米国、イラン、日本、外交のチャンス!(貧乏の連鎖は、おまけ)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、昼飯をパートさんたちと一緒に食べていました。
まあ~、世の中では色々なことがニュースになっているんですね。
大阪の方では警官襲って拳銃奪ったり、消費増税は決定だ~、と
かね。
そんな会話の中で気になったのが、「進学塾」の話。
「ウチは金無いから、あんな高い進学塾に通わせることなんか、
出来へんわ!」
「ウチももっと安い塾に通わせんのが、ヤット!の状態やで」
「ウチは塾すら通わせてへんねん」
本当に他力本願やな~、って思いながら聞いていました。
こんな風に考えるから、
「所得格差が学歴格差を生み、学歴格差が所得格差を生む」
ってな、意味不明なことを言う輩が出て来るんです。
つまりは、「貧乏の連鎖」ってことでしょうね。
別に塾に通わせなくても、親が賢明に勉強して子供に教えりゃ
いいだけのことだと思うんですけど・・・。
「自身はアホだ!」ってレッテルを自身に貼っちゃっているもん
だから、ここで思考停止しちゃっているんでしょう。

ここからは個人的な妄想に入っちゃいますが、
親の所得格差→子供の学歴格差
子供の学歴格差→子供の所得格差
所得格差→貧乏
って考えると、親の貧乏が子供の貧乏に受け継がれる、ってこ
とになります。
所得格差→裕福
とすると、子供は裕福になります。
つまり、金持ちの子供は金持ちになり、貧乏な子供は貧乏になり
まっせ、ってことになります。
でも現実社会を見渡して、こんな論法があてはまるとは、到底思
えませんよね。
その理由は何?
確かにかなりの割合で相関関係はあるのかもしれませんが、決し
て「因果関係」では無い、ってことなんじゃないのかな。
っていうか、そもそも「貧乏」の定義って何なんだろう?
「裕福」の定義って何なんだろう?
ってことで、所得を「高低」に分けるのが、最も分かり易いかと
思われます。
特に「低所得者」になるには、それなりの事情があるはず。
個人的には、「自己の成長」を止めてしまい、現状の自身の能力
で世の中を渡ろうとしているからだ、って思っています。
このことを低所得者の親にあてはめると、自身が勉強することで
親自身が理解し知識を深めることを、放棄しているからなんじゃ
ないの?ってこと。
親がこんな思考パターンだったら、子供もこんな思考パターンに
なりやすいに決まってますよね。

チョット極端な例になりますが、
「両親から愛情タップリ受けて成長した子供」と
「両親から虐待タップリ受けて成長した子供」
で、比較してみて下さい。
愛情タップリの子供は、自身の子供にも愛情タップリでしょ。
虐待タップリの子供は、自身の子供すらどう接すればよいのかが
理解出来ないまま、自身が両親から受けた虐待を繰り返してしま
うことになる、って思いませんか?

両親の思考パターンが子供に強く影響するからこそ、
「相関関係」
が、成立しやすいんです。
しかし全ての子供が、このパターンにあてはまるって訳ではあり
ません。
だから、
「因果関係」
は成立しない、って考えるのが妥当だと思われるんです。

相関関係とは、あくまでも類似曲線でしかありません。
しかし因果関係は、方程式になるんです。

な~んてことを妄想しながら、昼飯を食べていたんですが、幸い
にも本日は話を振られることは無かったので、一安心です。

確かにお金があれば、あるに越したことはありませんが、このこ
とが貧乏と結び付く、ってな思考は止めるべきなんじゃない?

