米国の行く道は?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

やっぱこの時期は忙しいですね~。
殆ど自身の時間が持てない状況になっちゃってます。
でもやっと本日で落ち着きました。
疲れちゃった・・・。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
サウジ皇太子、イランと戦争すれば「世界経済は崩壊」
(AFP BB NEWS 2019年9月30日 14:44 配信)

これってん、サウジアラビアの防空システムは米国製なんだけど、
サウジ石油施設の攻撃に対して、全く効果が無かったってことを
言ってますよ、ね。
つまりは逆にサウジもイランの石油施設の攻撃に対して、同様の
攻撃をすることが出来る、ってことでしょ。
だから、
「サウジアラビアとイランの戦争は「世界経済の完全な崩壊」に
つながる大惨事になる」
のであって、そうならないためにも、
「もし世界がイランを抑止するために断固たる強い行動を取らなけ
れば、世界の利益を脅かすような緊張のさらなる悪化に直面するこ
とになる」
ってことになるんです。
この文言で言う「断固たる強い行動」とは、一体、何なの?
個人的には、北朝鮮と同じように「イランの非核化」だと考えてい
ます。
だって核合意の期限が過ぎれば、イランは「核開発」を好き放題出
来るんですから。
それともう1点は、「米軍駐留」じゃ無いんですかね。
トランプ大統領が舐められているから、こんな事態になったんや、
ってことを暗に言ってるようにも思えます。
この記事は、サウジの米国に対するメッセージと考えて良いと想い
ますけどね。

お次もAFPの記事から↓
香港のスタバや吉野家がデモ隊の標的に、関係者による批判受け
(AFP BB NEWS 2019年9月30日 17:54 配信)

この記事で注目すべき文言は、これだけ↓
「美心食品の創業者の娘の伍淑清(アニー・ウー、Annie Wu)氏は
今月、スイス・ジュネーブの国連人権理事会(UN Human Rights Co
uncil)で演説を行い、香港のデモを非難するとともに、民主派活動
家らに対する中国政府の強硬姿勢は支持されてしかるべきだと訴え
た」
こりゃ~、さすがの香港市民もぶち切れるでしょう。
だってね、香港は英国の植民地だったんですよ。
そこには「自由」なんてありゃしません。
自己責任でもって、生きるしか無いんです。
例えば日本のような「皆保険制度」もありゃしません。
仕事をしなきゃお金は入らないし、怪我や病気しても医療費は全額
自身持ちなんですから。
それだけ「他人に甘えることは許されない環境」で育って来たって
ことなんです。
だから「自身のことは自身で考える」ってことが、その思考に染み
付いていると思うんです。
逆を言えば、「他人を頼らない思考」とも言えるのかな。
香港市民の精神基盤は、この辺りに存在するように思えます。
香港市民が一人一人で自身について考える、これこそが香港市民が
求める「自由」のように思えるんです。
そんな香港にね、直ぐに弾圧はするは、抑圧はするは、意味不明な
内容で逮捕するは、強制収容するは、ってな中国共産党が、香港を
牛耳ることだけはあって欲しくない・・・。
「あたりまえやんけ!!!」
って思いませんか?
この記事の美心食品の創業者の娘さんは、香港市民の精神を学ばず
に育って来たんでしょうね。
それ故に中国共産党としても、この娘さんは洗脳し易かったんじゃ
ないのかな?
だってね、国連人権理事会でこんな演説しちゃ、香港市民が
「ぶち切れ!」
に決まってるやん。
つまりは、人民解放軍を出動させる名目が欲しいんでしょうね。
何てたって、世界が香港デモに注目していますから。
下手に動くことも出来ないのが、人民解放軍の現状ですし。

最後は、こちらの記事をご覧下さい↓
バイデン親子を捜査する必要なし ウクライナの前検事総長がBBCに
(BBC NEWS JAPAN 2019年9月30日 配信)

この記事で読むべき文言は、こちらだけ↓
「ウクライナ法にもとづきジョー・バイデン氏や(息子の)ハンター
・バイデン氏を捜査する理由が何かあるとは、まったく承知していな
い」
つまりは、ウクライナの法律上では「何の問題も無い」ってこと。
ほんじゃ~、トランプ大統領が何でウクライナの大統領との電話
会談で、捜査を促したの?

