子供は宝だってことを、もっと真剣に考えようよ・・・

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は土曜日なのに仕事・・・。
まあ~、雨が降ってるんで良かったのかもしれませんけどね。
ってことで帰宅時にいつものスーパーに寄って買い物をしてい
たんですが、偶然にもご近所の奥様方3人と鉢合わせ・・・。
「こんばんは~」
「あんた、また時間合ったらウチの子に教えたって!」
「ウチの子も頼むわ!」
(この奥様方は、夕飯の残りをお裾分けしてくれるので、家庭
教師を断れないんです)
「もちろんですよ、時間が空けば」
「今からやったらアカン?」
「今からは無理ですよ~」
「だってアンタ、買い物してるやん」
「・・・」
確かにそうなんですけど、私も自身の時間を持ちたいじゃない
ですか。
でも結局断り切れずに行く羽目に・・・。
この奥様の旦那様は、海外出張の真っ最中なんです。
実際にお邪魔して改めてお話を聞いたんですが、単なるお悩み
相談なんですよね~。
「ウチの子はいいお友達もいるけど、悪いお友達とも付き合っ
てるみたいやねん」
(いや・・・、私はカウンセラーじゃないんで、そんなことを
言われても・・・、)
って言っても仕方が無いので、娘さんに数学を教えながら、そ
れとなく振ってみました。
「友達はたくさんいるの?」
「お話してくれる人は一杯いるけど、友達と言えるかどうかは、
分かんない」
「でも一緒に話していて、楽しいな!って思える人もいるん
じゃないの?」
「うん、休みの日なんか、よく遊びに行くもん!」
「だったら、その人はお友達ですよね」
「逆に、一緒にいてお話していても、楽しくないような人って
いるの?」
「うん」
「じゃあ、一緒にお話していて、二度と話したく無いって人も
いるの?」
「うん」
「でも、そんな人たちともお話はするんだね」
「だって、嫌われたくないもん・・・」
「だって一緒にお話しても、楽しくもないし、本当はお話もし
たくないんだよね?」
「嫌われると、何されるか分からへんし・・・」
「そうか~、辛いな~・・・」
って言った途端、大泣き状態に・・・。
私からすれば「孫」の世代になりますので、マジで深刻やなと
思いました。
とりあえず泣き止んだところで、奥様も呼んで、以上の内容を
伝えました。
皆様方なら、もうお分かりかと思いますけど、
「イジメ集団」
が存在する状況においては、子供は
「八方美人」
にならざるを得ないんです。
簡単に言うと、本来は「自身」に対する「軸」を持つべきはず
なんですが、環境により「他人」に「軸」を取らざるを得ない
状況になってる、ってことです。

まずこの子に言ったのは、
「一緒にいて楽しい人こそ友達だよ!」
「会話はするけど一緒にいて楽しくない人は、校内での付き合
いだけで、いいんじゃないの」
「お話したく無い人とは、極力、関わらないこと」
「嫌われると何されるか分からへん、ってときは、お母さんに
言えばいいんですよ」

ってことで、私の子供が嫌がらせを受けた時の、私の対処方法
を伝えました。
もちろん、私も全力で
「協力します!!!」

だってね、夕飯の残り物とはいえ、私は頂戴しているんですか
ら、最低限でも、これ位はしないとバチがあたります。

ってことで、こんな風に考えてみたら?ってことで

友達=大切
嫌い=イジメ集団
中間=どっちつかず

友達は大切でしょうから、問題はありません。
嫌いは極力避けることですよね。
問題が「中間」なんです。

私の子供も嫌がらせを受けて育ちましたので、このことを
念頭に、以下のことを伝えました↓
「その人がいなくなったとき、寂しいとか辛いとか思う?」
「ううん、全然思わへん!」
「だったらどうでもいいんじゃないのかな。そんな人にまで
気を配る必要も無いでしょ」
「でも・・・」
「そんな人に気を配るより、お友達にこそもっと気を配るべき
何じゃないのかな」

これは個人的な見解なんですが、この家庭の話を聞けば聞くほ
ど、旦那様は海外出張で「不在」みたいなんです。
家庭を顧みない旦那様が、「子育て」の資格がありますか?
奥様一人で抱え込んでいる状況なんですよ!

現在の日本で最も不足していることこそ、
「就業と子育てのバランス」
だと思いませんか?

