WHOは中国にベタ惚れだったんだ~!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、会社の新年会でした。
しかし、どうにも日頃の仕事の鬱憤を晴らす場所と化してしまっ
ているようです。
確かにそのような「場」であることも、もちろん大切なんですが、
最初から最後までこれじゃ、全く楽しくない「会」ですよ。
いうだけ言えばいいんですが、ほなら
「どうしたいん?」
ってのが、無いんです。
言うだけやったら誰でも言えますよ。
言った後に、「だからこうして欲しい」を付け加えないと。
今後は参加を見送ろうかな、とも考えています。
私の人生の貴重な時間の「無駄」としか思えませんので。

っということで、本日最初の記事はこちら↓
新型肺炎 蔡総統、WHOに台湾受け入れを訴え 湖北への団体旅行停止通達
(フォーカス台湾 2020/01/22 14:59 配信)

最初にこちらの文言↓
「中国に対しては、正確な感染症情報を台湾と共有すべき」
中国は「1つの中国」というポリシーに則り、中国国内に情報
統制を強いています。
そして台湾も「1つの中国」の中に組み込まれています。
それ故に、中国からは正確な情報が来ない、ってことを訴えて
いるわけです。

そしてこちらの文言↓
「政治的思惑を人民の保障より優先してはならない」
「政治的」とは、当然ですが「1つの中国」です。
つまり「1つの中国」という思惑を、人民の保障より優先させ
るな!ってことを、言ってるんです。
本当に、その通りだと思います。

最後にこちらの文言↓
「2009年から16年まではWHO総会にオブザーバー参加していた
が、17年以降は中国の圧力を背景に出席できていない」

中国の圧力かどうかは、こちらの記事が回答になりそう↓
王毅外交部長がWHOのテドロス事務局長と会談
(人民網日本語版 2020年01月28日18:04 配信)

この記事では、テドロス事務局長の文言に注目して下さい。
①中国は記録的な速さで病原体の特定を行い、迅速に一連の有効
 な措置を講じることで、疾病の蔓延を阻止している
②現在中国にいる外国人の退避を希望している国があることを確
 認しているが、WHOとしてはこれを推奨しない
③WHOは中国政府には新型コロナウイルスの感染を管理・抑制で
 きる能力があると確信している

①について。
全く阻止出来ていないにも関わらず、このように発言するしかな
かったんでしょう。
こういうのを「おべんちゃら」って言うんです。

②について。
中国としては、国内から何人たりとも出させたくはず。
何故なら中国国内の状況が、世界中に拡散されてしまうから。
そしてWHOとしても、中国にいる外国人退避は感染拡大を招く
だけですので、出来ればして欲しくない。
ってことで、結論が一致しているんです。
これって中国の言い分を代弁してるのと、同じやん。

③について。
これも「おべんちゃら」というやつで、別に確信なんかしては
いないでしょう。

では何故、WHOはこのような文言を述べたんでしょうか?
そんなもん、WHOと中国が「イチャイチャ、ベタベタ」の関係だ
からでしょ。
つまり中国の圧力により、台湾がWHO総会に参加出来ない訳じゃ
なくて、WHOが中国ベッタリだから参加出来ないんです。

ってことで、改めてWHOが「親中派」だってことが再認識出来ま
した。

お次も、人民網から↓
習近平主席がWHO事務局長と会談
(人民網日本語版 2020年01月29日14:29 配信)

まずは習さんの、こちらの文言↓
④我々が信念を固め、互いに協力し合って困難を乗り切り
⑤科学的な予防と対策を行い、ターゲットを絞った施策を取りさ
 えすれば
⑥我々はきっと今回の感染拡大阻止の戦いに勝利できると信じて
 いる

④について。
中国のみでは感染拡大阻止は無理だってこと。

⑤について。
ターゲットを絞った施策をとるために協力が必要ってこと。

⑥について。
そうすれば、中国は感染拡大に勝利出来る。

つまり、世界の協力が必要なんだけど、手柄は中国のものにする
からね、って言ってるんです。
これに対してテドロス事務局長は、
「中国が講じた措置が感染拡大を効果的に抑制し、最終的には打ち
勝つことができると信じている」
って言ってるんです。
普通だったら、
「我々が」と言うべきなのに、何故か「中国が」と言ってるんです。

はい!ここでも「おべんちゃら」全開ですよね。
ここでも改めてWHOが「親中派」だってことが再認識出来ました。

そして最後にこちらがWHOの台湾に対する回答となる記事↓
WHO緊急委員会、台湾はまたも招かれず 新型肺炎
(フォーカス台湾 2020/01/30 14:03 配信)

