中国は北朝鮮を説得・納得させることが出来るの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

とにかく寒い!
本日は会社帰りに野池の様子を見に行って来ました。
もはや生命感ゼロ・・・。
野池の水温を測ってみると、最も暖かい場所で11℃・・・。
この水温では、もはやバスも動けないでしょうね~。
ってことで、サッサと帰宅です。

本日、頭に来た記事がこれ↓
国連人権理事会、日本の「報道の自由」に懸念、米国も強く同調―中国紙
(Record China 2107年11月19日 17時30分 配信)

日本のどこに報道の自由が無いんでしょうかね?
思いっ切り自由じゃないですか。
しかも偏向報道ばかり垂れ流して・・・。
こんな言い方は失礼なのかもしれませんが、国連そのものが中国の
コミンテルンに成りつつあるんじゃないのかな?

次に目に付いたのが、この記事↓
韓国とカナダが通貨スワップ締結 破格の融通枠・期限なし
(聯合ニュース 2017/11/17 10:08 配信)

豪州やマレーシアの通過では心許無いから、カナダとスワップを
結んだと見るべきでしょうね。
カナダドルは基軸通貨ではありませんが、それに近い通貨である
ことは確かです。
ただ韓国の本音を言えば、米国と結びたいんでしょう。
米国が無理なら、せめて日本と・・・。
だって日本は米国と無制限のスワップを結んでいるんですから。
しかし日本が韓国とスワップを結ぶメリットが、全く無いのもこ
れまた事実。
どうしてもスワップを結びたいと、韓国が打診して来た時こそ、
条件付スワップ協定を結べばいいんです。
ここでいう条件とは、例えばね
●従軍慰安婦は日韓合意で解決した、って正式に声明を出せ
●竹島に関しては、国際法廷でお互いに争え
ってな感じ。
それよりも何故、カナダが韓国とスワップを結んだのか?
その意図が妄想出来ないんです。
結ぶ以上はカナダにとっても、何らかのメリットがあるはず。
そのメリットが分からないんです。

私が注目していた記事がこちら↓
中国特使、北朝鮮ナンバー2と平壌で会談
(AFP BB NEWS 2017年11月18日 18:57 配信)

この中朝会談、表向きは中国共産党大パーティの結果報告となって
いますが、そんな訳無いでしょう。
こんなもん米朝対話を実現するための、揺さ振りに決まってます。
しかし揺さ振りをかけるには、それなりの武器が必要になります。
では中国が北朝鮮に対して揺さ振りをかけられる武器って何でしょ
うか?
私個人的には、以下の3つかな~って考えています。
①原油
②国境封鎖
③軍事同盟

①について。
現在の北朝鮮は、原油の9割近くを中国に依存しています。
つまり、この原油供給を完全に停止されると、国家終了になって
しまいますから。
電力は石炭でも何とかなるかもしれませんが、それ以外では原油
が無いと無理でしょう。

②について。
北朝鮮国家は、確かに世界160カ国と国交があり、貿易もしてい
るんでしょうけど、北朝鮮国民の大半は中国と貿易をしているん
です。
北朝鮮も中国との貿易率は、7割を超えています。
完全封鎖されると、さすがの北朝鮮も大打撃を食らうことになり
ます。

③について。
これも今年の8月に中国政府が発信しています。
「北朝鮮が先制攻撃をして米朝有事が起こった時は、中国は中立
を保つ」、と。
つまり中朝軍事同盟は、この場合は発動しない、って明確に言っ
てるんです。

この3つの武器を、チラホラとちらせつかせながら米朝対話を模索
している、って考えた方が自然じゃないですかね。
中国にしても、すぐお隣の朝鮮半島で有事なんか起したくないに
決まってますし、北朝鮮難民なんかが大量に押し寄せてこられて
も、迷惑でしょうから。

ただこの3つの武器には弱点があると、私は考えています。

つまり、一度使ってしまうと、武器としての価値が無くなってし
まう、って所なんです。
色々と妄想しましたが、何度妄想しても2度も3度も使える武器で
はないよな~、っていうのが結論でした。
しかも北朝鮮は、この3つの武器を弱体化させるために、ロシアと
急速に接近しつつあります。
韓国よろしく北朝鮮も二股外交を行ってるんです。
これがこの武器の弱点の理由だろうと、勝手に思っています。

この3つの武器は、核兵器と同じく使わない武器ってことです。
あくまでも「威嚇」のための武器であって、実際に使用すること
は無い武器とも言えます。

ここで訪中以降のトランプ氏のツイッターを見ると、思いっ切り
変化がしていることが読み取れます。
ツイッターの詳細は書きませんが、金正恩氏とも友達になれるか
も、とか、習近平氏も力を貸してくれそうだ、とか。

間違い無く訪中において、この辺りの話がなされたものと考えて
いいんじゃないのかな?

でもね、習近平氏の特使が金正恩氏と面会したかどうかが、分か
らないんです。
いずれにしても金正恩氏は、この中国の3つの武器には屈しないと
思われます。

その理由の1つがこちら↓
北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明
(ロイター 2017年11月18日 05:21 配信)

北朝鮮は自衛力の増強を図るんだそうです。
理由は簡単で、
「米国と対等の立場で対話に臨みたいから」
これしかありません。

はてさて中国が持つ3つの武器が、北朝鮮にどこまで通用するん
でしょうかね~?

●●●追伸●●●
ひょっとしたら、他にも中国は北朝鮮に対する武器を持っている
のかもしれませんが、そこまでは私如きでは頭が回りません。

現在のトランプ氏は、この中国の3つの武器による威嚇が、北朝鮮
を対話というテーブルに引き摺り出せるかどうかを、見守ってるん
じゃないのかな?

だって経済制裁っていうけど、抜け道だらけですからね。

この3つの武器による威嚇も効果が無ければ、その時こそ本当に
武力衝突が発生するかもしれません。

この武力衝突をした場合、米軍としての武力衝突なのか、国連軍
としての武力衝突なのか、これだけでもその後の世界情勢は大き
く変化するでしょうね。

でも戦争は嫌だな~。

この記事へのコメント