目標のいい加減さが残業を生むんです。

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

正直、疲れがピークに達していて、何もしたくないので、どうし
ても本日中にしなければならない仕事だけを、さっさと片付けて
帰宅しました。

ちなみに残業には、必然性がある残業と必然性が無い残業の2種類
が存在します。
必然性がある残業とは、会社が認めた残業のことです。
製造業なんかが分かりやすいかな。
所定労働時間以上の生産計画を組んだりする場合です。
だって生産が所定労働時間内に終了しないんだから、必然的に残業
は発生するでしょ。
問題は、必然性が無い残業なんです。
会社が社員の能力を見極めることが出来ずに、過負荷な仕事量を与
えることや、本日中に完了させなくてもいい仕事をやってる社員が
存在したり、雰囲気が退社することを拒絶していたり、色々存在す
るんです。
過負荷な仕事量による残業は、仕事を「分散」すれば解決出来ます。
雰囲気が退社を拒絶しているのであれば、上司が率先して退社して
その「帰れない雰囲気」を壊していくことでしょう。
本日中に完了させなくてもいい仕事をやってる社員には、その理由
を明確にして貰えれば良いだけのことなんです。
「家族と旅行をするために、有給休暇を取得するため」とかであれ
ば、何の問題もありません。
問題なのは、目的も無く明日以降でも構わない仕事をやってる社員
なんです。
但しこれも、「本日中に絶対にやらなければならない仕事リスト」
及び、「明日中にやらなければならない仕事リスト」を作成させて
確認することから始めていけば、解決の道は出て来ます。
残業の定義なんかは知りませんが、少なくとも本日中に絶対に完了
させなければならない仕事が、所定時間内に完了させることが出来
無いときに発生する、これが残業なんじゃないのかな?

何となくなんですが、若手社員は非常に頑張ってくれているんです
けど、目的と目標の違いを理解していないから、残業が発生してい
るように思えてならないんです。
最終ゴールは目的であって、目標は目的に近付くための通過点でし
かありません。
ここからは私の個人的な考え方ですので、気に入らなければ
「ゴメンナサイ」
です。
この目的と目標の違いを、最も分かりやすく理解出来る言語こそ、
「日本語」
だと思っています。
だって目的は、
「~のため」
であり、目標はその目的のためにどのようなステップを踏んで行
くか、ってことなんじゃない?

例えば毎朝ウォーキングしているご老人がいたとします。
何の為に?
体力維持のため、そして健康のため、なんじゃない?
そしてこの目的を実現するために、「1日何歩歩こう!」っていう
目標が設定されるんです。
ダイエットでも同じことです。
目的は、見た目と健康のため、でしょう?
そのために体重を、現在から「何kg減らす!」ってな目標を設定
するんです。

つまり、目的は「~のため」で表現されますが、目標は「数値化」
しやすいんですよね。
但し、ある程度の目標を達成してしまうと、人間の心に「甘え」が
芽生えてしまいます。
ここまでの目標をクリアして来たんだから、「自分にご褒美を!」
なんて考え方を、「甘え」と言います。
だから目的まで達することが出来ないんです。
「自分にご褒美を!」は、目的を達成したときにやらないと意味が
ありません。
ちょこっと御幣があるかもしれませんが、動物を飼育して調教する
ときは、必ずと言って良いほど、餌で調教しますよね。
イルカショーなんて、そのものなんじゃない?
人間である私達も、同じようなことをするんですか?

企業は社員に対しては特に、目的と目標の違いを明確に理解させる
義務があるんじゃないのかな。

ここを適当にやっちゃうと、企業自体が潰れることにもなりかねな
いですからね。

企業の目的を社員に十分に理解して貰った上で、目標を示す。
大目標→中目標→小目標→極小目標
ってな流れを社員が理解すれば、社員が理解し続ける限り、その
企業が潰れることは無いんじゃないのかな?

目的と目標の違いも理解出来ない社員がいること自体、企業の
責任でしょ。

●●●追伸●●●
私が妄想と言ったのは、この2つの言葉の意味を「義務教育」で
教わった記憶が無いからなんです。
社会に出て、初めて知ったからなんです。

ここで日本語の威力が発揮するんです。
「目」は同じでも、その後の「的」と「標」の漢字の意味を知っ
ていれば、即座に理解出来るんです。
ってことは、少なくとも小学校までは、徹底的に日本語を教え込
むべきでしょうに。

日本語も正確に話せない人間が通訳して、どんな翻訳が返って来
ると思います?

最後に、本日気になった記事がこちら↓
アラバマ州の貧困は先進国で最悪──国連
(Newsweek日本版 2017年12月14日 17時30分 配信)

この記事って、グローバリズムの行き着く先を明確に示している
と思いませんか?
つまり、「格差社会」ってこと。
色々と調べましたが、このアラバマ州にはグローバル企業が欲す
るものが無いんです。
確かに米国政府はナショナリズム的な考え方ですが、米国の経済
は完全にグローバリズム一色なんです。
その米国経済の企業が進出しようとしないんだから、アラバマ州
にこのような状況が起きても、仕方が無いでしょうね。

「グローバリズム=共産主義」
と言う考え方は、全世界の企業の間では生まれ無いのかな?

「法律を守って国を滅ぼす」

何てことが起きないことを、祈るだけです。

この記事へのコメント