子育てって本当に大変なんですが、未来を育む重要な行動でもあ
るんです。
その未来に「ネガティブ」な思考と、それに伴う「ネガティブ」
な行動を、その未来に植え付けてどうすんの?
親こそが、もっと「ポジティブ」な思考と行動を示さないと。
「親の背中を見て、子供は育つ」
って、こういうことだと思うんですけどね。

上記のことは、私自身の子育ての経験からの妄想なんで、決して
こんな妄想が正しいとは考えておりません・・・。
でも間違ってるとも思えないんですけどね~。

ってことで、本日最初の記事がこちら↓
モロッコ、米によるイスラエル・パレスチナをめぐる世紀の合意計画は「新たなサイクス・ピコ協定」
(TRT日本語 14.06.2019 ~ 17.06.2019  配信)

ちょっと古過ぎる協定なんですが、この協定って確か第一次世界大
戦後の英仏露で、結ばれた協定のはず。
しかしこの協定の翌年にロシア革命が起こって、ロシアはこの協定
から除外されてしまったので、英仏の代表者の名前を取って、この
ような協定の名になったんです。
だから最後に、こんなもんごんが出て来るんです↓
「サイクス・ピコ協定」は、第1次世界大戦中、オスマン帝国を分割
し分配するため、1916年5月16日にイギリスとフランスによって秘密
裏に締結された」

つまりモロッコは、現在の米国に対しても同じように考えている、
ってことです。
そしてTRTが、このような記事を掲載する以上、この協定のこちら
の文言が重要だと考えているからだと思われます↓
「パレスチナは国際管理地域とする」
とにかくね、「国際管理地域」って何?
って思いませんか?
当時と異なり、現在の国際管理地域は「国連」が管理することに
なってるんでしょ。
中国が国連を侵食しているとはいえ、絶大な発言権と拒否権を有
しているのは、米国なんです。
では、何でトルコのメディアがこんな記事を取り上げるの?

個人的な妄想で申し訳ありませんが、これじゃない↓
「米国は、何でここまでイスラエルを支援すんの?」
このように考える文言が、こちら↓
「アメリカのドナルド・トランプ大統領がイスラエル・パレスチナ
問題の解決について提案し、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、
エジプトも支持していると述べられている「世紀の合意」計画」
いずれも「スンニ派」と呼ばれる国家なんです。
対する敵対国イランは「シーア派」なんですよね。
そしてイスラエルは「ユダヤ教国家」なんです。

考え方として米国はキリスト教国家ですから、ユダヤ教の方がまだ
組し易い、ってところでしょうか。
っていうか、「シーア派」とは考え方が異なるのかもしれませんけ
どね。
中東戦争においても、米国はず~っとイスラエルを支持して来た歴
史があります。
大統領が代わってもね。
そのおかけでイスラエルは、中東においても超軍事国家になってし
まいました。
イランにとっては、パレスチナは同胞のはずなんですが、それより
もイスラエル攻撃を最優先させているように思えてなりません。
モロッコの発言をトルコが記事にするくらいですから、トルコも、
同じ疑念を持っていると考えて間違い無いんじゃないのかな。
F-35の件もありますしね。

米国の意図は単純なんですよね~。
「スンニ派 vs シーア派」
でしょ。
我々日本国民が、この問題でしっかりと見るべきポイントは、
「中東におけるイランの大国としての地位」
なんじゃ無いのかな。
イランが中東の大国であるが故に、その影響力を恐れる米国が、
「チョッカイ」をだしている、って考える方が自然でしょ。

北朝鮮と異なるのは、イランが「核戦力」を持ってるかどうか、
ってことなんです。
制裁を加えているとは言え、経済力と宗教団結力において北朝鮮
なんか、足元にも及ばない国家こそがイランなんですからね。

ただ中東戦争より、米国はイランと敵対してきた歴史があります
し、今後も続くのかもしれません。

ここで、こちらの記事をご覧頂きたいんです↓
安倍首相とイラン最高指導者の会談(動画)
(Pars Today 2019年06月15日21時37分 配信)

注目すべき文言は、こちら↓
「私は貴殿の善意と真摯さに疑いを抱いてはいない」
普通だったら、「貴殿」ではなく「日本」って言うはずなんです。
そしてね、
「善意と真摯さ」
とは恐らく何ですが、トランプさんの考え方も伝えたんでしょう。
こんなもん、イランの最高指導者が受け入れる訳がありません。

ここでイランが印象操作を行っているような文言が、こちら↓
「アメリカがイランを敵視している問題はイランの核活動でもなく、
核合意でもありません」

EU、ロシア、中国が賛成している「核合意」なんだよ、ってこと。
つまりこの核合意という衣を羽織ながら、核戦力を調えつつある、
ってことも考慮する必要があるんです。

ただ一般国民の私としては、これ以上の妄想も暴想も出来ません。

ただ原油価格は上昇するんでしょうし、米国にボコボコにやられ
ている中国も、エネルギー資源以外の産業が存在しないロシアも、
反米タッグを表面上は組む事は、間違い無いんじゃない。

●●●追伸●●●
追記するほどのことでも無いんですが、
「外交力を最大限に活かす絶好のチャンス!」
って想いませんか?

