第25回APEC首脳宣言

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日から、日本の外務省HPのAPEC首脳宣言に釘付けです。

ちなみにこれ↓
第25 回APEC 首脳会議
(PDFですからね)

まあ~、最初の方はAPECの理念を述べているんですけど、私が
最初に気になった文言が、14のこの文言↓
「貿易をより包摂的にし,市場にアクセスする機会の改善を支援
し,不公正な貿易慣行に対処するために協働する」
そしてその具体的な内容を示した文言が、その後の文言↓
「政府及び関連主体による市場歪曲的な補助金及びその他の支援
措置の撤廃を緊急に求める」
これってトランプ氏の方針そのものじゃないですか。
だって輸出拡大の障壁となる、あらゆるものを撤廃しようぜ!
ってことでしょ。

次に気になったのが、20のこの文言↓
「全ての人々及びビジネスに利益をもたらすために,交渉,モニタ
リング及び紛争解決機能を含めて,WTO の機能を改善するために協
働することにコミットする」
これも、トランプ氏の意向が反映された文言になっています。
対米貿易において不均衡が生じているので、それを是正しようとす
ると、文句を付けて来る機関こそWTO、ってな感じでトランプ氏は
考えているのかもしれません。
文句は言うけど、貿易の不均衡を是正する力が、現在のWTOに無い
のも事実。
米国主導のWTOルールを築き上げたいんでしょう。

次が21の、この言葉↓
「2国間」
FTAそのものじゃないですか。
文面を見る限り、この言葉は必要無いものと考えられます。
ってことは、トランプ氏が強引に付け加えさせた、って可能性が
高いんじゃないのかな?

そして22の、この文言↓
「保護主義と闘う」
確かにね~、
「全ての不公正な貿易慣行を含む」
っていう条件付ですけど、どう見ても習近平氏も含めた米国の
FTA貿易に対する牽制としか、考えられませんよね。

最後に気になったのがこれ↓
「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)」
習近平氏のダボス会議での演説内容のアジア版、にされちゃい
そうです。
RCEP(東アジア地域包括的経済連携)では、既に主導権を中国
が握っていますので、次はこのFTAAPの主導権も握りたい、って
ことでしょうね。
中国の狙いは、ここしか考えられないんですけど、皆様方はどの
ように、お考えですか?

●●●追伸●●●
ウォールストリートジャーナルが、面白い社説を載せています。
2017年11月8日 13:34 
にね。
ただ有料なんで会員にならないと読めないんですが、かなり面白
い内容ですよ。
題名は、
「韓国、中国にひざまつく」
です。
とにかくお花畑を、ボロカスに言っているんです。
要約すると、以下の点になるのかな
●中国の経済圧力に屈した挙句、自国や同盟国の安全保障に対し
 て、何も考えていない。ただお花畑の頭の中にあるのは、媚中
 であり、従北である。

本当にその通りだと、私なんかは思っちゃうんですけどね。

経済を中国に頼り、安全保障を米国に頼っているのが、現在の
韓国の現状でしょ。
ひょっとしたらお花畑は、安全保障も中国に頼ろうとしている
のかもしれませんね。

北朝鮮はソ連が生みの親、韓国は米国が生みの親、ってことす
ら忘れているんでしょうか?

ただ現在の朝鮮半島の経済基盤を作ったのは、間違い無く日本
なんですけどね。

「台湾」には日本語の「恩義」という言葉が、心の中に存在し
ているんですが、朝鮮半島にはこの言葉は存在しません。
「恩義」とは対等目線でしか出て来ない言葉、上から目線とか
下から目線では、決して出て来ない言葉なんです。

上下関係と上下目線を混同しないで下さいね。

この記事へのコメント