デマに強い国、弱い国

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はパートさんたちと一緒に昼飯を食べていました。
話題は「臨時休校」のみです。
まあ~、当然ですよね~・・・。
旦那様は仕事に出掛けるでしょうから、奥様まで仕事に出掛けちゃ
うと、子供は一人になってしまいます。
パートさんたちの怒りも非常によく理解出来ます。
「誰のせいでこんなことになったんや?」
「安倍やんけ!」
「今更こんなことして、どないすんねん!」
「子供をどないすんねん!」
「会社に来られへんやん!」
「会社には申し訳あらへんけど、休むしかないんちゃう?」
「そやな~・・・」
こんな会話ってね、恐らく日本中のママさんが話していると思うん
です。
少なくとも旦那様が働いて、奥様は専業主婦でも生活出来た昭和の
時代であれば、この「臨時休校」もスンナリと受け入れられたんだ
と思うんですが、「一億総活躍」の下にお母さんまで働かせている
政府なんですからね。
何が言いたいのかと言いますと、お母さんも働くのが嫌な訳ないで
しょ。
「臨時休校」させんのは構へんけど、その前に子供を預ける場所を
確保せんかい! ってこと。
これが出来てないから、休まざるを得ないんでしょ。
しかも有給休暇を使い果たしても、政府は一切支援しないんでしょ
うしね。
当然ながら企業も保障なんかするはずもないし。
子供の命を守ることは最優先されるべきですが、そのために企業に
ダメージを与えるような政策をしちゃ、意味無いんじゃない。
だってお父さんとお母さんの働き口が無くなっちゃうんですよ。
台風被害もインフラ整備をしてこなかったからだし、国民の反対を
押し切って消費増税したのは安倍さんだし、中国から
「大騒ぎしないで」
って言われて、武漢及び滞在者に限定するような検査措置をやった
のも安倍さんだし、クルーズ船なんか寄港拒否すりゃいいのに許可
しちゃうし・・・。
おバカ一直線としか、言いようがありません。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
米CDC、台湾を「明らかな市中感染発生渡航先」に指定 蔡総統が反論
(フォーカス台湾 2020/02/20 19:36 配信)

CDCにこんなことを言われては、蔡英文総統が↓
「台湾の現状は「市中感染の要件を満たさない」と反論した」
ってなるのも当然でしょうね。
その根拠として、CDCと台湾の「市中感染」の定義の違いを挙げて
います。
CDCの影響力を考えれば、これは笑い事では済まされませんので、
「外交部(外務省)の欧江安報道官は同日、米国側に訂正を求めた
ことを明らかにした」
ってのも、当然です。
この記事を一言で言うと、
「勝手に決め付けるな!」
ってことなんでしょうね。
残念ながら日本はCDCによる指定に関しては、致し方無いんでしょ
うけど・・・。

CDCなんかが、台湾も「市中感染」してるぞって言うもんだから、
こんな記事が出て来るんじゃないの↓
台湾、新型コロナめぐる中国の「荒らし」非難 簡体字で露見か
(AFP BB NEWS 2020年2月28日 12:12 配信)

非常に理解し易い記事ですよね~。
だって、
「台湾では中国本土で使用されている簡体字ではなく、繁体字が使
われている」
からこそ、蔡英文総統はフェイスブックで
「デマの中には、台湾では使われない表現が含まれているものもあ
る」
って指摘したんですから。
例えば、こちらの文言↓
「台湾政府は「500人超の感染と200人の死亡をあえて発表しない」」
この文言だけだと、この数字の根拠はどこにあるの?
ってなりますけど、投稿者が
「与党議員の子ども」
だってなると、必然的に真実性を帯びちゃうんです。
何故なら「与党議員」なら政府情報も知っている、と思い込んでし
まうから。

ここからは妄想に入りますが、そもそもデマとは
「クソ不味い(間違った)情報」
であり、根も葉も無い情報と言えます。
しかしちょっぴりスパイスを利かせてあげると、あら不思議、
「美味しい(真実の)情報」
に変身しちゃうんです。
理由は簡単で、このスパイスが人々を
「思い込ませる」
「信じ込ませる」
からだと、個人的には思うからなんです。
素人考えなんですが、遥か昔に子供から
「噂とデマはどこがちゃうの?」
って聞かれたのが、発端なんです。
どちらも、根も葉も無い「クゾ不味い情報」なんですが、それが拡散
するかしないか、には大きな違いがあるはず。
それこそがスパイスなんだろうな、って結論になっちゃいました
(他にいい表現が見つかりませんでした・・・)。
ここで紹介した文言でのスパイスは「与党議員」ですが、世間一般的
に最も多いスパイスは、
「大多数」
なんじゃないのかな。
風評なんてもんが、最も分かり易い例だと思います。

