日本からポーランド、北朝鮮に韓国、そしてロシアに米国に中国、頭がパンクしそうです

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、さっさと帰宅してFOMC声明文の確認です↓
FOMC声明全文
(ロイター 2018年3月22日 / 04:49 配信)

前回の声明文とほとんど同じ内容で、見るべきポイントがありま
せんでした・・・。
唯一のポイントがこの文言かな↓
「短期的な経済見通しへのリスクはおおむね均衡しているとみられ
る(appear roughly balanced)が、委員会は物価の動向を注
意深く監視(monitoring inflation developments closely)
する」。
つまり、米国の関税政策による米国も含めた経済への影響、減税政
策による米財政赤字への影響などが予測出来ないので、注意深く監
視する、ってことなんじゃないのかな。
結局は、今後の状況次第ってことです。
私のような素人が読むと、かなりの先行き不安を感じるんですけど、
この不安の最大の要因こそ、トランプ大統領の政策が予測出来ない
ことにありそうですよね。
ってことは、ドル安傾向が今後も続く可能性が高い、ってことにな
りますが、ドル売り円買いかドル売りユーロ買いかで、今後の為替
は大きく変化しそうです。
いずれにしても、日々確認をしていくしか無い、ってことですね。

久しぶりに日本に関する記事を見ていたんですが、まさかこんな記
事があったとは↓
年金機構、違反把握後も契約見直さず=中国業者再委託―誤入力31万8000人か
(時事通信ニュース 2018-03-20 21:30 配信)

これって「森友問題」よりも1億倍は重要でしょう!
だってね、間違い無く中国に日本のマイナンバー自体を取得されて
いる可能性が、極めて高いからなんです。
「中国業者を現地で監査した結果、入力ミスはなく、個人情報も外
部流出していなかった」。
そんな訳が無いでしょうに・・・。
本当にこの「日本年金機構」って、動物か昆虫の集まりとしか思え
ないんですよ。
もしも人間だったんなら、理性も知性も無い、本能のままに生きる
人間なんでしょうね、マジで最悪の組織です。

お次は森友問題に関する記事で、こちら↓
書き換え、「趣旨は改ざん」=省内調査の中間報告せず―財務省
(時事通信ニュース 2018-03-22 12:53 配信)

この記事を読んで、「あっ!」って思った文言がこちら↓
「麻生太郎副総理兼財務相は「(大阪地検の)捜査が終わらないと、
こちらが聞いても(職員が)なかなか答弁しない」と説明」。
これって問題の決算文書が、現在は大阪地検にある、ってことです
よね(皆様方は、遥か昔にご存知なんでしょうけどね)。
ってことは、朝日新聞にリークしたのは大阪地検なのかな?
もしもそうなら、これはこれで大問題に発展しますよ。
ただ、これは妄想でしかありませんので、もう少し今後を見て行く
必要がありますけどね。

しかしまあ~、中央省庁を含む政府周辺の組織って本当にどうしよ
もないのが、ちょっと多過ぎます。
ちょこっと極論なんですけど、今の首相を引き摺り降ろしたいんな
ら、官僚がわざと改ざんすれば、いつでも首相を引き摺り降ろせる
ことが、世の中に認められてしまうことになりませんかね?
官邸がそこまで監視することなんか、まず不可能なんですし。
私なんかは、やはりこの問題は、あくまでも刑事事件として取り扱
うべきかと思っちゃいます(っていうか、刑事事件じゃない?)。

ここからは日本を離れて、まずはこの記事から↓
ポーランドでまた歴史否定発言「ユダヤ人は自らゲットーに行った」
(Newsweek日本語版 2018年3月22日(木)18時00分 配信)

ちなみにポーランドってここにあります↓

ポーランド.gif
(出展:外務省HPより)

この記事の最重要文言がこちら↓
「第2次大戦中にポーランドではユダヤ人300万人が虐殺されたが、
モラウィエツキ政権は自国には何の罪もないと主張。新法の下では、
ポーランドにも責任があると言えば3年以下の懲役か罰金刑を科さ
れる。この法律の適用を除外されるのは科学的な調査と芸術作品だ
けだ」。
つまり自国の歴史否定に対する法律を定めちゃった、ってこと。
このことは、あまりメジャーな記事としては取り上げられてきた
とは思えませんけど、中国や韓国などはそれなりに注目しているよ
うです。
何故って、いきなり法律にしちゃうと、世界からの反発を受けてし
まう可能性が高いからなんです。
だから、プロパガンダをせっせとやって、法律を作っても世界が、
「当然だよな~」っていう情勢を作り出したい訳なんです。
この記事は、かなり奥が深いと思います。

次はこの記事↓
北朝鮮とロシア、経済協力の議定書に調印
(Daily NK Japan 2018年03月22日 配信)

