習近平の表情が中国戦略を決定する

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

やっぱりメタル系ソフトワームって、ハードルが高いですね~。
取りあえず板おもりをカンナでスライスして、色々と試行錯誤し
ているんですが、思うように作れないのが実情・・・。
やっぱ銅とかアルミを溶かして作った方がいいのかな~?

ってな訳で、小池東京都知事が希望の党の共同代表を辞任したよ
うですね。
まあ~、直ぐに内ゲバを起こす左巻きばかりが集まった党ですか
ら、当然と言えば当然かな。
ただ、この内ゲバを煽った日本のマスコミも、もはやマスコミと
は言えない存在に成り下っていますね。
だから日本のマスコミって、最低なんです。
皆様方も、こんなメチャクチャなマスコミ報道を見ていると、直
に思考回路が「左」に傾くかもしれませんよ。

次に目に付いた記事がこれ↓
中韓の経済貿易関係を再び軌道に戻すには? 中国商務部の回答
(AFP BB NEWS 2017年11月16日 18:15 配信)

ポイントはこれらかな↓
①民意を第一とし
 韓国国民の民意を中国に統一させろ、ってことでしょうね。

②中国側は韓国側と言行一致の姿勢で関連の問題を善処し
 中国の言うことを聞けよ、ってことでしょう。

③健全な発展と良好な環境を持続させていきたい
 ①と②がクリア出来たら、中韓関係の未来は明るいよ、って
 ことじゃん。

つまり、全て米国に対する牽制ですよね、これって。
本当に中国って、したたかです・・・。
米中関係を良くする方向に舵を切りつつ(見た目ね!)、しっ
かりと韓国を取り込もうとしているんですから。
しかもウォールストリートジャーナルが社説で、お花畑大統領
をボロッカスに言った直後ですからね~。

こんな中国と日本は、どのように付き合っていけばいいの?

1つの回答がこちら↓
中国を意識か、日本がアジア諸国への援助を拡大―米メディア
(RecordChina 2017年1月16日 13時0分 配信)

目先の資金援助に目が入ってしまい、中国資本が流入すると、そ
こに大量の中国人が押し寄せ、あっという間にチャイナタウンの
出来上がり。
中国資本は中国人のためにしか使いません。
だけどね、
「日本は「あなたの国」のために資本援助するんですよ。
 中国の高速鉄道が現在どうなった状態なのか、今一度思い出
 て下さい。」
何てこと言いながら、東南アジア諸国を宣伝し続ければ、少なく
とも、中国への牽制にはなりますよね。

しかし模範解答になるのはこれかな↓
またもや訪中を提案した安倍首相、日本はなぜ関係改善を急ぐのか―中国メディア
(RecordChina 2017年11月14日 11時10分 配信)

この記事に書かれている3つの理由の逆を考えればいいんです。

④阿部首相は外交上で大きな成果を得たい
これって既に大きな成果を上げているんです。
日米、日露、日印、日豪等々、現在はかなり良好な関係になって
います。
ここで日本が中国と仲良くなる必要なんか無いんです。
だのに何でこんな記事が出て来るの?
私個人的には、以下の理由しか思い付きません↓
「中国が日本との和解を模索し始めた」
ってこと。
中国にとって太平洋への海洋進出は、目標なんです。
しかし第一列島線には尖閣諸島と沖縄が存在します。
しかも日米安保で強力に守られているんです。
この日米関係に、中国としては何とか楔を打ちたかったんですが、
出来なかった・・・。
しかもロシアのサポートすらも、受けられそうに無い・・・。
だったら、当面の間は日本と仲良くするしかないでしょ。
現時点では、韓国を米国から引き離すので、精一杯かな。

②一帯一路構想
東南アジアへの日本の資本援助が全てです。

③米国の対外政策との協調
トランプ氏のツイッターを見る限りでは、習近平氏が嫌いでは
無いようです。
これってかなり重要なことで、日米関係より日中関係を優先され
たら、日本は終了してしまいますからね。
ただトランプ氏の考えはトランプ氏にしか分かりません。
ではどのように日本は米国と協調していけばいいの?
答えは簡単です。
「最低限、日米関係を米中関係と同じにすること」
これしか無いでしょ。

日本の対中戦略って何か、を考えたとき、
「尖閣諸島と沖縄を、如何にして守るか!」
なんじゃない?
だって日本の領土を中国に奪われるんですから・・・。

だけど日本1国で中国に立ち向かっても、残念ながら勝てません。
だから周辺国を最優先に、その他各国とも連携する必要があるん
です。

政策議論が出来ない野党に、これだけの関係を作ることなんか、
到底出来ないでしょうね。
革マル癒着の噂がある人物が、野党第1党になるくらいですし。

結論を言っちゃうと、
「今すぐ尖閣諸島と沖縄を手にするのは無理そうだから、取りあ
えずは、日本と仲良くしておこう」
じゃないんですかね。

●●●追伸●●●
日本の国会はまだ「もりかけ」をやってるんですね。
っていうか、野党に他に戦術が無いんでしょう。
だって戦略が無いんですから。

中国はしっかりと戦略を持っています。
だから周到な戦術を、世界中に仕掛けて来ます。

本日の私のこの妄想が生まれた発端は、APECにおける日中首脳
会談での、習近平氏の笑顔なんです。
今まで一度も笑顔を見せたことが無い習近平氏が、ここに来て
何で笑顔なの?
こんなもん、何か裏があるに決まってます。
見せ掛けは日中友好にしつつ、尖閣諸島には今以上に船団を送り
込んでくる可能性も高いですよね。
既成事実を徹底するためにもね。

第一歩として、とにかくこれを何とかしましょう↓
王晨氏が鳩山由紀夫元首相と会談
(RecordChina 2017年11月14日 16時50分 配信)

日米関係を徹底的に破壊した挙句、日中関係を強化した張本人
なんですよ。
でも日中友好を掲げています。

日本の元首相も、今じゃピエロなんですね。

だから中国は恐ろしい国なんです。

笑顔は日本外交の成果を、無表情は中国の成果を、各々表して
いる。

でも逆に分かりやすいですよね。

所詮は私個人的な妄想しかありませんけど。

この記事へのコメント