ここからはさらに暴想しちゃいますね。
風評被害といわれるように、どうにも人類はこの手のデマを信じてし
まう傾向が強いように思えるんです。
だって真実をしっかりと見ていれば、風評被害なんか発生しませんか
らね。
ってことは、人類は真実よりもデマを信じてしまう傾向が強い生物っ
てことになります。
そしてデマの最も恐ろしい特徴として、
「感染力が桁違い」
ってことなんです。
ウィルスなんか足元にも及びません。
これが厄介なんですよね~。
何故なら、
①デマとは間違った情報である
②そのデマを信じ込んでしまう
③そのデマの情報を元に行動する
④間違った情報による行動は、間違った行動しか産まない
⑤間違った行動は、社会を間違った方向に向かわせる
⑥間違った社会が出来上がる
例えば、アイヌで考えて見ますと
①アイヌは先住民族であり、差別を受けている
②日本人が信じ込んでしまう
③アイヌに対する差別を無くせ~、権利を取り戻せ~
④アイヌ特有の独特な文化・精神を守れ~
⑤アイヌ文化を守る法律を制定しろ~
⑥アイヌ新法成立
ってな、ところでしょうか。
しかもアイヌの方々よりも、
「誰?こいつ?」
みたいな「輩」が強烈に推進してるんですよ。
「利権」
見え見えやん、ってなっちゃうんです。

間違った情報の典型例なんじゃないんでしょうかね?

台湾はこんな点でも、日本を反面教師にしているように思われ
るんです。
だから、デマにはすぐさま反応するんです。

日本はデマだらけですから、無理かな~。

●●●追伸●●●
極端な例ですが、「方言」も特有の文化ですよね。
好き嫌いは別としても、日本人は「方言」を受け入れているで
しょう。
そこに「先住民」という概念は存在していないはずですよ。

台湾は小さい島国ながらも、中国と対峙してるんです。
核ミサイル一発で終了なのにね。
日本は日本人同士で、何をやってるんでしょうかね?

アイヌは日本人でしょ!
台湾人は台湾人でしょ!

以前、アイヌの方々と食事をする機会があったんですが、
「我々は日本人です」
「ただ我々特有の文化は、継続していきたい」
「別に建物なんか必要ありませんよ」
「だって最近は、アイヌ語を学びたい方々が急増しています
からね」
「先住民族と言われてもね~。生まれた時から日本人ですから」

何でわざわざ「先住民族」というレッテルを貼るんでしょうか?

これこそ「デマ」だと思いませんか?

アイヌ新法に則って言いますと、私は岡山県人と三重県人のハー
フですが、「日本人」ですよ。

アイヌ人と岡山県人と何が違うの?

同じ日本人じゃないの?

だから台湾に注目しているんです。
台湾は「独立国家」ですから。

日本は「従属国家」になりつつあります。
そう思わざるを得ない記事がこちら↓
中国政府の高官が訪日、新たな日中ハイレベル対話を実施
(AFP BB NEWS 2020年2月28日 14:39 配信)

安倍さんの「バカ丸出し」で終了です。

ですが最後の、この文言が気になりました↓
「今回の訪問により、両国の指導者が重要な共通の認識を確認し、
ハイレベルで戦略的な話し合いにより、感染症への対応協力を強化
し、日中関係を前向きに発展させることが期待される」

安倍さんはマジで「赤色化」してるのかも?
って思いませんか?

出来れば去って欲しいんですが、次がいないのが難点です。

習さん来日の時には、せめてでも30日間は「隔離」しましょう。
こうした上で、天皇陛下に会われるのは致し方ありません。

posted by とんくん at 07:40Comment(0)日記

シリアとロシアとトルコと米国・・・

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

相変わらず新型肺炎の感染拡大が続いています。
そして世界的に売りが殺到して、軒並み世界の市場が大幅な下げ
を記録しています。
しかし逆に考えると、この感染に左右されないセクターにとって
は「強み」とも考えることが出来そうです。
ではどんなセクターが「強み」を持っているんでしょうか?
まずは感染拡大で、日本国内でどんな状況が起こりうるかを考え
るのが、一番の近道だと思います。
①マスクや消毒用アルコールの不足
②日本国内での、さらなる感染拡大
③外出を控える国民の増加
④買い占めの増加
⑤サービス業や製造業の生産効率低下
⑥品不足の発生
⑦日本への渡航禁止措置による観光業の打撃
ってなところでしょうか(ざっくりと考えてね)。

