ビットコインと先物相場と金融の関係とは?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日が地獄でしたので、本日はサッサと仕事を終わらせて帰宅です。
途中でスーパーに立ち寄って、「今日の晩飯は何にしようかな~」
って店内を回っていたら、何と9個入りの生餃子が58円!
いつもだと98円なのに・・・。
でも1個しか置かれていない・・・。
店員さんに「もう無いの?」って聞いたら、「あ!」ってな感じで
すぐに並べてくれました。
ちなみに4個以上買うと値段はどうなるのか、店員さんに尋ねた所、
4個目からは98円になるとのこと。
そのほかに野菜とかと一緒にレジで精算してもらうと、確かに3個
目までは58円なんですが、4個目も58円なんですよね~。
って思ったら、レジの方が何か操作した瞬間に、あら!98円に。
まだまだ人間の力が必要なんだな~、って思った次第です。

本日は日本が世界に誇る新幹線から。
新幹線車両の台車に亀裂などが発見された重大インシデントについて
(JR西日本 ニュースリリース 2017年12月19日)

特に「3 関係者の供述などに基づく事実」をお読み下さい。
煙は出てるは異音は聞こえるは、普通だったら即停止でしょう。
つまりね、日本の技術と安全と品質を担保しているのは「職人」
なんです。
何でもかんでも「見える化」で基準を作ってしまうと、そこには
「職人」が入り込む余地なんかありゃしません。
車両保守担当社員指令員も、その基準に則って判断しちゃったん
じゃないのかな?
そうでなければ、JR西日本の教育がメチャクチャってことです。
福知山線脱線事故で何を反省して、それをどのように今後に活か
して来たの?ってなります。
グローバリズムよろしく利益しか眼中に無いからこそ、このよう
な不祥事を起こしてしまうんです。
何かJR東海だけが目立っちゃった感はありますけどね。
問題は、「何故走り続けたのか?」だけです。

次に目に付いた記事がこれなんです↓
トヨタ、18年計画の世界販売1049.5万台
(時事通信ニュース 2017・12・20 19:04 配信)

ん~。
確かにトヨタはハイブリッド車で世界を席巻し、現在もリードし
ていますが、EU諸国も中国も含めて2030年までにはEVに置き換え
ていく、という政策を発表しています。
つまりハイブリッド車も「レシプロエンジン」の1種と看做されて
いる、ってことなんです。
今の現状をご覧頂ければ分かりますように、トヨタが推進してき
た水素自動車って、世界が振り返っていないんです。
世界はEVの方向に振り向いています。
トヨタもこの程度のことには気付いているはず。
では何故トヨタはEVに戦略をシフトしないんでしょうか?
ハイブリッドにおいては、トヨタは完全に「覇者」です。
「覇者」故に、ハイブリッドの世界をEVに移行させることには、
ひょっとしたら抵抗があるのかもしれませんね。
だって、自分が作ったハイブリッドという世界を、自ら放棄する
ことになるんですから。
しかし、もしもトヨタがこんな考えをしているようであれば、間
違い無く世界から取り残されます。
最低でも、まだ数年はハイブリッドで稼ぐことは出来るでしょう
から、それを資金にして本格的にEV世界に参入しないと、本当に
手遅れになっちゃうんじゃないのかな?
EV専門の子会社を立ち上げて、生産していけばいいんです。
それだけの技術力は、まだ現在のトヨタなら持ってるはずですか
らね。
EVにおける他社との差別化なんて簡単でしょ。
・充電が短時間で完了すること
・1回の充電での走行距離が長いこと
・充電施設に困らないこと
特に充電施設というインフラは、非常に重要だと思いますよ。
極端な話ですけど、ガソリンスタンドに発電機を設置させて、
ガソリンで発電機を動かして充電しても構わないんです。
但し、コスト面とCO2をしっかりと比較する必要はありますけ
どね。

次は思わず大笑いしてしまった記事↓
大気汚染、放水で解消?=苦肉の「大砲」実験―インド首都
(時事通信ニュース 2017・12・20 20:42 配信)

確かに放水で空中の粉塵を地面に落とすことは出来ますが、高
さは50m程度でしょう。
その上空にある粉塵は、ジンワリと落ちて来るんですよ。
しかも粉塵の中に汚染物質が含まれていれば、それが大量に地面
に拡散されることになります。
粉塵に含まれる物質が安全だと確認した上で、実施するんであれ
ば、問題は無いんですけど。

誠にお気の毒な記事がこれ↓
韓国の仮想通貨取引所ユービット、ハッキング攻撃受け破産申請へ
(ロイター 2017年12月19日 20:32 配信)

現物通貨の銀行強盗と異なり、仮想通貨の場合はこのようなこと
が、非常に発生しやすいんです。
対人間ならセキュリティ対策も施しやすいんですが、対電子世界
となりますと、セキュリティのハードルは何億倍にもなっちゃうん
です。
ご愁傷様でした。

特にビットコインが曲者なんですよね~。
先物相場が出来ちゃうくらいですから。
私が懸念してるのは、ここぞとばかりにファンドや銀行が、この
ビットコイン先物相場にどれだけ参入しているか?なんです。
参入していないのであれば、何の問題も発生しません。
しかしね、もしも参入していたとすれば、どうなると思います?
パターンとしては、以下の2つしかありません。
①利益を得る
②損害を被る

①は別に問題は無いですよね。
注意すべきは②なんです。
だって損害分を補填するためには、株式や国債や為替などの実物
財産を削る必要があるからなんです。
つまり、この相場に数多くの投機化が参入しちゃうと、②の時に
世界的な金融危機が訪れる可能性が、非常に高い!って考えられ
るんです。
こんな仮想通貨の暴落が、世界経済に大打撃を与えることも十分
に想定出来ちゃうんです。

このように妄想すると、来年って今年よりもヤバくない?
円高が進みそうな気がします。

●●●追伸●●●
マクロな経済政策を組み立てるのは政府なんですが、ミクロの
経済を取り仕切っているのは、あくまでも1企業なんです。
しかも世界的に企業はグローバル化しつつあります。
ってことは、政府がナショナリズムだと経済と反発しあうこと
になりますし、政府がグローバリズムだと一致団結するってこ
とです。

いずれにせよ、日本にはまだ「職人」がいるから何とか凌いで
いるんですが、このままグローバリズムの波が押し寄せてしま
うと、我が日本から職人が消えてしまいますよ!

だってね、「見える化」で職人が生まれますか?

見えることしか理解出来ない人間を製造するだけやんか!

「見える化」は標準としては必要なんですが、「見えない」と
ころを経験とこれまでの知識で取得した方々を、「職人」と呼
ぶんです。

1/1000mmの精度を持つNC旋盤で生まれた包丁も、日本の職人が
作った包丁には勝てないんですから。
だからNC旋盤生まれの包丁は家庭用、職人の包丁は料理人用、っ
てなっちゃうんです。

私が個人的に感じるのは、日本企業がグローバリズムに追随する
以上、社員も追随するしか無いじゃないですか。
結果的に、グローバリズムに感染(っていうか、汚染)されてい
くんです。

何か予防接種を考えないといけませんね。

この記事へのコメント