リベラルって単語の意味を考えましょ!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

やっぱ体調が良くないのに無理をしちゃ、ダメですね~。
素直に帰宅です。
でも頭の中は、ルアーで一杯なんです。
次から次へとアイデアが浮かんでくるもんで・・・。
でも釣れない・・・・・・・・。

本日、気になった記事はこれ↓
独立宣言は撤回せず カタルーニャ州、中央政府の要求拒否
(ロイター 2017年10月18日 00:40 配信)

例え独立出来ても、経済が成立しなければ、独立以前の問題に
なっちゃうんですけどね。

このことを如実に表した記事がこれ↓
10月9日から3日間だけで500社以上がカタルーニャを去った! 州経済に影を落とす独立運動の余波
(HARBOR BUSINESS Online 2017年10月18日 配信)

カタルーニャは、どっちに舵を切るつもりなんでしょうね?

いずれにしても、経済が成り立たないことには、国家どころか、
独立すら無理なんですよ。
思想や理念だけで動くと、必ずこのような結末になります。
理由は簡単で、「現実」を見ないからなんです。

クルドも同じです。

独立を考えるのであれば、思想や理念だけではなく、独立後の国
の情勢を見極めなければ、独立なんて出来ません。

もう少し見て行きたいと思います。

それにしても、石原前都知事がツイッターで呟きましたね~!
しかも何故か、立憲民主党の枝野氏を褒めまくり!
何故このような呟きをしたのかは分かりませんが、衆院選に立候
補している息子たちへの、ある意味、エールなのかもね?

そんな中で注目したのが、この記事なんです↓
立憲民主党よ、胸を張れ! 胸を張り、リベラルを誇れ!
(HARBOR BUSINESS Online 2017年10月18日 配信)

「えっ!、立憲民主党ってリベラルだったんだ?」
って思いませんか?
何回も読みましたが、立憲民主党の思想・理念及びそれに基づく
政策に対して、どこがリベラルなのか全く分かりませんでした。
っていうか、説明がなされていませんでした。
日本のジャーナリストのTT氏も、同じような内容のメルマガを
発信していましたしね(しかも有料で)。
内容を見れば見るほど、リベラルとポピュリズムがゴッチャに
なっちゃってる感じさえします。

リベラルって単語は、辞書を調べて頂ければ直ぐに分かるんで
すけど、真っ先に出て来る日本語訳は、「自由な」なんです。
ただそこに、政治的な意味合いが含まれて使われてしまうもん
だから、私のような凡人は理解に苦しむんです。

フリーの「自由」と、リベラルの「自由な」の根本的な違いっ
て何なんでしょうかね~?

私は以下のように考えています。
①フリーの「自由」とは、物に対する考え方の自由。
②リベラルの「自由な」とは、政治経済における考え方の自由。

①については、日本語で「無料」が「フリー」になっています
ので、それだけ。

②については、ちょっと複雑過ぎるんですけど、敢えて言わせ
て貰うと、思想や理念までもが「自由な」かどうか何じゃない
のかな?
リベラルの基本的な考え方は、あくまでも個人の自由の尊重で
あったはずなんです。
では個人の自由の尊重を守るためには,何を主張してもいいの?
良いんですよ!
それこそが選挙でしょ!
1票を、個人の自由を尊重するために投じるも良し、自ら立候補
して、個人の自由の尊重を国民に訴えるのも良し。

ただね、我々の代表となった代議士に関しては、この考え方は通
用しません。

だって代議士は個人じゃありません!

国民や地域民の代表者なんですから。

反対ばかりして、代替案も出さない政党に「リベラル」なんて
単語を使うこと自体が、「リベラル」に失礼だと思うんですけ
どね~。

しかも「もりかけ問題」を、今だに言ってるし・・・。

現在の日本には、「もりかけ問題」よりも最優先すべき問題が
山積してるでしょ!

●●●追伸●●●
国民が存在しないと国家は成立しませんよね。
国民が国家を認めないと、国家は成立しませんよね、。
国民が国家の政策に賛成しないと、国家は成立しませんよね。

その代償として国家は、国民の命を守り、財産を守り、領土を守
り、海を守り、空を守るんです。

日本のリベラルって、こんなことも理解出来ないのかな~?

立憲民主党には、恐らくですが反自民党っていうか、反安倍の
投票が、間違い無く集結するんでしょうね。

日本のマスコミが「もりかけ問題」+「希望の党」で、「自民党」
を潰しに来るんなら、今しかないでしょうね~。

日本のマスコミ、恐るべし!
日本のジャーナリストも恐るべし!

中国国民か、地球市民のどちらか何でしょうかね~。

何で日本国民という自覚が無いんだろう?

不思議でなりません!!!

この記事へのコメント