「絶対」がテロの温床じゃ無い?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日で仕事収め、ってことで、釣り仲間と飲みに行って来ました。
お昼はカレー屋なんですが、夜は居酒屋になるという変な店。
釣り仲間の行き付けの店なんだそうです。
皆で色々と注文したんですが、出された料理を食べてビックリ!
全ての料理がカレー味、もしくはカレー風味なんです。
その中でも、特に各種のサラダは絶品だったんです。
カレー風味ではなく、パンチの効いたカレードレッシングの味が
最高でした。
これを世の中に出せば、売れること間違い無し!って断言出来る
ほどなんです。
〆も種類が豊富なんですが、私はお茶漬けにしました。
お米はカレーを絶対に裏切らないですね。
マジで美味い!
そしてお茶漬けに付いてきたお新香が、これまた絶品!!!
カレー風味のお新香って、初めて食べたんですが、特にナスのお
新香が最高でした。
今度、挑戦してみたいと思います。

最初に気になった記事がこちら↓
アフガン首都で自爆、41人死亡=IS、犯行主張―シーア派集会標的か
(時事通信ニュース 2017-12-28 21:01 配信)

まあ~ISは基本的にスンニ派ですからシーア派を標的とするのは
当然です。
でも何故、いまアフガンなの?って思いませんか?
それはテロを起こし易いからなんじゃないのかな?
だって、以前のアフガンはボン合意以降、ISAF(国際治安支援部
隊)アフガンを守備していたんですが、2014年にこのISAFから
アフガン治安部隊に権限を移されているんです。
これじゃ~、治安部隊は弱体化しちゃいますよね。
さらにイスラム独立国家建設を夢見るタリバンまで、テロ活動をし
ているんですから。
ただタリバンは、ある意味で愛国者なんです。
あくまでもアフガンをイスラム独立国家にするという、理念が存在
しています。
しかしISに、そのようなものは一切存在しません。
つまり、この2つのテロ集団が手を組む可能性は、極めて低いもの
と思われます。
ISもアフガンを占領しようとかは、考えていないんじゃないの?
ただテロを起こし易いので、宣伝用にテロを実行させているよう
に思えてなりません。

次に気なった記事がこちら↓
スーパー爆発、テロと断定=ロ大統領―サンクトペテルブルク、14人負傷
(時事通信ニュース 2017-12-28 20:58 配信)

ちょっと前にも、地下道入り口にバスが突っ込むという、自動車
テロがあったばかりのロシア。
捜査当局と述べられていますが、間違い無く連邦保安庁(FSB)に
プーチン大統領が「テロやんけ~!」って、言っているのと同じ
ことでしょう。
つまり「お前ら、全く仕事をしてへんやんけ~!」、ってFSBが
言われているんです。
これは私も当然かな~、って思います。
この場合に考えるべきは、「テロかどうか」を明確にすること。
そのためには、「テロ」と断定して捜査に入った方が明確にしや
すいんです。
だって国家安全のため、あらゆる権限を行使することが出来るん
ですから。
この記事をご覧下さい↓
プーチン大統領、ペテルブルクでの爆発は「テロ」
(SPUTNIK日本 2017年12月28日 16:39 配信)

この記事で注目すべき文言がこれ↓
「連邦保安庁(FSB)長官に対し、法の枠内で自制しつつ行動す
るよう、しかし作戦に従事する職員の生命に脅威がある場合には
「誰も捕虜に取らず」現場で犯人らを排除するよう命じたと語った」

私の妄想から言えば、
「どんな手段を使っても構へんから、職員の命よりも犯人確保を
最優先せんかい!」
ってしか、解釈出来ない出来ないんですよね。

つまりプーチン大統領のテロに対する姿勢も、レッドゾーンまで
突入しているんじゃないのかな?

ISぶっ潰して米国にでかい顔をしようとしたら、これなんか!

これこそ本音じゃない?

●●●追伸●●●
テロってがん細胞そのものなんです。
無限に増殖します。
ちなみにがん細胞に「死」は存在しません。
永久に増殖しますから。
テロも同じなんです。
テロの思想や理念が無くならない限り、無限増殖します。
ここがテロの厄介な所なんです。

特に「一神教テロ」は手が付けられません。
何故ならそこには「排他的」という、自分達以外は認めない考え
が根付いてしまうからなんです。
「排他的」は、必ず「絶対」を生み出します。
それゆえ「一神教」は「絶対」の存在になるんです。

宗教でも何でも良いんですが、人の心に響いてしまえば、その
響きはその人の心に響き続けるんです。
その響きをとめるブレーキが掛からない限りは・・・。

人命を奪ってまでね・・・。

この記事へのコメント