TPPから見る日本の今後

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は風邪で会社をお休みし、病院に行って来ました。
幸い、インフルエンザではなく、単なる風邪と言うことで一安心。

ということで、色々な海外メディア情報を見ているんですが、以外
とTPP関連の報道が多いな~、ってことです。

そもそも米国主導のTPP参加には、私は反対でした。
だって今やサービス業しか持たない米国経済が、日本に大量に流れ
込んで来るわけですから。
日本の医療も保険も含めて、メチャクチャになってしまいますよ!

でも米国が「止~めた」、って言うんなら話は別です。
積極的に日本はTPPを推進して、主導権を握るべきです。

しかしですね、リマのAPEC情報を見る限りでは、ちょっと難しそう
です。

やはり米国が参加しないことにより、中国に傾く国が結構多いから
なんです。実際問題として、リスクヘッジの観点から見れば、当然
と言えば当然でしょうけど・・・。

でも全く可能性が無いわけではありません。

日本って世界の中でもかなり珍しい国でして、
①資本主義国家である
②民主主義国家である
③社会主義国家である
この3点を全て持っている国なんです。

特に③は重要で、国民皆保険なんか最も判りやすいですよね。

この根本にあるのが、日本独特の文化だと思います。
それは「和」の心・精神。

これは欧米には無い思想じゃないのかな?

日本人は和を尊びます。

しかし欧米は、理による利を尊びます。
つまり個人主義みたいなもんです。

だから武士は主君と国の誇りのために戦いますが、騎士は
自身の誇りのために戦います。

故に欧米資本主義は、個人主義でもあるんです。
だから個人能力主義となり、個人成果主義になります。

でも日本は和の国です。
確かに個人の能力は評価されるべきですが、ではその能力を
引き出して来たのは何か?
それは先人達です。
知識があっても経験が無ければ、それは能力とは呼びません。
知識を持った上で、その知識を最大限に出すためには、やはり
経験が必要になります。
その経験を担って来たのが、先人達です。

だから戦後の日本企業は、年功序列型の経営を行って来たんで
す。

簡単に言うと、同じ知識を持っていたとしても、1年間の経験を
積んだ人の方が能力は高い、この考え方だと思います。

欧米ではこの考え方は通用しません。
その時々の成果により、能力を判断するためです。

次が終身雇用制度です。

定年までその企業で働いたってことは、その企業が必要とする
ノウハウをその人が持っており、それを訳惜しみなく後輩達に
教えていく・・・。
この繰り返しが、その企業を成長させる原点だと考えていたた
めでしょう。

この考えも欧米にはありません。
だって成果を出さない社員は、即解雇ですから。

米国無きTPPって、この日本独特の思想を世界に広める絶好の
チャンスだと、私は考えているんですけどね。

しかし日本の大企業も、欧米型資本主義の思想に取り込まれつ
つあります。
松下幸之助氏や本田宗一郎氏なんか、あの世で嘆いているかも
しれませんよ。

だって個人主義に走るってことは、部下が育たなくなるんです
から。これって、企業にとってはデメリットの方が、圧倒的に
多いと思うんですけど・・・。
何故?日本の大企業は、今更ながらに欧米型資本主義に傾倒す
るのか?
全く理解出来ないんですけどね。

日本独自の資本民主社会主義があるのに・・・。

私はTPP推進をするのであれば、日本主導で進めるべきだと考
えています。しかし、日本主導で進めることが出来ないのであ
れば、あっさりと諦めてRCEPを進めるべきだと。

そもそも日本は、TPPよりもRCEPを優先すべきだったんです。
何故か?

日本は成熟国家であり、自国でのこれ以上の成長はほとんど
望めません。故にその成長先を、欧米ではなく東南アジアに
求めるべきなんです。

ちょっと古い資料ですが、こんな感じ。

ASEANとの経済連携.png
出典:経済産業省HP

ASEANは周囲の国々と経済提携をしまくっているんで、これを
まとめようと言うのが、RCEPなんです。

しかも基本がEPAと違い、FTAですから貿易条件の自由化に限ら
れていることも、大きなメリットだと思います。

さらに日本企業の多くが、既にASEANや中国・インドにサプラ
イチェーンを構築していますから、このRCEPは、その地域の
壁を低くして、さらに日本企業への追い風になるものと考えら
れます。

その前に、日中韓のFTAを進めるべきだ!って意見もあります
が、これには私は反対です。
何で経済はボロボロで貨幣価値すらない韓国、及び好き勝手放
題の中国と、先にFTAを締結する必要があるのか、私には全く
理解出来ません。
間違い無く、中国有利の批准になるに決まっています。
それでなくても、親中派が自民党には多いんですから。

こんなFTAを結んでRCEPに行こうもんなら、日本はバカにされ
てお終いですよ!

何故、日本人が日本よりも中国を大切にする人々が多いのか?
欧米資本主義の典型的なパターンですね。

つまり「利」でしょう。

●●●追伸●●●
ちなみに韓国を漢字一文字で言うなら、「情」かな~。
その時々の感情で動く国ですから・・・。

中国は「能」かな?
本能の能です。
本能の赴くままに動きますからね~。
但し、その本能の裏には計算がありますけどね。
そういう意味では、「利」の方が正解かもしれません。

意外とこの考えは、人間関係を見抜く上でも役に立つの
かもしれないですね。

他の漢字も調べてみます.

私は趣味である釣りを楽しむために、投資を勉強して実践して
います。

しかし現在の日本は、少子高齢化社会に突入しています。

年金制度も、今後は縮小を余儀なくされるんでしょうね。
そろそろ趣味の釣りだけでは無く、老後も考えないといけない
時期に入って来たのかもしれません。

総務省の家計調査によると(これも専業主婦を対象に調査をし
ているケースが多く、自営業だと何とも言えないんですが、た
だ、生活費に関しては、自営業もサラリーマンも同じだと考え
ることは出来ますので)、2人以上の年金受給者の世帯平均出
費額は、以下の通りなんです。

60~69歳の方:毎月平均「29万円」
70〜79歳の方:毎月平均「24万円」

それに対して、年金の「平均受給額」は、毎月約「6万円強」
なんです(国民年金ですよ)。

何が言いたいのかって言うと、

「4〜5ヶ月の受給額が、1ヶ月で消費されちゃいますよ~」

ってことです。
これはさすがに厳しいですよね!

ですがご安心ください。

総勢304名を超える方たちが、
年収1,000万円を受け取っている方法があるそうです。

しかも驚くべきことにこの手法、自分だけではなく、
家族全員で出来るんだって。

さらに国家公認なんだそうです。

もしも自分の家庭で年収1,000万円が達成できたら、
家族の繋がりがより深くなることでしょう。

だって子供の援助を受けることなく、むしろ自身が
子共の援助を行うことが出来るようになるんですか
らね~。

確かに、誰もが出来る手法ではありますね。

それがこれです↓

幸せ資産家ファミリー計画.png

私も登録して内容を確認しましたが、確かに嘘偽りで
は無さそうです。

ご興味のある方は、是非内容だけでも見てみて下さい。

この記事へのコメント