する社会人、と言うことも出来ます。

チョット極端な例ですが↓
①の場合。
「誰か代わりにやってくれへんかな~」
「誰かもっと楽な方法を考えてくれへんかな~」
ってなるでしょう。

②の場合。
「何とかして出来る方法を見つけなアカンな」
「少し位、自身の時間を犠牲にしてもやらんとな」
ってなるんじゃない。

③の場合。
「何が何でもやる、と決めたらやる!」
「自身で最も大切な命すら捨てる覚悟でやる!」
ってなとこでしょうか。

この暴想が、
「義務感から責任感へ、そして使命感へ」
の根拠となってるんです。

個人的に子供たちにこの話をするときは、「税金」を良く使い
ます。
但し大前提として↓
国民の命を守る
国民の生活を守る
国民の土地を守る
は、最低限でも国家が行うべきことなんです。
このような国家に対して税金を払うのは、
「国民の義務」じゃなく、
「国民の責任」でもなく、
「国民の使命」なんやで、
ってことです。
しかし国民に目を向けず、企業や財政に国家が目を向けると、
「国民の義務」
に成り下がってしまうんです。
つまり「嫌々」税金を納めてる、ってこと。

こんな国民感情を植え付けちゃダメなんですけどね。

本日最初で最後の記事がこちら↓
社内失業状態の社員、特徴は「50代の一般社員」? 「仕事をしている風のまま、定年を目指している様子」という声も
(キャリコネニュース 2019.2.28 配信)

これって、その企業の社員教育の問題だと思いませんか?
新入社員のときは「義務感」から出発するのは当然でしょ。
そこから「責任感」を教育し、「使命感」にまで社員を育てる
のが企業の「教育」なんじゃないのかな?
特にこちらの文言↓
「やる気の無さや意識の薄さをどのように改善させていけばよいの
かが課題」
そのような社員に育てたのは企業側なんじゃないの?
「やる気の無さ」なんて「適材適所」で、かなり改善出来るんじゃ
ないのかな?
私は「社内失業」ってのは、企業が生み出した失業だと考えるんで
すよ。
例えばね、
「新しい仕事の変化についていけない古参社員」
って文言がありますが、この「古参社員」ってのは、ある意味で
「差別用語」にもなりかねませんよ。
企業と個人が「契約」を結んで、初めて「社員」になるんでしょ。
「契約」を結んだ以上、「古参」って言葉は使っちゃダメでしょ。

何だか日本企業も変な方向に向かいつつあるかもしれません。

●●●追伸●●●
この記事でビックリしたのが、こちらの文言↓
「「社内失業者本人の改善意識が希薄で苦悩する様子が伺えます」
と調査元と伝えている」
これって完全に「企業側」に立った考え方ですよね。
こんなことをアンケートで回答している限り、その企業は同じ社員
を生み出すことになるんです。

何でこんなことに気付かないんだろう???
posted by とんくん at 22:21Comment(0)経営

原理原則って何だろう?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日もパートさんたちと昼飯を食べていました。
相変わらず「意味不明」なダイエット弁当を食べてるパートさん
もいました。
そんな中でチラっと聞こえたのが、ギャンブルって言葉。
どうも旦那さんがスロット大好き人間らしいんです。
「時間があったら、スロットばっかやってんねん!」
だそうです。
さらにその旦那さんは、株式にも手を出してるそうなんです。
ってことは、この論調から行くと株式もギャンブル、ってことに
なっちゃいますよね。
結局のところ、「負けて損してる」から「ギャンブル」と思って
るだけなんでしょうね。
もしもこの旦那さんが、コンズタントに儲けを出していたら、必
ず「投資」っていいそうです(スロットは判りませんが・・・)。
つまりね、
「ギャンブル=運任せ」
っていうイメージが定着しちゃってるように思えます。
これを言うなら、
「人生=運任せ」
でもある訳ですよ。
但し、未来のことを自身で懸命に考えて、現在の決定を下してい
るのと、何も考えずに現在の決定を下しているのとでは、雲泥の
差があるんです。
後者だと「依存症」でしょうね。
つまりね、小さな失敗を繰り返しつつも大きな成功があれば、そ
れだけで成功したことになるんです。
株式も為替も、この繰り返しです。
そしてその判断基準は、「期間」で見るべきなんです。
だってね、常に成功してたらデスラー総統になってますから。
ただ本日は、このことは口には出しませんでした。
私がついつい喋っちゃったのは、
「家計簿ならぬギャンブル簿でも付けさしたら」
ってことだけです。
何か気に入ったらしく、
「グッドアイデア!!!」
って叫んでました。
冷たい視線じゃなくて、ホッとしました。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
地球温室化を防ぐ「層積雲」、温暖化で消失の可能性 劇的な気温上昇の恐れ
(AFP BB NEWS 2019年02月27日 12:00 配信)

