何で日本が米国とイランの仲介役をせにゃアカンねん!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は日帰り出張に行って来ました。
お昼時に丁度「すき家」があったので、ここで昼飯です。
私と同時に4人連れの家族も入って来て、テーブル席に座り注文
していたんですが、店員さんの顔が「えっ!!!」てな顔。
この顔の意味はすぐに判明しました。
だって「大盛り10杯!!!」の注文なんですから。
周囲のお客さんたちは気付いていないようでしたが、正直、私も
「えっ!」ってなっちゃいました。
どんなけ食うねん、って世界でしょ。
しかも全部食べてるし・・・。
食べんの、メッチャ早いし・・・。
って見ていたら、営業マンっぽい2人が私の横に座りました。
注文後も仕事の話をしていましたが、いつのまにやら老後の2千
万円問題になってました。
そもそも何ですけど、年金ってあくまでも「保険」でしょ。
掛け金に対して、満了後に一定額が支払われるんじゃないの?
年金だけで生活出来ることを保障する!なんて文言は、「無い」
はずなんですけどね。
だから保険制度なんでしょ。
つまりは、あくまでも「補助」って位置付けであって、これまで
の生活を維持したいんだったら、+αの資産を蓄えて下さい、って
ことのはずなんです。
っていうか、これまでの年金受給者は年金だけで生活出来たって
ことなのかな?
もしもそうなら、年金の払い過ぎってことになりませんか?
年金は何度も言いますが「保険制度」なんですから、支給額0円
になることは無いんじゃないかな。
但し、過去の掛け金以上の給付額を貰えることは、無くなりそ
うです。
ここを理解しないと、老後というか、今後の生活プランすらも、
計画することが出来ないんじゃないのかな?
現在の生活を今後も維持したいんだったら、いくらお金が必要
なんですか?
そのお金を捻出するために、何をすべきなんですか?
何かすべきことを実行するためには、何をすればいいんですか?
これってね、「すべきことをする」だけなんです。
最終的な「すべき」が目的であり、その途中の「すべき」が目標
ってこと。

私もこんなことは分かっちゃいるんですが、なかなかにね~
「すべきこと」が出来ないんです。
確かに「酒とタバコ」を止めれば、私も月に数万円は「浮く」ん
ですが、これが止められないんです。

単身赴任の私にとって、これらを目標にしちゃうと全てが崩壊し
てしまうからなんです。
何故なら、酒とタバコが娯楽だから。
釣りは趣味なんで、娯楽とは違いますけどね~。

ってことで、本日はこちらの記事をご覧下さい↓
フィリピン首都で反中デモ、中国国旗燃やして沈没事故に抗議
(AFP BB NEWS 2019年6月18日 20:28 配信)

この記事のポイントとなる文言は、これのみ↓
「中国船が救出に当たることなく現場を後にした」
結局はベトナムの漁船が救助してくれたようなんですけどね。
この文言だけでも、中国がどんな国家ってことが理解できると
思います。
そりゃ~、フィリピン国民も怒りますし、ドゥテルテ大統領も
ブチ切れますよね~。
そもそもなんですけど、この事故が発生した海域って国際仲介
裁判所で、「フィリピンのもんや!」って言い渡した地域じゃ
ないですか。
これを無視した中国が、違法な操業をやってるんでしょ。
しかも中国の「トロール船」なんですから、一方的に衝突され
たと考える方が、普通でしょ。
しかも救助もしないんだし・・・。
お金のためなら、こんな国家とも「仲良し」になろうとする、
国家も企業も「最悪」ですね。

ちょっと迷ったんですが、最後にこちらの記事をご覧下さい↓
「外交仲介者安倍」誇示しようとしたが…米国とイランの間で困惑する日本
(中央日報日本語版 2019年06月17日07時51分 配信)

