漂流船は、北朝鮮による漁船特攻部隊来襲の前触れか?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は仕事も早く終わったので、気合を入れてちょこっとだけ、
野池に釣りに行って来ました。
私が勝手に「恐らく湧き水が底から出ている」と、思っている池
です。
まずは水温計を取り付けて、水温の調べてみました。
暗闇なんで、大体ここら辺りかな~、って感じで底まで落として
ゆっくりとリトリーブ。
すると突然アタリが!
思わずフッキングしてしまいました。
フックが無いのに・・・。
その後は、同じ場所にメタルバイブを投げ続けたんですが、反応
は全く無し・・・。
指先が寒さで麻痺して来たので、ここで終了です。
次回は、水温計にもフックを取り付ける工夫をしてみようかな、
何て考えています(何故、アタリがあったのかは、今後の課題で
す。何かヒントがあるかもしれませんので)。

本日、目に付いた記事がこちら↓
東南アジア諸国も非難=米のエルサレム首都承認
(時事通信 2017-12-07 16:09 配信)

ムスリム国家ならば当然の反応なんです。
だってムスリムにとっても聖地ですから、その聖地がユダヤ国家
の首都になる、ってなことは、絶対に拒絶するに決まっています
から。

当然ながら、このような反応が出て来るくるのも当然↓
「イスラム教徒の連帯」訴え=エルサレム首都認定非難―タリバン
(時事通信 2017-12-07 19:42 配信)

普通に考えればこれは、人も民族も国家も含めたムスリム大団結
を誘導することになります。
このムスリム大団結が米国にとって「利」になるのか?
米国の「利」になるとすれば、どのような「理」が働いているの
でしょうか?
ここが分からないんです。
現在のサウジとイランによる中東危機の、目を逸らさせる目的か
もしれませんし、ムスリム大団結によるテロ組織の取り込みと、
一網打尽を考えているのかもしれませんし、はたまた何も考えて
いないのかもしれませんし・・・。
もう少し状況を見守るしか無さそうです。
特にイスラム協力機構の動向に注目かな。

次に目に付いた記事がこちら↓
インド無人機侵入を非難=「強烈な不満」―中国
(時事通信 2017-12-07 12:40 配信)

まあ~、場所は不明となっていますが、ドクラム高原じゃないの
かな~。
最近になって中国は、再び「我が領土だ~1」って叫んで、軍を
退いていないようですし。
インドとしても、中国の出方を探るべく無人偵察機の1機や2機は
飛ばすのも、これまた当然のこと。
ただこれを見たアジア諸国は、中国の戦略に対してどのように感
じるんでしょうかね~?
目の前に南シナ海問題があるんです。
一歩以上、中国との距離を置き始めても不思議ではありません。

本日、最も気になった記事がこちら↓
北海道に漂着の木造船 北朝鮮軍に所属か
(SPUTNIK 2017年12月06日 18:17 配信)

面倒なんで名前は書きませんが、この文言が非常に気になります↓
「こうした軍所属のプレートを付けて特殊任務などを行う可能性は
低いのではないか」
せめてね、可能性が低い根拠ぐらいは言いましょうよ。
この文言の前文じゃ、説明にもなっていません。
さらに、このお方と産経新聞との対談では、こんな内容になって
います↓
核開発あと2年続けられる? 環日本海経済研究所主任研究員・三村光弘氏
(産経ニュース 2017.9.9 07:30 配信)

ちょっと古いんですけど、これ読んでどのように思いますか?

40回も北朝鮮を訪問して、北朝鮮の経済は以前と比べてよくなっ
てきているそうなんです。
でも最後に、この文言↓
「厳密な根拠はないが、国民が苦しい状況に耐えられれば、あと
1年半から2年は核・ミサイル開発を続けられるだけの経済的な
体力はあるのではないか」
自給率は以前より高まっているそうですが、国民は苦しい状況下
にあるのが、現状ってことですよね。
この状況下においても、北朝鮮国民は「満足している」って言え
るんでしょうか?
って言うか、「厳密な根拠は無い」って、私の妄想と同じレベル
なんじゃないの?
北朝鮮は外部の人間に対しては、徹底した管制を敷きます。
北朝鮮が許可した場所以外に、行くことは出来ません。
その限られた場所でのみ、調査を行ったとして北朝鮮の何が分か
るんでしょう?

私が危惧するのは、北朝鮮による「漁船特攻隊」なんです。

特に冬場は、日本海の海流や偏西風に乗って辿り着く先は日本海
沿岸部の日本になります。
遭難者を助けるのは世界的な常識なんですが、これを逆手に取る
ことも可能なんです。
だって例えばですよ、99隻の軍プレートが付いた船が漂着して、
全員が漁民だったとしても、最後の1隻が武装難民だったらどうし
ますか?
「また軍プレートが付いた漁民たちか」って、考える公算が非常
に大きいんです。
この隙を突かれて日本上陸なんかされようもんなら、日本が防御
することなんか、不可能に近いんです。

もしも私が金正恩氏だったら、以下のような戦術を立案します。
①軍プレートを付けた漁船を、日本に数多く漂着させる
②しばらくの間は、漁民を乗せること
③次第に軍人を漁民として乗せていく
④日本政府が軍人すらも、漁民として扱うのかどうかを確認
⑤軍人を漁民として扱うようであれば、軍人の人数を増やす
⑥すべての漁船が、日本の海上保安庁の船に見つかる訳では無い
⑦海上保安庁の目を潜り抜けた漁船は、日本に漂着して軍人は、
 日本国内に潜入
これって以前にも述べましたが、日本にとっては最悪のシナリオ
なんです。
局所地域ではありますが、北朝鮮による日本領土支配も可能にな
りますし、再び拉致を行うことも可能だからなんです。

漂流・漂着と言えば、日本人の「お助け心」が芽生えてしまいま
すが、事実を直視すると領海侵犯から領土侵犯、ってことになり
ます。

海上保安庁は、あくまでも海上のみの組織であり、警察はあくま
でも陸上のみの組織でしかありません。
この2つの組織が情報共有をし合って連携して、初めてこの問題
に対処出来ると思うんですけどね~。

国会は、いい加減に「もりかけ」から離れましょう!
マスコミは、「もりかけ」や「大相撲」みたいな意味不明な問題
よりも、「北朝鮮の不審船」を取り上げましょう!

個人的に危機管理とは、
「万に一つでも見落としが許されない管理」
ってな感じで、解釈しているんです。

万に一つの出来事が、日本には起きないって言い切れますか?

●●●追伸●●●
実際に北朝鮮による拉致事件は発生しています。
海上保安庁の怠惰、警察の怠惰もありますが、一番の怠惰は日本
政府の怠惰にあります。

現在の日本においても、この怠惰が続いているようにしか思えな
いのは、私だけ?

この記事へのコメント