韓国大統領選挙に見る韓国の今後

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は帰社しようとした直前にトラブル発生・・・。
せっかく釣りに行こうと思っていたのに、それも断念して、
トラブル解消後に、おとなしく帰宅です。
いまやスポーニングの季節なのに・・・。
でもね、スポーニング中のバスをサイトフィッシングすること
だけは、皆様も絶対に止めて下さいね。
バスの少子高齢化に繋がりますから・・・。

ということで早速、仏大統領選挙の結果を家訓すべく仏内務省
の最終結果を確認しました。
結果は、
マクロン氏:2075万3797票(66.1%)
ルペン氏 :1064万4118票(33.9%)
棄権率  :25.44%
でした。特に棄権率は過去最低の数字となっています。

仏国民は現状維持を選択した訳ですが、それにしても棄権率が
高過ぎます。
恐らくですが、第1回投票の候補者達のマニフェストに、仏国
民の考えが散りばめられていたのかもしれませんね。
それ故に投票行動を行おうとしなかったんでは無いのかな?

この敗戦を受けて、ルペン氏は早速動き出しています。

ロイター 2017年 5月 8日 6:33 配信より一部抜粋
[パリ 7日 ロイター]
【ルペン氏は、支持者らへの演説で、「FNは歴史的な好機に
向けて大々的に変革し、フランス市民の期待に応えなければな
らない」としたうえで「新たな政治勢力を構築するためにわれ
われの活動の大転換に着手することを提案する」と述べた。】
(ちなみにFNって国民戦線の略です)

これって現在の仏国民の考えていることを、もう一度見直して
いこうよ!ってことであり、つまりは来月6月の選挙に焦点を
絞っているんだと思われます。
大統領にはなれませんでしたが、議会での勢力を拡大していく
ことを狙っているんでしょう。

いずれにせよ、一方的な公約ではなく、もっと国民との対話を
重視する方向に向いて行きそうです。

そんでもって、明日5月9日は韓国大統領選挙の日です。
現状では、
最有力:最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏
有力 :野党第2党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)氏
次席 :与党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏
が、現在の支持率ってな感じ。

私個人的の印象として分類すると、上から順番に
革新的
中道的
保守的
って考えています。
但し似たり寄ったりのとこらが多々ありますので、何とも言えま
せんけどね~(かなり無理矢理に分類しています)。

この3人に共通している主張は、「日韓合意の見直し」です。
但し、現在の状況でこんなことやっちゃったら、中国だけでなく
米国からもボコボコにされてしまうことが、目に見えています。
そんなこと程度は、何ぼ何でも理解していると思うんですけど。
つまり、この主張を実行に移す可能性は余り高くない、と考えら
れます。
私は、日韓合意の見直しをチラつかせながら、もうちょっと柔軟
な対応をしてくるんじゃないかな?、って考えています。

一番の問題は、何と言っても「北朝鮮」に対する政策でしょう。

私個人的な印象で言わせてもらうと、
文在寅氏:北朝鮮への経済協力により、北の核及びICBM開発を
     止めさせる。
安哲秀氏:北朝鮮への経済的制裁を強め、経済的に北を追い込
     むことで、核及びICBM開発を止めさせる。
洪準杓氏:経済制裁は勿論のこと、有事の際には韓国軍を北上
     させて、北を制圧する。
といった感じなんです。

まずは文氏について。
韓国が北に対して経済協力をしたら、金正恩氏は核やICBMの
開発を中止するでしょうか?
絶対にしませんよ!
ということで、この主張には現状打破というものが、完全に
抜け落ちています。

次に安氏について。
米中の意向に沿った政策を継続する、ってことを言いたいん
でしょう。つまり「どっちつかず」ってこと。
その時々の状況において、あっちへコロコロ、こっちへコロ
コロ、ってな感じ。
これじゃ、間違い無く北朝鮮の手玉に取られてしまいそうで
す。

最後に洪氏。
韓国には徴兵制が存在します。
どこの親が自分の可愛い子供を戦地に行かせようとします?
国民感情の前に、親心の方が優先されるに決まっています。
つまり、子供が徴兵制により軍に入隊している親からの反発
は、恐らくですが半端無いんじゃないのかな?
ですが、子供が入隊していない人々にとっては、北朝鮮に対
して一泡吹かせてやろう、って考えている人もいるはず。
でもね、逆に言えば北朝鮮から見れば韓国軍は軟弱者の集ま
りにしか見えないはず。
ほんなら北朝鮮は、間違い無く徹底的に軍事的な韓国脅しを
やり続けますよ。

私の結論としては、「対話」路線でも「対決」路線でも同じ
ことで、結局のところ、韓国は北朝鮮と同等の立場には無い
ということになります。

では、韓国が北朝鮮と同等の立場になるためには・・・?

「北朝鮮を民主化させる!」

これしか無いんじゃないのかな?

もう少しだけでも良いので、韓国には「理」と「和」だけで
も、学んで欲しいと思います。

●●●追伸●●●
韓国が最も分りやすい例なんですが、「情」が優先する国家
は間違い無く、行き当たりばったりの政策になっちゃうんで
すよね~。
その時々の状況により国民感情が、色々な方向に向いてしま
うため、国家戦略の土台が築けないまま、その時々の状況で
政策を決定してしまうからなんです。

誰が韓国大統領になっても、何だか韓国のお先が真っ暗って
思うのは私だけですかね?

この記事へのコメント