中国の揺さ振り、なんでしょうね

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はパートさんたちと昼飯を食べていました。
話題は「志村けん、新型肺炎感染」で持ち切りでした。
まあ~間違い無く濃厚接触者は大勢いるんでしょうから、もしか
すると、テレビ番組も自粛するのかもしれませんね。
それにしてもダウ急騰をうけて、日経平均も急騰しましたね。
ただこの現象に実体経済が、全く付いて行っていません。
確かに米国両党による経済刺激策合意は見えて来たんでしょうが、
今のままだと、単なる「バブル」になるだけじゃないのかな?
為替も円安方向に向かっている、なんて言われていますが、別に
円が売られている訳じゃなく、米ドルが買われている結果ってこ
とでしょ。
ってことは円安なんじゃなく、ドル高って言う方が正しいと思い
ますけどね。
大統領選再選を狙うトランプさんとしては、ドル高よりも経済政
策を最優先させた、ってことなのかな。
とにかく何が何でも「失業率」だけは上昇させたく無いんでしょ
うね。
ただリーマンショックって、金融不安が市場を暴落させた結果、
実体経済も不況になったんでしょ。
今回の新型肺炎では、実体経済が不況になったから市場が暴落し
ちゃって、金融不安になったんですよね。
やることはハッキリしてると思うんですけどね~。

ってことで、本日最初に気になった記事がこちら↓
中国で別の感染症流行の可能性
(ParsToday 3月 25, 2020 15:02 配信)

申し訳ありませんが、この「ハンタウィルス」なるものを私は全
く知りませんので、こちらをご覧下さい↓
FORTH
(厚生労働省検疫所 HPより)

厚生労働省が正しいとすると、中国雲南省在住の男性はHFRS
である可能性が、極めて高いものと考えられます。
しかし
「新型コロナウィルスとは別の感染症」
といわれると、どうしてもHPSの方を連想しちゃいますよね。
しかし厚生労働省が正しいとすると、このHPSは南米と北米に
しか存在しないことになっています。
ってことは・・・。
米国が新型肺炎を中国に持ち込んだように、ハンタウィルスも
米国が中国に持ち込んだ、ってな「印象操作」をしている可能性が
極めて高いようですね。
イランもこの中国の世界的な「印象操作」に加担していることは、
間違い無さそうですね。
当然ですが見返りは、
「経済制裁解除に協力してくれ!」
ってことなんでしょう。

こうした中国の「印象操作」を退けるために、トランプさんも
頑張っています↓
トランプ氏の「中国ウイルス」連呼が呼び覚ます、米国の暗い歴史
(AFP BB NEWS 2020年3月24日 13:01 配信)

アジア系米国人が不潔と書かれていますが、その根本的な原因は
「中国」
ってことを言ってるような内容になっています。
何か否定しているような否定していないような内容なんですが、
これだけは言えそうですね↓
「中国の公衆衛生は最悪」
このように妄想させてしまう文言がこちら↓
「清潔さは常に倫理的な手本や善人、社会の良き一員であること
の象徴とされる」
全くもって、中国には当てはまらない文言ですよね~。
何か非常に面白い記事だな~、って思っちゃいました。

お次はこちらの記事を↓
インド全土が封鎖、13億人に21日間の外出禁止令 新型ウイルスの感染が急増
(BBC NEWS JAPAN 2020年3月25日 配信)

国家として緊急事態なんですから、鎖国するのは当然です。
何故なら、国民の生命を守るためです。
自国第一主義って言えるんでしょうかね?
国家として、当然の処置だと思うんですけど・・・。
巷では
「国際的な協調の終わりだ~!」
ってなことを言う人もいますが、国際的な協調も国民の生命が
あればこそ、なんじゃないのかな。
自国民の生命・土地・財産を最優先するのは、国家として当然の
ことであり、その上で各国が協調のための協議を行えばいいんで
すよ。
何で「国際的な協調の終わり」に向かうのか、個人的には全く理
解出来ないんですよね。

最後の記事がこちら↓
米空母に新型コロナ感染者、軍トップ「夏まで危機継続も」
(CNN 2020.03.25 Wed posted at 16:40 配信)

