それでもお花畑は北朝鮮に恋焦れているんですね

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

こつこつと作り上げたメタル系ソフトワームのプロトタイプ2が
出来上がりましたので、早速テストを行って来ました。
前回よりもさらに薄くして、さらに表面積を大きくしましたが、
それでも比重がまだ大き過ぎるようで、浮力が全く無い状況。
しかし前回よりはまだ動きがちょこっと見られただけでも、少し
はマシだったかな・・・。
鉛だと比重が大き過ぎるのかもしれませんが、加工し易いんです
よね~。
他の金属も考えてみることにします。

北朝鮮のICBM発射を受けて、ちょこっと韓国のメディアを調べて
みました。

その中でこれだな~、っていう記事がこちら↓
北ミサイル:文大統領、「米国の先制攻撃」に初の懸念表明
(朝鮮日報 2017/11/30 09:35 配信)

お花畑大統領が述べたポイントは、以下の3点です。
①絶対に座視しない
②北朝鮮の誤判断
③米国の先制攻撃

①と②は同じなのかな。
お花畑大統領の基本理念は、「南北融和」しかありません。
何が何でも「南北融和」なんです。
韓国周辺の状況がどうなろうと、世界がどのように動こうとも、
「南北融和」しかないんです。
だから①に固執するんです。

しかし北朝鮮はICBMを発射しちゃいました。
ってことで、①のお花畑大統領の基本理念は、物の見事に破綻
しちゃいました。
でも本人は、「破綻」と認められないんです。
だって認めちゃったら、「基本理念」が崩壊しちゃいますから。
せっかく「平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)」に
北朝鮮を名指しで「来てちょうだい!」って指名したのにね!
しかし北朝鮮は、このお花畑大統領の誘いを無視して、ICBMを
発射しました。
お花畑大統領にとっては、②しか言えない状況になりつつあるっ
てことなんです。

③については当然の反応だと思います。
だって2018年2月に「平昌冬季オリンピック」が開催されるんで
すよ。
米朝いずれにしても、韓国にとって軍事行動に出て欲しくないの
は当然のことで、このことは理解出来るんです。
理解出来ないのは、こちら↓
北ミサイル:韓国政府の対北9億円支援、年内執行が不透明に
(朝鮮日報 2017/12/02 09:34 配信)

韓国国民とまでは言いませんが、少なくともお花畑大統領と政府
と官僚と議員は、理想や思想や理念や信念ではなく、脳みそその
ものが、お花畑ウィルスに汚染されているんじゃないのかな?

お花畑政権は日米中に対して、このことを既に通報していたらし
いですから。
その間に北朝鮮によるICBM発射でしょ!

これね~、今回の韓国の北朝鮮に対する申し出って、国際社会か
ら見れば「世界を乱す反乱分子」でしかないんです。

言い換えると、韓国は北朝鮮のためなら何でもやりまっせ!って
言ってるのと同じ。

世界を敵に回したら、さすがの中国も韓国の敵に回るんですが、
お花畑大統領は気付かないのかな・・・?

●●●追伸●●●
私の人生の4時間程度を無駄にしてしまいました。
はっきりと言いますが、どうでもいいですね。
中国に付くなら付く、米国に付くなら付く、ここだけでもね、
はっきりさせんかい!!!
どっちやねん!!!!

昔と違って、現在において二股外交なんて成立するなんて考え
てたら、アホ丸出しなんですけどね~。

国民が選出した大統領ですから、国民の意思が反映されている
政策だと考えたいんでが・・・。

申し訳ありません!!!

お花畑大統領の政策を、韓国国民も支持しているんであれば、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

韓国国民もお花畑になっちゃった、って言わざるを得ません。

でもね~、在日韓国人のお友達がかなりいるんですけど、少な
くとも、日本を敵視はしていないんです。

この差は何なんでしょうね???

この記事へのコメント