日本は侵略しますか?絶対にしません

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は夕方からちょこっと近くの野池に行って来ました。
もちろん手作りルアーのテストです。

今回はプロップダーターを参考に試作したもので、2連スクリューを
左右及び上下に展開させたツインスクリュータイプです。

左右タイプの結果は無残・・・。
左右のスクリューがルアーの動きを封じてしまい、トゥイッチさせて
も上下に動くだけ。しかもこれを見たバスは、速攻で逃げるし。

上下タイプは面白いかもしれません。
トゥイッチさせるたびに予測不能な動きを見せますし。
バスは釣れませんでしたが、色々とバリエーションが考えられますか
らね。スクリューよりもブレードの方が・・、とか。

帰り道の交差点でプラカードを持った人たちがいました。
プラカードの内容としましては、
「戦争法反対!」
「自分の子供を戦争に送り込むのか?」
「戦争で自分の子供が死んでも良いのか!」
ってなことを、書いていました。

ん~・・・。

正直なところ、私には全く意味が分かりません。

戦争法って何なんでしょう?
集団的自衛権の拡大解釈のことなんですかね。
国家として戦争を行うときは、以下の3つしか無いのではないですか?
①他国への侵略
②他国からの侵略
③侵略されている他国への支援
他にあるのかな~?

①に関しては、何も言うことは無いです。
だって、もし日本国がこんなことしたら、国連の軍隊にあっという間に
攻められて終了です。
つまり日本国が他国を侵略することは有得ないんです。

②の可能性は、日本国にとっては重要ですね。
現実問題として、中国は日本国領土をあからさまに狙ってきていますか
ら。
しかも中国は、何故か国連の常任理事国なんです。
つまり中国が日本国に攻めてきても、国連は何の決議も出来ないことに
なります。
何故か?
拒否権発動によって。
だから日米同盟が必要になります。
この同盟があるからこそ、いざって時には米国が唯一日本国を守る国に
なります。
まあ~、米国がどこまで一緒にやってくれるかは別問題です。
あくまで米国は米国の利益でしか動きませんからね。

③は国民の民度の問題では?って考えています。
中国がいつ台湾を攻めてもおかしくないのが、現状です。
中国が台湾を攻めたとき、大量の台湾人が船で逃げることも考えられ
ます。
でもそこに中国の公船が追いかけて来ても、日本国は何の手助けも出来
ないんです。
今のままだと・・・。
あくまで米軍が救援に来るまで、遠くから見ているだけ。
いじめがあっても我は介せず。
こんな感じかな~。

極端な考えに染まると、極端な考えしか出来ない、典型的なパターンだ
な~って思っちゃいました。

次の子供がどうこうは、子供の意識の問題です。
日本国に徴兵制は存在しません。
あくまでも当人の意思で自衛隊に入隊しています。
戦争法反対なら、自分の子供を自衛隊に入隊させなきゃいいことです。

徴兵制なんか取り入れようものなら、日本国民全てが大反対しますよ。
日本国民の民度をこれっぽっちも考えていない、人たちですね。

何様なんだろう~?
この人たちって・・・。

日本国(政府じゃ無いですよ!)よりも、他に大切なものがこの人たち
には、恐らくあるんでしょう。

私には理解出来ません。っていうか、そもそもの土台が違い過ぎますね。

●●●追伸●●●
自国だけでは無く、親日のすぐそばの他国が侵略されても、現状では日本
国は何も出来ない、ってことです。
我々日本国民が親日国家に対する他国の侵略を目の当たりにしても、憲法
上は出来ないんです。

皆様も考えて頂きたいのですが、現在、日本国に侵略の手を伸ばしつつあ
るのは、国連常任理事国である中国なんですよ!

もう少し日本国(政府じゃ無いですよ)に関して、興味を持ちませんか?

かつての日本国を知って頂くためにも、そしてかつての日本国民の民度を
知って頂くためにも、この日本国の素晴らしさを伝道している、この方だ
けは是非とも知っておいて欲しいです。

http://directlink.jp/tracking/af/1407951/M7r8dlZe/

特に子供を持つ家庭に見て頂きたいです。
少なくとも、自分の子供に日教組の嘘を教えなくても良くなりますから。

この記事へのコメント