米軍の機動力がどこまで落ち込むのか、心配な内容なんです。
ただこの記事は、米国に対する中国の今後の行動の
「基準」
となるように思えてなりません。
つまりは「人民解放軍」の動き、ってことです。
この機に乗じて領土拡大をしてくるようなら、少なくとも習さん
が牛耳ってると考えられますし、このような動きを見せないので
あれば、人民解放軍は習さんに反旗を翻す可能性も無視出来ない
でしょうし。
ってことは、人民解放軍が中国国民に見方するような動きを見せ
るかどうかが、1つのポイントなのかもしれません。

ただこんな情報は、中国からは流れて来るとも思えませんけど。
流れて来た日にゃ、日本発の世界恐慌の始まりなんでしょうね。

●●●追伸●●●
日本語では「情報」という言葉に訳されますが、英語だと
①インフォメーション
②インテリジェンス
の2つで言うことが出来ますよね。
①について。
単なる事実、出来事ってこと。
②について。
さらなる①を集めて分析し、極めて「真実」に近い情報にする
ってこと。

現在の日本は①が溢れ返っている状況だと、個人的には思うんで
すよ。
この①を②にすることこそが、もっとも重要なんじゃないのかな。
世間一般じゃ無くても構わないんです。
個人で②に持って行けばいいんです。
この②が投資戦略の基礎となるんじゃないの?

最近つくづく、このように思えて仕方がありません。
posted by とんくん at 22:05Comment(0)国際

一国集中の危険度

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、一人でのんびりと妄想しながら昼飯を食べていました。
妄想の内容は「WHO」について、です。
今回の新型肺炎に関しては、かなり後手後手を踏んだWHO。
原因は、中国の意志を尊重したから。
中国の意志を尊重した原因は、中国から多額の拠出金が支払われ
ているから。
そしてWHOも国連の一機関なんです。
つまり多額の拠出金を出せば、国連を思い通りに操れる、ってこ
とがものの見事に証明された、とも言えます。
逆を言えば、加盟国による拠出金システムによる運用を無くせば、
このようなことは発生しない、とも言えます。
つまり国連自体が
「運営費用」
をある程度、自身で作る仕組みを作るのが、一番簡単なんじゃな
いのかな。
ただ国連は企業ではありませんので、商売して設ける期間ではあ
りません。
となると一番手っ取り早いのが、国連加盟国で運用出来る
「統一通貨」
を創設・発行することだと思うんです。
EUのユーロの国連版ってところかな。
この国連が統一通貨を発行することで、必然的に国連に資金が集
まるようになります。
こうして、中国のような巨額の拠出金を出す国をある程度抑え込
めることも、可能になるんじゃないのかな。
例えば、この国際通貨の単位を「ボケ」とします。
ここで問題が発生しちゃいます。
各国には各国の通貨がありますので、この「ボケ」の為替レート
を決める必要があるんです。
だって「1ボケ」が「1円」「1ドル」「1ユーロ」ってことには、
到底なり得ませんから。
となると、ここで出て来るのが最強通貨である「米ドル」です。
米ドルを基準とした為替レートにすればいいんです。
何よりもトランプさんが「大喜び」しますしね。
当然ですが中国やロシアは反発するんでしょうが、人民元もルー
ブルも信用がありませんから、必然的に米ドルに収まるんじゃな
いのかな。

ここまで妄想したところで、この妄想は止めました。
これって
「仮想通貨と同じやん!」
って思ったから。
でもね、拠出金の金額によって影響力が増すような現在の国連、
及びその他国際機関の運営方法は、「ダメ!」でしょうね。

ってことで、本日の記事はこちらから↓
チェルノブイリが如き隠蔽、ブラジル大統領息子が中国非難 新型コロナ
(AFP BB NEWS 2020年3月20日 11:08 配信)

至極まともなことを述べているだけですよね~。
こんなことが記事になるくらい、中国の影響力は大きい、ってこ
となんでしょうか。
挙句の果てには、
「ブラジルのロドリゴ・マイア(Rodrigo Maia)下院議長は、「エドゥ
アルド・ボルソナロ氏の軽率な発言」について、議会を代表して謝罪し
た」
そうなんですから。
日本の2F自民幹事長的な存在が、世界中にいるってことなんです。
そもそも謝罪なんかする必要が、何処にありますか?
習さんが隠蔽したのも事実なんだし。
隠し切れずに公表したんでしょ、「ヤベ!」ってことで。
何でこの程度のことが、記事になるのかな?

