宇宙物理学の神様的存在が、いなくなりました・・・

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、この記事しかないでしょう・・・。

スティーブン・ホーキング博士死去、76歳 英宇宙物理学者
(AFP BB NEWS 2018年3月14日 14:03 配信)

BBC NEWS の記事↓
スティーブン・ホーキング氏が死去、76歳
(BBC NEWS JAPAN 2018年3月14日 配信)

世界的にも、物理学者としては超有名であったことは間違いあり
せんね。

時事通信では↓
ホーキング博士死去=76歳、車いすの宇宙物理学者―英
(時事通信ニュース 2018-03-14 18:21 配信)

確かホーキング博士が来日したのは、1993年だったと記憶してい
ます。
東京で講演を行ったのですが、私なんかがその講演を聞きに行け
る訳も無いんですけどね。
公演の後は、日本国内を旅行して回ったとの記憶があります。
特に鰻は、メチャクチャ気に入られた、との報道を見たんですけ
ど、本当かな?

中国の反応はこちら↓
宇宙物理学者のホーキング博士死去 中国のネットユーザーも哀悼
(人民網日本語版 2018年03月14日16:48 配信)

あの中国でも有名人だったんですね。

CNNを見てみると↓
英物理学者スティーブン・ホーキング博士が死去、76歳
(CNN 2018.03.14 Wed posted at 14:54 配信)

このCNNって、いっつも最後に余計な一言を添えますよね↓
「16年の米大統領選を控えた9月、当時のトランプ候補が地球
温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」から離脱すると表明し
たことに対し、375人の科学者が連名で懸念を表明した公開書
簡に、ホーキング氏も署名していた」

宇宙物理学と地球物理学は、本来切り離して考えるべき学問じゃ
ないのかな?
宇宙物理学に「地球の気候変動」なんてございませんしね。
この文言は削除すべきだったように思えます。

次に韓国を調べてみたんですが、中央日報にはこの記事は見当た
りませんでした。
朝鮮日報も見当たりませんでした。
聯合ニュースも見当たりませんでした。
私の探し方が下手くそなのかもしれませんが、普通に考えると、
TOPニュースになりませんかね?
北朝鮮もそうですが、本当に理解に苦しむ国家です。

ホーキング博士がいなくなることが、どれだけ世界の物理学に損
失を与えることか・・・。
ここまで宇宙物理学を、一般庶民に分かりやすく、しかも楽しく、
そして図解で説明した博士は、これまでに存在しないと思います。
「ホーキング、宇宙を語る」を読んで、宇宙物理学に興味を持った
方々も大勢いらっしゃるんじゃないんでしょうか。

こんな時こそ、日本のメディアは「ホーキング博士の追悼番組」と
かを放映すべきだと思うんですけどね・・・。
日本国内でも、悲しんでいる方々は大勢いると思うんですけど。

●●●追伸●●●
宇宙物理学には「マクロ」と「ミクロ」の物理学が存在します。
マクロ物理学:ニュートン力学、相対性理論
ミクロ物理学:量子力学

ホーキング博士は、この相反する2つを「これでもか!」っていう
くらいに駆使して来ました。

マクロ物理学において、存在するであろうブラックホールが、実は
ミクロ物理学に当てはめてみると「蒸発」するなんて考え方はね、
ホーキング博士のような「概念」に捕われない発想の持ち主で無い
と、決して到達出来ないんじゃないのかな?

ニュートンの時代は、ミクロ物理学がありませんでした。
アインシュタインは、「神はサイコロを振らない」っていってるよ
うに、自然に美しさを求めました。
つまりミクロ物理学を、頭から否定しちゃったんです。

しかしホーキング博士は、このどちらも受け入れた上で理論の羽を
伸ばして来ました。

これからの将来、このような人物が再び出て来て欲しいものです。

ここで、改めて追悼の意を捧げます。

私は「ホーキング」という名前を忘れることは、一生ありません
から。

この記事へのコメント