そのヒントとなる記事が、こちら↓
民主党大統領候補人気トップのバイデン氏の落とし穴 二男に中国から利益誘導の疑惑
(FNN PRIME 2019年5月20日 月曜 午後6:00  配信)

バイデン氏は中国と、かなり強く結び付いていたんですね。

そして、こちらの文言↓
「ウクライナ議会は間もなく検事総長を罷免したが、それによって
追及を免れることになった捜査対象にブリスマというエネルギー会
社があった。副大統領の二男のハンター氏はそのブリスマ社の取締
役として月5万ドル(約550万円)の報酬を得ていたという」
何でバイデン氏の息子がブリスマ社の取締役になってんの?

まずね、こちらの記事9をご覧下さい↓
コカイン中毒で軍を除隊" バイデン氏次男が葛藤を語る
(FUJISANKEI COMMUNICATIONS INTERNATIONAL ,INC 2019.07.04  配信)

特にこちらの文言↓
「コカイン中毒に長年苦しみ、薬物使用で海軍を除隊させられた
過去や、コカインを買おうとして銃を突きつけられた経験」
単なる「麻薬中毒者」やんけ、こいつ!
ってことは、海軍をクビになってからは「無職」でしょ。
父親の力で、中国に媚びへつらってファンドを立ち上げたんでしょ
うね。
父親の力で、ブリスマ社に媚びへつらって取締役に就任した、って
ことでしょう。
2014年にね。
バイデン前副大統領は2013年にウクライナを訪問していますし。
そこで「私の息子を」っことを言ってても不思議では無いんです
よね。
じゃないと、こんな麻薬中毒者を取締役にしますか?

私がトランプ大統領だったとしても、ウクライナ大統領に
「これって、おかしくない?」
「もうチョット捜査してくれへん?」
ってお願いしますけどね~。

ただウクライナとしての立場はありますから、米国の弾劾に対して
は、
「米国独自でやってよ!」
ってことなんでしょうけどね。

弾劾されるべきは、「どちら?」なのかな?

●●●追伸●●●
普通に素直に単純に考えてみて下さい。
何で麻薬中毒患者が、取締役になれんの?
父親の力しか、考えれないでしょ。

このことは言わずに、トランプ大統領がウクライナ大統領にね、
[ちょっと調べてよ!」
って言っただけやん!!!

こんなことですら疑惑に持ち込まないと、どうにもならないよ
うな状況に追い込まれているんですね~、民主党も中国も。

ただ、敵が多過ぎます、作りすぎですね。
でも間違っているとは、思えませんけどね。

posted by とんくん at 23:09Comment(0)日記

トランプさん、舐められてませんか?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は久しぶりにパートさんたちと、昼飯を食べていました。
消費増税まで1週間も無い、ってことで、その話で盛り上がってい
ました。
「マクドナルドは一部商品の値段を10円上げるそやで!
「モスバーガーは、8%と10%をはっきりと区別らしいで!」
「すき家は値段据え置き、なんやって!」
「ケンタッキーもモスバーガーと同じらしいで!」
まあ~恐らく何ですが、子供とよく食べに行くんでしょうね。
この会話を聞いていて、10月以降の日本は益々デフレに進みそう
だな~、って思いました。
だって価格据え置きってことは、企業努力で増税分を吸収してい
るってことなんですから。
消費者心理としては、価格据え置きの企業に自然と足が向くこと
は、間違い無いんじゃないのかな。
ただマクドナルドの一部商品に10円値上げ、ってのが妙に引っ掛
かりました。
恐らくセット商品や単価の高い商品は価格据え置きで、単価の低
い商品に10円値上げするんだろうと思われます。
そしてマクドナルドとしては、これでも十分に利益を出せると判
断したんでしょう。
つまりね、マクドナルドのお客さんは、そのほとんどがセットメ
ニューを注文しているんじゃないのかな、ってこと。
ってことは、結局のところ、価格据え置きやん!なんですね。
やっぱ日本はデフレの道をまっしぐら、なんですね。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
サウジ攻撃はイランが実施 仏独英首脳が一致、対話呼び掛け
(AFP BB NEWS 2019年9月24日 6:04 配信)

