勝手な考えから、北朝鮮問題と市場を妄想してみました!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も仕事帰りにちょこっと野池に釣りに行って来ました。
っていうか、18:00なのに真っ暗やん!
ってな訳で、おでこにライトを着けて野池に行ったんですが、
何故か、カマキリがやたらと飛んで来るんです・・・。
何で・・・?
自分から私に飛んで来ておいて、私の服の上でファイティング
ポーズですからね~。
ひょっとして今年って、カマキリの異常繁殖なんでしょうか?

っということで、本日使用したルアーはこれ↓



ダイワのピーナッツシリーズの1つ、ディープランナーです。

恐らくデカバスは、表層にはいないんじゃない、って読みです。

・・・。

結局、ボウズでした。

現在進行形で朝鮮半島問題が進んでいる中、市場は上昇傾向で
すよね~。
日経平均も2万円台を回復しちゃうし、ドル円は高くなりつつあ
りますし。
今後の中でドル円相場を左右させそうなイベントとしては、
●米国大統領府と議会の関係
●米国経済とFRBの金融政策
●日銀の金融政策
●朝鮮半島問題
辺りでしょうか。

本日は、本気で米国が北朝鮮を攻撃するとしたら、どんなシナリ
オがあるのかを、考えてみたいと思います。

私が考えるシナリオとしては、次の4つかな~。

①北朝鮮包囲網の強化
②北朝鮮の主要設備へのピンポイント爆撃
③北朝鮮への全面攻撃
④サイバー攻撃

①について。
基本的に中露の協力が無いと、無理ですね。
だって、お花畑大統領は「北朝鮮との対話が命!」って考えて
いますし、中露も他の地域で米国の頭を悩ませることが、何ぼ
でも出来ますからね。
それでなくても米国は、アフガニスタンやイラクなど、世界中
に米軍を散開させているのに、北朝鮮のためだけに米軍を削ぐ
訳にもいかんでしょうから。
確かにこのシナリオって、最もリスクが低いんですけど、最も
効果も低いシナリオなんじゃない、って私なんかは考えていま
す。
だって費用対効果で言えば、費用(軍事費)が掛かり過ぎだか
らなんです。

②について。
このシナリオの最重要ポイントは、「北朝鮮の主要設備の定義」
だと、私は考えています。
だって北朝鮮の指揮命令系統や、各施設やICBM発射拠点をピン
ポイントで爆撃しても、北朝鮮の通常戦力は残ったままですか
らね。
指揮命令系統が存在すれば、即座に韓国が火の海になることは
目に見えています。
軍事境界線にある北朝鮮の通常兵器が、全て韓国に発射される
ことになるんですよ。
とてもじゃないですけど、駐韓米軍の手には負えないと思うん
ですけどね。
逆に米軍が、駐韓米軍の増強を始めたら、ピンポイント爆撃に
シフトしつつある、ってな見方も出来るかもしれません。

③について。
このシナリオは、真っ先に私の頭の中から削除されました。
北朝鮮からは米国に対して、絶対に先制攻撃を仕掛けて来ない
ことが、分かり切っているからなんです。
ってことは、全面攻撃をするだけの大義名分を、米国は世界中
に知らしめる必要があります。
だけど実際には、「無い」んです。
それにこのシナリオを実行に移したら、中露が北朝鮮側に組す
るのも、明らかですからね。

④について。
私が現在のところ、最も優良な攻撃方法と考えているのが、こ
のシナリオなんです。
但しウィルスソフトではなく、電磁パルス攻撃なんじゃないの
かな~?
勿論、ウィルスソフトを北朝鮮の主要設備に感染させていると
は思いますが(まだ発病はさせていない状態でね)、これだけ
では、どうにも不十分だって思うんです。
だから、ウィルスソフト発病させつつ電磁パルス攻撃を行うの
が、米国にとって最も効果がある攻撃なんじゃないのかな~、
って私なんかは考えています。
ただこのシナリオの問題点は、この電磁パルスが影響を及ぼす
範囲が、下手をすれば日本にまで及ぶってことなんです。
だって高エネルギーの電磁パルスを発生させるためには、それ
だけのエネルギーを発生させる装置(核爆弾)が必要になりま
すし、発生させた高エネルギーに指向性を持たせるだけの技術
は、残念ながら現在の人類は持っていませんからね。

このように考えていくと、昔のような物理的な戦争への突入は
少なくとも無さそうに思えます。

この辺りのことを折り込んだ上で、現在の市場が動いているよ
うに、私なんかは思うんですけどね・・・。

●●●追伸●●●
株式は各企業によるので何とも言えませんが、ドル円に関して
言えば、少なくとも今年中は高くなりそうですよね。
だって朝鮮半島問題そっちのけで、ドル円がジワジワと上昇し
て来ていますから。
東日本大震災の時もドル円は強かったんですが、朝鮮半島問題
でも同じなのかな~?

円は本当に信用されているのか、それとも一時避難的な通貨と
してしか見られていないのか、ここを知りたいですよね。

この記事へのコメント