北朝鮮から見れば、中国はサプリだったのかもね

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

いや~、会社でも北朝鮮の訪中について話題になるかと思いきや、
全く話題にならず・・・。
森友問題も話題にならず・・・。
せっかくのお昼休みの時間なのに、仕事の話してどうすんねん!
って思いませんか?
ってな訳で、帰宅時に近くの野池に釣りに行って来ました。
10円玉を溶かして自作したメタルバイブなんですが、何と、今年
初めてのバスが釣れました!
って言っても、30cm弱なんですけどね。
でもね、この興奮ってバサーにしか分からないものがあると思い
ますよ。
思わず「よっしゃ~!」って叫んじゃいましたから。
その途端に、周囲の木々にいた鳥たちが一斉に飛び立ちましたけ
どね。
いよいよ季節到来、って感じです。

本日の最初の記事は、当然ながらこちら↓
習近平総書記が金正恩委員長と北京で会談
(人民網日本語版 2018年03月28日08:18 配信)

まずは習近平氏の文言↓
「金委員長の今回の訪中は特別な時機にあたり重大な意義を持ち」
これは当然の文言でしょうね。
だって、蚊帳の外に置かれていた中国に、金正恩氏が訪ねて来てく
れたんですから。

次の金正恩氏の文言が、ちょこっと不気味↓
「最近中国は重大な出来事、喜ばしい出来事が相次いでいる」
その後の文言は、全て「喜ばしい出来事」のみを語っているんで
すよ。
ってことは、この「重大な出来事」って何を指しているんでしょ
うか?
「米中貿易紛争」とかが、考えられそうです。
ってことは、トランプ氏が中国に関税問題を仕掛けなかったら、
金正恩氏は中国に行ったのかな?
とか、妄想が止まりません。

その後の習近平氏の文言が、中国って国を端的に表しています↓
「中朝の伝統的友情は両党・両国の上の世代の指導者が自ら定め、
培ったものであり、双方共通の貴重な財産だ」
北朝鮮は中国の属国であることをご先祖様が定めたんだよ、って
言ってるだけじゃないんですかね。
その後の文章の内容は、中国の一方的な要望のように思えて仕方が
無いんですけど・・・。

そこで金正恩氏は何と言ったか↓
「新たな情勢の下、朝中友情を継承し、発展させることは朝鮮側に
とって戦略的選択であり、いかなる状況においても変わることはな
い」
いかなる状況においても、友情は変わらないってことなんです。
属国相手に友情なんかは、存在しません。
この「友情」って言葉を習近平氏から出させたのには、かなりビッ
クリさせられました。
その意思がモロに出ている文言がこちら↓
「今後習総書記とよく会い、また特使の相互派遣、親書のやり取り
などを通じて緊密な意思疎通を保ち、両党・両国関係に対する上層
部会談の先導を新たな水準へ発展させたい」
ここでいう「新たな水準」とは、「属国扱いすんな!」水準ってこ
となんじゃないのかな。
そこまで北朝鮮としては「発展」させたいんでしょう。

次に習近平氏が、中国としての条件を突き付けています↓
「朝鮮半島問題において、われわれは朝鮮半島の非核化という目標
の実現、朝鮮半島の平和・安定の維持、対話と協議を通じた問題解
決を堅持している」
この点だけは中国として、世界的に見ても譲れない条件ってことを
改めて表明したことになります。

そして最後の金正恩氏の文言が、全てを物語ってくれています↓
「現在朝鮮半島情勢は好転に向けて発展し始めている。われわれは
自ら緊張緩和措置を取り、平和対話を提案した。金日成主席と金正
日総書記の遺訓に従い、朝鮮半島の非核化実現に尽力することは、
われわれの終始変らぬ立場だ。われわれは北南関係を和解・協力の
関係に変え、北南首脳会談を開催することを決意した。米側と対話
し、朝米首脳会談を行いたい。もし南朝鮮と米国がわれわれの努力
に好意的に応じ、平和で安定した雰囲気を築き、平和実現のために
段階的、同時的措置を講じるのなら、朝鮮半島の非核化問題は解決
できる。この過程において、われわれは中国側と戦略面の意思疎通
を強化し、共に協議・対話の勢いと朝鮮半島の平和・安定を維持し
たい」
この文章のまんまですよね。

先代の時代から北朝鮮を存続させるには、核を持つしかなかった。
何故なら、中国が北朝鮮存続のための政策を採らず、あくまでも、
中国の属国としてしか扱ってこなかったから。
だからわれわれ北朝鮮は、中国抜きで独自に決意して、やっとこ
こまで辿り着いた。
それでも北朝鮮は、中国の属国なの?

ってな感じにしか、この記事は読めないんですよね~。
これまた妄想ならぬ暴想なんかな~?

どこからどう読んでも、
「属国じゃなくて対等な国家として北朝鮮と向合えよ、中国!」
にしか読めないんですけどね。

そんな中で、この記事↓
李克強総理が米議員訪中団と会見
(人民網日本語版 2018年03月28日14:24 配信)

この記事のポイントとなる文言は、これかな↓
「米議員訪中団は「米中関係は世界で最も重要な二国間関係の1つ
であり、両国間に衝突を起こす理由はない。米議会は互恵・ウィン
ウィンの方法による両国間の経済・貿易摩擦の解決を後押しし、米
中関係の発展が両国民に恩恵をもたらし続けるようにしたい」
と表明。
結局のところ、貿易不均衡を米国は中国に求めているだけ。
李克強総理が、何と言おうともね。
だってウィンウィンじゃ無いんだから。


ちょこっと頭を冷やす意味から、最後にこの記事です↓
江崎グリコから糖質50%オフのビスケットなど新商品続々登場 「働く女性を応援する食のスタイル」を提案
(おたくま経済新聞 2018/3/28 18:53 配信)

この経済新聞は、私にとってはオアシスのような新聞なんです。
何てたって、興味は無いけど興味をそそる記事が、ポツ~ンって
掲載されるからなんです。

ってな訳でこの記事なんですけど・・・。

食生活を改善したいんなら、食生活を根本から見直せよ!
って思いませんか?
食生活よりも優先させているものがあるから、このような状況に
なるんでしょうに・・・。
仕事が大事ですか?
健康が大事ですか?

生きるためには食べないとね。
ただね、ここに偏りが存在するからサプリとかに手を出すんです。

それじゃ、何で偏りが存在するの?

偏った食事をしているからでしょ。

では何で偏った食事をしちゃうの?

食事よりも優先順位が高いものが存在するからでしょ。

だから食事に関しては、適当になっちゃうんです。
そんなんで良いの?

●●●追伸●●●
何でこの記事を最後にしたかと言いますと、中国と北朝鮮の関係を
考えたときに、「意外とリンクしてんな~」って思ったからなんで
すよ。

金正恩氏は仕事を最優先にしています。
もちろん、金政権の存続でしょう。
そのためなら、体である国民がどうなろうと知ったこっちゃない、
ってことになります。
北朝鮮国民という体を考えた場合は、健康を第一に考えますよね。
北朝鮮国民にとって、最大の健康とは何か?
「経済援助」しか無いんとちゃいます?
つまり中国は北朝鮮にとっては、サプリなんじゃない?ってこと。

金正恩氏は自らの政権を守りたいだけでしょう。
そのためには仕事をするしかないんです。
でも、その体である北朝鮮国民は蝕まれて行きます。
だから、そうなる前にサプリが必要なんです。
「中国」という名のね。

これまた暴想~?

この記事へのコメント