出来過ぎだと思いませんか?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

一昨日から出張に行ってました。
それでなくても新型肺炎の話題で持ち切りなのに、公共交通機関
を使用させるとは、言語道断ですよ!本当に。
一昨日は移動だけでしたので、ホテルの近辺を散策してました。
飲食店はチェーン店ばかりなので、どうしようか迷いながら散策
していると、潰れている大衆食堂をみつけました。
「うわ~、昭和やの~」
って思いながら近付いていくと、何と
「営業中」
のお札が・・・。
無意識の内に暖簾を潜り抜けて、店内に入ちゃっていました。
老夫婦二人っきりで、切り盛りしているようです。
ちゃぶ台を大きくしたようなテーブルとパイプ椅子。
オロナミンCやキンチョー蚊取り線香などのポスター。
そして何よりもメニューを見てびっくり!
「フライ」と「刺身」と「定食」が一切無いんです。
と共に、超シンプルなメニューばかり↓
ご飯
味噌汁
生卵
卵焼き
目玉焼き
ハム目玉orハム卵
ベーコン目玉orベーコン卵
野菜炒め
豚生姜焼き
もつ煮
などなど・・・。
「あら、いらっしゃい!初めての方ね」
「はい」
「どこから来たの?お仕事?」
「●●●から仕事で来ました」
「遠いところから大変だったね~」
「いえ、仕事ですので。のどが渇いているのでビールともつ煮
をお願いします」
1本ビールを飲んでもつ煮を食べてから、
「野菜炒めとご飯と味噌汁お願いします」
「疲れてるときこそ体力をつけないとダメなんだから、お肉と
にんにくを多めにしておくね」
「有難うございます」
「あと、ご飯は大盛りにする?」
「いえ、普通で大丈夫です」
「あと、何か食べられないものとかある?」
「ピーマンだけは、ダメなんです」
「あいよ!」
なんか注文しているんだけど、親父とお袋と話をしているよう
で、ものすごく心が落ち着くんですよね~。
親は子供に対してサービスなんかしません。
するのは愛情と気遣いと心遣いです。
このような環境の下で料理を食べたら、美味しいに決まってま
すよね。
私が店内に入ったときは私だけだったんですが、晩飯を食べ始
めた頃には、かなりのお客さんが入って来ていました。
そして他のお客さんの食べ方を見て、初めて理解しました。
生卵~ベーコン卵は、ご飯及びおかずのトッピングだったんだ
と。
野菜炒めの上にベーコ目玉をトッピングして食べているお客さん
なんか、メッチャ幸せそうに食べていますし。
美味しさは基本的に舌と鼻と目で感じるものだと思いますが、
それ以上に、食べる環境も大事なんだな~って思いました。
ウ●コの臭いが充満している環境で、どれだけ美味しいものを
食べても、美味しさは感じられないでしょうし。
このような環境を、この食堂が持っているからこそ、お客さん
が絶えないんでしょうし、リピートしてくれるんでしょう。
周囲にはチェーン店が山ほどあるのに・・・。
食堂に限らず、チームも友達も会社も「雰囲気作り」が最も大切
なんだな~、って考えさせられちゃいました。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
全米で1500万人が感染、死者8千人超 過小評価されがちなインフルエンザの脅威
(CNN 2020.01.31 17:30 配信)

新型肺炎よりも、こっちの方が遥かにヤバくないですか?
インフルエンザにはタミフルなどの治療薬があるにも関わらず、
この感染者数と死亡者数なんですよ!
明らかに新型肺炎は、この米国のインフルエンザの猛威を覆っ
ている格好になります。
これが果たして偶然と言えますかね~?
偶然にしては出来過ぎだと思いませんか?

お次は、こちらの記事を↓
中国が、新型コロナウイルス治療薬を開発
(ParsToday 2月 05, 2020 20:15 配信)

この記事を読んで何か疑問に思い当たることはありませんか?
「何でこんなに早く治療薬を開発出来んの?」
ってことです。
本当に「未知のウィルス」なんだったら、遺伝子解析からその
弱点を突き止めるのに、2ヶ月足らずで可能なんでしょうか?
ここで、湖北省に関する「噂」を前提にして、簡単に妄想しちゃ
います。
この「噂」とは、湖北省に人民解放軍の生物化学に関する研究所
が存在している、ってことです。
こんなもんは中国共産党においてもトップシークレットなんです
から、我々が知る術すらありません。
しかし火が無い所に煙が立ちますか?
そして、この「噂」が事実だとすれば、新型コロナウィルスの電
子顕微鏡写真や、遺伝子配列、治療薬が即座に公開されるのも、
当然だと頷けてしまうんです。
だって人民解放軍が研究していたんですから。
習さんとしては、この妄想の真偽に関係なく、動かざるを得ない
ので、「反習さん派」としては動きやすいに決まってます。
これも偶然にしては、出来すぎだと思いませんか?

最後に、こちらの記事を↓
新型コロナウイルスのワクチン開発で大きな進展=英スカイTV
(大紀元時報日本 2020年02月05日 19時45分 配信)

特にこちらの文言に注目して下さい↓
「ワクチンの通常の開発期間の一部を「2─3年からわずか14
日に」短縮することが可能になったという」
未知のウィルスなのに、こんな短期間で?って思いませんか?
しかも、
「ワクチンの通常の開発期間の一部」
って、どういう意味なの?
ここからは個人的な「爆想」に入っちゃいますが、通常の開発
期間とは、臨床実験と考えるのが妥当だと想うんです。
そして余りある人口を有する中国が、この臨床実験を行ってい
るとしたら、短縮も可能になりますよね。
ここまで早期にワクチン開発となるのも、何か変だと想わない?
これも偶然にしては、出来過ぎだと思いませんか?

●●●追伸●●●
とにかくインフルエンザを最優先にしましょうよ。
新型肺炎とは桁違いの感染力を持っているんですから。

インフルエンザは過去から永遠と続くウィルスなんですが、現在
のコロナウィルスも、未来に生き残るウィルスになるかどうかは
今後次第ですよね。

インフルエンザの後釜に今回の新型コロナウィルス。
これも出来過ぎだと想いませんか?
posted by とんくん at 22:29Comment(0)日記