北朝鮮制裁と憲法9条のギャップ

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は久しぶりに通勤途中の交差点で、プラカードを持ったご老人
たちを見ました。プラカードの記述を見ると、
「戦争をしない、させない!」
「9条は絶対必要!」
「9条改正反対!」
「9条を守りぬけ!」
「徴兵制の復活、断固阻止!」
まだまだ日本にもお花畑が一杯いるな~、って思いながら、信号が
青になったので発進。
通勤じゃなかったら、絶対に話し掛けてました。
このことに関しては、後ほど。

本日の最初の記事がこちら↓
コラム:米テスラ「炎上」でも安逸にふけるマスク氏
(ロイター 2018年2月8日 / 12:04 配信)

この記事の中で、テスラに関する事実はこれ↓
「テスラが7日発表した2017年第4・四半期決算は普通株主帰
属の純損益が6億7500万ドル(1株4.01ドル)の損失とな
り、赤字額が前年同期の1億2100万ドル(0.78ドル)から
拡大した。調整後1株損益は3.04ドルの赤字」
つまり赤字経営ってこと。
そして次の事実がこちら↓
「テスラが7日発表した2017年第4・四半期決算によると、昨
年末の保有現金は33億ドル」
ここから仮定の話に入って行きます↓
「テスラが12月末までに出費する現金は約40億ドルに上るとみ
ている」
赤字と保有現金に関しては事実を示しているのに、なぜ出費する現
金の根拠を示さないんでしょうかね。
ひょとしたら他のアナリストは、25億ドルの出費って言ってるかも
しれませんし。
私がコラムをあまり読まないのは、どうにも洗脳色が強い気がして
ならないからなんです。
何だかんだ言っても、テスラは今でもベンチャー企業です。
その目的を達成するためには、初期事業においてはどうしても赤字
経営になることが多々あります。
将来性を考えずに、現在の赤字経営だけに焦点を当てるのも如何な
ものかって、思っちゃうんです。
この攻撃をされたら、大半のベンチャー企業は潰れてしまいます。
現在の経営が赤字でも、目的を達成して黒字化出来るかどうか?
株式投資においては、この点が重要なんだと思いますけどね。

次は、ちょこっとビックリしたこの記事↓
カナダの潜水艦、半世紀ぶりに西太平洋で哨戒任務 日本にも寄港へ
(AFP BB NEWS 2018年2月9日 9:32 配信)

カナダ海軍の駆逐艦とか巡洋艦とかフリゲート艦とか出してくる
と思っていたんですが、大外れ。
まさか潜水艦とはね~。
ただし、この記事を見てセンス間を選択した訳が、ちょこっとだ
け分かった気がします。
この記事のポイントは2つあります。
1つ目のポイントがこちら↓
「シクーティミはアジア太平洋地域における「哨戒任務と外国海軍
との演習」に参加」
対北制裁に参加していることをアピールしたいんでしょう。
しかし2つ目のポイントがこちら↓
「平昌冬季五輪の安全保障には一切関与しない」ほか、北朝鮮に対
する制裁への「直接的な関与」も行わない」
どう考えても、中国に対する配慮のようにしか思えないのは、私だ
けなんでしょうか。
つまり哨戒中にカナダ海軍が、北朝鮮船籍を発見したことを大っぴ
らにしたくない、ってこと。
だったら潜水艦は打って付けですよね。
この記事からも、米国とカナダの関係は悪化しているように思えて
なりません。

次はこの記事↓
ロシア当局、「万景峰号」に退去要請=制裁違反の貨物積載の疑いで
(時事通信ニュース 2018-02-09 20:55 配信)

ロシア政府は国連安保理決議に賛成している訳ですから、ロシア企
業もそのことは知ってて当然。
密輸の可能性も否定は出来ませんが、それよりもこの主張↓
「運航に関わるロシア企業は「中国産品や飼料を積んでおり、制裁対
象の貨物はない」と主張している」
の方が、常識的だと思えるんですけどね~。
それでも「違反する貨物を積んでいる疑いがある」、っていう証拠も
無い状況での退去命令を、何故出したんでしょうか?
考えられる理由はたった1つ。
ロシアも「安保理決議を遵守してまっせ!」っていうアピールしか
ないでしょ。
ロシアへの制裁もこれ以上に続けられたら、たまったもんじゃない
ですから。

ここでテスラのコラムを紹介したのは、自責の念があるからなんで
す。
ファンダメンタルを重要視すると、必ずテスラみたいな企業の株に
は手を出せないんです。
そして急成長を遂げていく・・・。
「あのとき、買っときゃ良かった・・・」
ほんまに、この繰り返しばかり。
皆様方も惑わされてはいけませんよ。

●●●追伸●●●
さて憲法9条についてです。
日本も含め各国は、国際社会という家庭の中で生活しています。
各国が各国のみの独自路線を追求し出したら、それこそ手が付けら
れません。
だからアメリカファーストに世界各国が反発したんです。
しかし、それでも各国は自国の「益」を追求します。
北朝鮮の「益」とは、ICBMおよび核保有による金政権の維持。
中国の「益」とは、中国による、中国のために、中国が覇権国家に
なること。
では日本は?
日本の「益」は戦争をしないことなんでしょうか?
違います!
日本の「益」とは、国民の生命と財産を守り、日本の領土を守るこ
となんです。
ではこの日本の「益」を、憲法8条は果たして守って来たんでしょ
うか?
違います!
自衛隊の存在と日米同盟があったからなんです。
だってね、日米同盟が無かったら遥か昔に尖閣諸島は中国領になっ
てますよ。
つまり諸外国にとっては、日本の憲法9条なんかどうでもいいってこ
となんです。
南無阿弥陀仏が9条として、幽霊の諸外国が退散すると思います?
こんなの、絶対に有り得ないんです。

さらに突っ込むと、プラカードでも
「憲法を守れ!」
「憲法改正反対!」
ってなのもありましたが、日本国憲法には憲法改正手続きを定めた
96条が存在するんです。
ちょっとざっくりですが、要点をまとめるとこんな感じ↓
●衆参において、各々2/3以上の賛成が必要
●国民投票での過半数以上の賛成が必要
つまり日本の憲法は多数決に則って改正することが出来るんです。
しかし「改正反対」と言う。
日本国民の意思を全く無視したプラカードってことです。
つまり日本国民の総意を考慮せずに活動している、ってこと。

では憲法9条を今後も維持させて、最も得をする国家はどこ?

中国しかないでしょ!

つまり日本国内で、中国のためのプロパガンダをやってんのと
同じなんです。
本人たちには気付かれないようにね。

ここまで中国コミンテルンに洗脳されると、何を言ってもムダ
かもしれません。
ただ救いは、このようなお花畑のグループに若者がいないこと、
なんです。
0人じゃないですけどね。

恐らく興味が無い、ってだけなんでしょうけど、興味を持たれる
よりは余程マシです。

私も以前何度か、このようなお花畑老人と会話をしたことがありま
すが、いくらこちらが「理」で話をしても、全く通用しません!
極端な例なんですが、
「96条は9条を普遍かつ永久的にするために存在している憲法」
何て言われた日にゃ、開いた口が塞がりませんから。

こんなご老人たちが、お孫さんに毎日こんなことを言い続けた時
のことを考えて見て下さい。

日本の将来は、お先真っ暗ですよ。

でも何で今のご老人たちは,中国コミンテルンに染まっちゃうんで
しょうね?
この謎が解ければ、もう少し打ち手もあるように思うんですけど。

この記事へのコメント