お次はこちらの記事を↓
韓米が通貨スワップ協定 600億ドル規模=為替市場安定に期待
(聯合ニュース 2020.03.19 22:47 配信)

最初にこちらの文言↓
「FRBは日欧などの5中央銀行と通貨交換協定を結んでいる」
具体的には、
日本
英国
EU
スイス
カナダ
の中央銀行ってことです。
リーマンショック後に結ばれた協定で「スワップライン」と呼ばれ
ています。
このスワップラインは一言で言うと、「代理店」ってことです。
本来であれば、韓国は日本とスワップを結ぶべきなんですが、どう
にもプライドが許さない文さんですので、直接、短期ですがFRBと
結んだようですね。
そしてこちらの文言↓
「ドルの需要不均衡によりウォン安が急速に進む国内為替市場の安
定化に寄与する」
意味不明な文言です。
韓国の内需及び外需が著しく落ち込んでいるから、急速にウォン安
が進んでるんであって、ドルの需要不均衡なんて関係ありません。
これはあくまでも結果論、ってことです。
まあ韓国はアジア通貨危機を2度も発生させている
「問題児」
ですので、米国としても致し方無かった、ってことかな。
米国経済にも影響を与えかねないですからね。
それでも、無視すりゃいいのに。

そして中国はWHOにこんなことを言わせています↓
WHO「驚くべき精神を示した」 中国の新型肺炎との闘いが世界を鼓舞
(AFP BB NEWS 2020年3月22日 18:00 配信)

何なん、この記事?
例えば、こちらの文言↓
「一人ひとりの中国人がいずれも強烈な責任感をもち」
とてもじゃないんですが、「責任感」とは思えませんよね。
常識で考えても、中国共産党の命令に逆らったら、何をされる
か分からない「恐怖感」なんじゃないのかな。
昨年の12月初めには明らかになっていたのに、隠蔽したのは習さん
本人です。
そして中国国民の中にも、このことに気付いている人々が大勢いるん
でしょう。
ってことは、習さんは火消しをする必要があります。
そして現在の地位を保つためには火消しだけではダメで、中国国内に
おいて、「英雄視」される必要があるんでしょうね。
だから中国国民に対しても、このようなプロパガンダをしなきゃいけ
ない状況なんでしょう。
だからしきりに
「中国国内の感染は収束に向かっている」
って言い出しているんです。
ここで私が習さんだったら、間違い無く安倍さんに国賓来日を打診し
ますね。
そうすれば天皇陛下訪中も実現出来る訳ですし。
つまり、中国は世界と違ってすでに「安全だ!」ってことを天皇陛下
訪中により、「お墨付き」が頂けるからです。
安部さん、頼むから天皇陛下を習さんごときの政治利用に使われない
ようにして頂きたいものです。

そして強烈に文さん批判をしている記事が、こちら↓
【社説】結局中国の方から「韓国に行くな」、門戸閉ざさなかった韓国は何だったのか
(朝鮮日報日本語版 2020/03/19 10:26 配信)

いや~、至極まともな記事というか社説なんじゃない。
だってね、
「中国からの入国を遮断していない国は、韓国以外にほとんどな
い」
んだけど、一方的に
「中国が韓国への旅行を事実上、禁止した」
結果、
「「中国人の入国遮断」が現実になった」
んだからね。
特にこちらの文言↓
「彼らの考え方によると、世界のすべての先進国がバカなまねを
していることになる。台湾・香港・シンガポールのように初期遮
断で防疫に成功した国々のことは、彼らの目には見えていない」
完全に文さん、ボロッカス言われてますよね~。