最初にこちらの文言↓
「台湾の専門家は医療ネットワークなどを含むWHOの全ての諮問
に参加しているとした上で、「(台湾は)全ての状況を十分に理
解し、参加も十分にしている」
確かにこの文言のように、台湾も別のルートで参加しているんで
しょうが、最新情報を得るためにはWHOの委員会に参加する必要
がありますよね。
つまり、「委員会への参加」を「全ての諮問に参加」に摩り替え
ているんです。
中国が頻繁に使う「摩り替え」、そのものですよ。

そしてこちらの文言↓
「WHOは感染が確認されている全ての国と接触していると補足し
た」
これってWHOは台湾を国として認めていない、ってことでしょ。
明らかに中国に気を配った言い回しですよね~。

こんな「親中派WHO」が必要だと思いますか?

●●●追伸●●●
おまけに、こちらの記事をご覧下さい↓
WHOが「国際緊急事態」宣言 中国新型ウイルス
(AFP BB NEWS 2020年1月31日 5:17 配信)

この記事で、絶対に覚えておいて頂きたい文言がこちら↓
「WHOは中国との間で渡航や貿易を制限する「理由はない」と指
摘」
人間の頭脳を持っている人々だったら、このようなことは決して
言いませんよ!
まるで、
「世界中に感染が拡大しつつあるんだから、中国ばかり目の仇に
しても、しゃ~ないよ」
って言ってるようなもんです。

ここまで中国の味方をするほど、現在のWHO事務局長は
「親中派」
ってことです。

それにしても、このまま感染が拡大し続けると習さんの責任追及
も、内外で活発になりそうですね。
posted by とんくん at 23:38Comment(0)日記

中東不安定を望むのは?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はパートさんたちと昼飯を食べていました。
新型肺炎の話題から、いつのまにやらコンビニのスイーツの話に
なり、そこから何故か恵方巻きの話になり、最後は少子高齢化の
話題に大変身していました。
パートさんたちが心配する少子高齢化問題とは、簡単に言うと、
年金問題ってことです。
私からすれば、論点がメチャクチャなんですよね。
そもそも少子化と高齢化は、全くの別問題でしょ。
年金は保険制度と同じなんですから、給付金は減少しても、無く
なることはありませんし・・・。
だったら老後の生活設計をどうするかを考えるべきなのに、年金
に頼ろうとするから、年金問題なんて代物が出て来るんです。
こんなことを親が考えているようでは、子供に悪影響しか与えな
いと思うんですけどね。
今より輝こうとしている子供には、もっと未来や希望を与えるこ
とを教育しないと、ダメなんじゃないの。
親が未来や希望を持っていないから、子供にも持たせることが出
来ない、ってことでしょ。
何でもかんでも政治の責任にするのはどうかな~?
自己責任の範囲で未来や希望を持つべきだと思いますけどね。
以上のことを、パートさんに意見を求められたので話したんです
が、反応は、
「偉そうに!」
「何様のつもり!」
ってな感じ。
個人的な考え方ですので、説得する気も納得させる気も無いので、
これ以上は何も言いませんでしたが、私の考え方は「却下」され
てしまったようです。
子供に暗い未来と暗い希望を与える親なんか、マジで「最低」だ
と思うんですけどね。
暗い未来と暗い希望を持った子供が成長しても、日本には暗い未来
しかあり得ないのに・・・。

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
トランプ氏、中東和平案を発表 パレスチナは反発
(BBC NEWS JAPAN 2020年01月29日 配信)

イスラエルとパレスチナでの最大の懸案事項は、
「エルサレムの領有権」
ですので、これがイスラエルのものになる以上、パレスチナが
反発するに決まっています。
どれだけ領土を拡大させても、この1点は譲ることは無いものと
思われます。
しかも米国は、エルサレムをイスラエルの首都ととして認めて
しまっていますし。
この時点で、米国がパレスチナ問題を解決すること自体、不可能
なんですよね~。
それでも和平案を出さないよりは、まだ出した方が遥かにマシで
すけどね。

それよりもイランの反応が興味深かったんです↓
ParsToday
(2020年1月30日現在)