本当に安倍首相って、外交力には長けていると想うんですが、
内政に関しては「バカ」丸出しですよね~。
消費増税なんかしたら、マジで日本発の「大暴落」を起こす危険
があるのに、「断行」しちゃうんですから。

「外交首相」
「内政首相」

二人の首相が存在しても、いいんじゃないの?

大臣が首相の補佐役に、全くなってませんしね。
posted by とんくん at 22:53Comment(0)国際

トランプさんが韓国に突き付けたもの

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、さっさと仕事を終わらせることが出来たので、野池に釣り
に行こうとしたんですが、とある陸橋で渋滞に・・・。
よ~く見るとメッチャ太った人がスクーターに乗って、陸橋を上っ
てるんです。
しかも人が歩くよりも遅い速度で・・・。
これじゃ~、渋滞もしますわな~。
スクーターには、体重制限とか無いのかな?
しかし下りになると猛スピードで走り去ったみたいで、その姿を
確認することは出来ませんでした。
まあ~、良いんですけどね。
ってことで、ちょこっとだけ釣りをやって帰宅です。
子バスが2匹で終了・・・。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
迫る大阪G20開催 文大統領の首脳外交に注目
(聯合ニュース 2019.06.07 14:47 配信)

ちょっと古い記事なんですが、この記事から米国が韓国に要求し
ている点は、以下の3つです↓
①ファーウェイ排除
②北朝鮮核問題解決
③韓日関係改善

①について。
この記事の中の、この文言が全てです↓
「米中がそれぞれ自国側につくよう韓国に強く迫れば、韓国は板
挟みとなって苦慮しかねない」
八方美人な考え方しか出来ないために、選択と集中が出来ないん
ですよね、この国って。
しかも「八方美人」じゃなくて「八方ブス」だから始末に終えな
いんです。
米韓軍事同盟があったからこそ、現在も韓国が韓国であり続けて
いることを、忘れてしまっているようです。

②について。
こんなもん、米国の要求は1つだけ↓
「完全に検証済の非核化」
ここで、ベトナムでの2回目の米朝首脳会談後の北朝鮮の動きに
注目して頂きたいんです。
④北朝鮮による短距離ミサイル発射
⑤韓国へのメディア攻撃
④に冠しては、短距離ミサイルなんですから米国に対する文句だ
とは、到底思えませんよね。
⑤に関しては、金さんが魑魅魍魎に対してかなり怒り心頭したか
ら、このようなことを行った、って思われます。
このように妄想すると、結論は↓
「魑魅魍魎は金さんに、2回目の米朝首脳会談の前に間違った情報
を流していたんじゃないの?」
って、考えざるを得ません。
だってそうでしょ。
金さんは魑魅魍魎の情報により、トランプさんと調印出来るって
考えていた。
しかし実際に会談に臨むと、トランプさんは途中で席を立ってし
まいました。
金さんからすれば、
「話がちゃうやんけ~!!!」
ってなりますよね。
今更ね、北欧を歴訪して朝鮮半島のことを訴えても、「おバカ」
扱いしかされませんって。

