電気自動車とITとAI

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は仕事が早く終わりましたので、いったん家に戻って会社に行く前に
冷凍庫に入れたワームを試すべく、そのまま早速近くの野池に釣りに行っ
て来ました。
ただ、現在のワームの材質だと冷凍させてはダメですね。
恐らくガラス転移点になる温度以下になっちゃったんでしょうね~。
ちなみにガラス転移点って、分子運動が無くなってガラスみたいに脆くな
る状態のことを言います。

それでも無理やりフックを掛けて投げてみると、これが!!!!!!!!
釣れる釣れる・・・!
子バスばっかですけど。
何と無くですが、冷凍ワームもありかもしれません。
冷凍ルアー、今後も継続して考えて行きたいと思います。

バスを釣るにはこれまでの常識なんかブチ破り、何でも試してみないと。
奥が深い釣りだと、私は考えています。

ところで、

米国の電気自動車メーカーであるテスラモーターズの自動車が、5月7日に
トレーラーとの衝突死亡事故を起こしてしまいました。
この事故の情報を知ってから色々と調べていたんですが、まず初めにテス
ラモーターズとは?
CEOは自動車メーカーという認識は無いようですが、私から見れば、立派
な自動車メーカーです。それも日本のように「モノつくり」では無くて、
「コトつくり」的な企業なのだと思われます。

簡単に言うと、IoT企業と言えば良いのかな。

IoTについて簡単に説明しておきます。
IoTとは、「Internet To Things」の略です。
あらゆるモノがインターネットと接続出来る世界のことをいいます。

では、ここでいう世界とは何なの?
こんな感じかな~。

①センシングにより、モノから情報を取得する(収集じゃ無いんです)。
②インターネット経由で、クラウドにデータを蓄積する。
③クラウドに蓄積したデータを分析する(AIが使用されていることが、
 実は多いようです)。
④この分析結果に基づいて、人やモノにフィードバッグする。

詳細は割愛させて頂きます。これだけでかなりのボリュームになっちゃい
ますので。

テスラは、この流れを電気自動車に当てはめている、と考えられます。
ある意味では、AI何かな・・・。

ただ自律的AIと補完的AIという、2つの考え方があります。

テスラの事故後の発表を調べると、完全に後者ですね。
でも自動運転モードは、我々にとっては非常に魅力的に移ります。

しかしここが落とし穴!

本当に完全なAIなら、確かに手放し状態の走行も可能でしょう。
でも現在のAIは、あくまでも補助的な役割を担うに過ぎません。

自身の命に関わることですので、器械任せにし過ぎない方が自分
の命を守ることになるのではないのでしょうか?

●●●追伸●●●
確かにIT技術が進歩しているといっても、自動車に乗る人を絶対
に守れる訳ではありません。
過信は禁物!

人間には不思議な力が宿っています。
でも我々には、この力の使い方が判りません。

しかし潜在意識の力を使えれば、
今あなたが使っている力を100%まで
引き延ばすことができます。

でも・・・

今回、公開されたのは、なんと120%まで伸ばす方法です。(驚)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

http://infotop-acenter.com/lp/5690/473916/
*登録10秒後からご覧いただけます。

かつての日本人は、「目に見えないもの」の重要性を非常に認識
してました。

特に「潜在意識」については、その重要性を培うために武道など
による精神修行を推進して来ました。

確かに、潜在意識のパワーは計り知れません。

ただ、このことは既に脳科学の分野でも証明されていることです。

でも、人間が本当に潜在意識の力を最大限まで引き出すためには、
脳だけを鍛えれば良いわけではありませんでした。

実は、”ある重要なポイント”があったのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ほとんどの本では書かれていない
その答えは下記のURLからすぐにご覧ください。


世界最先端、最高峰の脳科学、心理学をマスターした、
コロンビア大・大学院卒、著書累計20万部、
国家機関や超大手大企業にも指導する、
三宅裕之氏が、あなたに伝授します。

正直、巷のコーチやセラピストやコンサルとは
次元が違います。

▼120%のパワーを発揮する方法
http://infotop-acenter.com/lp/5690/473916/
*登録10秒後からご覧いただけます。
*期間限定での配信です。お急ぎください。

この記事へのコメント