日本と米国と英国

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も仕事帰りに、近くの野池に釣りに行って来ました。
1辺が50m程度の正方形のクリア野池です。
護岸はされておらず、シャローも無く、垂直に水深は10m近くあ
るんです。

周囲にもバサーはいましたが、ルアーはマチマチでしたね~。

ワームを使用している方々は、ギルばっか釣ってましたし、シュ
リンプ系では何も釣れてないみたいでしたし、唯一釣れていたの
がスイムベイト系かな~。

ってな訳で、自作のスイムベイトで釣行開始です。

ボトムを取ってから、スローにリトリーブさせていたんですが、
全く反応無し!
ボトム付近をリトリーブさせ終わって、巻き始めた途端に凄い
当りが!

「よっしゃ~!」

って巻いてみると、20UPの巨大なギル・・・。

でも他のバサーの注目は集めましたけどね。

釣果はこれだけでした・・・。

本日は、先月末から来日していた英首相に関してちょこっと。

これって、日本ではほとんど話題になっていないように感じるの
は、私だけ?

何故、この時期に英首相が日本を訪問する必要があるんでしょう
かね?

ここからが、私の妄想の始まりなんです。

現在のEUの状況を考えてみると、経済大国であるドイツの一人勝
ちじゃないですか。
EUは「ドイツ帝国」って言われるくらいに、ドイツの力が大きい
ことが、世界中に知れ渡っています。

しかし英国も「シティ」が存在する「金融大国」なんです。
でも経済力はドイツには及ばない。

つまりドイツには工業力がありますが、英国には金融しか無いっ
てこと。
経済基盤を考慮すると、ドイツの経済の方が強いのは当たり前。

でもね、トランプ氏と独首相の関係が良くないのも、事実なんで
す。

だったら英国の政策の舵をどのように切るべきか?

ドイツと関係が良くない米国に近づくのが、有力候補になります
よね。
さらに、その米国と関係が強固な日本に近づくのも、これまた当
然の流れ。

簡単に言うと、「英国が日米の政策に合流しつつある」、ってこ
となんじゃないのかな?

例えば以下の記事↓

日英「準同盟」アピール=メイ首相、NSC出席
(時事通信社 2017年8月31日 19:07 配信)

英首相が、日本のNSCに参加したんです(って言うか、日本国が
招待した、って言った方が良いのかな)。
この中で、最も注目すべきは、
「アジアで日本は最大級のパートナー」
って、答えたこと。

さらにこの会見です↓

日英共同記者会見
(首相官邸HP より)

この中で重要なのは、以下の文言かな。

①北朝鮮に対する、日英の断固たる決意を表明
②安全保障においては、海洋の安定化勢力同士としての自由で開
 かれたインド太平洋の確保のための協力
③英国はアジア太平洋における安全保障上の重要なプレーヤー
④東シナ海、南シナ海情勢についても議論し、力による一方的な
 現状変更の試みに強く反対することで一致し、法の支配に基づ
 く国際秩序の維持のために緊密に連携していくことを確認

①について。
これは明確に英国は、日米の政策に追従することも視野に入れて
いる、ってことを言ってるんじゃない?
「国際法を中国も守れよ!」
っていう考え方に、英国も賛同しているんじゃない。
正直に言いますが、この発言には「ビックリ!」でした。

②について。
これまた明確に英国は、中国を暗に批判しているって考える方が
自然でしょ。
これも日米の政策に賛同している、ってことなんじゃない。

③について。
この発言は大きいですよね~。
だって、前英首相の「親中路線」を否定したことに等しいんです
から。
だからこそ、「アジアで日本は最大級のパートナー」って言う、
言葉が出て来たのだと、私なんかは考えます。

④について。
これは北朝鮮と同じで、「中国も国際法を守らんかい!」って
こと。
この発言は、日本にとっては有難いんじゃないんでしょうか?
だって、遠く離れた英国の首相が、ここまで踏み込んで言って
くれているんですから。

こんな感じで妄想すると、その先に何が見えて来るんでしょう?

日英同盟の復活なんじゃない?

この同盟は、是非とも成功させたいですよね。

だってね、日英同盟が復活すると、

⑤国連における拒否権を持つ英国を、日本の味方に出来る
⑥情報戦に関しては、世界屈指の英国情報を日本も得ることが
 出来る

⑤については、安保理を日本は優位に進めることが出来ます。

⑥については、日米の政策を英国を通じて全世界に流すことも
可能となるんです。
これこそ、ビッグチャンスじゃないですか!

それにしても、英首相の訪日報道の、何と少ないこと・・・。

●●●追伸●●●
米国メディアを見ると、「反トランプ」報道ばかり。
日本メディアを見ると、「反安倍」報道ばかり。

ここまで、中国が入り込んでいるってことなんでしょうね。
ただね、自国通貨がここまで信用されていない以上、中国は
外貨を用いた戦略しか無いんです。

金融封鎖を世界規模で実施すれば、北朝鮮も中国も「あっ!」
と言う間に、経済力が無くなるって考えるのは、短絡的かな!

確かに中国は大国かもしれませんが、自国民に信用の無い通貨
を発行して、どうすんの?

日米英で3国同盟を結んでもいいんじゃない?

日本に対するデメリットは、全く無いんですから。

この記事へのコメント