日本株式市場に巣食う2匹のバケモノ

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

しばらくは海以外に釣りには行けそうに無いので、おとなしく
ルアーを作成中です(どんなルアーかは、言えません)。

また投資もしばらくは、様子を見ようと考えています。
だってサラリーマンにデイトレは無理ですからね~。

やっても、せいぜいスイング程度かな。

ってなことで、トランプ氏が次期大統領に就任するまでは、
今まで通りに世界情勢を、私なりに考えていくつもりです。

しかし今回は、日本の株式についてちょこっと・・・。

如何にトランプ現象とはいえ、現在の日経平均は上がり過ぎ
感が凄すぎるように思えてなりません。

理由はちょっと調べれば判ることなんですが、日銀はETFを
16年度だけで、4兆円を越える額を買い付けているようなん
です。
GPIFは資産の1割を運用していると言われています(ざっく
り50兆円程度が資産ですから、約5兆円くらい)。

どう思います?

こんなバケモノ2匹が日本市場に参入したら、そりゃ~日経
平均も上昇しますよね。

私が日経平均に行き過ぎ感があると考えるのは、ここなんで
す(つまり2匹のバケモノがでか過ぎるんです)。
だってですよ、この2匹のバケモノが参入していなかったら、
日経平均ってどの程度の価額になっていたんだろう?
って、思いませんか?

こんなんで「日本は景気が上向きなんだ~!」って主張され
ても、説得力がありません。
特に問題なのが、業績が目に見えて良い訳でも無いし、かと
言って、それ程株価を吊り上げる材料がある訳でもない企業
の株価が、何だか上昇していることなんです(さすがに、こ
れら企業だ~、ってなことは言いませんけど)。

つまりこれって、株式相場が正常に機能していないことと同
じなんじゃないのかな~?

その企業の業績が株価に反映されることが、本来の相場のは
ずで、業績も良くないし、将来の業績に繋げていくものすら
見当たらない企業の株価が、何で上昇するのか、私は不思議
でなりません(もちろん、私が見落としていることも、十分
に考えられますからね!)。

私個人的には、日銀やGPIFの介入を止めて頂きたいのが本音
なんです。

だって正しい日本株式市場が見えなくなってしまいますから。
それに踊らされるは、私のような個人投資家なんですし。

長期のファンダメンタル、短期のテクニカルって考えていま
したが、テクニカルも融合させていくと、ファンダメンタル
以上の未来予測が、出来る様になるかもしれませんね。

以上は株価に関して。

為替は、やっぱ2国間の通貨価値の差(つまり国力と信頼度)
で成立する相場ですから、ファンダメンタルが重要じゃない
のかな、って思います(デイトレなんかは別ですよ)。

そして為替が株価に直接影響を与えることが、メッチャ多い
のも事実なんです。

だったら各国の経済力、軍事力、信用度、などなど調べた方
が、結果的には株式・為替問わず近道のようにも思えるんで
すけど。

但し、これには罠があります。

一旦調べだすと、トコトン追求しちゃうんです(私だけなの
かな~?)。

そして他の情報に関しては手遅れ・・・。

これこそ「機を逃す」って言葉なんでしょう。

為替に関しては世界情勢(ファンダメンタル)を主体にし、
株式に関しては、テクニカルを主体にした方が、良いように
考えている、今日この頃です。

現在の日本の株価が、本来あるべき姿である株価を反映して
いるとは、到底思えませんので・・・。

この記事へのコメント