プーチンさん、中国封じはどうすんの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も、パートさんたちと昼飯を食べていました。
何か、最近はやたらとご老人による暴走事故が多いらしいですね。
色々と原因はあるんだと思いますが、最大の原因は「脳の劣化」
なんじゃないの。
次に身体の「劣化」でしょ。
脳の判断遅れと判断ミスと、そこに身体の反応が遅れているから
道路を逆走したり、アクセルとブレーキを踏み間違えたりするん
じゃないの。
国家が認めた「免許証」なんだから、例えご老人でも保有してれ
ばいいんじゃない。
ただ、運転するかしないか、だけだと思います。
だって身分証明書にもなるんですし、返納する必要は無いと思う
んだけどな~。
そんな中で出て来た話題が、消費増税と日本の借金。
「10%まで消費税引き上げられると、マジでしんどいわ~」
「そやねん、今の8%でも家計に直撃してんもんな~」
「でも日本って、借金大国なんやろ?」
「1000兆円超えてる借金があるらしいで」
「私たちの子供たちが、この借金を返していくんやろ」
こんな会話を聞いていて、
「財務省及びメディア、お見事!」
って思っちゃいました。
少なくとも主婦層は、かなり「洗脳」されちゃってる証拠です。
そんな中、「あんた、どない思てんの?」って聞かれたんです。
なるべく理解しやすいようにと、以下の3点で整理して話したん
です↓
①借金とは、誰かからお金を借りること
②政府は税収で賄うことが原則
③税収は国民でも判断出来る
①について。
日本政府は誰から借金をしてるんですか?ってこと。
誰なの?

②について。
税収が政府の予算になります。
しかし、その予算だけでは政策を実行出来ない。
だから「国債」を発行するんです。
そしてこの「国債」による調達金を予算に含めることで、全体の
予算を決定しているんです。

③について。
税収に関しては、我々日本国民も知ることが出来るし、理解する
ことも出来ますが、こと「国債」に関しては、国民は全く知るこ
とも出来ませんし、理解することも出来ません。
つまりね、「国債」が日本を「借金大国」と思わせている要因だ
と考えられるんです。
簡単に言うと、税収では賄えない予算を「国債」で補填する。
だから、「国債」が借金だって思わせているんです。

ここまでで、既に猛反発を喰らいました・・・。
「借金は借金やろが~!」
「日本の国債を、誰が買ってんねん!」
「惑わすようなこと、言うな~!」
ん~~~、かなり浸透しちゃってますよね~。
ってここで、私もアホらしくなっちゃったんで、何も言わなくな
りました。
そしたら、
「逃げるんか~!」
「最後まで貫けや~!」
「言いたいことは、ハッキリと言わんか~!」
まるでヤクザなんです。
ってことで、なるべく理解しやすいように喋りました。
④日銀は、全国の銀行からお金を預かっています
⑤その預かったお金を担保にして、日本政府は日銀からお金を借
 りることになります
⑥この借用書が「国債」となります
⑦日本政府が日銀から借りたお金は、予算上で全国の事業者に、
 支払われることになります
⑧そして事業者は、そのお金を換金するために銀行に行きます
⑨こうして銀行は、この事業者のお金を一時的にですが預金とす
 ることになります
⑩そして銀行は、このお金を日銀に請求することになります

ここまで話して、
「もうええわ~!」
「何言ってんのか、さっぱり分からん!」
ってことで、これ以上説明してもアカンって思い、終了しちゃい
ました。
私が言いたかったのは、
「日本政府の借金取りは、日本国民なんですよ」
ってことだったんですけどね。

つまりね、我々日本国民の貯金が「国債」として使われてるんで
すよ、ってこと。
しかも貯金残高は、減っちゃいないでしょ!ってこと。
こういうのは、「借金」とは言いません!
バカな私には、こんなことも説明出来ない、ってことです・・。

ってことで、最初の記事はこちらから↓
安倍氏は平和条約締結に邁進、私も同じ気持ちだ=プーチン大統領
(SPUTNIK日本 2019年06月06日 21:45 配信)

短い記事なんですが、中身はかなり濃いですよね。
最初にこの文言↓
「日本があらゆる手段を用いて自国の安全保証を図る権利を有す
ることについてはロシアは疑いようもない」
プーチンさんは、やっぱ日本を抱き込みたいんでしょうね。
中国では無くて。
だから、こんな発言をするんでしょう。

そしてこの文言↓
「日本が米国と軍事協力関係にあることはロシアの憂慮を招いて
いると語った」
つまり、「日露安全保障条約」的なもんを結びませんか、ってこ
との打診に等しいんじゃないのかな?
米国だけじゃなくロシアの核の傘にも入りませんか?ってこと。

現在のロシアにおいて最大の脅威は、中国なんです。
この点に関しては、米国とも一致してるんです。
日米露で、中国包囲網を築きませんか?
って思えてしまうんですけどね。

そんな中で、こんな記事も↓
中国とロシアの首脳が、両国間の戦略的な協力の拡大を強調
(Pars Today 2019年06月06日17時04分 配信)

まずは、こちらの文言から↓
「様々な分野での両国間の戦略的な協力拡大を強調しました」
強調したってことは、お互いがお互いの国益に関して、言い合っ
た、ってだけのことでしょ。
こんな風に書くから、中国とロシアは「仲良し」みたいな印象を
与えちゃうんです。

そして、こちらの文言↓
「この会談は両国関係において鍵となる要素だ」
この文言で、最も注視すべき言葉がこちら↓
「要素」
なんです。
ここで言う「要素」とは、ロシアに対する中国の
「経済的・人口的侵略」
を示している、って考えるのが妥当だと思われます。

そしてこちらの文言↓
「この会談は、中ロ国交樹立70周年を記念して開催されたもの
で、旧ソ連は中華人民共和国の成立の1日後にこれを正式に承認
した」
明らかに「恩」を着せてますよね~。

極めつけが、こちらの文言↓
「我々は両国間の貿易額を1000億ドルにまで引き上げること
を目標に定めていた。昨年のこの数字は、1080億ドルに達し
ており、今年に入ってから現在までのこの数字は、昨年に比べて
伸びている」
単純に「ドルやん!」ってこと。
もしもですけど、本当に中国とロシアが親しいんなら、決済通貨
はルーブルか人民元のはずでしょ?

そして最後に、この文言↓
「プーチン大統領と習国家主席は、5日の会談で中国とロシアの
核合意遵守を強調しています」
あくまでも「強調」なんですよ。
「協調」じゃ無いんですよね。
これってね、お互いの「主義主張」を言い合っただけの会談って
ことなんじゃないのかな?

最後に、こちらの記事をご覧下さい↓
動画:中国の習主席が「親友」プーチン氏を訪問、中ロ関係の新時代誓う
(AFP BB NEWS  2019年6月6日 11:49 配信)

この記事の中で、注目すべき文言がこちら↓
「ロシアと中国の大手企業は協力協定に署名した」
これってね、プーチンさんは日本の経団連と同じことをやってま
せんか?って思いませんか?
こんなんね、間違い無く中国共産党の意向が反映されているに、
決まってるやん!

民衆弾圧国家に、利益を求める企業って、本当に最低だと思いま
すし、潰れるべき企業なんじゃないのかな?
posted by とんくん at 23:46Comment(0)国際