ISよ、何処へ?(おまけ、お隣はええ加減にせいや~!)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日もさっさと仕事を終わらせて、近くの野池に行って来ました。
本日攻める野池は、とにかく甲殻類(ザリガニ)が異様に豊富なん
です(後、タニシもね)。

ってな訳で、エビパウダーとエビエキスを入れた自作ルアーで、
釣りを開始したんですけど、食ってくるのはザリガニばかり。
しかもルアーを離さないからラインはボロボロになるし、ザリガニ
はデカイし、何故かタガメまで食い付いて来るし・・・。
っていうか、タガメって絶滅危惧種じゃ無かったっけ?
なんでこんな野池に住んでんの?

確かにこの野池の水辺を良く見ると、蛙の死体が多い。
全部とは言いませんが、少なからずタガメにやられているんでしょ
うね。

結局バスは釣れずじまいで終了です。

本日は自動車テロとISに関してちょこっとだけ。

スペイン・バルセロナでまたもや、自動車によるテロが発生。
その後の詳細は、こちらのニュースをご覧下さい↓

【バルセロナ襲撃】 ワゴン車3台とガス缶120個で大規模攻撃計画か
(BBC NEWSJAPAN 2017年8月21日 配信)

今年の3月にこのようなことを述べたんですが↓

IS(自称イスラム国)による英国テロを妄想

どうやら本格的にISは、自動車テロを率先して実行しようと、
企んでいるようですね。

この自動車テロのポイントとしては、
①安価である
②それなりの大量虐殺が可能である
③事前に察知されにくい
④2~3日の運転技術訓練だけで、実行可能
⑤IS兵士じゃなくても実行可能
⑥自動車が走っている国なら、どこでもターゲット
ってな感じかな~?

だって機関銃を買ったり爆弾を製造するよりも、遥かに安価で
お手軽に実行出来るテロですから。

やはり欧州に関して言えば、かなりISに洗脳されている人々が
多いんじゃないのかな?

加えてIS自体が本拠地を失いつつありますから、既に資金すら
も底を突きつつあるのかもしれません。

だから2014年頃から、自動車テロを推奨していると考えても、
何ら不思議ではありません。

問題はモスルもラッカも落とされた時に、再度本拠地を探すの
かどうか、ってことです。
あくまでも「国」を重視するのか、それともゲリラテロを今後
は繰り返していくのか、ここで大きくISの進む道が分かれると
思われます。

現状では、「国」を作ってしまうと世界各国の餌食になってし
まいますので、恐らくはゲリラテロを実行するんじゃない?

欧州でテロを実行させつつ、狙いは東南アジア!
しかもISはランドパワーの戦力です。
欧州やフィリピンで派手にやりつつも、アフガンにもちゃっかり
と手を伸ばしています。

アフガンの先には?

新疆ウィグル自治区があるんですよね~。
しかも天然資源の宝庫ですし。
ISが中国とガチで戦をやるとは思えませんが、水面下で模索し
ていても、私は不思議とは思いません。

IS建国のときもそうでしたが、かなり電撃的に一気に掌握して
しまう行動を見る限り、否定は出来ないんですよ。

ISはどこに向かっているんでしょうかね~?

●●●追伸●●●
話はガラリと変わるんですが、皆様方もご存知だと思うんです
が、お隣のお花畑大統領が、こんな発言をしてるんです。
「日本の朝鮮半島統治時代の徴用工問題について、個人の権利
は残っている」
2017年8月17日の記者会見で言ってるんです。

本当に、
「ええ加減にせいや~!!!!!!」

何なの?このお隣は?
国民も大統領も全て「お花畑?」。

細かいことを言うつもりはありませんが、こいつらって
「ゆすり・たかり!」
をね、国家単位でやってるだけやん!
ヤクザよりタチが悪いで~。
国を総動員して、ヤクザになってるんやから。

お願いですから、日本企業はこんなヤクザ国家の言いなりに
なっちゃ、
「ダメ!」
ですからね。

今、賠償金を支払っても、また数年後にはイチャモン突けて来て、
さらに賠償金を請求されるだけなんですから。

このお隣のヤクザ国家に対しては、日本は官民一体となって断固
として、立ち向かわなければダメでしょう!

是非、こうなることを願います。

この記事へのコメント