まずね、雲の正体は「水」ですよね。
水には3つの状態が存在しますよね↓
「固体・液体・気体」
水の気体は「水蒸気」と呼ばれ、目には見えません。
しかし、水の液体・固体は目で見ることが出来ます。
ってことは、雲の正体は水の、
「液体・固体」
ってことになります。
でも水の気体を液体・固体にするためには、冷やさないとね。
ってことで、空気中に存在する水の気体が液体・固体になるだけ
の冷やされた空気が必要になります。
しかし冷やされた空気だけでは、重力により液体・固体になった
水は落下して行きますので、空中に留めるだけの上昇気流が必要
になります。
ここまでが、小学校か中学校で習った原理原則です。

ってことは、温暖化ガスで雲が消失するってことは、このどちら
か、もしくは両方が無くなる、ってことになります。
確かに温暖化ガスで温度差が無くなると、雲は出現しませんね。
しかし、この場合は地表の空気が太陽光により、さらに暖められ
ることになります。
ここで高校で習った原理原則を「空気」に当てはめると、
「冷たい空気は重く、暖かい空気は重い」
ってことになります。
ってことは、上層部の冷たい空気が地表に落ちて来て、地表の
暖かい空気は冷たい空気に押し出されるように、上空に上ってい
くことになります。
しかし上空に上った暖かい空気は、周囲の冷たい空気に冷やされ
て、この暖かい空気に存在する水の気体は液体・固体になっちゃ
います。
はい!「雲」の出来上がり~111

私が小中高で習った原理原則で考えると、再び
「雲」
が発生しちゃうんです。
このように考えると、温暖化ガスは大気そのものの温度差を無く
す必要があります。
温度差が無くなるってことは、圧力差が無くなるってこと。
つまり人類が住む地球表面に気圧の差が存在しないことになるん
です。
「前線」も無ければ「台風」も「ハリケーン」も存在しない地球
になるんですよね。
将来的にこのような状況が来れば、「地球温暖化」ってもん自体
を認めることも出来るんでしょうけどね。

お次はこちらの記事を↓
イラン外相、突然の辞意表明=保守穏健派の政権に痛手
(時事通信ニュース 2019-02-26 07:19 配信)

この記事で見るべきポイントは、
「ロウハニ政権下では昨年7月に中央銀行総裁が交代したほか、
米国の対イラン制裁が再発動された同8月には大統領の盟友だっ
た労働相や経済財務相が相次いで弾劾決議を受けて失職に追い込
まれた」
状況なんだから、
「通貨の暴落や物価高騰などで経済の苦境が深まり、ロウハニ政
権への批判が渦巻く中」
において、
「反米保守強硬派から批判にさらされていた」
のは、当然でしょうね。
こんな状況で外相を務める、何てどう考えても無理でしょ!

イラン外相としては、
「それでも私を外相として任命しますか?」
って思いを、イラン国家に問うたんでしょう。

その答えとなる記事がこちら↓
イラン大統領、外相辞任認めず=「国益に反する」
(時事通信ニュース 2019-02-27 23:07 配信)

外相とはその国家の他国に対する窓口なんですし、対米強硬派の
人に外相を変える訳にも行かんでしょうし、イランの最高指導者
までもが発言するんですから、かなりの立場を確保出来たものと
考えられます。
これで反米保守強硬派が批判すれば、最高主導者にすら批判する
ことになりますからね。

これも人間に対する国家が望む「原理原則」、ってことです。

最後はこちらの記事を↓
外交部、各国の対華為政策は事実に基づくべき
(人民網日本語版 2019年02月27日15:40 配信)