ここでこちらの文言↓
「中国政府は自国民に対し、韓国など十数カ国にはしばらく旅行で
行くなと勧告した」
の中の、特に十数カ国が気になったので調べてみました。
米国、イタリア、スペイン、フランス、ドイツ、スイス、英国、
オランダ、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、オーストリ
ア、ベルギー、イラン、韓国。
調べてみたら15カ国でした。
これらを見て、「アレ?」って思いませんか?
何と、「日本」が無いんです!
確かに日本の新型肺炎に関する数字だけを見れば、
「旅行に行くな!」
ほどの蔓延はしていない、と見るべきでしょう。
しかし実際には、日本もまだピークを迎えた訳ではありません。
では何で日本は入ってないの?
個人的に妄想するに、以下の2点かな、って考えています。
①習さん国賓来日の実現
②日本属国化

①について。
天皇陛下を訪中させるためです。

②について。
アイヌ新法は成立しました。
日本の土地及び企業買収も進んでいます。
日本政府は中国人旅行客と見ているようですが、その大半はこれ
ら「買収客」なんじゃないの。
さらに言えば、中国国民を日本政府は格安で治療もしてくれます
しね。

いずれにしても、米国と韓国は入っているのに日本だけが入って
いないんです。
ってことは、日米分断こそが中国の狙い、ってことになります。
米韓分断はもはや成し遂げた、って考えているんでしょうかね~。

さすがの文さんも、これには「涙」なのかもしれません。

最後にこちらの記事をご覧下さい↓
【社説】危機の時に頼れるところはどこか、改めて実感させられた韓米通貨スワップ
(朝鮮日報日本語版 2020/03/21 09:20 配信)

この記事の内容にはかなりの違和感を感じちゃいます。
例えばね、
「中国は自国の利益と地政学的な覇権のためなら隣国の事情など
全く意に介さない国だ」
ってありますけど、米国も「アメリカ・ファースト」ですよ。
この文言は、そのまま米国にも当てはまります。
では、何処が違うの?
「主義」
の違いでしょ、これって。
そのことを如実に表現している文言が、こちら↓
「今回の韓米通貨スワップは韓米同盟が単なる「軍事同盟」にと
どまらず、自由民主主義と市場経済を守る「価値同盟」であるこ
とを悟らせてくれた」
つまりね、共産主義やチュ・チェ思想じゃダメじゃん、ってこと
を悟らせてくれた、ってことです。

今回の新型肺炎は、経済を一国に頼りきることの危うさを、実感
させてくれたと思います。

韓国は、中国にも北朝鮮にも「ソッポ」を向かれてますね~。
今回の米韓スワップは緊急措置だってことを、理解してるのかな?

●●●●追伸●●●
特定の国民を頼りにすると、必ず今回のような状況になります。
投資も経営も「ポートフォリオ」じゃないの。
現在の日本の観光業が、どれだけ内需よりも外需を優先させて来た
か、ってことです。
日本のマナーと異なるマナーを持つ外国人が跋扈すりゃ、日本人は
そんな所に行かなくなるのも、当然でしょうに・・・。
目先のお金しか頭に無いから、未来を考えることが出来ない、って
ことなんじゃない。

いずれ、現在のトヨタの社長が反面教師になる日も来ると思います
よ。

posted by とんくん at 23:13Comment(0)日記

日本の生き残る道、かな~

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日もパートさんたちと昼飯を食べていましたが、出て来るのは
安倍さんに対する批判ばかり・・・。
パートさんたちの言ってることは、その殆どがメディアの受け売
りだという前提で、申し上げたいと思います。

まずね、政策に関しては、
「場当たり的」
「唐突的」
何て言葉が出て来るんですが、果たしてそうでしょうか?
日本国民の生命が関わる「危機管理」を問われてる状況でしょ。
この「危機管理」を徹底するためには、
「場当たり的」
「唐突的」
なんて当然じゃないんですかね。
日本国民の生命をどこまで守れるか、が最優先されるべきであり、
そのためなら「何でも実行する」のは、当たり前でしょ。
「場当たり的」
「唐突的」
でも構わないんです。
日本国民の命をどれだけ守れるか、が重要なんじゃないのかな。
体系的とか論理的とか法律的とか言ってる間に、さらに日本国民
の感染者は死にますよ!
国民の命を守るための法律でしょ。
法律が無いと国民の命も守れないなんなら、本末転倒ってこと。