①について。
すでに発生しちゃってるんですが、アルコールに関しては度数が
高いお酒がありますので、これで代用することも可能じゃないか
と思われます。
つまり、消毒用アルコールの代用として使用する人々が増加すれ
ば、必然的に度数の高いアルコールも売れるようになります。
そうなると、その輸入業者の利益も増大することになります。

②について。
感染が拡大するほど、国民は免疫力に頼ろうとするはず。
ってことは、免疫力アップの食材などがバカ売れする可能性が
あるんです。
サプリメントなども含めてね。

③について。
自ら買い物をするのを止めて、宅配にシフトする人々が増加する
可能性があります。
つまり運送業が引っ張りだこになる可能性があります。

④について。
特に輸入原料に頼って製造している製品は、すぐに品不足に陥る
ものと考えられます。
トイレットペーパーとかね。

⑤、⑥について。
感染拡大が起これば、必ずこの状況は発生します。
つまり、全国的な品薄状態が起こるってことです。
この状況下でも品薄状態にしない企業は、ブラックとか違法では
ない限り、優良企業と言えます。

⑦について。
外国人観光客に依存していない観光業と言えます。
リスク分散がきちんと出来ている企業とも見えます。

ざ~っと考えてこんな感じなんです。
ここから的を絞って行こうかな、って考えています。

とにかく上場企業の数は半端無いんで、見つけれたらいいんです
けどね~。

この新型肺炎を機会に、利益を伸ばす企業は必ず存在するはずで
すので、じっくりと探してみてはいかがでしょうか?

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
シリア北西部で学校や病院に攻撃、子どもら21人が死亡
(CNN 2020.02.26 Wed posted at 14:05 配信)

これって「国家」と呼べるもんなんでしょうかね~?
政府軍が反政府軍を「テロ」と呼ぶのは、はっきり言って好き
にすればいいんですが、犠牲者は「国民」でしょ。
こんな状況でアサドさんが自立したとして、シリアを立て直すこ
とが、可能なのかな~?
国民がアサドさんに付いて行くとも思えないんですけどね。
だって、やってることめちゃくちゃやし・・・。
そしてロシアのラブロフ外相は↓
「イドリブで停戦に応じることは「テロへの降伏」に相当し、テ
ロリストの活動に見返りを与えることにもなると主張した」
んだそうです。
つまりは、「手を抜くつもりは全く無いで!」
ってこと。
ロシアとしては、支配下とか管理下に置くとかじゃなくて、
「影響力」
を持ちたいんだろうな、って思われます。
これはトルコも同じだと考えるのが自然じゃない。
この辺がトルコとロシアの駆け引きってところでしょうか。

そしてこちらの記事を↓
ポンペオ米国務長官、イドリブに関するトルコとの協力に関して発言
(TRT日本語 2020年2月26日 配信)

米国のトルコに対する政策が、非常に分かり易く記載されていま
すよね。
特に、この文言↓
「何ができるかを見るためにトルコと共に取り組んでいる」
これって、トルコの出方を注視している、ってことでしょ。
エルドアンがどう動くのかを見るために、わざわざ↓
「北大西洋条約機構(NATO)同盟国トルコ」
って発言しているようにしか、思えません。
米国としてはこれ以上、中東に介入する気が無いってことの裏返
しなんでしょう。
そして、こちらの文言↓
「アサド政権がここで軍事的勝利を得ることはできない」
トルコさんはNATO加盟国だよね~、EUには加盟出来てないん
やけど、ってな嫌味も感じちゃいます。
これは完全にトランプさんによるエルドアンさんへの、
「揺さ振り」
って考えるべきじゃないのかな。

最後にこちらの記事を↓
米国が中国、イラク、ロシア、トルコに追加制裁=米国務長官
(SPUTNIK日本 2020年02月26日 10:30 配信)

この記事で注目すべきは、こちらの文言↓
「ポンペオ国務長官の発表では制裁が加えられたロシアの団体と
個人の名前は公表されていない」
これてね、「意図的に」って考える方が自然じゃない。
つまりは、トルコに対する米国の「牽制」ってなところかな。
中国とロシアは、ほぼ同盟関係に近い存在ですが、決して
「一枚岩」
じゃ無い、ってことです。
そして米国は、
「中国潰し」
を本格化してる、ってことです。
中国が日本に「救いの手」を臨むのも、当然ですよね~。

●●●追伸●●●
このままだと、世界各国から「日本渡航禁止」になっちゃいま
すよ。
感染国「日本」と呼ばれてまでも、中国に組するんですかね?

