日米韓の関係は破滅の道へ

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も、さっさと仕事を終わらせてルアー作りに専念です。
明後日頃にはテストが出来るように、急ピッチで作成中です。
ただどうすいても、このルアー作りの時間を優先させてしまいま
すので、朝が辛い!
仕方ないんですけどね~。

ってな訳で、皆様もご存知のこの記事↓
中国・寧波の大爆発、爆心は浄化槽 中国当局
(AFP BB NEWS 2017年11月27日 15:37 配信)

日本だと「飛ぶ鳥、跡を濁さず」ってな言葉があるように、退去
する際に浄化槽は空にするんですが、中国にこのような考え方は
無いんでしょうから、メタンガスが溜まっていても不思議ではあ
りません。
しかし外部からの刺激が無ければ、メタンガスも安定状態(基底
状態と言います)のまま。刺激を受けて初めて不安定状態(励起
状態と言います)になるんです。
つまり、刺激を受けないと爆発なんかしません。
その刺激は何だったのか?、そこまで突き止めないと、そこに浄
化槽があったから・・・、って政府が発表しちゃダメでしょう。
憶測が憶測を呼んじゃうことになりますから。

次に気になった記事がこちら↓
ローマ法王、初訪問のミャンマーへ到着
(AFP BB NEWS 2017年11月27日 19:56 配信)

ローマ法王のミャンマー訪問は、キリスト教国家群の後押しを
見据えた訪問とも言えそうですね。
しかしミャンマーは仏教国家なんです。
しかも仏教が国教になってしまっています。
こうなると排他主義に成らざるを得ないんです。
だって国民の信頼を失っちゃいますから。
スーチー氏も、この程度のことはご存知のはず。

だから、このような行動に出るんでしょうね↓
ミャンマーのスー・チー氏が近く訪中へ、会議出席のため
(ロイター 2017年11月27日 14:44 配信)

このままだと、キリスト教国家群を敵に回すことになるかもしれ
ないので、とにかく中国と協議して、出来れば中国を後ろ盾にし
ちゃいたい、ってな感じじゃない?

確かバチカンと中国って、中国国内にあるカトリック教会の司教
選出権利を、互いに譲り合わずに国交断絶とまでは言いませんが、
それに近い状態が続いているはず。
まあ~、簡単に言えば「カトリック教 VS 中国共産教」の戦い
ですね。
さらに中国はロヒンギャ問題に対して、支援と援助をする用意が
ある、とも表明しています。
スーチー氏は、中国のこの表明にすがりたいんじゃない?
私には今後、バチカンを尻目に中国がロヒンギャを支援・援助し
て、中国を目立たせて行こうとするように思えます。

ちょっと前の記事なんですが、これだけは言っておきたい記事が
こちら↓
韓国、8月14日「慰安婦の日」に=記念事業拡大へ―日韓関係、また火種
(時事通信 2017-11-24 17:16 配信)

私は韓国国民も同じだとは考えていませんが、このお花畑大統領
とそれを取り巻く側近、政府、及び議員さん達には、開いた口が
塞がらないんです。
何故か?
何なんです?、この「慰安婦被害者生活安定支援法改正案」って!
2015年の「日韓合意」って国家間同士の「約束事」でしょ!
これって一方的に破棄して来たことと同じじゃないですか。
しかも日本の公明党代表が、安部総理の新書を携えてお花畑大統領
と会談した、翌日なんですよ!
しかも会談の席では、「安部総理にも平昌五輪に合せて訪韓頂きた
い」ってな報道も。
こんなお花畑大統領の口車に乗って、安部総理が訪韓しようもんな
ら、次は必ず天皇陛下の訪韓を迫ってくるに決まっています。

言っちゃ何なんですが、何で「反日・反米・従北・親中」のお花畑
大統領の言うことを聞かにゃあかんの?

安部総理が訪韓するだけで、中国は喜んで「日本、米国から離脱」、
みたいなプロパガンダを一斉にやって来ますよ。
日米関係と日米同盟を、最も嫌っている国こそ中国ですからね。

安部総理には英断を期待したいと思います。

●●●追伸●●●
お花畑大統領は、何故ここまで北朝鮮に肩入れするんでしょうか?
金正恩氏も、ここはお見通しなんですけどね。
っていうか、バカにされてるんじゃないのかな?
こんなことが分かりきっている米国でも、それでも合同軍事演習を
韓国と行っているんです。
現在のところ、まだ利用価値があると米国としては考えているんで
しょう。
トンデモナイ国ってことは分かっていても、それでも中国に対する
カードには、まだ使えますからね。

人間も国家も関係無く、契約と法律を遵守するからこそ信用が出来
るんです。
その信用が積み重なって「信頼」になっていくんです。

お花畑大統領は、その反面教師としては、立派に活動してくれてい
ます。

マジで日米韓の関係を壊す気なのかな~?

この記事へのコメント