そもそもですけどね、本当に専門家が集結し会議が開催されて、
そこで結論が出たんなら、安倍さんが前面に出て来る必要性すら
無いはずなんです。
でもね、現実問題として安倍さんが前面に出て来る以上は、
「安倍さんが独断で決定するしかない」
って状況なんだと思うんです。

このことが何を意味するか分かりますか?
「責任回避」
ってことです。
誰も責任を取りたくないんです。
仕方が無いから、安倍さんが
「責任を負う」
ってことにしたんです。
現在進行形で新型肺炎は拡散しつつあるんです。
独断と言われようが、唐突と言われようが、日本国民の生命を
預かる安倍さんとしては、突き進むしかないですし、そうでない
と、国民からソッポ向かれちゃいますからね。

ここで考えて頂きたいのが、「危機管理」って言葉。
「危機」
とは、非定常な状況のことを指しますよね。
ってことは、非定常な状況下において「法律」が成立しますか?
国民の生命よりも法律を重んじるんなら、その国家は、
「お前はもう、死んでいる!」
でしょ。
危機管理とは「未曾有」の状況に対応することであって、そこに
法律なんかどうでもいいんです。

法律が国民の生命を守りますか?
守れないから、法律から逸脱してでも国民の命を守るんですよ。
法律なんか作ってる間に感染者がドンドン広がるし、死者も増え
るだけですよ。
現在の日本(というか全世界)は、新型肺炎と戦争中なんですよ。
このことを忘れているような気がしてなりません。

ってことで、本日の記事はこちらから↓
新型コロナウイルスとの戦いで中日韓が連携
(AFP BB NEWS 2020年3月17日 18:00 配信)

初めにこの記事を読んだ感想ですが、
「日本はそんなとこで何やってんの?」
でした。
そして気になった文言が、こちら↓
「感染状況が経済に与える負の影響を緩和すべく努力している」
中国も韓国も部品を輸入して、完成品を輸出する経済と言えます
よね。
ってことは、中国と韓国における「負の影響」とは輸出減、と考
えることが出来ます。

まずは中国について。
「突如発生した新型コロナウイルスによる肺炎」
「中国は自らの困難を克服」
とあるように、
「中国発ではなく、中国は被害者だ」
「そして中国は克服した」
ってことを、世界中にアピールしています。
これってね、確かに中国全土に感染者は増えましたが、中国は
「抑え込んだんだよ!」
ってことを言いたいんでしょう。
つまり、世界中に拡大したのは、中国では無く他国のせいだってこ
とを、あからさまに言ってるんだと思うんです。
だから工場再開に熱心なんでしょう。
普通に素直に単純に考えても、ここまで
「中国は克服した!」
ってことをアピールしないと、どうしようもないくらい、中国経済
はガタガタだって考えることも出来ます。
そんな状況なのにトヨタなんかは、中国に投資をしようとしていま
すよね~。
米国に潰されますし、日本国民にも潰される覚悟があって、こんな
投資をするんでしょうかね~?
一般人の私には、到底理解出来ませんね。

韓国について。
韓国は中国以上に輸出依存度が大きいですから、そこに新型肺炎で
内需まで減少した日にゃ~、大打撃でしょうね。
ここで思い出されるのが「リーマンショック」です。
このときはウォンが大暴落して、通貨危機になっちゃいました。
日本が何とか手助けして事なきを得ましたが、今回と状況が異なる
のは、韓国は日米と「通過スワップ」を結んでいない」という点
です。
確かに2017年にカナダと通貨スワップを結んではいますが、やはり
メインは中国との通貨スワップだと考える方が、自然でしょ。
しかし人民元は、中国共産党によってコントロールされている通貨
なんで、世界的な「信用」も「信頼」も存在しません。
何と言っても最強通過である「米ドル」、そして日米同盟により、
米国の保護を大きく受けている「日本円」が安全通貨、という図式
は、今も変わらないと思うんです。
現在の状況を見れば、米国は中国に戦争を仕掛けています。
しかし韓国は中国ベッタリで、反米の政府でしょ。
だから米国に通貨スワップを言い出すことは、まず無理!
しかし人民元の余りの「信用」「信頼」の無さに、韓国も気付いた
のかもしれません。
だったら米国は無理でも、日本なら
「まだ行けるんとちゃうん?」
って考えるのも、至極当然のことですよね。
ウォン暴落に対応できる最も身近な通過こそ、「円」だってことを
改めて思い知らされたのかもしれません。
ただね、韓国は反日運動をやり過ぎちゃいました。
皆様方の周りでも「反韓」の方が多くないですか?
韓国が通貨スワップを日本と結びたいと言って来ても、日本世論が
反対するんじゃないんですかね。
だってね、ひたすら私のことを誹謗中傷してきた奴が、突然、生活
がヤバクなってきたから、「金貸して!」って言ってるんと同じこ
とでしょ。
未来を見ることが出来ず、いつまでも過去しか見ることが出来ない
国家なんて、こんなもんですよ(申し訳ないんですけど)。

