日韓関係か~・・・(ちょこっとG8)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日はクソ忙しくて、自身の時間が全く取れませんでした。
本日は社員同士で昼飯を食べていました。
まあ~、私は基本的に耳を傾けているだけなんで、殆ど口を出さな
いんですが、本日はやたらと「ゴール」って言葉が出て来たんです
よね。
それとなくなんですが、
「ゴールって、日本語に訳すと?」
「目標になります」
「では、その目標はどうやって決めたの?」
「年初の計画からです」
「では、その年初計画はどうやって決めたの?」
「上からの指示です」
「んじゃ、何で上はその年初計画を作成したの?」
「増収増益のためです」
「んじゃ、何で上は増収増益を求めてるの?」
「企業をこれからも存続させるためです」
「んじゃ、今の目標は企業の存続のための、1つの手段だよね」
「はい!」
「んじゃ、企業存続は?」
「目的、になるかと」
「んじゃ、目標を達成した時は?」
「結果になるかと」
この辺りで、気付いてくれたみたいんなんです。
目的とは、あくまでも「動機」なんです。
この「動機」を達成するためには、「結果」を出さないといけ
ません。
この結果を出すために、「目標」を掲げるんです。
ゴールっていう横文字1つが、この関係をゴチャゴチャにして
しまっているんです。
横文字を使うのは大いに結構なんですが、最低限、日本語で説
明出来るだけの知識を持った上で、使って欲しいものです。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
日本と韓国の間で起こりつつある貿易戦争:
主要な疑問への回答

(SPUTNIK日本 2019年8月30日 配信)

何度でも言いますが、外国の目はこのような受け取り方をして
いる、ってことです。
つまり、情報戦に関しては韓国の方が上手、ってこと。
日本最大の「弱点」ですよね~・・・。
安倍さん、大丈夫かな~・・・。

お次は、こちらの記事を↓
韓国のGSOMIA破棄、厳しい姿勢で臨む米国=「米韓関係に影響ない」の主張を真っ向否定―中国メディア
(RecordChina 2019年8月30日(金) 17時20分 配信)

「安全保障」っていう「言葉」すら知らない、魑魅魍魎大統領
に対する「当て付け」ってところでしょうか。
つまりは、そこまで米国の安全保障の計画に関係する、ってこ
となんですよね。

最後に、こちらの記事を↓
日韓軍事情報協力の暗澹たる結末 両国関係は徹底的に対立へ向かうのか?
(人民網日本語版 2019年08月29日16:17 配信)

子の記事って、一言で言うと
「中国が仲介しまっせ!」
ってだけ。
日米韓から日中韓にシフトさせたいんでしょうね。
だから、中国は北朝鮮に接近していく政策を取って行くものと
思われます。
理由は単純で、韓国に最も影響を与える国家こそ、北朝鮮だか
ら。

米国の思い通りに動かない韓国は、どうなるんですかね~?

●●●追伸●●●
ちなみにG7が開催されましたが、中身が無いんですよ~。

①イラン問題
「核合意」なんて「時限合意」以外の何者でもないでしょう。
「時限」が過ぎれば、イランは好き放題に核開発を実行するこ
とが出来るんですから。
何で日本の含めて「賛成」するんだろう?

②ロシア問題
トランプ大統領は対中国戦略のために、ロシアを取り込もうと
していますよね。
しかしこのことに反対する勢力は、山のようにいます。
つまりは中国に対する「踏み絵」みたいなもんなんでしょうね。
だからトランプ大統領は、ロシアを含めたG8を受け入れたんだ
と思います。

③北朝鮮問題
英仏独は北朝鮮の発射に反対していますが米国は、って言うか、
トランプ大統領は全く問題意識がありませんよね。

④香港デモ
G7において唯一全会一致したんじゃないのかな?
「天安門級の弾圧」が行われれば、間違い無く日米欧は揃って
中国に対する制裁を加えるものと考えられるからです。

ここからは、個人的な妄想に入ります。

私がトランプ大統領だったら・・・。

現在、中国との冷戦をしている真っ最中なんですから、少なく
とも「G7]を仲間に引き入れるはずなんです。
でも、それをしないどころか、逆に攻撃を仕掛けています。
本当に中国との冷戦を集結させるのであれば、少なくとも、
「日本と欧州に対する貿易の対立」
を今少し、抑えてもいいんじゃないのかな、って。

