安部総理の国連演説

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

朝起きて釣りに行こうと思ってたら、頭の中でスピードメタルが
ライブ中の状態。
風邪かな~?

本日は素直に寝て過ごします。

って言っても、1日中寝れる訳も無く・・・。

本日、気になった記事がこれ↓

中露海軍、北海道沖のオホーツク海で合同軍事演習、中国メディア「将来的に突破しなければならない海域」と日米けん制
(Record China 2017年9月22日 21:50 配信)

中国は日米を牽制する目的のようですが、どうにもロシアの手の平
で踊らされているように、思えてしまいます。

中国が北極海の天然資源を虎視眈々と狙っていることは、ロシアも
当然ながら把握しています。
軍事合同演習ってものは、お互いの軍事能力の情報収集を行うため
に実施するもの。

中国は北極海の天然資源のため、ロシアは中国の北極海進出を阻止
するための、合同演習と見ていいんじゃないのかな?
だってトランプ氏は、プーチン氏と手を結びたいと考えていても、
戦争をしようとは考えていませんからね。

ただプーチン氏が中国と手を結んだのであれば、話は別になります
けど・・・。
気になるのが、
「中国の海上シルクロードが今後、北極海に向かう可能性も否定で
きない」
という内容。
これはかなり意味深な内容ですよね~。

私のような凡人が、このように考えること自体、プーチン氏の手の
平で踊らされている、ってことなんじゃないのかな。

中国の海上シルクロードが中東に向かうのは、ロシアとしては問題
にならないんですが、北極海は全くの別問題でしょ。

極端な話ですが、北方4島にさらに迎撃基地をロシアが建設すること
も、十分に考えられます。

本日は、安部総理の国連演説についてちょこっと

安部総理の国連演説の内容はこちらから↓

第72回国連総会における安倍内閣総理大臣一般討論演説
(首相官邸HP 2017年9月20日 配信)

冒頭、
「世界の法の秩序を守れよ!」
って、中国を批判してますよね。

さらに、安保常任理事国になって「日本」が世界平和を担っていく、
この考えは極東アジアを考えると、その通りなんじゃない?
東西冷戦が終わって、東西ドイツは統一しました。
しかし極東アジアにおいては、南北朝鮮は統一されないまま。
この責任の一端は、確かに「日本」にもあるんでしょう。
だって「敗戦国魂」が、現在の日本人魂を作り上げて来たんですか
らね(ちょっと言い過ぎかな~)。

敗戦国は、各国に頭を「ペコペコ」下げないとダメなんですか?
敗戦国は、各国に主張する権利すら無いんですか?

日本は米国との戦争に負けました。だから「敗戦国」なんです。

かといって、勝戦国の言い成りになってもいいんでしょうか?

違うでしょ!

安部総理の発言から見ると、このように考えているようにしか、
思えないんですけどね。

その後の発言は、北朝鮮に対して如何に対話をしても無駄だって
ことを、歴史的事実に基づいて発言しています。

私が注目した発言がこれ↓
「議長、御列席の皆様、北朝鮮はアジア・太平洋の成長圏に隣接
し、立地条件に恵まれています。勤勉な労働力があり、地下には
資源がある。
それらを活用するなら、北朝鮮には経済を飛躍的に伸ばし、民生
を改善する途があり得る。
そこにこそ、北朝鮮の明るい未来はあるのです。
拉致、核、ミサイル問題の解決なしに、人類全体の脅威となるこ
とで、拓ける未来など、あろうはずがありません。」

この発言には2通りの方向性があるように思えます。
①金正恩氏が民主主義に頭を切り替える
②北朝鮮に新政権を樹立させる

①について。
イラクのフセイン氏、リビアのカダフィ氏を目の当りにしてい
る金正恩氏にとっては、到底受け入れられない内容でしょう。
だって自分の命を守るために、核・ICBM開発をやってるんです
からね。
本当に自身の命が保障されるのであれば、ガラッと態度を変え
るかもしれませんけどね。

②について。
金正恩氏を殺害するしか、方法がありません。
まず無理でしょう。
例え殺害に成功したとしても、洗脳教育された国民が何を実施
するのかは、未知数だからなんです。
恐らく国民は逃亡するんでしょうが、最も頭を悩ませる国こそ
中国でしょ。
だから対話、対話って言い続けているんです。

金正恩氏が、自分の命よりも「国民の命を大切にする」ってな
考えにならない限り、現在の状況は変わらないんでしょう。

●●●追伸●●●
安部総理の発言にもありましたように、北朝鮮って本当に地下
資源が豊富な国なんです。
軍事じゃなくて資源採掘にお金を使えば、北朝鮮はマジでアジ
アでも有数の資源国家になるんですけどね~。
国家のトップが自分の命しか考えないから、このような状態に
なってしまうんです。

過去の歴史からも分かるように、独裁国家は必ず国民よりも、
自分の命を最優先させます。

優秀なトップと共に暮らす国民と、無能なトップと共に暮ら
す国民の差が、ここに出現するんです。

日本はどうですか?
もうすぐ総選挙ですよ!

この記事へのコメント