米朝会談と日本が取るべき道

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も会社帰りに、近くの野池に行って来ましたが、いい汗を掻い
て終了です。
バスの活性は、まだまだ低そうですね。
明日は川に行ってみるつもりです。

本日最初の記事はこちら↓
中国の天宮1号が大気圏に再突入、いよいよ迫る!? 日本北部も注意ゾーンに
(Newsweek日本版 2018年3月8日(木)18時00分 配信)

他のイベントの方が重要度が高過ぎて、この記事はかなりマイナー
な記事になっちゃっている気がします。
機体の大部分が燃え尽きるとはいえ、残存する可能性もあるわけで
すから、しっかりと情報収集すべきかと思います。
ただ気になる点が1つだけ↓
「高度を下げるペースは宇宙空間の気象変化に影響を受けるため」
って、どういうことなんですかね?
常識的に考えると、「宇宙空間の気象変化」って、
「大気圏周辺の宇宙空間の環境の変化」
だと思うんですけど、もしそうなら気象変化をもたらすのは太陽の
活動、ってことになります。
代表的な太陽の活動って、フレアとかコロナとか黒点ですよね。
これが「宇宙空間の気象変化」にどのような影響を及ぼし、そして
「高度を下げるペース」に、どのように影響を及ぼすのかが理解で
きないんです。
例えば、大気圏の密度が変化する、ってなことなんだとは思うんで
すけどね・・・。
とにかく有害物質が、この天宮1号にあるのかどうか、ここだけが
最大の関心事なんです。

次はこの記事です↓
ヘイリー米国連大使 金正恩氏のトランプ会談申し出の誠意を疑問視
(SPUTNIK日本 2018年03月13日 17:37 配信)

この記事のポイントの1つ目が、
「金氏の提案が誠意のあるものであるとはいいきることはできない」
なんです。過去の歴史から見ても、このように言わざるを得ないと
思います。
そして、2つ目のポイントがこちら↓
「この歴史的な会談は、北朝鮮に最大限の圧力を講じるというキャン
ペーンに国際社会が参加することなくしては成立しえなかったという
ことだ」
「この歴史的な会談」は国際社会で成し得たもの。
だから北朝鮮が、再び過去と同じ画策をやらないように国際社会全体
で、今後もしっかりと監視していこうぜ!、ってことなんでしょう。
最後の3つ目がこちら↓
「トランプ政権が開始したものであり、2017年の3度の強硬な制
裁決議をとるということを通して、断固として北朝鮮に責任をとらせ
ようというものだった」
つまり、この功績はすべてトランプ大統領にあるのであって、中国や
韓国には無いんだよ!ってことを、宣言しているのに等しいです。
中国に対して、かなり強烈なパンチを繰り出した感がありますね。

そしてこの記事↓
中国国家主席、協議による朝鮮半島危機の解決を強調
(ParsToday 2018年03月13日19時55分 配信)

この記事のポイントはこれだけ↓
「中国の習近平国家主席が、朝鮮半島問題の協議による平和的な解決
を強調しました」
私なりに解釈した文章に翻訳しますと、
「中国の習近平国家主席が、朝鮮半島問題の6カ国協議による、中国
主導の中国政策最優先の平和的な解決を強調しました」
ってな感じになるんです。
米国の主張と真っ向から対立していることになります。
中国も朝鮮半島もメンツの国ですから、どうしても譲れないんだろう
と、思われます。

さらにこんな記事も↓
北朝鮮の「非核化」表明で安倍首相が窮地に?=韓国ネット「最近の北朝鮮は好感が持てる」「まずは核を捨ててから…」
(Record China 2018年3月13日(火) 16時40分 配信)

完全に韓国は、北朝鮮の手の平で踊らされているようですね。
だって拉致問題に関する文言が、一切ありませんから・・・。
日本だけじゃなく韓国や中国や米国など、10カ国以上の国々から
拉致をした、って言われてるのに。
韓国って、目の前のことしか見ないんでしょうか?
目の前のことしか見ないから、歴史に関してはいい加減なんじゃ
ないのかな?
そのように思ってしまう記事の内容です。

最後にこの記事↓
北朝鮮「非核化望まず」=過去の繰り返しを警告―元米高官
(時事通信ニュース 2018-03-13 18:31 配信)

この記事のポイントは2つ。
①米朝首脳会談で、北朝鮮が核・ミサイル計画の停止や凍結、上限設
 定を提案したとしても「検証が不可能なら、ほとんどあるいは全く
 意味がない」と強調。
②首脳会談前に大統領特使を任命し、北朝鮮指導部との協議で会談の
 成果を明確にすべきだと指摘した。
全く持って「理」に適っていますよね。
①は、過去の歴史がそうであったことを証明しています。
だから②をしっかりとやるべきだ、ってことでしょ。
この内容に関しては、本当にその通りだと思います。

ただ米朝会談への期間が短過ぎます。
とてもじゃないけど、この②を協議する時間は無いものと考えられ
ます。
ひょっとしたら北朝鮮は、このことが狙いなのかもしれませんね。

●●●追伸●●●
このように考えちゃうと、トランプ氏は金正恩氏と会談しない方が
良いのかもしれない、って思いますよね。
だって再び騙されるだけだから、って考えてしまうから。

ここで今一度考えて頂きたいのですが、「対話派」も「圧力派」も
目的は、北朝鮮の非核化なんです。
ってことは、北朝鮮が非核化に応じるかどうか、ってことが重要に
なります。

トランプ氏も金正恩氏が非核化という言葉を出したからこそ、会談
に応じる姿勢を見せた訳ですし、北朝鮮が非核化に合意するまでは
制裁を続ける、とも発言しています。
制裁効果が功を奏している、ってことの表れなんでしょう。

ここで安倍首相の反応を見るための記事がこちら↓
北朝鮮非核化へ連携確認=安倍首相、韓国特使と会談
(時事通信ニュース 2018-03-13 18:37 配信)

もうね、この文言が全てを物語っています↓
「「非核化に向けて北朝鮮が具体的な行動を取り、その言葉を実践
することが極めて重要だ」と強調。完全で不可逆的、検証可能な非
核化の動きが確認されない限り、圧力を緩めないようけん制した。
首相は「拉致、核、ミサイルの問題を解決するのがわが国の基本方
針だ」と拉致問題にも言及した」

これまで条件無しで対話を、って言って来た北朝鮮から非核化って
言葉が出て来たんですから、当然ながら圧力による成果と考えるべ
きことです。
しかもきっちりと「拉致」って言葉も入れているんです。

つまり日本としては、北朝鮮の非核化が現実のものとなるまでは、
米国とともに制裁を加える必要があります。
しかし、北朝鮮が非核化に合意したのであれば、制裁から対話に
政策変換をする必要がある、ってことです。

トランプ氏の北朝鮮が非核化に合意するまでは制裁を続ける、って
政策に関しては、日本も追随すべきだと思うんですけどね。

韓国は北朝鮮の揺さぶりに弄ばれていますから、日本もそうならな
いように気を付けないと。

極端な話、日本が言う拉致被害者を前面に押し出して日本国民を
煽り、日本国民の意識を拉致被害者に向けさした上で、何らかの
援助を北朝鮮が求めてくることも、十分に考えられますから。

したたかさでは、日本よりも上位ですよ、北朝鮮も中国も。

この記事へのコメント