そして③について。
トランプさんは日本にでは無く、韓国に関係改善を求めました。
つまり、トランプさんからみれば、日韓関係の悪化の原因は韓国
にある、って判断したからなんだと思われます。
だってね、日韓基本条約で解決済のことを、今になって問題にす
るんですよ。
しかも韓国の最高裁判所が、この問題を認めちゃうし・・・。
このことに関して魑魅魍魎は、
「いや~、だってこれは司法が判断したことですから」
嘘付け、って思いませんか?
国家間の条約は、自国の憲法よりも「上位」に位置するんです。
これが「国際ルール」ってもんです。
こんなことすら守れない「国家」は、「国家」じゃありません。
「国賊」でしか無いんです。
普通に考えたら、国際ルールに則るように舵を帰るんですけど、
この魑魅魍魎は、舵を変えることが出来ないみたいなんです。
その理由って、何なんでしょうかね?
こんなん、妄想するしかありませんが、恐らく何らかの
「主義・主張」
に凝り固まっているんだと思われます。
さらに爆想するんなら、
「チュチェ思想」
って可能性が、メッチャ高いんじゃないのかな。
現在の魑魅魍魎の「北朝鮮ベッタリ」を考慮しても、この考え方
が最も納得いくように思えるんですけどね。

魑魅魍魎の目線には、「北朝鮮」しかないってことなんでしょう。

グローバリズムは、所得格差を生み出しました。
儒教は、階級別格差を生み出しました。

どっちも「ダメ」やん!ってことなんじゃないの?

最後にこちらの記事を↓
タンカー攻撃、イラン艇が船体から水雷取り外しか 米軍が映像公開
(CNN 2019.06.14 11:55 J配信)

余りにもタイミングが「良過ぎます」よね~・・・。
特に理解出来ない文言が、こちら↓
「現場海域には米海軍艦「ベインブリッジ」と米無人機、P8哨戒
機が4時間にわたりとどまっていたが、イラン艇はその後も動きを
続けていた。米国防当局者は、イラン側が攻撃への関与を示す証拠を
回収しようとしていたと見ている」
こんなバレバレの状況下で、それでもイランは回収しますかね?

この記事で、最も注目すべき文言がこちら↓
「事件をめぐってはポンペオ米国務長官が同日、イランに責任がある
と主張。諜報(ちょうほう)に基づく評価だとしたが、主張を裏付け
る証拠は示していなかった」
「イランに責任がある」ってのは、当然のことでしょ。
だって「航行の安全」を確保するのも、国家の義務なんですから。
ここからが、最大の問題点なんですけど、
「諜報(ちょうほう)に基づく評価だとしたが」
こんな言い訳じゃ、世界は納得しませんよね!

米国とイランは中東戦争時代も含めて、基本的に仲違いの国家なんで
すよ。

こんな国家間の中、安倍さんはイラン訪問をしましたが、「仲裁」は
間違い無く「不可能」でしょうし、トランプさんもそこまで安倍さん
に望んではいないでしょう。

ただこの米国による一方的な制裁は、イランにとっても、
「ボディーブロー」
になりますから、トランプさんとの妥協点を日本に伝えることくらい
はするかもね。

どうなんだろうね~・・・。

●●●追伸●●●
法律とは、その国家の中でのみ成立する法律なんです。
そしてお互いが持つ法律を超えて、国家間同士で法律を享受するのが
条約であり、同盟なんでしょ。
日本国憲法は、世界の憲法じゃ無いってことで、この考え方は世界中
の国々に当てはまるんです。
各々の国家において「憲法」は存在しなきゃならんのです。

でもね、その憲法の上に「人」が存在しちゃダメなんです。

「人」が「最高権力者」になっちゃいますから。

はい!「中国共産党」の出来上がり~。

こんな中国を見ている「韓国」も、同じ「夢」を見ているのかも
知れませんね。


posted by とんくん at 22:43Comment(0)日記

繰り返される弾圧、学ばない中国共産党と学ばない世界

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、仕事が遅くなってしまったので、真直ぐに帰宅です。
寄り道する気力さえ、ありませんでした。
晩飯は・・・、卵掛けご飯で十分です。

ってことで、本日最初で最後の記事がこちら↓
動画:香港の大規模デモ、警察は催涙スプレー使用 衝突の映像
(AFP BB NEWS 2019年6月13日 10:32 配信)

このデモの原因が、「「逃亡犯条例」改正案」ってことは、誰で
も理解出来ますよね。
んじゃ、何でこれがデモになったん?って思いませんか?

それは、この改正の内容がこんなもんだからなんです↓
「刑事事件の容疑者を、中国本土に引き渡せるようにする」
からなんです。
この改正案の恐ろしさが分かりますか?