どうなんだろう~?
posted by とんくん at 22:30Comment(0)日記

イランが北朝鮮をお手本にしたかも?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日は、急な出張でてんてこ舞いな1日でした。
で、本日はパートさんたちと昼飯を食べていました(当然ですが、
隅っこでね)。
パートさんたちの会話の内容は、子供の好き嫌いが中心。
「うちの子、ホンマに野菜食べへんねん!」
「うちは、魚が苦手やな~」
「うちはサラダだと野菜を食べへんけど、煮物にしたら食べんで」
そこまでして、何でもかんでも食べさせなアカンのかな~・って
思いながら聞いていました。
だってね、極端な話ですけど、エスキモーなんて一生の殆どをアザ
ラシの肉を食べて過ごして来たんでしょ。
だからと言って、寿命が極端に短い訳ではありません。
つまり、偏食だからといって、生きることにそれ程の影響を与える
とは、ちょっと考え辛いんですよね。
確かに生命維持のために「食べる」行為は、不可欠です。
しかし美味しくないモノを食べても、ストレスが溜まるだけです。
美味しいモノを食べて、初めて「食べる」ことを「楽しい」と思う
ようになります。
「食べない」ってことは、美味しくないからであって、美味しいと
感じたら、子供も野菜を食べるようになります。
「バランスの採れた食事」を子供にまで押し付けるのは、如何なも
のかと思うんですけどね。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
ロシアのG7サミット復帰に向けて作業を行う=米国務長官
(SPUTNIK日本 2019年08月28日 09:38 配信)

この記事で注目すべき文言は、これのみ↓
「ロシア大統領府のペスコフ公式報道官は、来年の米国でのG7サ
ミットへの招待状が届けられた場合、クレムリン側は必ず検討に付
すとする声明を表した」
特にこの言葉↓
「必ず」
これって「出席しますよ!」って言ってんのと同じでしょ。
トランプさんは、中東問題に対して本気で手を引きたいと考えて
いるように思われます。
後のことは、ロシアに任せる!ってな感じで。
しかも米国の次期大統領選において、この招待が影響するとは、
全く考えていないんでしょうね。
だってロシアを招待したからといって、米国民の生活に不利益
になることなんか、1つもありませんし。
つまりトランプさんは、外交による大統領選挙の影響は殆ど無い
ものと確信しているんじゃないのかな。
それよりも内政重視、ってところでしょうか。

お次はこちらの記事を↓
「度重なる挑発的発射」を非難=北朝鮮ミサイルで安保理会合―英仏独
(時事通信ニュース 2019-08-28 06:25 配信)

この記事で注目すべき文言は、これのみ↓
「北朝鮮ミサイルに対する安保理会合は従来、米国主導で開かれ
てきた」
ってことは、言わずもがな、米国は北朝鮮の短距離弾道ミサイル
発射を「容認」している、ってこと。
そして「非公開」で安保理を行っている以上、英仏独は米国の顔
色を伺っている、ってなところでしょうか。
だってね、北朝鮮の核開発に対する非難声明じゃ無いんだし。

そしたらこんな記事が、出て来ました↓
イラン外相、G7サミット開催地を電撃訪問
(AFP BB NEWS 2019年8月26日 5:44 配信)

特に注目すべき文言はありませんが、イランが「核合意」を
遵守する、ってことは伝わって来ますよね。
理由は単純で、「時限合意」だから。
つまり合意期間中を我慢すれば、イランはその後、好きなだけ
核開発が出来るんですから。
だから英仏独に対して、
「もっと手伝わんか!」
ってことを、言いに行ったんじゃないのかな?
気になるのは、こちらの文言↓
「イランと米国の間で高まる緊張の緩和に向け、開催国フランス
のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領が賭けに
出たことを示している」
イランと米国の緊張とは、現在の核合意をイランが遵守する以上
は、必ず未来のイランは核保有国になるってことであって、米国
が懸念しているのも、この点なんですよね。
緊張緩和に向けてマクロン大統領が動き出したんなら、「賭け」
でも何でも無く、単なる「バカ!」で終了ですよ。
だってイランの核開発を容認してんのと、同じなんですから。

ってことで、イランの動きを見てみると↓
イランの経済使節団が、来週フランスを訪問
(ParsToday 2019年08月28日20時08分 配信)

この記事で注目すべき文言は、これだけです↓
「イランは米国が核合意を離脱した後も1年にわたり理不尽を耐
え、合意内容を遵守してきました」
ここでね、
「理不尽に耐え」
ってことは、その先に「希望」があるってことでしょ。
イランにとっての希望とは、
「核」
何じゃないの・・・?
だって北朝鮮が、その良い前例を示してくれてるしね。
だからこそ、イランは英仏独に訴えているんでしょうし。

英仏独から見れば、北朝鮮は余りにも遠過ぎますからね。

イランの弾道ミサイル発射は、何ぼでも非難して構わんけど、
核開発に関しては、何にも言うなよ!って感じかな。

英仏独って、イランをどのように見てるんでしょうかね~?

●●●追伸●●●
個人的には間違い無くイランは、北朝鮮をお手本にしている
ものと妄想しています。
だってそのことを金さんが、身を持って実証していますから。

トランプさんからすれば、イランが核兵器を保有しなければ、
短距離弾道ミサイルを保有しようが、
「知ったこっちゃない!」
なんじゃないのかな?

