何でプーチン氏は人気があるんだろう?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日から急遽出張命令。
私も若くないんだから、無茶な命令を出すな、って言いたい。
まあ、仕方が無いんですけど~、サラリーマンだから。
昨日の晩飯は出張先の焼き鳥屋に入ったんですが、そこで「砂肝
の刺身」なるものを発見。
早速注文して食べてみたんですが、これがメチャクチャ美味しい
のなんのって。
焼いた砂肝は好きでは無いんですが、刺身の砂肝は最高です。
私が住んでいる地域でも、これを出している店があるのかどうか、
調べてみたいと思います。

本日、目に付いた記事がこちら↓
30年に電動車半数に=次世代EV電池、パナと提携-トヨタ
(時事通信ニュース 2017-12-13 19:34 配信)

日本勢はかなりの出遅れ感があるのに、提携を正式発表してんの
に、「これから枠組みを検討する」じゃ、世界に追い付けないか
もしれませんよ。大丈夫?
今後の「スピード感」に期待します。

次に目に付いた記事がこちら↓
「対話実現の可能性薄い」=米国務長官発言で韓国専門家
(時事通信ニュース 2017-12-13 16:48 配信)

多くの方々がこのように考えていると思っていますので、「何を
今更」とも思いましたが、韓国のシンクタンクが分析する以上、
裏付けが取れた、ともいえそうですね。

私が先週から、ず~っと気になっている記事がこれなんです↓
プーチン大統領、2018年大統領選挙への出馬を表明【動画】
(SPUTNIK日本 2017年12月06日 23:34 配信)

自動車メーカーの工場での大統領選出馬表明・・・。
ボランティアの祝賀セレモニーでは、「私を支持するか?」の問い
に拍手喝采で迎えれていたことを考慮すると、どうもプーチン氏は
ロシア国民の支持をかなり得ているものと考えるべきですね。

でも何で、って思いませんか?

ロシアは資源大国なので、経済の殆どが資源に集中しています。
ちなみにWTIの原油相場を見てみると↓
WTI原油価格の推移(1980~2017年).png
(出展:世界経済のネタ帳)

プーチン氏が大統領だったのは2000~2008年です。
このグラフを見て頂ければ分かりますように、2000年には25ドル
近辺の原油相場が、2008年には100ドルまで上昇してるんです。
ちなみにルーブルの対USドル相場を見ますと、こんな感じ↓

露ルーブル・USドル推移.png
(出展:世界経済のネタ帳)

はっきりとしたロシアの経済成長率は分かりませんでしたが、少
なくとも2000~2008年までの為替は、0.04ドル近辺で安定して
いるんですから、単純に考えても5%以上の経済成長率はしたもの
と考えるべきかと、個人的には思うんです。

最初にロシア国民がプーチン氏を支持するようになったのは、こ
この影響が大きいんじゃないのかな。

そして2012年に、プーチン氏は再び大統領になっちゃいます。
これは皆様方もご存知のように、当時のロシアでは大統領は、
1期4年で2期まで、という法律っていうか規約があったから。
つまりメドベージェフ氏は、繋ぎでしかなかったってこと。

その後2014年にクリミアを併合してしまいました。
っていうか、元々クリミアはロシアの一部だったんですよね。
ロシア国民からすれば、「自国の領土を取り戻した」ってこと
になります。
日本で言えば、
「韓国から竹島を取り戻した」
「ロシアから北方領土を取り戻した」
っていうのと同じことなんです。
これじゃ、ロシア国民の支持が上がるのも「当然」でしょう。

しかしクリミア併合に伴い、経済制裁は受けるし、2014年から
WTI原油相場は暴落してるし、ルーブルもさらに下落し出すし、
ロシア経済低迷と共にロシア国民の生活も、かなり厳しい状況に
あったんじゃないかな。

普通だったら、国民の生活が苦しいのは「大統領のせいや~!」
ってなるんですが、ロシアはそうはなってないんですよね~。
それだけロシア国民は、プーチン氏を支持しているってことを
証明しているように思えるんです。

再び、何で?