育児休暇とか、そんな問題じゃ無いんです。
そんなことを無視して、「企業一直線」の道を世間一般に広め
た企業こそが、「カネカ」でしょ。

現在の日本企業に「ウィン・ウィン」って言葉は、使って欲し
く無いですね。
最初に「社員」に対して「ウィン・ウィン」じゃないとね。
日本のどこにそんな企業があんねん!
って思いませんか?

●●●追伸●●●
お子さんが私に抱きついてきて大泣きした瞬間、私のスイッチ
が切り替わりました。
自身の子とか他人の子とか、こうなると関係無いんですよ。
だってね、目の前で苦しんでる「子供」がいるんですよ。
その子供たちを助けるのが、我々大人の役目でしょ。
そうでなければ、我々が存在する「意味」も「意義」も無い、
ってことになるんとちゃうんかな?

「自身の子供さえ良ければ」って、思っていませんか?

何回でも言いますけど、「子供」は「国の宝」なんですよ!
「国の宝」を守らない国家は、死滅しかありません。

●●●追伸の追伸●●●
ほんじゃね、これまで頑張って働いて来た高齢者と、これから
日本を担う若者と、どっちが「大切」なんですか?

「過去」ですか?
「未来」ですか?

「どうでもいい」
なんて選択肢はありませんからね・・・。



posted by とんくん at 21:17Comment(0)日記

嫌がらせっ子の中国共産党、だよね~。

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、パートさんたちに紛れて、こそっと昼飯を食べてました。
その会話の中で出て来たのが、イジメの問題。
未だにどこの学校でも存在するんですね~。
「あの子、学校に来なくなったらしいで」
「それ私も聞いた!どうやらあそこの子が嫌がらせしてるらしい
そうやん」
「マジで~!」
「あそこの子って、挨拶すらせえへんもんな~」
私もこの会話を聞いていて思い出したんですが、私の子供も
「嫌がらせ」
に合ってました。
子供も嫁さんには言ってたようですが、直接私に言ってくること
は無かったので、無視していました。
恐らく嫁さんが子供に言ったんでしょうね。
子供が私に相談して来ました。
「んじゃ、行こか!」
ってことで、嫌がらせをしている子供のお宅へ。
細かい会話まで覚えていませんが、言ったのはこんなこと↓
「ねえ~A君、私の子供がA君にいやがセをされてる、って言うん
やけど、本当なん?」
A君の両親は、恐喝まがいのことを言ってきますが、「無視」。
「そんなことやってへんよ」
「だったら私の子供に嫌がらせしている奴を、一緒に探してくれ
へんかな~?」
「うん、ええよ!」
「私がそいつのとこに、戦争を仕掛けるから」
「戦争を仕掛けんの?」
「はい、戦争ですよ」
ここで相手の両親も黙ってしまいました。
「もしA君も嫌がらせを受けてるんやったら、私の子供に言って
ね。その子のとこにA君のご両親と一緒に戦争を仕掛けるから。
いいですよね!」
「うん、わかった」
「A君がやっていないんなら、A君がやったように見せかけた奴が
います。ご両親も一緒に探して貰ってもいいですか?」
「当然です!」
「有難うございます。んじゃA君、頼んだよ」
確かこんな感じの会話で、数件訪問した記憶があります。
数件訪問した後は、子供も私に相談しなくなったんで、嫌がらせ
は無くなったんじゃないのかな。
自身で勝手に、
「嫌がらせ防止ニューラルネットワーク」
って定義してましたけどね。
つまり張本人は、ご両親の前では「決して、自身がやってた」っ
てことを言わないんです。
つまり他の誰かが、
「やったように見せ掛けてる」
って方向に、わざと持って行ってるんです。
そして張本人のご両親にも協力を求めて、合意を頂くことで張本
人も嫌がらせが、し辛くなったんじゃないのかな。
そして「嫌がらせ」が無くなった時から、私の子供の性格も変化
したように想います。
言葉にするのは難しいんですが、
「自身から逃げるより、自身と向かい合うようになった」
って表現が、最もあってるのかな。
現在は成人になった私の子供ですが、このことに関しては何も
語りません。
恐らく何ですが、自身が自身と向き合い、客観的に何で
「嫌がらせ」
を受けていたのか、理解したからだと思っています。
この妄想は、私個人の先入観かもしれませんが、
「自身から逃げない」
「自身としっかりと向き合う」
これこそ、最も大事なことなんじゃないのかな。
逃げるってことは、「他力本願」を宣言してんのと同じでしょ。
しかし自身では、さすがに限界があります。
だ~か~ら~、「親」が存在するんでしょ。
「親」って漢字は、
「木の上に立って見る」
んです。
但し子供が、自身ではどうしようも無い時は、木から下りて助け
無ければなりません。
パートさんたちの会話を聞いていて、非常に疑問に思ったんです
が何かね~、「他人事」であり「他人任せ」であり「他力本願」
に聞こえちゃうんです。
木の上から立って子供を見てますか?
木の下に下りて、子供を助けてますか?
木の上には立つんですけど、「見て」へんやん!
って思いませんか?