まずね、こちら文言から↓
「イラン問題仲裁役を自任した日本の安倍晋三首相がオマーン
海上タンカー襲撃事件で厳しい状況に置かれた」
安倍さん自らがイラン訪問を要請した訳でも無いし、トランプ
さんが煽った訳でも無いし、イランの方から招きが合ったから
安倍さんはイランまで行ったんでしょ。
しかも「国賓待遇」としてね。
このことに対しては、イランのロウハニ大統領も「謝意」をき
ちんと述べているでしょ(共同記者会見でね)。
ってことは、少なくとも安倍さんは、
「イラン問題仲裁役を自任」
なんかしてませんよ。
だってね、イランなんて日本からすれば「遠い国」な訳ですし、
米国のパシリでイランを訪問した訳でも無いんですから。
但し、米国とイランの緊張状態において、安倍さんに双方が多
少の期待を持っていても、不思議ではありません。
あくまでも「多少の」ですけどね。

しかし、日本のメディアはこんな報道をするんですね~↓
「東京新聞は15日、安倍首相が両国の板挟みになったと伝え
た。タンカー襲撃事件と関連しイランと米国のどちらに肩入れ
するのも困難な状況という話だ。
同紙はタンカー攻撃について米国がイランの関与を明確に言及
したことでる、仲介役として外交成果を内外で誇示しようとし
ていた安倍首相の構想がはずれたと報道した」
何で「安倍首相が両国の板挟み」になんの?
何で「のどちらに肩入れするのも困難な状況」になんの?
こんなことを記事にしているようでは、
「フェイク新聞」と呼ばれても仕方が無いし、読む価値も無い
としか思えません。

最も酷いのが、こちらの文言↓
「 ウォール・ストリート・ジャーナルは「中東和平問題に対し
ては初心者の安倍首相が痛みを伴う教訓を得た」とし、41年
ぶりに日本の首相が訪問したが米国とイランの対立関係は以前
より不安定になったと伝えた」
WSJともあろうものが、こんな記事を書いたんなら、行く末が
真っ暗になりますね~。

そしてこちらの文言↓
「安倍首相は14日夜にトランプ大統領と30分間の電話会談
で、「いかなる者が攻撃したにせよ、断固として非難する」と
明らかにした。攻撃の主体を明確にしないまま、イランの肩も
米国の肩も持たなかった」
こんなん当たり前やん!!!
だって「何処の誰が」やったか分からないんですから、「いか
なる者」ってしか、言いようが無いでしょうに。
これで、何で「いずれの国に肩入れ」なんてことを考えるんで
すかね?
私には全く「理解不能」なんです。

あのね、普通に素直に単純に考えて見て下さい。
G20前で、イランから招待を受けて訪問した首相は安倍さんだ
けなんですよ。
世界のどの国でもなく「日本」が、ってこと。

安倍さんが、このイランの招待を受けたのは、当然ですが、
米国とイランの緊張もありますが、ホルムズ海峡が「日本」の
安全保障の「生命線」である、ってことだと思うんです。
確かにトランプ大統領のメッセージも伝えたでしょう。
だから何?
イランがどのような態度を示そうが、日本にとっちゃ、どうで
もいいことなんです。
安倍さんは何でもかんでもトランプひいき、って訳でもありま
せんからね。
TPPなんかが、いい例じゃないですか。

そして最後に、こんな文言↓
「日本共産党の笠井亮政策委員長は「核合意を守れと言う相手
はイランではなく(核合意を)離脱したトランプ政権だ」とし
て安倍首相のイラン訪問自体に問題があることを指摘した」
現在の核合意では、期限が来ればイランは勝手放題、北朝鮮と
同じように核開発することが出来る合意なんです。
中東に北朝鮮を作りたく無いから、トランプ大統領は、
「No!」
を突き付けたんでしょ。

共産主義の国家が繁栄した「例」は、現在までありません。
そして「未来永劫」無いでしょう。
何故なら、共産主義は「独裁」と「怠惰」しか産まないから
なんです。
挙句の果てには、資本の「国有化」に走ります。
こんな国家で、家族のために一生懸命働こうと思いますか?