イランの国会議長や外相、外務省報道官のコメント記事はあるのに、
ローハーニー大統領の記事は、何の意味も無い記事内容。
偶然なのかもしれませんが、何か気になりませんか?
昨年11月の訪日以来、何かすっかり存在感が無くなっているように
感じるんですけどね。
このように感じるのにも、理由があります。
恐らくイラン政府内は、極度に反米一色じゃないか、ってこと。
そしてその中で、穏健派といわれているローハーニー大統領が孤立
しているんじゃないか、ってことです。
さらに言うと、軍事や安全保障の権限はハーメネイ師にあります。
だからこれらの権限を持たないローハーニー大統領は、蚊帳の外
ということも、十分にありえることです。
逆に言うと、ローハーニー大統領がこの反米勢力を何とかして押さ
え込んでいた可能性すら、十分に考えられるんです。
このように妄想すると、イランの反米勢力の力がさらに強くなり、
ヘタをすると「イケイケ、ゴーゴー!」の状況にすらなるかもしれ
ません。
但し、まだ自制は利かせていると思われます。
それ故、米国本土でのテロや核開発といった類のことは、現段階で
はしないんじゃないのかな。
これをやっちゃうと、米国の本気度が一気に上昇しますので、中東
全体を巻き込んだ問題に発展してしまうからです。
もしかしたら中東戦争に発展する可能性だってありますから。
そして、この状況を待ち望んでいるのが「IS」だってことも、さす
がにイランは認識しているはずです。
だから核開発ではなく、あえて「ウラン濃縮」という形で、濃縮レ
ベルを引き上げていく、ってな言い回しをしたんじゃない。

そしてIS同様、中東の不安定化を待ち望んでいる国も存在します。
ロシア、トルコ、中国の3ヶ国です。
ロシア:米国が去った中東での影響力拡大を目指す
トルコ:ロシアと同じスタンス
中国 :一帯一路を活用した覇権拡大を目指す
ってなところでしょうか。
何が言いたいのかといいますと、これら3ヶ国にしてみればイラン
を支援することは「国益に適っている」、ってことなんです。

トルコは、かつてのオスマン・トルコ帝国復活を夢見ているのか
もしれませんが、ロシアと中国は間違い無く武器輸出を目的とし
ているように思えます。

今以上に中東が不安定にならないことを、祈るしかありません。

●●●追伸●●●
個人的に最も最悪のシナリオが、イランの「核開発宣言」を発表
してしまうことなんです。
こんな発表すると、確実にサウジアラビアも核開発に着手します。
こうなると、「俺も!」「俺も!」ってな状態になり、手が付け
られくなります。
この状況のときこそ、第3次世界大戦勃発の危険性があると考え
ているんですが、果たして・・・。
posted by とんくん at 20:51Comment(0)国際

新型肺炎が日本経済に及ぼす影響

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は少し用事がありまして、帰宅時にちょっと遠出をして来ま
した。
用事を済ませて帰宅している時に、ふと、自販機が目に入って、
思わず仰天してしまいました。
全ての購入ボタンに、小さな貼り紙がしてあったからなんです。
思わず車を停車させて、内容を確認しに行きました。
「これを押すとコーンポタージュが出ます」
このメニューはコーヒー。
「これを押すとキリマンジャロが出ます」
このメニューはおしるこ。
「これを押すとお茶が出ます」
このメニューはお茶。
ってな感じで、全てに貼られているんです。
「なんじゃ、こりゃ?」
って思いながら、試しにコーンポタージュを購入してみました
が、貼り紙通りにコーンポタージュが出て来ました。
これは間違えて入れてしまった、ってなレベルではなくて、ど
う考えても「故意」にやってるとしか思えません。
しかも手書きで筆跡は同じだし・・・。
ただ面白いな~って思ったのは、同じキリマンジャロメニューが
2つ並んでいるのに、出て来る商品は別物ってところ。
何か中国を連想しませんか?
例えば「日中友好」ってメニューが2つ並んでいるけど、
右側だと、「尖閣付近侵入」。
左側だと、「日本の土地買収」
って商品が出て来るのと同じでからね。
通常、自販機は配達員が定期的に回りながら「集金、補充」など
を行うわけですから、その隙を付いてやっているのかな~?
ってことで、深く考えるのは止めました。
コーンポタージュをその場で飲んで、帰宅しました。

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
武漢から帰台の台湾女性が新型肺炎、中国大陸籍以外の初の感染者に
(TAIWAN TODAY 2020/01/22  配信)