この記事の中で、注目すべき文言はこれのみ↓
「フランス政府が出した共同声明で、「イランがこの攻撃に責任
を負っているのはわれわれにとって明白だ。これ以外の説明はな
い」と明言した。
確かにイエメンの反政府武装組織フーシ派が犯行声明を出しまし
たし、このフーシ派を支援しているのがイランだってことも、分
かっています。
だから、
「イランがこの攻撃に責任を負っているのはわれわれにとって明
白」となる訳なんですが、少なくともイランが
「攻撃指示を出した」
とは言っていないんです。
それ故に、
「さらなる「挑発」ではなく対話を選ぶようイラン政府に呼び掛け
た」
ってことなんじゃない。
この記事から伺えるのは、欧米ともにイランが黒幕という証拠を
掴んでいない、って考えられますよね。
イランが本当の黒幕にしろ、そうでないにしろ、今は対話路線に
進むべき、ってことを言ってるんだろうと思われます。
次の大統領選まではトランプ氏も戦争はしないでしょうが、再選
したらどう転ぶか分かったもんじゃないですからね。
これは中国にも言えること。
少し引っ掛かるのがボルトン氏解任後、直ぐに攻撃したこと。
強硬派のボルトン氏がいなくなったことで、かなり米国も舐められ
ているのかもしれません。
この攻撃で米国の出方を計った、とも考えられます。
もう1つは、イランの国内情勢が芳しくないことです。
イラン国民に鬱憤や不満が蓄積されているのなら、それらを外に
発散させる必要があります。
一番手っ取り早いのは、「国民の敵」を作ることです。
ただイラン国民にとって、米国は「敵」なのかどうか?
そしてもう1つは、安倍首相にとってのチャンス!ってこと。
知ってか知らずかは分かりませんが、結果的には安倍首相の仲介
をサポートする援護射撃になっていますから。
このチャンスは活かして欲しいですよね。

ではイランでは、どのような記事になってるの↓
英独仏が米国に同調、「サウジ石油施設への攻撃の責任者はイラン」
(ParsToday 2019年09月24日18時52分 配信)

この記事の中で注目すべき文言が、こちら↓
「イランに対し自らのミサイル計画や地域的な影響力に関する協
議に応じるよう求めています」
米国による経済制裁で、イラン国内の経済は着実に後退しつつあ
りますし、欧州からの援助が無い!ってイランは叫んでますし、
だったら、
「我が道を行く!」
って叫んでるし、
どこかの国家とソックリですよね。
しかも独裁者がいる点も共通しているし。
英仏独も、さすがにここまで来ると、イランが中東の北朝鮮に
見えたのかもしれません。
だって本当にそうなら、欧州の国益どころの話じゃ無くなって
しまいますからね。

最後はこちらの記事を↓
米大使館付近にロケット弾2発、負傷者の情報なし イラク
(AFP BB NEWS 2019年9月24日 11:38 配信)

言っちゃ悪いんですが、トランプさん!
完全にイランに舐められていますよ!
確かに次期大統領選までは、ってのも分かりますけどね。
結局ね、シェール革命において中東の優先度が下がった米国は
「アメリカ・ファースト」に向かいました。
それだけ中東に関心が薄れ、このような結果を招いてしまった
ことになります。
それだけ中東における米軍の存在意義も大きかった、ってこと
の証明なんじゃないんですかね。
自国を優先し過ぎると、国力が半端無いが故にこのような状況
を自ら作り出してしまうんです。
しかもこの様な状況にならないように米軍を中東に派遣させて
いたはずなのにね。
「金」だけの物差しで見るから、こうなるんじゃないの?

トランプさん!
舐められていますよ!

●●●追伸●●●
さすがの英仏独も、
「イランさん!チョットやり過ぎちゃう?」
ってなところでしょうか。
ただね!
イランが黒幕という証拠はありません。
しかし状況証拠は、あり過ぎなんですよね。
状況証拠はあるけど、真実が無い・・・。
イランもしたたかですね。

それでも安倍首相の出番でしょ!
posted by とんくん at 23:25Comment(0)国際

台湾と中国、あなたならどっちと結婚する?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

一昨日、昨日と帰りが遅く、既にゾンビ状態・・・。
世間は3連休なのに、今日も仕事だし・・・。
最近はルアーの新規開発も滞っているしな~。
このような「疲れ」が釣果にも出ているのかもしれません。
帰宅時にスーパーに寄ったんですが、ご近所の奥様に見つかっちゃ
うし・・・。
案の定、
「ウチの子に数学教えてやって~や」
ってなるし・・・。
まあ~、晩飯をご馳走してくれるんですから、安いと言えば安いん
ですけど、自分の時間がそれだけ減る、ってことですしね。
こういうのって、金額で表すことが難しいですし、そもそも金額で
表そう、ってのもナンセンスですからね。
色々と晩飯の余りモノをお裾分けしてくれるので、「嫌だ!」とは
言えませんから、明日は家庭教師になります。
ただ私の周辺だけかもしれませんが、因数分解が苦手な子供が多い
ように感じます。
学校はどんな教え方をしてるんだろう?
他の科目も大丈夫なのかな?
って思ってしまいます。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
えっ東京の肉じゃが、豚肉なん…?関東と関西で違う全国「グルメ」事情
(TRiP EDiTOR 2019/09/14 配信)