例え自身に罪は無く冤罪だとしても、中国本土に送還されてし
まう、ってことなんです。
そして中国本土で「不公平」な裁判にかけられてしまう、って
ことに危機感を感じたからこそ、デモに発展したと思われます。

そもそもなんですが、香港は1997年(でしたっけ?)に中国に
返還されました。
但し、「一国二制度」による「自治」を認められる形でね。
そして香港は中国共産党とは一線を画し、自由と公平性を担保
する社会を築き上げて来ました。
しかし習さんになって圧力が強まった結果、この自由と公平性
が奪われていると感じているんじゃないのかな。
こんなん、当然ですよね~。

今まで「自由」と「公平性」の中で生きて来た人々が、突然、
「不自由」で「不公平」な社会で生活出来る訳がありません。
だって、法治国家じゃ無いし人権すら無い国家なんですから。

30年前の「天安門事件」とは、大きく異なる事実があります。
天安門事件のときは、中国は「民主化」に進むんちゃう?って
いう「期待」がありました。
しかし現在の中国共産党は、モンゴル、チベット、ウィグルで
「人権弾圧」のやりたい放題じゃないですか。

この中国共産党の「魔の手」が、ついに香港にも伸びた、って
ことなんじゃないのかな。

香港の学生の立場で妄想すると、
「このままでは香港に、人権も自由も民主も無くなってまう」
っていう危機感が、学生を突き動かしているように思えます。

そしてこの学生たちの危機感を、世界も敏感に感じ取っている
ように思えます。

つまりね、天安門事件のころと比較しても、現在の中国共産党
は、「何も変わってないやん!」ってこと。

ここでロシアとEUと米国が、どのような反応をするのか、って
ことが重要なポイントとなりそうです。

ロシアについて。
米国が経済制裁を加える限り、表面上は中国寄りの立場を貫く
かと思われます。
現在の米中貿易戦争を見る限り、どう見ても中国に分が悪いの
で、あくまでも「表面上」ってことにありそうです。

EUについて。
ことごとく米国に反発していますが、このデモ鎮圧という中国
共産党のやり方を見れば、さすがに「表面上」でも中国寄りに
なることは出来ないんじゃないのかな。
ってことは、必然的に「デモ支持」になりそうです。

米国について。
米国が「煽った」可能性も否定出来ませんが、それでも米国は
この「デモ」を支持するでしょう。
表面上は「勝手にやれや!」って態度を取りながら。

さらに妄想すると、こんな2つのポイントが見えて来るんです↓

①この改正案を中国が譲歩するの?
②中国共産党(習さん)の基盤は?

①について。
さすがに習さんも、これは「譲歩」しないでしょうね。
しちゃったら、後から後から無限に「要求」が出て来ることが
明らかなんですし、ヘタすりゃ、中国本土のデモにも成りかね
ませんから。

②について。
ここまでの強硬路線が、世界的な反発を呼ぶことは理解してい
るはずなんです(習さんは)。
もしも理解していないんだったら、文さん級の「バカ」ってこ
とが、世界中に知れ渡ってしまいます。
しかし、そうせざるを得ない状況が存在するとしたら、
「中国共産党内部での「内紛」」
って、考えるのが普通なんじゃないのかな。

この香港のデモで注目すべきは、人民解放軍がどれだけ行動す
るのか、ってこと。

習さんが権力を握ってれば、人民解放軍に行動を起こさせるよ
うなことはさせないでしょう。

握って無ければ、「習さん大嫌い派」の人民解放軍が、ここぞ
とばかりに「嫌がらせ」をするかもしれません。

人民解放軍にこれをやられると、メッチャ困るんが習さん!

だって「責任追及」されてしまうでしょ。

それでも中国と付き合う覚悟が、ありますか?

●●●追伸●●●
米国に従えとは言いませんが、中国に従うな、は言いたいです
よね。
二股外交なんかしても、良い結果が生まれたことがあります?

この香港のデモは、良いモデルになってませんか?

これこそ「注目」すべきでしょ!
posted by とんくん at 22:56Comment(0)日記