この記事で最初に気になった文言がこちら↓
「この感染者は台湾南部在住の55歳の女性で、普段は武漢で働い
ている。20日夜に武漢から旅客機で帰台した際、発熱やせき、呼
吸困難などの症状があることを自ら検疫スタッフに申告、21日に
検査を行った結果、感染が確認された」
この中でも、特にこの文言↓
「症状があることを自ら検疫スタッフに申告」
つまりこの女性は、
「私は、新型肺炎に感染しているかもしれない」
って思っていたから申告したんだと考えられます。
であれば、武漢にいるときも同じように考えていたはずです。
しかし武漢の病院には行かなかった、もしくは行っても役に立た
ない、と考えていた可能性が高いように思えます。
何が言いたいのかといいますと、この女性のように考えている中
国人がいたとしても、不思議では無いってことなんです。
そして何とかして、日本や米国などの病院で治療を受けようとす
るかもしれないんです。
こうなると、どんな手段を使ってでも日本や米国に入国しようと
しますから、水際作戦かなんか知りませんが、そんな程度で感染
拡大を防ぐことなんか、はっきり言って「無理」です。
水際作戦ではなく、「入国拒否」を断行しない限りは・・・。

このように考えざるを得ない文言がこちら↓
「感染症対策の専門家で、過去にSARS(重症急性呼吸器症候群)
対策に参加した経験を持つ中央研究院生物医学科学研究所の何美
郷兼任研究員は21日、今回台湾で見つかった感染者について、
「明確な接触歴が無くとも感染する」ことを示しており、これは
警戒すべき重大な情報だと述べている」
これってね、簡単に言うと、
「未知数の感染経路が存在してるんじゃないのかな」
って言ってんのと同じでしょ。
これこそがパンデミックの前兆ってことになりませんかね~?

いずれにせよ、
「感染症の専門家である黄高彬さんは、パニックになる必要は無い
として、自身の健康管理に努めるよう呼びかけた」
というように、健康管理と言うよりも、免疫力を鍛えるしか無い、
ってことです。

最後にこちらの関連記事も↓
新型肺炎の死者106人に 武漢は隔離状態、上海も企業や店舗休業
(CNN 2020.01.28 14:45 配信)

どうにも増加の一途を辿っているようですね。
この増加の理由は何となく分かる気がします。
単純に武漢で働いていた出稼ぎ労働者が、春節を前にして帰省
したから、ってこと。
つまり、これらの出稼ぎ労働者が帰省する前に「封鎖」しない
と、全く意味が無いってことなんです。
このことが原因で、中国全土に新型肺炎が拡散したんじゃない
のかな。

そしてこの記事で最も注目すべき文言が、こちら↓
「中国では15都市(総人口5700万人超)で全面封鎖また
は一部封鎖の措置が講じられた」
全面だろうが一部だろうが「封鎖」された以上、必ずその都市
の産業は停止に追い込まれます。
だって「感染経路」が未知なんだから、感染都市の製品や商品
を誰が購入しますか?
つまり、中国に依存している企業にとっては「大打撃」となり
そうです。
これこそ世界の「景気後退」の始まり、とも言えそうです。
さらに言うと、この新型肺炎が北京や上海にまで猛威を振るう
ようになると、この景気減退はもっと加速するものと思われま
す。
このように妄想すると、結果として
パンデミック=大恐慌
になる可能性も、否定出来ないと思われるんです。
だから、習さんも今になって必死に「封鎖」してるんでしょ。

手遅れですけどね。

●●●追伸●●●
さらに個人的に妄想しちゃいますが、この新型肺炎感染拡大を
私は1つの指標として見ています。
理由は簡単で、中国に依存している日本企業が多過ぎるから。
この感染が拡大すればするほど、中国経済は悪化します。
そして中国に依存している日本企業の業績も悪化します。
つまり日中は同時に、経済が悪化していくことになるんです。
ただこの状況になると、日本にもメリットは存在すると考えて
いるんです。
①経団連と親中派に対する「中国依存度の軽減」
②感染範囲の拡大こそ、習さんへの責任追及となる
結果:「国賓?、無理!」
ってね。

①は日本国内の問題なんですが、②は習さんの責任問題に直結
しますからね~。
世界だけでなく中国国民からも、そして中国共産党内部からも
責任追及される可能性も、現時点では否定出来ません。

ついでにおまけなんですが、こちら↓
中国公船による尖閣諸島接近(接続水域入域・領海侵入)状況 -令和2年1月-
(1/23現在)

(海上保安庁HP より)

ここまで新型肺炎の感染が拡大してるのに、これですよ!!!

ゾンビは「食欲」しかありません。
経団連や親中派は「金欲」しかありません。
つまり、「食」か「金」に対する「欲」の違いだけ。

日本にもゾンビがウジャウジャと蔓延っているようです。

勿論、弱点は頭ですからね。
posted by とんくん at 23:04Comment(0)日記