安倍政権も官僚も経団連も、今すぐに
「武漢」
旅行ツアーをして来いって!

とにかく後方の「安全」な場所から、人命を省みずに利益のみ
を追求する「バカ」は、個人的に
「大嫌い!」
なんです。

私の頭の中では、こんな感じです↓
中国様~>>>>>>日本国民・・・

ついに日本も国民の命よりも利益を優先させる、共産主義の国家
の仲間入りなのかもしれませんね。

もしくはグローバリズムの本格的な仲間入り、ってことかな。

何で日本もこのままだと、シリアと同じ状況になる可能性が高い
ことに、安倍さんは気付かないんでしょうかね~?

法律は変えられないじゃ無くて、法律を変えるために国会議員が
いるんでしょ。

日本を良くしてよ!
posted by とんくん at 23:43Comment(0)日記

新型肺炎はリトマス試験紙かもね

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

さすがに市場も暴落しちゃいましたね~。
NYダウで-3.45%の下落ですから、日経平均は中国依存度の高さも
考慮すると、22400円を割り込むものと考えていたんですが、ど
うやら22600円台で終了しました。
よくぞ耐えたな~、ってのが正直な気持ちです。

んで、本日はパートさんたちと昼飯を食べていました。
ここまで感染拡大しちゃうと、話題は新型肺炎になっちゃいます
よね~。
「とにかく感染者の住処を教えなオアカン、って!」
「そんなんじゃアカンって! 一緒に住んでる家族も検査させや
な!」
ってな感じで、まるで中世の「魔女狩り」みたいに・・・。
これが全国に広がるようであれば、日本国民のパニックも時間の
問題かもしれませんね。
日本人の「民度」ってこんなに低かったんでしょうか?
3.11の東日本大震災の時の、世界から賞賛された「民度」は既に
失われてしまったんでしょうかね?
個人的には3.11当事の「民度」を日本国民が持っていれば、新型
肺炎の流行なんか他国の手本となるくらい、簡単に乗り切れると
考えていたんですが、チョット甘かったようです。
このままだと、マジで日本は世界から見放されるかもしれないの
に、日本国は何やってんだろう?

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
視点;イラン、中国、世界の人々を巻き込んだ「新型コロナウイルス」をめぐる大きな嘘
(ParsToday 2月 24, 2020 22:19  配信)

イランとしては、新型肺炎の感染拡大を米国のプロパガンダと
見ているようですね。
そして新型肺炎流行を、米国のインフルエンザ流行に置き換えて
しまっています。
新型肺炎に関しては、死亡者数ではなく世界での感染者数がポイン
トなんです。
米国のインフルエンザが世界中に感染者をどれだけ増加させてい
るのか、ここをしっかりと抑えないとダメなんじゃない。
同じステージで語ることでは無い、と思いますけどね。
そして、極め付けがこちらの文言↓
「アメリカ人と接触することでインフルエンザに感染したり死亡
する可能性は、コロナに感染したり、中国人や感染者と接触する
のに比べて、何十倍も高いのをご存知ですか」
ここまで言っておきながら、こんな文言が出て来るんです↓
「アメリカは世界で最悪の医療および保険システムを導入してい
るため、救急車の利用料金などが非常に高額です」
つまり、米国でインフルエンザによる死亡者が多いのは、上記の
文言が理由なんです、ってことでしょ。
他国が全て米国と同じ制度なら理解も出来ますが、全然ちゃうや
ないですか。
だから米国発インフルエンザは話題にならないんです。
最後に呆れ果てた文言が、こちら↓
「共産主義の中国では、すべての人々が例外なく保険でカバーさ
れています」
これは、完全な「嘘」です。
中国に日本のような国民健康保険制度はありません。
ってことで、中国は個人の医療費を負担することはありません。
米国と同じく、個人が保険会社と契約して医療保険に加入するし
か、手は無いんです。
どっちがプロパガンダなんでしょうかね~?

お次はこちらの記事を↓
インド公式訪問中のトランプ夫妻、ガンジー廟を訪問
(AFP BB NEWS 2020年2月25日 16:52 配信)

トランプさんは、着々と中国包囲網を進めていますよね~。
対する安倍さんは、何やってんの?
天皇陛下の存在を軽んじ、
国民の声を無視し、
国民の悲鳴も無視し、
国民の叫びも無視し、
中国に媚び、
・・・・・。
今の時期だからこそ、米国と歩調を合わせて政策を打つべき
ときなのにね~。
安倍さんも「真っ赤」に染まっちゃったのかな?

