IS VS フィリピン 終結なの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

何なんでしょう!本日の寒さは・・・。
「四季」の国である日本に、「秋」が無いじゃないですか。
しかも冷たい雨・・・。
一気にバスがタフっちゃうこと、間違い無しです。

ってことで、本日は素直に帰宅です。

先週末、日経平均は2万1千円台を回復しました。
だけどドル円は112円辺りをウロウロとしている状況。
本来は、円安により日本企業の収益が上昇し、その結果として
企業の株が上昇することから、日経平均も上昇するのが基本だ
と思うんですけど・・・。

まあ~、米国の株式市場上昇が牽引していることは、間違い無
いんですけどね。
ただ、米国の株式市場が上昇している要因は、米国内景気の上昇
なんですが、その原動力ってユーロ高ドル安何じゃないのかな?

株高が為替に及ぼす影響度がどの程度なのかは、これから調べて
見ないと分かりませんが、影響力が大きいのであれば、今後は、
円安に進む公算が大きそうですね。

本日、気になった記事がこちら↓
カタルーニャ州首相、独立への動きを「延期」 政府に協議求める
(AFPBB NEWS 2017年10月16日 17:17 配信)

さすがに、スペインからもEUからも見放されてしまう状況は、
何ぼ何でも得策じゃないな、って判断したんでしょうね~。

そのスペイン政府の回答がこちら↓
スペイン政府、独立めぐる立場明示を再び要求 自治州首相に19日まで 
(AFPBB NEWS 2017年10月16日 19:22 配信)

つまり「どっちやねん!」ってこと。
はっきりさせんかい!ってことでしょう。

もしも独立を選択するんなら、冗談抜きでスペイン政府も直接
統治を考えるかもしれませんね。

今少し成り行きを見守りましょう。

次がこの記事↓
イラク軍、キルクークの軍事基地など掌握 クルド人部隊が撤退
(AFPBB NEWS 2017年10月16日 18:39 配信)

ちょっとこのままだとクルド人は、イラク・イラン・トルコ・シリ
アの4カ国を、同時に敵に回してしまうかもしれません。

こちらの動向も目が離せないですよね。

最後に私が注目した記事がこちら↓
比ミンダナオの過激派指導者が死亡、国防相 数日内に戦闘終結宣言も
(AFPBB NEWS 2017年10月16日 16:49 配信)

本当ならこれで、フィリピンのIS系武装組織は壊滅したことになり
ますが、組織としては壊滅しただけで、マウテ兄弟の残り何かは、
どこかに潜んでいるか、逃亡してるんでしょうね。

やはり島国ではISの力を発揮することは、ちょっと難しいんじゃ
ないのかな~。
海上封鎖されちゃうと、海軍力を持たないISは、手の出しようが
無いですからね。

もしそうなら、壊滅的打撃を受けつつあるISが、次にターゲット
とする国はどこなんでしょうか?
インドネシアも島国ですので、フィリピンと同じ運命を辿ってし
まう可能性が高そうです。

私は新疆ウィグル自治区を最有力候補に挙げていたんですが、そ
うでも無さそうな感じ(天然資源は豊富なんで、ISの国力を十分
に支えられる地域なんですけど)。
ただISも、中国人民解放軍とは戦火を交えたくないのかもしれま
せん。

そうなるとISが目をつけるのは、ロヒンギャ問題を抱えるミャン
マー、ってな選択肢も見えて来ますよね。

ISの戦闘員の食事内容は分かりませんが、ミャンマーは農産物
国家なんです(特に米かな)。
さらに貴金属(特に宝石)の産出量も多く、さらに地下資源も、
それなりにあると言われています。

ミャンマーは多民族国家なので、どうしても各民族において、
民兵が組織されがちなんです。
ISにとっては、思う壺なのかもしれません。

いざとなればバングラデシュに逃げ込めばいいだけですから。

ISが世界に拡散するよりは、どこかの地域に集中してくれる方が
良くないですかね?

●●●追伸●●●
確かに集中された地域は、たまったもんじゃないのは百も承知で
言ってるんですけど。

ただね、アウンサンスーチー氏が政権のバックにいる限り、この
ロヒンギャ問題が解決するとは、到底思えないんです。
だってアウンサンスーチー氏が、ロギンギャに肩入れするとは、
全く持って考えられないからなんです。

ノーベル平和賞の価値も威厳も、ガタ落ちですね。

この記事へのコメント