日本を蝕むガン細胞

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

一昨日はお休みを貰いまして、先週末から家族の元に帰っていま
した。
帰省当日に子供が
「マックのごはんバーガー食べたい!」
って言うもんで、晩飯はマクドナルドに決定。
さっそく持ち帰って食べてみましたが、正直に言って
マズイ!
ごはんだけ、具材だけなら食べられるんですが、一緒に食べると
ここまでマズくなるとは・・・。
私個人の印象ですが、具材の味付けがごはんと喧嘩しまくってい
るんです。
もっとご飯に合わせた味付け及び具材にしないと、こりゃ~、ポ
シャりますよ。
もう少しモスのライスバーガーを研究した方が、いいんじゃない
のかな。
ちなみにフィレオフィッシュの具材を、このごはんに挟んで食べ
てみたら、意外と美味しかったです。
マクドナルドもこれで、もう一段階成長してくれることを祈りま
す。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
「中国の困難は韓国の困難」、在中国韓国大使館が中国を応援
(人民網日本語版 2020年02月12日16:20 配信)

非常に不思議な記事の内容なんです。
韓国に関しては大使館とかソウル市長のコメントが載っている
のに、中国側はネットユーザーのコメントばかり。
普通だったら代表して、中国のどっかの市のトップなり高官の
コメントくらいは掲載しそうなものでしょ。
では何で掲載しないの?
考えられる理由としては以下の2点かな↓
①そもそも物資や義捐金が届いていない
②コメントを発表する気がない

①について。
封鎖が強行されていますから、この可能性も十分に考えられま
す。
この場合は、人民解放軍の手に渡っているんでしょうから、当然
ながらコメントなんか発表出来ません。

②について。
それどころじゃない状況に加えて、中国指導部からの命令である
可能性も高そうです。
何故なら、どっち付かずの韓国に習さんもブチ切れているでしょ
うからね。
つまり韓国からの救援物資は受け取るけど、中国政府も中国共産
党もお礼なんかは、一切言わないよ!ってこと。
でも国民は喜んでいるので、その声だけは伝えてあげる、ってな
ところでしょうか。

恐らく日本が救援物資を送ったことに対して、中国外交部の報道
官が感謝の意を示したことを受けて、韓国も同じことをやったん
だと思うんですけど、完全に現在の中国の状況を理解していない
ことになります。
中国は日本に寄り添おうとしていますが、韓国には「踏み絵」を
踏ませようとしていることに。

文さん、ちょっとお粗末ですね。

まあ~、現在の韓国経済はデフォルト間近と論評されている状況
ですので、何が何でも中国に擦り寄りたいとは十分に理解出来ま
すし、今更日米に寄り添うことは、意味不明なプライドが許さな
いんでしょうしね。

どこも頼れない韓国は、冗談抜きで崩壊する日も現実味を帯びて
来ちゃいました。

お次も人民網日本語版より↓
義烏発の「中欧班列」が運行再開
(人民網日本語版 2020年02月12日15:49 配信)

春節も終わり、中国経済が活動し出した、ってことです。
この貨物列車で、どれだけの新型肺炎がユーラシア大陸に蔓延す
るんでしょうかね?
また春節終了に伴う人と物の大移動で、どれだけ蔓延が加速する
のでしょうか?

お次は溜め息が出そうな、こちらの記事↓
岡山市、友好都市の洛陽市にN95マスク2万個を寄贈
(AFP BB NEWS 2020年2月12日 18:10 配信)

岡山市内には、さぞかし潤沢にマスクの在庫があって販売されて
いるんでしょうね~。
そうでないのであれば、市民よりも中国を優先させていることに
なりますよ。
また、本当にマスクが潤沢にあるのであれば、何故、他の地域の
マスク不足で困っている日本国民の所に送らないんでしょうか?

こんなん、「人気取り」としか思えません。
だから溜め息が出ちゃうんです。

最後にこちらの記事を↓
中国軍機が中間線越え 2日連続で台湾周辺を飛行=国防部
(フォーカス台湾 2020/02/10 17:36 配信)

これだけ世界中に迷惑を掛けているにも関わらず、尖閣諸島だけ
ではなく、台湾にさえもこの挑発行為ですよ。
こんな国にマスクを寄贈して何がしたいの?岡山市さん。
日本は、議員や経団連だけじゃなく、市町村までもが
「親中派」
に成り下がっている、ってことなんでしょうか。

本当に「脱中国」出来る最後の機会かもしれないのに・・・。

それにしても日本がここまで、ガン細胞に冒されているとは、
夢にも思っていませんでした。

●●●追伸●●●
最後に「バイオテロ」の可能性についての妄想です。
バイオテロを実行する以上、必ずそのことで利益を得る国家が
存在することになります(もしくは集団が)。
現在のところ、世界中を見渡して見ても、最も利益を得る国家
は米国しか存在しません。
理由を極簡単に言いますと、
③中国経済に大打撃を与えることが可能
④習さんのメンツと顔を潰すことが出来る
⑤即時国境封鎖した北朝鮮の経済も崩壊させることが出来る
⑥中国に寄り添おうとしている韓国の経済も崩壊させることが
 出来る
ってなところでしょうか。
但し、こんなのはあくまでも「憶測・推測」であって、だから
「米国が中国でバイオテロをやっちゃった!」
っていう根拠にはなりえません。
だってメリットだけ見たら、上記のような考え方も可能ですが、
デメリットとしては、世界から米国が相手にされなくなるんで
すよ。
逆に中国が「被害者」扱いされてしまうことになり、これまで
の対中強行政策が水の泡になってしまいます。
こんなんバレたら「アメリカ・ファースト」どころの話じゃな
いでしょう。

ってことで、私の中では「都市伝説」でしかないんです。

本当に実行していたら、もはやトランプさんは人間じゃありま
せんよね。
人命を何とも思わない、人間を超えた判断を冷徹に行うことが
出来る、「悪魔」的な存在になってしまいます。

ちょっと、今のところは考え辛いな~。
posted by とんくん at 23:06Comment(0)日記