最初の大統領のときは、ロシア経済がイケイケの状態になり、
ロシア国民はプーチン氏に対して、かなりの好印象を持ったも
のと考えられます。
次の大統領のときは、クリミアという領土を取り戻しました。
これまた、ロシア国民にとっては快挙であり、プーチン氏に対
する好感度は、かなりアップしたものと考えられます。

この2点から妄想すると、
「ロシア経済が悪くなったのは、プーチン氏の政策では無く、
欧米諸国が原因だ!」
って考えているロシア国民が、かなり多いんじゃないのかな~、
って思われます。
ってことは、2024年までプーチン政権が続くって考えるべきで
しょうね。

日本の阿部首相の外交手腕が、これから本当に問われることに
なります。

●●●追伸●●●
ちなみにこんな記事もありました↓
露軍参謀総長:露日間で防衛連携を拡大していく用意がある
(SPUTNIK日本 2017年12月11日 15:40 配信)

米国への牽制もあるんでしょうが、それよりも中国への牽制の意味
合いの方が、大きいように思えます。
だって中国が北極海の海洋資源を狙ってくるのであれば、間違い無
く、千島列島を通過して来ますからね。
ロシアとしても、これだけは日本とタッグを組んででも阻止したい
はずですから・・・?

最後にこの記事が意味深です↓
露中外相、朝鮮半島問題とシリア情勢を議論
(SPUTNIK日本 2017年12月12日 14:50 配信)

お互いの腹の探りあいも、ここまで来ると喜劇にしか見えないん
ですけどね~。
私が個人的に気になった文言がこれ↓
「新たな形の国際関係構築に前向きな貢献を行っている」

普通に考えたら、
「アジアに対する覇権を欲する中国」と、
「中東に派遣を欲するロシア」
じゃないの?

つまり米国による覇権の終了を、全世界に告げたいだけやん!

ここでプーチン氏と習近平氏との違いなんですが、
プーチン氏は限りなくナショナリストです。
その意味ではトランプ氏に近いものがあります。
しかし習近平氏は、一神教ならぬ一国教なんです。
だから自分たちが不利だと思えば、笑顔を振り撒いて近寄って
くるし、自分たちが有利だと判断すれば、果敢に攻めて来るん
です。

このように考えると、日本の経済界のドンって、
「バカばっかり!」
だと思いませんか?

企業の利益しか考えないから、「バカばっかり!」が日本に蔓延
するんです。
企業の利益のためなら、国なんて平気で売り飛ばす「バカばっか
り!」なんです。
そのくせ、遵法精神を社員には強要してくるんです。

企業の利益を上げるのは大いに結構なんですが、社員に還元しな
いのなら、その時点でその企業は終了ですよね。

ポイントは2つかな。
①社員が自社に誇りを持たない(持てない)。
②社員が子供を作ろうとしない。

①は社員が自社製品を購入してるかどうか、で判断出来ます。
②は子供を育てる金額に対して、企業が社員に支払う給料が伴わ
ない、ってことなんです。
つまり企業は、未来の日本人を育てる意識を全く持っていない、
ってことの表れなんです。

ここで言う企業って、「グローバリズム」に洗脳された企業のこ
とを指してますからね。お間違えの無いように・・・。

グローバリズムの経営方針によって、社員(国民)を疲弊させた
挙句に企業はキャッシュフローをたんまりと溜め込み、日本国民
に「生めよ、増えよ、地に満てよ」っていう概念を葬り去りさっ
てしまい、結果的に「少子化」問題を引き起こしているんです。

「高齢化」なんて問題にもなりませんよ!
70歳過ぎてもバリバリ働く方々は、そこらじゅうにいますから。

企業って社員には遵法精神を強制しますが、「社員は国民」って
いう意識が全く無いんでしょうね~。

だから「移民」なんて言葉が、出て来るんです。

共産主義はグローバリズムの最たる主義です。
何故なら、すべての垣根を取り払う考え方だから・・・。

そこには、文化も歴史も道徳も言葉も方言も何もかも存在しない
単一世界が、誕生するすることになるんです。

ノーベル賞を受賞出来るだけの言語力を持つ日本語が、何で英語
に取って変わらんとアカンの?

この記事へのコメント