では最後に日本はどうなの?
日本の景気後退の最大の要因は「消費増税」ですよね。
そこに追い討ちをかけたのが、新型肺炎ということになります。
日本のGDPの80%は内需ですので(ザックリね)、内需を増やせば
良いだけのこと。
内需を増やすためには、国民の購買意欲を増やす必要があります。
購買意欲を増やすためには、景気が良くなる必要があります。
そのために日本政府は何をすべきか?

ここからは妄想の世界に入りますね。

①NHKの受信料の半分を税金として吸い上げること

何が何でもNHKは受信料を取りに来てるんですから、そこから税金
を徴収すれば良いんです。
だって見たくも無いのに、受信設備があるだけで受信料を払わない
といけないんですよ。
しかも見る価値があるものなんて、全く無いし・・・。
だったらせめて受信料の半額を税金として国庫に納めるべきでしょ。
これだけでも、日本国民の気持ちはかなりスッキリしますよ!

②法人税の増加

法人税を減少させた結果が、キャッシュフローの増大ですよね。
企業の現金ばかり増えて、社員の給料は増えず・・・。
どうせ社員の給料が増えないんだったら、法人税なんか税率を増や
しましょうよ。
法人税減税分を社員の給与に上乗せしている企業だけ、やりゃ良い
んですよ、こんなの。
日本中の社員で、自社の製品を買わない人の何と多いこと。
自社の社員に愛されない製品を他人に買わせようなんて、
「最低、最悪」
といわざるを得ません。

③外国人労働者

まずは働ける日本国民に「職」を与えるべきでしょ。
それでも不足するんなら、ってことじゃないのかな?
費用対効果がアンバランスな職業が多いから、外国人労働者なん
てもんに、頼ろうとするんでしょ。
つまり「低賃金」で働かせたい企業が多い、ってこと。
特に日配業者なんか、24時間稼動しているところも多いんでしょ
うから、この傾向は強いのかもしれませんね。

④消費減税

現金給付なんかより明らかに効果が見込めるのが、この消費減税
なんじゃないのかな。
0とは言いません。
5%で良いんです。
これだけでも、全然違うと思いますけどね。
んじゃ、その減税分の財源はどうすんの?
国債発行で問題ないんじゃないの?
我々日本国民が、その国債を購入すれば良いだけのことでしょ。
国家が国民に借金をして、国家が国民に利子を払う。
確かに国家は赤字なんでしょうが、少なくとも国民は黒字です。
国民を黒字にしないで、経済が成り立ちますか?
赤字の国民が消費を増やしますか?
国家を黒字にするという「妄想」は、本当に国家を破綻させます
よ。
だって国民が赤字になるんだから。

日本の生き残る道の極一部、ってところかな。

ちょっと長くなりすぎましたので、本日はここまで。

●●●追伸●●●
本日も妄想が止まらなくなっちゃいました。
他にもあるんですが、書き出すと切が無いので止めます。

一方しか見ないから、借金とか言うだけなんじゃないのかな?
だって国の借金は国民の預金じゃないの?
物事は「相対的」じゃないの?
そこには、「絶対」が存在すんの?
だったら「絶対」とは、一体何なの?

各国に通貨が存在しますし、各国家の経済状況を判断しながら
各国の通貨のレートも決まってるんです。
これこそ「相対的」なんじゃないのかな?
posted by とんくん at 22:45Comment(0)日記