こんな中、「都市伝説」に対する記事がこちら↓
HIVとの関連説、宇宙から来た病原体... 早い者勝ちの研究報告が新型ウイルスのリスクを広げる
(Newsweek日本 2020年2月25日(火)16時00分 配信)

まず初めに、この文言は覚えておいて頂きたいですね↓
「迅速な科学分析は、良い内容であれば非常に役立つが、欠陥のあ
る内容、誤解を招く論文はパニックを招き、誤った政策対応や危険
な行動につながる」
研究費が欲しいんでしょうが、そのために国民・国家が間違った
方向に進んじゃうこともあるんですよ、ってこと。
しかも、その根拠として↓
「こうした報告書をチェックしている専門家らによると、その多く
は厳密な分析に基づく有用な内容だ。しかし、その多くは荒削り。
同僚の専門家同士によって、学術雑誌に投稿する前に行われる「査
読」を経ていない「出来たて」段階の研究結果が投稿されることが
ほとんどなため、一部は科学的な厳密さを欠く」
なんだって。
これってね、根拠は一切無いんだけど「言ったもん勝ち」やん。
根拠が無いから「都市伝説」になるんでしょうね。
このことを言ってる文言が、こちら↓
「科学研究の世界では、最初に研究結果を出すと経歴に箔(はく)
が付き、将来の資金調達も有利になる。世界的に急拡大する疾病に
関する研究であれば、なおさらだ」
例えば感染症の第一人者になるためには資金が必要です。
しかし資金が無いと、思うような研究が出来ず、第一人者にはな
れない・・・。
いたちごっこって奴でしょうか。
本当に研究したい科学者だらけなのに、国家が研究費を削減し続け
ている現状があるから、こんな状況になっちゃってるんじゃない?
って思いませんか?
IPS細胞も然りです。
何で日本政府は手放すのか、全く理解出来ません!
特に防疫に関する予算は、どう考えても必要でしょ。
地震予知にどんだけ税金使ったん?
挙句の果てに、
「予測は困難」
「予知は困難」
って言われたんでしょ。
結果、確率論でしかないやん。
感染病は確率で語る事柄じゃありません。
致死率なんかどうでもいいんです。
「死なせない」
これが重要なんだと思いますけどね。

最後にこちらの記事を↓
電通の50代男性社員がコロナ感染 汐留の本社ビル勤務、全従業員がリモートワークへ
(キャリコネニュース 2020.2.25 配信)

ここで利益優先型の企業の一端が、見えますよね↓
「緊急を要する業務に関しては「体調不調者でない者に限り、取
引先における本事案の運用ルールに則り、双方合意の上で、取引
先オフィス等での打ち合わせ・制作業務・プレゼンテーションな
どを引き続き実施してまいります」としている」
どこまで社員及び取引先の社員まで巻き込むつもりなんでしょう
かね?
取引先の社員及びその家族まで巻き込むかもしれないんですよ。
「緊急を要する」
ってことは、企業にとって大きな「利益」が生まれるかも、って
ことでしょ。
そのためなら
「体調不良者でない者に限り」
って、新型肺炎の潜伏期間を全く考慮してませんよね。
しかも
「取引先における本事案の運用ルールに則り」
って、全て得意先に丸投げしてるやん。
「おら~、悪くね~だ!」
ってね。
これじゃ「電通」が「ブラック企業」ってレッテルを貼られて
も、最低最悪の企業と言われても、仕方が無いですね。
日本国民のテレビ離れが今後、加速すると考えていないんでしょ
うかね~?

新型肺炎の流行は阻止すべきだと思いますが、どうせ流行しちゃ
うんですから、各国、各企業の本質を知るリトマス試験紙のよう
な役割とも考えることが出来そうです。

●●●追伸●●●
今回の新型肺炎は、色々なことを妄想させてくれます。
第三者から見て、米国の国益に適うと考えれば
「プロパガンダ」
「米国バイオテロ」
ってなことになりますし、中国で開発されているって妄想すると
このウィルスは、
「中国の研究所からの漏洩」
ってことになります。
ここに尻尾を付けると、カナダの研究所から持ち込んだってな、
「都市伝説」
が発生するんです。
新型肺炎に関しては、何が事実なのか分からん状況ですから。

それ故に各国、各企業の対応が我々から見たリトマス試験紙に
なるんです。

「赤に染まってますか?」
「青に染まってますか?」

日本は「赤」に染まりつつありますね。

posted by とんくん at 23:14Comment(0)日記