中国でもなく韓国でもなく、ロシアと調印したことがポイントと
考えられます。
明らかに、
「北朝鮮は中国の属国とちゃうんやで~」
ってことを、世界にアピールしているように思えます。
この記事で、気になる文言がこちら↓
「盧斗哲(ロ・ドゥチョル)内閣副総理兼国家計画委員会委員長と
面談し、金正恩党委員長へのロシア政府からの贈り物を伝達した」。
「伝達」って言う以上、お花とか菓子折りじゃないことは確かです
よね。
普通に考えたら、北朝鮮が欲するものは3つで、燃料・穀物・技術
でしょ。
燃料と穀物は、ロシアとしても大歓迎だと思われますので、残るは
技術ということになります。
暴想なんですけど、対中国戦線を共同で実施するんなら、ロシアの
技術輸出もありえるのかもしれませんね。
これも裏がメチャメチャありそうです。

ほんでもって、次がこちらの記事↓
アフリカ自由貿易圏の発足で合意 44か国 ナイジェリアは署名見送り
(AFP BB NEWS 2018年3月22日 16:54 配信)

遂にEUならぬAUが発足しようとしています。
ただ現在のEUの情勢を見る限り、ナイジェリアとか南アフリカが
慎重路線を行くのは、当然ですよね~。
それでも実現すれば、世界最大規模の貿易圏になることは間違い
ありません。
米国・中国・ロシアおよび日本を含めた世界各国が、この貿易圏
に対して、どのように動いていくのか見ものですよ。

最後にこの記事↓
「韓米朝首脳会談」の可能性は…文大統領は終戦宣言も検討
(朝鮮日報日本語版 2018/03/21 23:20 配信)

この記事を読んで不思議に思いませんでしたか?
「中国」って言葉が、一切出て来ないんです。
もちろんですけど、「日本」もね。
相変わらずなんですけど、お花畑大統領は都合のいいように金正
恩氏の手の平で、踊らされているようですね。
しかもそれが、自分が演出したかのように勘違いしているんです。
かなり末期症状なのかもしれませんね~。

この記事の中での注目すべき文言がこちらなんです↓
「文大統領はこの日の会議で「韓半島の平和定着は南北間の合意だけ
では達成できない。米国の保障が必要だ」と述べた。さらに、そのた
めには米朝関係の正常化と米朝間の経済協力の進展が必要だと指摘し
た」。
何故注目すべきかと言いますと、特にこの文言↓
「米朝間の経済協力の進展が必要」
これって、簡単に言うと経済制裁を解除しようよ、ってことでしょ。
つまり、米国を利用した日本へのメッセージでもありますね。
ここで中国が、どのように動いてくるのかがポイントとなりそう。

1つ目は、
「北朝鮮が中国の属国扱いを、真剣に拒否しているかどうか?」
ってこと。
素人目に見ても、拒否しているように考えてしまいますけどね。

2つ目は、
「中国との貿易にかなり依存している韓国が、中国の反発覚悟で
北朝鮮との融和を求めるかどうか?」
でしょ。
お花畑大統領の言論を見る限り、中国よりも北朝鮮の方が優先順位
は高いように思われます。
そこまでしてでも、朝鮮半島に執着しているんでしょうね。

そして3つ目は、
「米国による経済制裁解除を実現させる」
ってなります。
米国主導で経済制裁を行って来た訳ですから、米国が解除すれば、
必然的に経済制裁が解除される訳です。

ここには中国が入り込む余地がありませんから、正々堂々と韓国
は宣言出来るんです。

しかしながら、お花畑大統領にここまで米朝関係を紡いで行くだ
けの実力は、正直なところ無い、って考えています。

だからこんなことも言っちゃうんです↓
「米国の保障が必要だ」
ってね。

結局のところ、「中国から守ってくれよ~」って言ってるだけで
しかありません。

申し訳ありませんが、大統領がこんなに右往左往しちゃうとね、
普通は国民の怒りが爆発するんですけど・・・。
何故か、あの国では爆発しないんです。
挙句の果てには、お花畑大統領にノーベル平和賞ってな団体も出現
しそうになりましたしね。

お花畑大統領の浮き足立った状況が、非常に鮮明になっています。

浮き足立った、しかも北朝鮮しか見ていない国家と、日本は真っ正
直に向き合う必要性を、私は全く感じません。
この重要な時期にね、森友の改ざん問題とか、年金機構の問題とか
タイミングが良過ぎませんか?

考え過ぎ???

●●●追伸●●●
個人的には北朝鮮は、米国と中国とロシアを天秤に掛けているだけ
だと思っています。
中国からは燃料と穀物は来ますが、技術は来ません。
ロシアからは、その全てが来る可能性があります。
米国からは、親米になればその全てが来ることが約束されます
(但し、米国に暗殺されないことを条件にね)。

日本から見れば、どれ1つとって見てもメリットが無いんです。
だから安部首相も焦っているんでしょう。

何度でも言いますが、「焦っちゃダメ!」なんです。

この記事へのコメント