この記事はグローバリズムに「洗脳」された企業が、最も普遍的
に語る「代名詞」そのものですね。
この文言↓
「華為技術(ファーウェイ)禁止令によって、欧州の5G導入は2年
遅れる恐れがある。大規模な機器入れ替えを突然行うことは国の
インフラに大きな破壊をもたらし、消費者が高い代償を払うことに
なる」
「恐怖」を煽って自社の利益にしようという、企業から見た原理原
則ですよね。
つまり、この原理原則には「安全保障」という概念が存在しないん
です。
さらに言えば、「自社努力」すらも存在しないんです。

本当にね、素直に単純に考えてみて下さい。
「世界第2のモバイル通信事業者」
なんやったら、ファーウェイ有りきじゃなくて、自社でそれを超え
るもんを「開発」せんか!
って思いませんか?

企業が利益を追求できるのは、大前提として「安全保障」が存在
するからでしょ。

何でもかんでも「原理原則」じゃありません。

●●●追伸●●●
科学的な根拠による「原理原則」は、現時点においては「共用」さ
れます。
しかしね、人間社会における「原理原則」なんて合って無いような
もんなんです。
だってね、世界中の国家間の「価値観」が異なるんですから。

原理原則は、「方程式」でのみ表すべきだと思います。
だってね、人間が絡むと絶対に「感情」という不確定因子が含まれ
ることになるんですから・・・。

だってね「原理主義者」の「原理」はどこ?
独裁国家の「原理原則」はどこ?

所詮は相対評価でしか無い、てことなんです。
posted by とんくん at 00:32Comment(0)国際

戦争を伴わない現代の国家間戦争、かな?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、パートさんたちと一緒に昼飯を食べていました。
昼飯を食べながら聞いていたんですが、そんな中で出てきた話題
が「占い」。
「どこそこのテレビの星座の運勢がよく当たんねん」
「それよりも、どこそこの雑誌の方が、絶対ええって」
何だか個々人で、色々とお勧め占いがあるみたいなんです。
ってことで、ちょこっと聞いてみたんです↓
「結婚するときも占いで決めたんですか?」
全員がギロリと私を見て、
「マジでおまえはアホか!」
的な視線・・・。
聞かなきゃ良かった~、って後悔しつつもついつい聞いちゃうん
ですよね~。
この無言の冷たい視線から判ったことは、結婚とか自身にとって
の重要なイベントに関しては、占いを信じることは無いんだな、
ってこと。
でも普段は占いをメッチャ気にしているんです。
何で?
ってことで、どうせだからこの疑問もパートさんたちに聞いてみ
ましたが、答えは「・・・」でした。
つまり自身でも「何故なのか」、よく判っていないんでしょうね。
ただその後の話を聞いていると、ヒントがありました。
そのヒントとは、
「過去の自身のことを言い当てる」
ってこと。
つまり、過去の自身のことを言い当てる占いが、良い占いみたい
なんです。
このことを前提とすると、2つの考え方が出て来ます。
①過去の自身のことを言い当てるんだから、未来の自身のことも
 言い当てるはず。
②過去の自身のことを言い当てた占いに、満足している。
しかし重要なイベントには占いを信じない以上、①の考え方は
却下、となりますよね。
では②で言う「満足」とは何なんでしょうか?
ここからは妄想になっちゃうんですが、自身の話を聞いて貰って
自身の過去を言い当ててくれる、ここに自己満足が発生している
ような気がします。
こんな妄想をしている内に、お昼休みが終了・・・。
いつものことなんですけどね。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
インド軍がパキスタン支配地域を空爆 カシミール地方
(AFP BB NEWS 2019年2月26日 18:07 配信)

インドの「有限実行」ですよね~。
現在は米朝首脳会談が明日に迫ってますし、中ロもその動向を
観察している状況なので、やるんなら「今でしょ!」ってところ
でしょうか。
それにしても現在のパキスタンとインドでは、「国力」の差が
余りにも違い過ぎます。
それ故に、インドはパキスタンに巣食う武装組織を平然と爆撃出来
るんじゃないのかな。
だって周辺国でインドを敵に回してまで、パキスタン側に付く国家
は無いでしょうから。
パキスタンがカシミール地方を自国の領土とするためには、かなり
周到なインド包囲網を作る必要があるように思います。

お次もAFPから↓
ICJ、英国にチャゴス諸島返還を勧告 米軍が基地に利用
(AFP BB NEWS 2019年2月26日 6:13 配信)

