お花畑にならないためには?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日は、かなり離れた川に釣行に行ってまいりました。
理由は子供たちに、晩飯を食わせる約束をしていたからなんです。
子供たちが住んでいる近くの川で釣行をしていたんですが、何とも
釣れる!釣れる!
ブルーギルばっかり・・・。
ブルーギルって川にはいないと思っていたんですけど、実はいたん
ですね~。
しかもヘラブナ並みにでかいし・・・。

ブルーギルで20cm近くなると、引きは半端無いですよ!
だって40CMアップのバスだと思いましたもん。

その後は、子供たちと合流して約束通りに晩飯をご馳走です。

子供達の推薦する店に行きましたが、確かに美味しいんですけど、
メッチャ高い!!!!

しかし、子供達の意見や考え方を聞ける場としては、安いもんなの
かな~。

私が真っ先に聞いた質問が、
「1億円あったらどうすんの?」

子供達の回答は、
「親父とお袋のために使う!」
親としては嬉しいんですが、素直には喜べませんでした。

この回答って、皆様方はどのように考えますか?

だってね、家の購入とかフェラーリみたいな高級車の購入とか、
資産運用にするとか、選択肢は一杯あるんですよ。

こうなっちゃうと、親父講義の始まりになっちゃうんですよね。

私達両親は、子供を生み、育てるのが本能なんやで。
そしてお前らは、「私達の子供」として生まれたんやで。
何があっても子供たちを見守り育てるのは、両親の責務なんだよ。

この考え方に関しては、子供たちも納得してくれました。

ここで改めて先ほどの質問を投げかけてみました。

しかし子供たちにとっては、想像出来ないみたいなんですよね。
私の中では、自分のためにどのように使うのかを聞きたかったん
ですが。

つまり目的が無いのかな。
目的が無いから目標も無い。
夢が無いから目的も無いのかもしれません。
このことに関しては、子供達の問題であり、親が口を挟むべき
ことではありませんので、今からでも遅くは無いんで、じっく
り考えろ、とだけ言いましたが・・・。

人それぞれ、色々な考え方があって当然なんですけどね。
この千差万別な考え方を持つ人々がいる社会において、1つの
方向を決めるべく出来上がったのが、民主主義なんじゃない?

私はこの考え方は、正しいと思っています。

だって全国民が「同じ方向」に向いちゃったら、その国には
「相対」という概念が存在しないんですから。

共産主義の失敗は、全国民を同じ方向に向けてしまったことに
原因があるように思えるんです。

子供達が色々な知識を身に付けた上で、色々と各種問題を自身
で考えていく。

私が子供たちに伝えたかったのは、
「全国民が支持する」
ってな国家は、あまりにも異様であり、人間個人そのものが
否定されているかもしないよ、ってことなんです。

これは反論があるかもしれません。

しかし私の中では、
「民主主義の生みの親は、人間の多様性」
が、私個人の考え方なんです。

極端な例で申し訳ありませんが、ISに「多様性」ってあります?
ISの人々は、全て同じ方向を向いているでしょ。
つまりISには多様性が存在しないんです。
あるのは一過性のみ、つまり「絶対」しか存在しないんです。

ここが子供たちに伝わってくれていれば良いんですけどね。

●●●追伸●●●
子供たちには、さらに詳細に言ったんですけど、
「絶対」と「相対」は必ず区別して、現在を考えるようにと。

ここを間違えちゃうと、お花畑と中国畑の子供が、私の子供たち
に誕生しちゃいますから・・・。

この記事へのコメント