「賃金」とは、「仕事に対する報酬」でしょ。
ってことは、必然的に「報酬」に「格差」が産まれるのは、
当然なんです。
現在言われている「格差」とは、「仕事に対する報酬」に対し
て「不当」があるからなんでしょ。
めっちゃ働くパートさんも、全く働かないパートさんも、同じ
「時給」・・・。
だから不満が生じて、グチになる。
これこそ共産主義の原点じゃ無いのかな。

●●●追伸●●●
米朝の仲介役を自負してたお隣の国は?・・・
見るも無残な状況になっていますよね~。
G20前に習さんは金さんに会いに行くんだし。

安倍さんを攻撃するんなら、お隣の魑魅魍魎も攻撃しないと
アカンでしょうに。

だから日本のメディアは「偏向報道」、って言われるんです。
1つの方向に向けてしか、報道も記事も書かないから・・・。

皆様方も信じちゃダメですよ!
posted by とんくん at 21:22Comment(0)日記

国家も企業も「ブラック」は最悪ですよね

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は久しぶりに同僚たちと昼飯を食べていたんですが、そんな
中で出てきた話題が、「アシックス」でした。
内容は「カネカ」と同じく、育休後の社員の不当な扱い、っても
のなんです。
私も帰宅して、こちらの記事を読んでみました↓
カネカに続きアシックスでもパタハラ? 育休後の不当な配置転換などに男性社員が抗議
(HARBOR BUSINESS online 2019.06.13 配信)

カネカの時も考えたんですが、経営陣はグローバリズムなんです
から、当然ながら「報酬制度」に移行しますよね。
しかしその企業の社会風土は、依然として「年功序列」のまんま
じゃないのかな?ってことです。
正しいかどうかは分かりませんが、
「年功」=経験期間の長短による知識と技術の「差」
「序列」=知識と技術の「順序付け」
ってことだと、個人的には思ってるんです。
この記事を読んで考えたのが、この社員の方は2回目の育休の時
に、1年間休んでいるんです。
ここで「年功」が逆転してる、って経営が判断すると、このよう
な結果になっちゃうんじゃ無いのかな。

育休制度を導入するんなら、これくらいは見通さんとね~。
表面上だけ「我が社は取り組んで~!」って宣伝するから、こん
な問題が発生するんです。

こんな企業で働く社員が子供を作り、育てられますか?
日本が「少子化」になんのも、当然とちゃいますか?
企業は「子供」という日本国民の「宝」を、「無視」してるんと
ちゃうんかな?

ってことで、答えが出ました!
「子供を宝と考えない企業こそが、最悪のブラック企業」
ってことです。

但し条件があります。
この記事の社員さんが、1年間のブランクを素直に受け止めて、
後輩にも教えを請う姿勢を持つことです。
1年間のブランクは、間違い無く「年功」を逆転させるだけの
期間でもありますから。

このような人事を行うことで、自社のイメージやブランドに傷が
付くって発想自体が、恐らく無いんでしょうね~。
あくまでも「合法」なんですから・・・。
ブランドなんて、消費者が生み出すものであって、企業が生み出
すもんじゃありません。
社員も「消費者」でしょうに・・・。
何で社員という「消費者」を、もっと大切にしない企業が増えた
んでしょうかね~????
答えは1つでしょ!
「社員を「物」としてしか、扱っていないから」

今からでも間に合いますので、経営陣は「心を入れ替える」べき
だと思いますけどね。

ってことで、本日最初で最後の記事がこちら↓
習近平総書記の朝鮮国賓訪問を国際社会は注視
(人民網日本語版 2019年06月19日14:39 配信)

まずね、こちらの文言に注目して下さい↓
「中国の発表を、NHK、共同通信、朝日新聞など日本の大手メディ
アはいずれも直ちに報道した」
自らが「親中メディア」であることを証明した、ってこと!!!
何でそこまで「中国共産党」が大好きなのか、理解出来ないんで
すけどね~。
やっぱ、お金貰ってんのかな~????