英国はモーリシャスが独立する前に、「国防目的」でモーリシャス
からこのチャゴス諸島を「購入」してるはずなんです。
そしてインド洋に基地を建設しようとしていた米国に「貸与」する
ことになりました。
だから米国は、巨大基地を建設したんです。
何故なら、中東からアジアまで幅広い範囲をカバー出来るから。
この記事からモーリシャス政府の考え方を読み解くと、恐らくなん
ですが、モーリシャス政府は米軍撤退まで視野には入れていないも
のと思われます。
つまり英国から返還された後の、モーリシャス政府への米国からの
貸与料が狙いなんじゃないのかな。
そして最近は中国に急接近しつつある、「親中国家」でもあります。
そして中国から見れば、在日米軍同様にこの米軍基地も邪魔で邪魔
で仕方が無いでしょう。
ってことは、
モーリシャス政府のチャゴス諸島領有権を、英国に認めさせる。
その後、モーリシャス国民に「米軍追放運動」を行わせる。
この程度のストーリーは、十分に考えられることです。
このように考えていくと、国連は中国が後ろで操っていると思われ
でも、致し方が無いんじゃない。
こんな勧告するんなら、「南シナ海」での中国「埋め立て」に対し
ても、同様の勧告をすべきでしょ!
だから現在の国連は「クソ!」なんです。

そして最後は、こちらの記事を↓
外交部、対朝制裁に関する安保理決議の可逆的条項の議論を提案
(人民網日本語版 2019年02月22日15:33 配信)

この記事で注目すべき文言はこれだけでしょ↓
「朝鮮半島の非核化と恒久平和の実現」
ここで言う「朝鮮半島の非核化」とは、中国が求めている「非核化」
ってことでしょ。
簡単に言っちゃうと、中国以外に北朝鮮が持つ核を向けさせる、って
こと。
「朝鮮半島の恒久平和」とは、中国の属国にすることでしょ。
一方、米国のトランプ大統領が目指す「非核化」とは、米国に「核」
が届かないようにすることでしょ。
そして「恒久平和」とは、米国との「安保条約締結」なんじゃ無い
のかな。
実際問題として、北朝鮮国境付近に中ロの軍隊が集結している、と
いった情報も流れています。
当然ながら中ロともに北朝鮮を攻めるつもりなんかありませんから、
北朝鮮からの難民対策なんだろうと考えられます。
但し1カ国だけ、これとは真逆のことを行っている国が存在します。
「韓国」
なんです。
何てったって、北との「融和政策」を推進しまくってますからね。
そして日本バッシングは最高峰にまで達しています。
日韓の関係をブチ壊して、最も喜ぶ国は「中国」しか無いでしょ。
日韓関係をブチ壊せば、必然的に日米韓の同盟関係も壊れていくこ
とになるんですから。
トランプ大統領は、米朝首脳会談の前に日韓の両首脳と電話会談を
行っています。
内容は判りませんが、北朝鮮を「親米国家」にしたいと妄想すると、
韓国には「ちょ、待てよ!北朝鮮の行動が最優先やんけ!」
日本には「金出せよ!」
ってな感じじゃないんですかね。
まあ~日本は置いといて、韓国に対しては中国の北朝鮮に対する
指示というか圧力というか、そういうものが見え隠れするんです
よね。
北朝鮮が「核」を持つことにより、その存在意義が「ガラリ」と
変わったってことです。
それ故に、北朝鮮は「核」を廃棄なんかしません。
「廃棄」なんかしたら、北朝鮮の「存在意義」が無くなってしまう
から。

この状況を見守っている国家が、「イラン」なのかな。

●●●追伸●●●
米国としては「親米朝鮮半島」が、理想中の理想のはず。
対する中国は、「親中朝鮮半島」が理想中の理想でしょ。
現在は、このせめぎ合いってことなんでしょうね。

このように考えていくと、米国の北朝鮮に対する会談は、今後も
続くように思えて仕方がありません。

どう考えても、今回で終わりとは思えないんです。

だってトランプ大統領がツイッターで、3回目の首脳会談も有り得
る、って発言してるんですから。

これ以上、妄想しても仕方が無いので、会談の結論を待つことにし
ます。

どんな結果になりますことやら・・・。
posted by とんくん at 22:25Comment(0)国際