こんなこと言っちゃうと、「抹殺」されちゃうんで言いませんけ
どね。

ってことで、本日最初で最後の気になった記事がこちら↓
「親中メディア」への反対デモ 独立派議員らの呼び掛けで/台湾
(フォーカス台湾 2019/06/23 19:32 配信)

初めに、難しい文言がこちら↓
「台湾独立派政党「時代力量」の立法委員(国会議員)、黄国昌
氏は、中国勢力の浸透に反対する姿勢を示すとともに、放送事業
などの監督機関、国家通訊伝播委員会(NCC)は強硬な姿勢を見
せるべきだと訴えた」

そして分かり易い文言がこちら↓
「赤色(中国共産党の象徴)メディアを拒否、台湾の民主主義を
守ろう」

これってね、日本と同じく台湾メディアも中国伊共産党に偏って
る、ってことですよね。
但し日本と異なるのは、台湾国民が「デモ」という「No!」を中
国共産党に突き付けていることなんです。
だから蔡英文総統は、
「デモの発起人に謝意を示し、台湾メディアへの中国勢力の浸透
に対する社会の危機感を高める効果があるとの考えを示した」
ってことなんです。
現在の日本には、このようなデモすら存在しません。
っていうか、日本の経済界は中国ベッタリの状況でしょ。

では何でこんなデモが、台湾で発生するのか?
理由は単純明快で、中国共産党寄りの「国民党」が台湾メディア
を支配してきた、からでしょ。
このことに追い討ちを掛けるように、香港デモを記事にしなかっ
た台湾メディアが殆どなんです。
しかし台湾国民は、ネットでその情報を知りましたよね。
しかも米英両国が、香港デモを支持していますでしょ。

ってことはね、台湾のデモも中国共産党に対する
「国際的な支持」
を得たいがため、ってこと。
つまりね、台湾が中国共産党と対峙することにより、米英とか
出来れば日本も含めた、
「中国共産党包囲網」

「構築しましょうよ!」
ってメッセージなんじゃないのかな?

中国共産党は、自身より強い勢力とは戦いません。
その勢力を弱らせる戦略を打ってきます。
そして日本の経済界は、中国共産党「ベッタリ」になっちゃい
ました。
理由は極めて単純、簡単で
「自社の利益」
にしか、目が向かないからなんです。

消費増税が「親中企業」を潰す、良い機会になればな~、って
思うんですけどね・

●●●追伸●●●
皆様方の生活の根本は、中国に「頼って」ますか?
って、ことですよ!

