米露の思惑が見え出して来たかな?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

お気に入りだったアントニオ猪木カーナビが、変になってしまいま
した。
まず、音声が出なくなってしまいました。
次に猪木がクルクルと回り続けながら移動するんです。
しかも意味不明なワープを繰り返しながら・・・。
唯一正常なのは、経路探索機能のみ。
買い換えるかどうか、悩ましいところです。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
慣例無視のトランプ・金英哲会談、トランプ氏は「賭け」に勝てるか
(AFP BB NEWS 2018年6月2日 14:49 配信)

この記事を読んでどのように思いますか?
個人的には、「外交的ギャンブル」をしているようには見えないん
ですけどね。
逆に、これまでのプロトコルに依存せずに、ヒソヒソ外交からワイ
ワイ外交をしてるじゃないですか。

この記事のポイントとなる文言が、こちら↓
「故金日成(キム・イルソン、Kim Il-Sung)国家主席と息子の故金
正日(キム・ジョンイル、Kim Jong-Il)総書記の肖像をあしらった、
赤い旗の形をしたバッジだ。いずれも北朝鮮のかつての指導者で、
現在の北朝鮮の指導者である金正恩氏の祖父と父であり、北朝
鮮の核開発を開始した人物と核兵器の放棄を拒否した人物である」

つまり、
「徐々に非核化を進めます」
「だから、徐々に制裁解除してね」
「そして、経済支援してね」
っていうのが、金正恩氏の狙い。

そしてこの文言↓
「トランプ氏は、自分が取引を成立させて金正恩氏が「金王朝」が続
けてきた数十年来の伝統を捨て去る」
この文言は、北朝鮮が言う「徐々に」って言葉を破棄した内容になっ
ています。
つまり、「せ~の」でいっせいに破棄しろ、ってこと。

これらを踏まえた上で、こちらの文言↓
「会談は90分近くも続き、会談を終えたトランプ氏は「われわれはほ
ぼすべて話し合った。たくさん話した」と述べた」
ってことになります。
話し合った内容を妄想すると、
金正恩氏はカダフィー大佐のようには、なりたくないはず。
だったら、トランプ大統領が金体制の完全保証を目に見える形で
示せばよいだけのこと。
最も手っ取り早いのは、安保理決議かな。
とにかく金正恩氏は、核廃棄後に暗殺されることを恐れているんで
すから、その疑念を払拭すればいい訳なんです。
そのための話し合いだったんじゃないのかな~、って思います。

お次はこの記事↓
ロシア大統領、9月の極東フォーラムに正恩氏招待=外相訪朝で伝える
(時事通信ニュース 2018-06-04 19:47 配信)

そもそもなんですが、トランプ大統領とプーチン大統領の仲が悪い
とは、考え難いんですよね。
但し、米露の中が悪いのは事実なんです。
これまた不思議な関係なんですが、外交とはそういうものなんで
しょうね。
では何故、プーチン大統領は金正恩氏を極東フォーラムに招待
したんでしょうか?
ここからは、完全なる妄想に入りますのであしからず
①北朝鮮は米国に対する緩衝国であり、失いたくない。
②ロシアは極東において日本の経済支援を受けたい。
③しかしロシアの極東を発展させるためには、労働者が必要。
④北朝鮮には、勤勉な労働者がいる。

ってな感じでしょうか。

恐らく何ですが、ロシアは北朝鮮に対して極東フォーラムであると同時に
労働力の国、って見てるんじゃないのかな。
このことは、対中国境線も見据えてのことのように思えます。

では極東フォーラムに金正恩氏が訪露したとして、プーチン大統領
は、何と言うんでしょうか?

間違い無く言えることは、
「米国の言うことを信じるな!」
だと思います。
そして、
「ロシアを信じろ!」
じゃないですかね。

その上で日本の拉致問題を出して来そう。
ロシアにとっては、国益に無関係な話なので何ぼでも言えます。
これでロシアは日本に恩を売ることになります。
さらに北朝鮮周辺国で本格的に経済援助をする国家は、「日本」
だけやで、何て言い出すと、金正恩氏もチョッピリ本気になるかも
しれません。
金正恩氏も、中国の経済援助の実態は理解しているはず。
だったら、日本の経済援助を本格的に取りれて行こうと考えても、
不思議では無いですよね。

ロシアの思惑は、日米ではなく日露において日朝首脳会談を開催
したいんじゃないのかな。

あくまでも妄想なんですが、米露で拉致問題を取り上げてくれると、
心強い限りです。

●●●追伸●●●
このようになればいいな~、ってこと。

でも極東フォーラムには、あの習近平氏も招待されているとのこと。
ここらがロシアのしたたかさなんでしょう。
やはり軍事面では、反米同盟機構のようなものを構築したいんで
しょうね。
但し、「表向きは」って感じですけど。

今の日本は北方領土問題よりも、尖閣諸島を基点とした領土問題
の方が、はるかに急務なんです。

米国は中国への技術漏洩を阻止するために、中国企業に様々な
圧力を掛けているのに、日本の女性バカ大臣は中国との技術協力
を約束したりしてしまっています。

本当にお金のためなら、家族や孫や友人や地域住民から、国家ま
で全てを中国に貢ぐんですね~。

安倍首相って外交手腕は超一流なんですけど、国内手腕はかなり
レベルが低いと言わざるを得ませんね。

この記事へのコメント