日銀と主要国の中央銀行って、政策は間逆なの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は体調もかなり良くなって来たので、会社帰りに釣りに行って
来ました。
車で30分ほどの野池なんですが、18時を過ぎてるのに暑い!!!
しかも野池の底の水温を計っても28度もあるし・・・。

これじゃバスちゃん達は、ほとんどバテて動かないんだろうな~、
って考えてスイムベイトでスローリトリーブ開始。
使用したスイムベイトはこれです↓



王道のゲーリーヤマモトですが、ソルト仕様なのにバスの反応も抜
群のスイムベイトなんです。

しかもこのスイムベイトは、意外とスキッピングもしやすいので、
早速ですが、野池のカバーへスキッピング・・・。
しかしバックラッシュ・・・。
サミングが追い付きませんでした・・・。

バックラを修正して、リトリーブしようとすると既に重みが!
「よっしゃ~!」ってことで、合わせると、何とも巨大な蛙。
何蛙かはわかりませんが、メッチャでかいし、全身イボだらけだ
し、気持ち悪い粘液を体表から出してるし、触りたくも無いので
ラインを切っちゃいました。

その後も続けましたが、バスの顔を拝むことはできずに終了。

あっ!でもねなまずは1匹釣れましたよ。
だから「何で野池になまずがおるんや!」ってことなんですけどね。

本日は主要国の中央銀行の政策を、改めて調べてみました。

まずざっくりと言えるのは、米国・EU・カナダ・英国などの中央銀
行は、揃って利上げに向かっているんだな~、ってことです。
でも日銀は金融緩和を継続しています。
これじゃ、日本が取り残されないのかな~、って思いませんか?
ただ日銀の政策が、主要国の中央銀行が取る政策と違う政策を行っ
ても、何ら問題がある訳ではありません。

中央銀行は、あくまでも景況感で政策を決定することが殆ど何です
けど、皆様方はこの各国の景況感をどのように感じていますか?

確かに米国とか日本の失業率は、激減しているのは事実なんですが、
所得が増えていないのも、これまた事実。
定職に就いても賃金が上がらなければ、インフレは起こりません。
インフレが起こらないのに、何故ニューヨークや東京の株式って、
高値更新なんでしょうかね?

私個人が考えるに、
①現在のドル円に対して、日本の株価は高すぎる
②ニューヨークの株価も高すぎる
じゃないのかな。

①について。
現在のドル円は、「円高ですか?円安ですか?」
この質問に回答出来る人は、いないんじゃない。
「円高・円安」って言う以上は、何らかの基準を持っていないと
言えない事なんです。
つまり、どこを基準にするのかが重要となります。
ちなみに私は基準を設けていません。
理由は単純で「基準を設ける意味が無いから」なんです。
私が円高・円安を述べるのは、あくまでも昨日の値に関してのみ
なんです。
でも現在のドル円相場を、「円安」と考えている人々がいます。
現在の状況が「円安」であれば、もっと日本の株価も上昇しても
いいはず、って考えになっちゃうんです。
でも2万円前後でウロウロしてる状況。
「何で?何で?絶対に何かあるはず!」
ってな思考に走っちゃうんです。

②について。
これは明らかに高過ぎでしょう!!!
インフレ率が1%程度しかないのに、失業率だけはメッチャ減少
したけど、賃金は殆ど上昇しない。
賃金上昇しないんだから、消費者行動として低価格に目が行くの
は当然のこと。
つまり商品の低価格化が加速しているってことです。
それだけ利益は減少するんですから、さらに賃金上昇は見込めな
いですよね~。
それじゃ、何でここまでニューヨークの株価が上昇しているんで
しょうか?
日本も米国もなんですが、土地価格がメッチャ上昇しているんで
すよね。
このままだと、改めて「バブルの始まり」かもしれません。
皆様方も経験した方々がおられると思いますが、バブルの絶頂は
一瞬であり、その後は経済急降下の一途を辿るんです。
だから主要各国の中央銀行は、バブル崩壊後に起こると予測され
る景気の急速な減速と、低金利による銀行や企業の破産を最もで
すけど、恐れているんです。

各国の中央銀行に関しては、グローバル化が進んでいるんでしょ
うけど、日銀までこのグローバル化に付き従う必要はあるの?

ここからは私個人の妄想になっちゃうんですけど。
③インフレ率すら上がらないのに、公定金利を上げるの?
④1国が金融政策を独自に実施すると、その国の通貨のみが上下
 するようになる。

③について。
インフレ率って、その国の発展度合いを端的に示すものでしょ。
そのインフレ率が上昇していないのに、公定金利を上げてどうす
るんでしょう?
デフレによる低価格競争が続いて、社員の給料が上がらないだけ
なんでしょうね。
ただね、このように考えることも出来るんです。
公定金利を上昇させれば、必然的に市場金利も上昇します。
しかし消費者は賃金が増えません!
では誰が、この市場金利にて儲けられるんでしょう?
「資産家」
しかいないでしょう。
我々庶民の意見なんて、蚊帳の外です。

色々と筋道立てて言うことは出来るんですけど、各国の中央銀行
までグローバル化してしまっていて、日銀も世界各国の中央銀行
の考えと意図を汲み取る時代になってきたのかもしれません。

●●●追伸●●●
ただね~、日銀がこの方向に舵を切る必要性は全く無いと考えて
います。
日銀は日本の経済を良くすることを、考えればいいんですし。
「世界の中央銀行がこの方向に向いているから、日銀も」

これこそグローバリズムの考え方ですよね!

日銀は日本国の将来を考えればいいんです。

日銀前総裁みたいに、ドル円70円台まで円高に進めなけりゃい
いんです。

ただね、利上げに向かおうとしている各国中央銀行にとっては、
日銀は「マジでウザイんじゃ~!」
ってな状況も、十分に考えられます。

日本独自の路線を貫くんでしょうかね?

この記事へのコメント