ってことで、最初にこちらの文言↓
「中朝国交樹立70周年にあたる今回の訪朝は、両国関係にとって
先人の跡を引き継ぎ将来の道を開く重要な意義を持つ」
いや、あの、これって、ただ単に「独裁国家」を「継続」しよう
やないか!って言ってるだけじゃないんですか?
そして、米国から色々な制裁を受けてるけど、「頑張ろ!」って
だけじゃないのかな。
しかも香港のデモは、世界中に知れ渡ってしまいましたしね~。
今更、人民解放軍が出動しても、さらに世界中から非難を浴びる
だけでしょうし。
ソ連から見てもそうなんですが、「共産主義」「共産党」っての
は、何故か「独裁」しか生まないんです。
この理由は、「国民平等」の考えから「国民奴隷」に移行してい
るからなんじゃないのかな?

国民奴隷のような考えを持つから、ブルジョアからお金を搾取す
るんでしょ。
「国民の資産は、国家の資産!」
ってな感じでね。

後の記事の内容は、どうでもいいかな~。
読む価値すら無いんだから・・・。

●●●追伸●●●
中国も北朝鮮もなんですが、「困った」とき程「強行路線」に
走る傾向にあります。
理由は単純で、中国共産党も朝鮮半島も「メンツ」を最重要視
する国だからなんです。
まあ~、朝鮮半島は横に置いといて、中国共産党っていうか、
習さんは?
メンツ=強さ
なんでしょう。
だから、決して「弱音」を見せることは出来ないんです。
それ故に、「反米国家」に接近するんです。

これってね、「自由貿易」とか「自由経済」とかに反する行動
なんですよね。
つまり、習さんは中国共産党の一党独裁を強化し、中国国内の
統制を強化するしか、手立てが無いんじゃない、ってこと。

ブラック企業は社員が対象なんですが、ブラック国家は国民が
対象になっちゃいますからね。

posted by とんくん at 21:28Comment(0)日記

日本の首相が仲介役でイランを訪問する?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日もパートさんたちと、昼飯を食べていました。
話題は2000万円問題が中心に・・・。
「なんや、それ?」
って思いながら聞いていたんですが、どうやら政府か官庁が出し
た、老後に必要な資産のようですね。
詳細は調べる気もありませんが、ぶっちゃけ、年金のみじゃ不足
する金額を呈出、もしくは報告した、ってことでしょ。
どうせロクでも無いモデルを使って算出しているはず。
消費増税を煽るようにね。
会話を聞いていると、定年退職後から30年間生きるための預金額
なんだそうです。
単純計算で、月々5万5千円ってとこでしょうか。
こういうモデルって、間違い無く医療費とかいった物は含まれて
いないんですよね。
つまり、健全に30年生きた場合のモデルでしか無いんです。
ってことは、最低限でもこの額以上は必要ってことになります。
年金は、端的に言えば「保険制度」でしょ。
しかしその保険金を払う国民が、少なくなってきてるんです。
何故なら、子供を生まない、結婚すらしない国民が増えているか
らでしょ。
何で子供を生まないの?結婚しないの?
1つは、自身の自由を保つため。
1つは、金銭面の問題があるからでしょ。
このような方向に国民を向かわせて来たのは、「企業」でしょ。
そしてその企業の意向に沿うように、政策をして来たのは政府で
しょうに。
年金は保険制度の一種ですから、保険金の収入が減少すればね、
分配額も減少せざるを得ません。
高度成長期の日本じゃ無いんですから、国民も政府に頼らないよ
うな生き方をしろよ!ってことなんでしょうね。
つまり、政府に責任はありません、って言ってんのと同じ。
恐らくなんですが、このような感情が大炎上させている原因じゃ
無いのかな、って思います。
私にも話が振られましたので、以上のようにお答えしたところ、
「ほんま、その通りやん!」
「消えた年金、どこ行ってん!」
「ウチら、どないすればええねん?」
「あんた、どうやってんねん?」
ってことで、
「素直に株式とFXで資産運用をしています。但しつりを続ける
ためですけどね」
って言うと、
「儲かんの?」
「何ぼ儲けたん?」
「んじゃ、ウチもお金預けるから増やして~や!」
って、必ず「他力本願」になるんです。
「他人のお金に責任は負えません」
って言うと、
「ケチ!」
「最低やな!」
「自分だけ儲かりゃ、ええんか!」
「見損なったは!」
といった、「罵詈雑言」の嵐・・・。
口に出しては言いませんでしたけど、
「儲けの3割を頂けるんでしたら、やりますよ」
ってことです。
その辺の証券会社も同じでしょうに。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
オマーン海でのタンカー事故をめぐり、アメリカがイランに新たな疑惑
(Pars Today 2019年06月17日19時58分 配信)