私にはイランは北朝鮮をなぞっているようにしか、思えま無い
んですけどね。
posted by とんくん at 21:27Comment(0)国際

朝鮮半島の主役は、金さんになりつつありますね~

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はパートさんたちと昼飯を食べていました(隅っこでね)。
会話の内容は、やはり「夏休みの宿題」。
「アカン!うちの子、全然宿題が進んでへんねん」
「うちも一緒やって!」
「うちは、もう終わってるけどな」
ってな感じ。
この差はどこから出て来るんでしょうかね~?
個人的には「楽しい」「面白い」だと思っています。
では何で「楽しい」「面白い」になんの?
子供が「理解した」からだと思うんです。
理解出来れば宿題なんか、直ぐに終わっちゃいますよ。
何故なら、子ども自身でスイスイと解けてしまうから。
これこそ「楽しい」「面白い」じゃないのかな、って思います。
理解出来ていない子供に宿題を押し付けても、分からないんで
すから、「苦痛」でしかありません。
これでは宿題が捗らないのも当たり前のこと。
塾に頼るのか、家族に頼るのかはまた別の問題ですけどね。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
韓国法務相候補 娘の不正入学疑惑で謝罪
(聯合ニュース 2019.08.25 12:37 配信)

初めに、こちらの文言↓
「チョ氏は娘が高校生のときに医学論文の筆頭著者に名を連ね、
大学や大学院に不正入学したとの疑惑が持ち上がっている」
高校生の娘が医学論文の筆頭著者に名を連ねる、ってどんだけ
スーパー天才少女なの?ってことです。
しかし疑惑が持ち上がっている以上、スーパー天才少女では無い
って、国民から認識されているってこと。
あくまでも↓
「当時存在した法や制度に従ったとしても」
ってことで、合法だったんだ~!ってことを言ってますが、国民
から「不正なんじゃない?}って思われた瞬間から、その法や制
度は間違っている、ってことになります。
ここからは個人的な妄想に入っちゃいますが、ひょっとしてね、
魑魅魍魎さんはこのことを下火にするために、敢えて
「GSOMIA」
を破棄したんじゃ無いの?ってこと。
普通の常識的な大統領だったら、こんな妄想はしないんですが、
魑魅魍魎さんだと、こんなこともやって来るよな~、って考えて
しまうんです。
ちょっと考えすぎかもしれませんけどね。

お次も聯合ニュースから↓
南北会談へ「忍耐心持って準備」=韓国統一部
(聯合ニュース 2019.08.26 14:01 配信)

北朝鮮に対する韓国からの強烈なラブコールですね。
しかし金さんは答えてくれない・・・。
逆にボロッカスに言う始末・・・。
金さんとしては韓国主導による統一路線が、どうしても我慢が
出来ないように思えます。
あくまでも、北朝鮮主導による統一を、ってこと。
ここで北朝鮮を考える方法は2つあります。
金さんが、米国を
①パートナーとするか
②敵対者とするか
ってことです。

個人的な妄想になりますが、①の可能性の方が高いように思え
てなりません。
だってトランさんは金さんが短距離ミサイルを撃ちまくっても、
「関係無いもんね~・・・」
ってな感じだし。
さらにこの金さんのミサイルが北京に向くことになれば、冗談
抜きで在韓米軍も必要無くなるし。
米国としても韓国を切り捨てて、出来れば金さんによる統一を
画策しているように思えて、仕方がありません。
だって北朝鮮を米国が押さえ込むことが出来れば、イランへの
圧力にもなりますからね。
②の場合は、中国とロシアの後ろ盾が必要になりますが、現在
の状況を考慮すると、チョット無理があるように思えます。
中国もロシアもそれどころでは無い状況に、成りつつあります
から。

そのイラン側から見ると、こんな記事になるようです↓
視点;米との外交チェスを展開する北朝鮮キム委員長の手腕
(ParsToday 2019年08月24日20時50分 配信)

この記事をご覧頂ければ分かりますように、イランとしては北
朝鮮は米国と戦っている盟友ってことなんでしょうね。

但し、本当なの?

北朝鮮が米国側に付いた時、世界の構図はかなり変わっちゃい
ますよ。

金さん、「品定め」の真っ最中なのかもしれません。
方向性が決まらないから、「挑発」して来るんでしょ。

日本も北朝鮮と米国の手の平で踊らされているように見えるの
は、私だけでしょうか?

●●●追伸●●●
今回の韓国の決断で胸を撫で下ろしたのは、間違い無く中国と
ロシアでしょうね。
しかし魑魅魍魎の行動に付き合わされて被害を蒙りたくは無い、
ってのは両国とも同じはず。
結局のところ、韓国では無く、北朝鮮に自然と目が向いてしま
う状況になっているんです。

ここまで計算しているとしたら、金さん「凄い!!!」。

日本の外交力じゃ、太刀打ち出来ません!
posted by とんくん at 21:30Comment(0)日記