中国に対する日米印露の大団結はあるの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はちょこっとだけ仕事帰りに野池に行って来ました。
だって週末は台風が来る、ってことなんで。
でも「アクビ」が出るような状況で、釣りをすべきじゃ無いです。
とにかく狙ったポイントにキャスト出来ないし、集中力は無いし、
無いこと尽くめでしたので、終了です。

本日、目に留まった記事がこちら↓
マツダ、一球入魂が生んだ「夢のエンジン」 限られた資源をバネに
(ロイター 2017年10月26日 20:41 配信)

日産に続いて、スバルでも不祥事が報道されている今って、日本の
自動車メーカーの存亡の危機だと、私なんかは考えています。
そんな中、「よくぞマツダよ、やってくれた!」って思っちゃうん
ですよね~。
本当に尊敬に値する、メーカーとその社員さんたちです。
頼むから不祥事だけは出さないでおくれ~。

次に興味を持って読んじゃった記事がこちら↓
新チャイナ・セブンはマジック――絶妙な距離感
(ニューズウィーク日本版 2017年10月27日 15:30 配信)

ちょっと長いんですけど、かなり興味深い内容となっています。
マスコミじゃ伝えない内容だと思います。
読んでみて損は無いと思いますよ。

次は、ちょこっとワクワクした記事↓
太陽系外から来て遠ざかる=小惑星か彗星、初観測か―19日発見、超高速・ハワイ大
(時事通信 2017-10-27 16:33 配信)

私なんかは、直ぐに「宇宙船間ヤマト2」を思い出してしまいまし
た。「彗星帝国率いる白色彗星」に結び付いてしまうんです。
しかも太陽系外からですしね。

本日最も気になった記事が、この2つ↓
千島列島を軍事要塞化?ロシアが新たに海軍基地を建設
(ニュースウィーク日本版 2017年10月27日 14:30 配信)

米空母3隻、西太平洋で演習=11月中旬、自衛隊も参加調整-北朝鮮をけん制
(時事通信 2017-10-27 14:35 配信)

特にロシアに関して言えば、「インドラ2017」っていう合同軍事
演習が、今月に行われていたことを初めて知りました。
目に留まった記事は、片っ端から読んでいるつもりだったんです
けど・・・。
しかも陸海空ですよね!
これって間違い無く、いざっ!って時に共同戦線を組めるだけの
実力の有無を、確めに来ているんじゃないのかな?

だって中露の合同軍事演習って、海軍が主体ですし。
つまり中露の軍事演習って、ロシアが中国の海軍力を見極めてい
るだけの演習じゃないの?

ロシアが最も恐れる中国の進出先は、間違い無く「北極海」だと
考えられます。
その最短ルートこそ、「千島列島」なんです。
だからロシアが、この千島列島に海軍基地建設の計画を進めるこ
とも、これまた当然でしょ。

ここに来て、ロシアがインドと初めての3軍合同軍事演習を行った
意味と意義は、ある意味、米国へのメッセージなのかもしれません
よね。
もちろん、ロシアファーストですけどね。

さらにね、米軍の3つの原子力空母打撃群による西太平洋における、
合同軍事演習なんでしょう。

しかも中国共産党大パーティが終わった後に・・・。

本当に北朝鮮?
ひょっとしたら中国牽制?

北朝鮮ならストレートなブレーンだし、中国なら変化球を得意とす
るブレーンが、少なくともトランプ氏には存在するんでしょうね。

どっちだろう?

●●●追伸●●●
これらの記事を読んでいて、真っ先に考えちゃったのは、本当に、
日米印露による中国包囲網が、近い将来に完成するんじゃない!
っていう期待なんです。
ここに「親中ドイツ」が牛耳っているEUが加わるなら、さすがの
中国も南シナ海の占領とか、シルクロード構想とか、一帯一路と
か言ってる余裕は、無くなるんじゃないのかな?

特に黄海付近で米軍が演習するんなら、この考えは現実味を帯び
て来るように思えます。

でなければ、米軍は中東を目標にしている、ってことでしょう。

さて、どっち?

この記事へのコメント