利益しか「目に入らない」経営陣・・・。

「アホ」でしょ!!!!
posted by とんくん at 21:50Comment(0)日記

から揚げとフライドチキンが、中国に変化しちゃった

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、一人で遅い昼飯を食べていました。
もちろん、妄想しながらね。
本日妄想してたのは、「チェーン店」について。
例えばコンビニを考えると、おでんの出汁は各地域で異なります
よね。
しかしお弁当とかおにぎりの味は、全国で統一されています。
つまりね、部分的な地域性を「差別化」させようとしているって
ことなんです。
ただその地域性の研究に、莫大なコストが必要になりますから、
何処まで力を入れてるの?って考えてしまうんです。
翻って地域性を持たない全国チェーン店と言えば・・・。
例えばハンバーガー、牛丼ってなところ。
関西風ハンバーガーとか、四国風牛丼とかって聞いたことも無い
ですからね。
つまり各チェーン店が、独自の「味」を持っているんです。
しかし長年のデフレの影響で、お客様は「味」よりも「価格」に
敏感に反応してしまう。
だから値下げをせざるを得ないんです。
現在は落ち着いたようですけどね。
そんな中で、唯一高価格帯を維持している全国チェーン店こそ、
「ケンタッキーフライドチキン」
かな、って思ったんです。
地域性はただ1つだけで、「米国」の味ってこと。
ここで皆様方は疑問に思いませんか?
ハンバーガー店も牛丼店も数多くあるのに、
「フライドチキン」
だけ、数多く無いってことに。
っていうか、ケンタッキーに対抗しうる存在は、
「から揚げ屋」
だけなんじゃないのかな。
から揚げとは、各部位をさらに細かくして揚げたものであるた
め、価格も低く、庶民派的存在になってます。
しかしフライドチキンは、その各部位をそのまま揚げて商品に
にしているため、必然的に価格は高くなります。
ここまで妄想して、「あっ!」て思ったんですが、極端な話、
晩飯のおかずにケンタッキーフライドチキンを食べますか?
普通は間違い無く、から揚げを食べるでしょ!
ってことは、日本は「から揚げ」文化なんです。
そしてクリスマスなどの特別な日に、ケンタッキーフライドチ
キンを食べる「風習」が、出来上がっているんじゃない?
このように妄想すると、ケンタッキーが一人勝ちしているのも
納得出来るんですよね~。
だって「パーティーバレル」とか、特別な日に「是非どうそ!」
って宣伝してるくらいなんですから。
特別な日だったら、お客様も奮発しますよね。
だからこそ「高価格帯」であり、「高利益商品」として成立し
ているんでしょう。

だから日本のケンタッキーは、この戦略を今後もやっていけば
いいんじゃないのかな。
「~風」みたいなことはせずにね。
何が言いたいのかと言いますと、
普段=から揚げ
特別=ケンタッキー
という図式が完成していて、他社様が入り込む余地すら無いん
じゃないのかな、ってこと。
但し、このことは日本に限ってのことですので、諸外国のケン
タッキーに関しては分かりません。
どうなんでしょうね~???

これは個人的な爆想なんですが、もしも外国での売れ行きが、
余りにも悪いんだったら、ケンタッキーは日本のみで存在する
チェーン店になりうる可能性も否定出来ないんです。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
動画:北斗ナビの46基目衛星打ち上げ成功 カバー能力とサービス性能高める
(AFP BB NEWS 2019年6月25日 17:36 配信)

どうでもええ記事なんですが、こちらの文言だけは注意してお
いて欲しい文言なんです↓
「適時にサービスを提供し、北斗システムのカバー能力とサービ
ス性能を一段と高める」
この文言だけを読むと、「我々のためになる」って考えてしまう
のですが、「中国共産党」を挿入して読んで下さい↓
「適時に(中国共産党のための)サービスを提供し、北斗システ
ムの(中国共産党のための)カバー能力と(中国共産党のための
)サービス性能を一段と高める」
これだからトランプ大統領は、中国共産党に対して「戦争」を
仕掛けてるんでしょ。
中国に「戦争」を仕掛けてる訳では、ありません。

ちょっと妄想出来ない状況なんで、最後にこちらの記事を↓
「香港を助けて」 市民ら、G20各国に対中圧力呼び掛け
(AFP BB NEWS 2019年6月27日 16:59 配信)

この記事を読んで、どのように想われますか?

本当にG20に中国共産党を訴えるんだったら、何万人規模のデモ
になりませんかね。

それだけ、中国共産党と人民解放軍が「何をしてくるか」って
ことに、怯えているように思えてしまうんですけどね。
ただね、チベットやウィグルなんかを見ちゃうと、
「マジで強制教育されちゃいそう」
って考えるのも、これまた当然。
つまりね、中国共産党の「覇権」は少なくとも中国国内には、
「浸透」している、ってことです。

でなきゃ、「弾圧」とか「再教育」なんかしません、って。

●●●追伸●●●
チベット仏教やウィグルのイスラム教といった部位を、中国
共産党は「から揚げ」にしたいんじゃないのかな。
だってね、国民に平等に分け与えることが出来るんですよ。
これこそ「共産主義」じゃないですか。
そのためには、各部位を細切れにする必要があります。
この「細切れ」こそが、「弾圧」なんじゃないのかな。

中国人民を「から揚げ」にしといて、中国共産党は
「フライドチキン」
を目指しているのかもしれませんね。

ってとこで、まもなくG20が開幕しますよ!
posted by とんくん at 22:24Comment(0)日記