マンチェスター自爆テロが日本に教えてくれますよ

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はパートさん達と昼飯を食べていました。
その時なんですが、パートの1人が
「家の旦那が株式投資を、先月から始めちゃってさ~、いき
なりマイナスなの」
って言った途端に、他のパートさんが、
「どの位マイナスなの?」
って聞き出す始末・・・。

そこは聞いちゃダメでしょ!って思いながら、話を聞いてい
ると、その他にもグチャゴチャ言いながら、結論は
「投資は博打だ~!」
ってことに・・・。

ちょっと待てって、そりゃ違うでしょ!を、延々と説明する
はめになりました。

しかし納得はして頂けませんでした・・・。

私が言ったのは、この一言↓
「投資とギャンブルの最大の違いは、持ち金が減少するか
持ち金が空っぽになるか、違いだけなんです!」

やっぱパートさん達にとっては、投資もギャンブルも同じに
移っちゃうんですね~。

ギャンブルは
「資金がゼロになるか儲かるか?」
ですが、投資は
「資金が減少するか儲かるか?」
なんですけどね。

やはり「思い込み=洗脳」という図式は、成り立つのかもし
れません。

本日は英国での自爆テロについて、考えてみたいと思います。

まずは時系列で状況をまとめてみたいと思います。

①英国時間の22日午後10時33分、マンチェスター・アリーナ
で行われていた、コンサートの最中に爆発があったとの通報が
警察当局にありました。
ちなみにこのコンサートの主役は、10代前後の若者に人気の米
歌手アリアナ・グランデとのこと(私は知らないんですが、か
なり人気者みたいで、親日派としても知られているそうです)。

②マンチェスター警察署長の発表によると、実行犯はサルマン・
アベディ氏と述べており、爆弾には簡易爆発装置を爆破させた
とのこと。
ちなみにこの容疑者の両親はリビア人で、カダフィー政権から
逃亡して来たらしい。

③当然ながら、ISが犯行声明を発表しています。
「戦士(兵士)1人が群集の間に爆弾を仕掛けた」
とね。
これって以前にも述べたんですけど、
IS(自称イスラム国)による英国テロを妄想
戦士や兵士って言葉をISが使うときって、IS自らが作戦遂行を
させている訳では無いんですよね~。
但しISにとっては、素晴らしい功績を残してくれた、っという
ことで、褒め称えている訳なんです。
さらにISは、
「今後も、このような攻撃は続くであろう」
とも言っています。
この文章の意味するところは何なの?って考えると、
「世界中からISに渡って訓練と洗脳を受けて、自国に帰国し、
忠実にISの思想に基づいてテロを実行する戦士や兵士が各国に
存在しているんだよね。」
じゃないのかな?
その他3人の容疑者が、この事件に関与したとして逮捕されて
います。

④この自爆テロのため、英国の警戒レベルは「トップレベル」
になっています。
こうなっちゃうと、規模の大きいイベントに対しては、常に、
厳重警戒が敷かれることになります。
英国総選挙選活動も自粛されちゃったみたいですし・・・。

ここまででお分かり頂けます様に、私は単純に
「自国民がISの戦闘訓練と洗脳を受けて、自国に戻って来た
上で、忠実にその洗脳通りに自国において事件を発生させて
いる」
って考えています。

最も単純な理由が、こちら↓

欧州のイスラム教徒人口.jpg
(AFP BB NEWS 2014年1月14日 16:32)

とにかくドイツ、フランスについで英国のイスラム教徒人口
が多いんです。

国全体の人口比率で考えてはダメで、あくまでもイスラム教
徒の人口で考えないと、意味がありません。

それだけISに渡って、戦闘訓練と洗脳をされちゃって自国に
戻る可能性が、極めて高いってことになりますよね。

この状況が続く限り、テロは決して無くならないとも言えそ
うです。

私なんかは古い人間なんで、オウム真理教事件を思い出して
しまうんです。

宗教における絶対主義って、人命を何とも思わないですから
ね!

ヤクザより性質が悪いんです!

●●●追伸●●●
私なりに考えるに、最大の理由は、
「若者の貧困化」
なんじゃないのかな?
将来を担うべき若者が貧困に喘ぐ国ほど、テロに加担する傾向が
強いんじゃない?
故に、この問題の本質は宗教そのものではなく、その宗教を崇め
る人間そのものの問題だと、思えちゃうんです。
宗教って人間の心を安んじさせるはずのものであるはずなんです
が、いつのまにやら、他人にも強制させるものに変化してしまっ
ているんじゃないかな(自分こそ正しい、かな)?

国柄は、その国民の精神によって決定されます。
その国民の精神は、宗教によって決定される事が多いんです
よね。

多民族国家なんて一杯ありますけど、多宗教国家なんて先進
国では、日本だけじゃないですかね?

古来からの「八百万の神」じゃないですけど、日本の文化は
自然そのものを神と崇める精神文化が、今のところ根付いて
います(はずです)。

この日本人の精神文化を根底から覆そうとしている政策こそ
が、「移民受け入れ」問題なんです。

低賃金で労働させる事ができるイスラム教徒なんかが、日本
に殺到した日にゃ、ISなんか喜んで日本に送り込んで来ます
よ!
「身代金目当て」
でね。

労働不足は国家の経営の問題であって、移民受入とは別問題
のはずなんですけどね~。

この記事へのコメント