この記事では、この文言が全てでしょ↓
「西アジアと東アフリカ地域に展開するテロリスト軍=アメリカ中
央軍」
今回の18.06.2019のイラン訪問をとやかく言う方々は、大勢存在し
ますが、少なくともイランは「国賓待遇」で受け入れていること
を、絶対に忘れてはいけません。
個人的にも、現在のイランが安倍首相を「国賓待遇」で出迎えてい
るのに、こんなことをするとは、どうしても考えられないんです。

そしてこちらの記事をご覧下さい↓
日本外務省関係者、「タンカーへの攻撃はアメリカとイスラエル関与の可能性」
(Pars Today 2019年06月17日20時20分 配信)

安倍首相は、イラン最高指導者とイラン大統領と会談しているんです。
日本で言えば「天皇陛下」と首相と会談したトランプさん、みたい
なもんでしょ。
この待遇は、360度パノラマで「国賓待遇」だと思いませんか?
そこまでの待遇をしているイランが、こんなことします?
改めて妄想をしていたんですが、結論はこちら↓
「反イラン国家が実施他可能性が高い」
ってことです。
つまりは、米国主導の可能性が高い!ってこと。
イラン産原油を輸入する国々は、このような制裁を受けることに
なんぞ!ってこと。

この妄想がね、仮に正しいとすれば、安倍首相は「仲介」でイラン
を訪問したんじゃなくて、「イラン産原油を買えないんです」って
ことを、報告しに行ったのかもしれませんよね。

そして、こちらの記事なんです↓
イランは合意順守を=「忍耐」「責任」要求―欧州
(時事通信ニュース 2019-06-18 06:22 配信)

さすがにEUもトランプ大統領の本気度、ってもんを理解したのか
もしれませんね。
だってこの記事って読んで頂ければ分かりますように、
「マジでこれ以上、米国とやんの?」
「EUとしても、援護に限界はあんねんで!」
ってことでしょ。

個人的に忘れられない記事が、こちらなんです↓
動画:中国の習主席が「親友」プーチン氏を訪問、中ロ関係の新時代誓う
(AFP BB NEWS 2019年6月6日 11:49 配信)

特にね、こちらの文言↓
「ロシア通信大手MTSと中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ、
Huawei)も第5世代(5G)通信網開発に関する覚書に署名」

米国は機密漏洩を、最大の安全保障障害として位置付けたんです
が、ロシアはあっさりと受諾したようなんです。
これってね、ロシアは中国に情報を盗まれてもいいから、中国との
反米関係構築を目指します、って宣言してるようなもんでしょ。
もちろん、ロシアにはロシアの思惑があるのは当然なんですが。
ある意味では、中ロ軍事同盟に近いかもしれませんよね。

そしてこちらの記事↓
【速報】 トルコ国防省がアメリカに回答の書簡
(TRT日本語 18.06.2019 配信)

どう考えてもトルコって、反米路線ってことでしょ。
ただね、どちらかというと中国よりはロシア寄りってとこかな。
ミサイル防衛システムを、トルコがロシアに受注したんですから。
米国のメンツは、丸潰れですよね~。
しかもNATOの仲間なのに・・・。

このような現在の状況を考えると、トランプ大統領叩きが拡大しちゃ
うんです。
一番が「世界経済」。
世界経済を守るためなら、ウィグルの方々は
「どうなっても、ええんか?・・・」

個人の利益のためなら、このような弾圧とかは理解出来ない方々が、
中国の意味不明な「人民元」を元に、自ら潰れれようとしているん
でしょうね。

●●●追伸●●●
これ以上、中国共産党をほっておくと、冗談抜きで中国共産党を主体
の世界秩序が完成しまっせ!
あんたらね~、弾圧に耐えることが出来んの~?

私は「無理」です!!!
posted by とんくん at 21:18Comment(0)国際