ドイツ銀行と中国経済

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、改良トンボ型ルアーの試作品を試しに、近くの野池に
言って来ました。

簡単に言うと、トンボにプロペラを取り付けて飛べるようにし
て、ロッドとリールのリトリーブで自在に飛ばして、トンボの
動きよろしく、垂直落下に近いスキッピングをさせようという
のが、基本的なコンセプトです。

結果は・・・・。

飛ばないし・・・、操ることも出来ないし・・・、釣りにもな
らないし・・・。

これって技術の問題なのかな~?

今は来年に向けて、今年の出来事を整理している最中です。
但し、ちょっと出来事が多過ぎますね~。

最上位に来るのが、ドイツ銀行によるユーロショックと中国の
経済推移ですかね。

ドイツ銀行に関しては、しばらくは見守るしかないんですが、
ドイツ連邦銀行は助けないって言ってるようなもんですし。
出資者にその負債を背負わせるようにしているようですし。

では中国経済はどうか?
ここで問題になるのが、中国の発表する全ての数値が当てにな
らないことなんです。
唯一信頼出来そうな数値こそ、貿易統計だっていう専門家は多
いのですが、マジでその通りだと思います。

だって中国がいくら誤魔化しても、例えば対米輸出額と対米輸
入額は双方で、必ず一致しなければならないからです。
じゃないと、直ぐにバレちゃいますからね。

ということで早速ですが、外務省の中国基礎データを調べてみ
ました。

2015年度ですが、
輸出:2兆2735億ドル
輸入:1兆6800億ドル
なんですね~。

かなり凄い数字なんですが、2014年度と比較してみると、
輸出は3%減、輸入は14%減なんです!

中国の経済成長率は6.9%と記載されていますが、輸出入共に
マイナスなのに、GDPが6.9%も増加することなんか、素人の
私が考えても不可能だと思います。

ここで直近の中国海関総署の発表を調べて見ると、2016年に
なってさらに加速が進んでいるようです。
ちなみに、2016年9月度を見ると、すでに輸出に関しては10%
も減少しているとのこと。

簡単に言うと、中国製品の消費が10%減少したってことじゃな
いですか!

これこそ負のスパイラルではないでしょうか?

月単位の結果を見て、総論を論じることは、本来やってはいけ
無いんですが、直近の状況を判断するには、最も判りやすい例
ともなります。

2015年の結果を見ても判るように、既に昨年1年間で中国製品
の需要は減少しつつあります。つまり、中国の輸出は減少しつ
つあるってことなんです。

輸出が減少するってことは、中国内生産は減少せざるを得ない
ですよね。
国内生産が減少することは、単純に国民所得が減少することを
意味します。
ってことは、必然的に国内消費が減少しているんですから、こ
れまた輸入も減少します。

これが負のスパイラルなんだと、考えています(日本も同じで
はないですか?、皆様、デフレという言葉に騙されてはいない
でしょうか?)。

でも中共がそんなことを、間違っても宣伝しません!
だから、経済成長率を誇張するんですよ。

最後に人民元なんですが・・・。

今月、MIFのSDRに無事に正式に採用されることが決定したんで
すが・・・。
いやはや、人民元安が止まりませんね~。

こんなの当たり前ですよね!

人民元を担保する中共自体に、全くの信用が無いんですから。

それでも自称GDP世界第2位の大国なんです。

でも自称ですからね~?

皆様はどこまで中共を信じますか?

中共の金に負けた人々ほど、日本を潰そうとしている現実を
もっと見て聞いて考えるべきでしょう。

日本のメディアしか見ないのであれば、このことはまずもっ
て、伝わりませんね!

それでも日本メディアの情報を信じますか?



これって、是非とも見て頂きたいんです。

どれだけの人々が、自分の大切なお金をむしり取られたか、
本当に勉強になりますよ!

この記事へのコメント