自動運転の位置付け

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

週末は台風のおかげで散々でした。
川はカフェオレ状態だし、海は波が高いし、野池は大増水で濁りも酷い状態。
これじゃ釣りになんないです・・・。

ということで、現在考えているのはトンボタイプのシグレっぽいルアーなん
です。もちろん来年に向けてですけどね。
皆様も紙飛行機を飛ばしたことがあると思いますが、両翼が若干上反りにな
ることは、ご存知でしょう。
これって揚力が押し上げているんです。

ってことは、両翼を薄くしてやれば投げた際に両翼が上に反り、スキッピン
グもひょっとして可能なのかな?って考えている次第です。

まだまだこれからなんですけどね。

現在、各国の自動車会社が自動運転導入に向けて、開発競争をしています。
まあ~、これは差別化が目に見えて分かる技術ですから当たり前ですし、し
かもある程度の技術が確立出来れば、自治体に働きかけて自社自動運転向け
の道路を作ることも可能になりますしね(これは言い過ぎかもしれませんけ
ど)。

ただ自動運転が現実化したらどうなるんでしょう?

私は以下のように考えています。

①マイカー購入者の激減
②各社の各車の個性が失われる
③道路整備費の増加

①について。
マイカー購入して維持費を払うよりも、自動運転の車を必要なときに呼ん
で利用したほうが、遥かに安価だからです。
例えば私の車だと、通勤に使いますが、仕事が終了するまでは会社の駐車
場に置きっ放し。終了後に買い物及び帰宅のために使いますが、家に着い
てしまえば、翌日まで置きっ放し。
つまり費用対効果が少な過ぎるんです。
ここで問題となるのは、この自動運転の車をタクシーのようにできるかど
うか?かと思います。
これが出来ないのであれば、やはり自家用車を所有することになりますけ
どね。

②について。
例えばタクシーに乗るときに、そのタクシーの見た目などの個性を考慮し
て乗りますか?
恐らく移動手段としてしか考えていないので、全く考慮しないですよね。
これと同じことが起こる可能性がある、ということです。
もしも、このようなことが起こってしまうと、自動車会社は個性を考慮
しない、本当に均一化された自動運転車を製造するようになります。
生産ラインは非常に効率化することが出来るのですが、間違い無く製造
台数は激減するものと思われます。
これって自動車大国にとっては、大打撃になります。

③について。
これはもう当然で、現在の自動運転技術は舗装道路に限ったものです。
舗装されていても、わだちが酷い道路なんかでは、安全に自動運転出来
ないかもしれません。
ましてや農道や林道なんかでは、舗装されていない道路も山ほど存在し
ていますし。
このことは、どこにでも行きたいのか、それとも限られた地域や場所で
自動運転を利用するのか、ということになりませんかね~。

昔ですが、ナイトライダーっていう番組がありまして、主人公が操る車
こそ、「ナイト2000」っていう人工知能搭載型の車でした。
これこそ、自動運転の目標のように思えます。

人間はミスを犯しますが、では機械はミスを犯さないと言い切れますか
ね~?
一定行動における機械の処理能力は、人間以上のものがあります。
しかし、複合行動における処理能力は、圧倒的に人間の方が勝っている
と思っています。

ということで、今は人間の運転の補助的役割で良いのでは?
いずれ人間の処理能力すらも凌駕するようになったときに、本当の自動
運転システムが誕生すればよいのでは、って考えています。

あまり考えたくは無いのですが、このような自動運転システムが出来上
がってしまうと、テロリストが自爆用に使用しないか?ってことです。

ここまで考えないと、この技術は危険を孕み過ぎています。

やっぱ、考え過ぎなのかな~?

この記事へのコメント