かなり長いんですけど、内容は非常に面白い記事なんです。
何か「そやな~」って感じるところがありませんか?
「関西の常識、関東の非常識」
といった感じかな。
このような地域性って、思考にも影響を及ぼすように思えてなら
ないんですけどね。

ってことで、お次の記事はこちら↓
中華民国、キリバス共和国と国交断絶
(TAIWAN TODAY 2019/09/20  配信)

ソロモン諸島に続いての、国交断絶です。
やはり香港デモに世界の目が集まる中、「今がチャンス!」って
考えているんだと思います。
確かに好機であることは、間違い無いですからね。
しかも中国共産党の戦略を分かり易く述べていますしね。
台湾国民も「なるほど!」って思うんじゃないかな。
昨年3月に成立した「台湾旅行法」の効果が、徐々に表面化して
いる、ってことなんじゃないのかな。
ちなみに昨年の12月に「チベット旅行法」も成立しているんです
が、これが効果を発揮するのは、もう少し後になりそうですね。
ただ中国が金に物を言わせて台湾を孤立させようとすればするほ
ど、台湾の独立心は、より強固になるものと妄想します。

これに関連する記事がこちら↓
中国、ソロモン諸島と国交樹立
(AFP BB NEWS 2019年9月21日 20:53 配信)

申し訳ありませんが、私はこの記事をこのように読んでいます↓
「中国とソロモン諸島の二国間関係(一国二制度)が急速に深まる
ことを期待している」
「われわれはソロモン諸島の決断を歓迎し、同国が自らのために選ん
だ(中国共産党のための)発展の道を前へ進んでいくために支援す
る」
しかし、ソロモン諸島のマネレ外相は、純粋に自国の発展を中国が
応援してくれるものと勘違いしているようです。
この時点でソロモン諸島は「終了」していますよね。
目先の誤った判断が、未来にどれだけの影響を及ぼすかも判断出来
ない国家、なんでしょうかね。

ここで米国から台湾への、援護射撃がこちらの記事↓
米議会の「香港新法」に神経とがらす中国当局、「高度な自治検証」に内政干渉と反発強める
(Record China 2019年9月21日(土) 8時30分 配信)

つまりね、「一国二制度」ってのは単なる「詭弁」でしかない、
ってことなんです。
このことを端的に表現している文言が、
「外部勢力が香港に干渉する権利はない」
これって英中で結んだ共同宣言を、完全に無視した発言ですよ。
表向きは「一国二制度」とか言いながら、実際は「独裁」って
ことでしょ。
だって中国共産党の「独裁」に反発するからこそ、今回のデモも
発生しているんですしね。
この香港の実情を目の当たりにすりゃ、親中派の台湾の方々です
らでも、「ん~・・・」って考えませんかね。
中国に協力したからといって、全ての保障が担保されるとは、到
底考えられない、って考える方が自然でしょ。
だから台湾に対する援護射撃の意味合いを持つんです。

最後にこちらの記事をご覧下さい↓
台湾中部大地震発生20年、日本の支援に感謝=蔡総統
(時事通信ニュース 2019-09-21 18:19 配信)

蔡英文総統が日本に送った「ラブコール」でしょ、これって。
台湾よりも中国の方が「いいの?」ってことを、問い掛けている
ってことでしょ。
このラブコールに応えるだけの国じゃ無い、ってなことを台湾に
対して考えているんでしょうかね~、日本は?
そこまで中国に遠慮しないと、日本と日本経済は生きてi行けない
のかな?
どちらが日本にとって、より最善の国家ですか?
考える必要も無い!って思うんですけどね。
日本もソロモン諸島になっちゃうのかな~?

●●●追伸●●●
ウィグル、チベット、モンゴル・・・。
もうお判りでしょ!
お金のためなら日本はどうなってもいいの?
ねえ~、経団連の皆様方!
ねえ~、親中派の議員さんたち!

脳みそが腐っているとしか思えないのは、私だけ?
posted by とんくん at 22:29Comment(0)国際