朝鮮半島問題が自国を考え直すきっかけになればいいね!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、ちょこっと気になったことから。
お昼休みって普通、雑談しませんか?
お昼休みまで仕事の話をするもんなんですかね~?
仕事の話は仕事中にすればいいんです。
何でお昼休みに仕事の話をするのかが、理解出来ないんです。
だってね、「お昼休み」=「息抜き」の場じゃないですか。
つまり、「息抜き」が出来ていないってことでしょ。
これって、仕事しか興味が無く、かつ仕事が趣味、ってことなんじゃ
ないのかな。
これだと視野が狭過ぎます。
仕事のことしか知らない社員、ってことになります。
仕事のことしか知らない社員が、柔軟に頭を使って考えることが、
果たして出来るのかどうか?
出来ないからこそ、ミーティングや会議を開催して、多数の意見を
求めようとしている、ように思えてならないんですが・・・。
皆様方は、どのように思われますか?

ってな訳で、本日最初の記事はこちらから↓
文大統領が21日からロシア国賓訪問 プーチン氏と首脳会談へ
(聯合ニュース 2018/06/08 15:00 配信)

米朝首脳会談の後に訪露ですか~。
やっぱりお花畑大統領は、「朝鮮半島ファースト」なんですね。
お花畑大統領は北朝鮮を存続させたい、それはプーチン大統領も
同じ考え。
それ故に、国賓として迎えるんでしょう。
この記事でのポイントは、この文言↓
「北の非核化と朝鮮半島の平和定着を巡り協議する」
つまり朝鮮半島の非核化ではなく、北朝鮮の非核化、って明確に
伝えていることなんです。
これは暴想なんですが、トランプ大統領に操られていない?
って想うのは、私だけ?

次はこちら↓
日米共同記者会見
(首相官邸HP より)

最初の気になる文言がこちら↓
「拉致、核、ミサイルの諸懸案を包括的に解決し、北東アジアに真の
平和が実現することを、我が国は、強く願っています」

現在に生きる日本国民のことを考えると、「核、ミサイル、拉致」の
順序になるはずなんですが、はっきりと「拉致」を先頭に持って来て
います。
安倍首相はトランプ大統領と、拉致に関する確約を得たのかもしれ
ませんね。

そしてこの文言↓
「国際社会全体が、米朝首脳会談によって、北東アジアの平和と安定
に向けた扉が開くことを、強く期待しています」

北東アジアには中国も含まれているんです。
この文言も中国に対する姿勢で一致したように思えますよね。

最後にこの文言↓
「北朝鮮には、豊富な資源があり、勤勉な労働力があります。北朝鮮
が正しい道を歩むのであれば、明るい未来を描くこともできる。我が
国も、日朝平壌(ピョンヤン)宣言に基づいて、不幸な過去を清算し、
国交を正常化し、経済協力を行う用意があります。できる限りの役割
を果たしていく考えです」

「できる限りの役割」とは、
①北朝鮮の非核化、ミサイルなどは米国が受け持つ
②金体制の安全保障も米国が受け持つ
③拉致問題に関しては、議題の中に盛り込む
④経済支援は日本が担当してくれ

ってな感じが考えられるんですが、どうなんでしょうかね?
だって拉致問題で米軍が出動することなんか、絶対に有り得ません
から。

金正恩氏は、この記者会見を見てどのように考えているんでしょう。
核放棄による、「暗殺」と「経済発展」を両てんびんにかけているんで
しょうけどね。

そんな中で、この記事↓
米、中国ZTE制裁解除で合意=商務長官
(時事通信 2018-06-07 23:18 配信)

米国の中国に対する本気度を、端的に表している記事です。
⑤罰金10億ドル
⑥法令違反抑制のための担保金4億ドル
⑦今後30日以内に経営陣を刷新
⑧法令順守部門を設置し、米政府が選んだ役職員を10年間採用

何が何でも、「米国の技術を盗ませへんぞ!」って意志が伝わって
来ますよね。

この記事に関して、「大丈夫?」って想ってしまう記事がこちら↓
水素エネルギー技術研究開発センター設立
(人民網日本語版 2018年06月07日15:17 配信)

トヨタさん!
本当に大丈夫なんですか?
水素技術を中国に盗まれ続けていませんか?
まさか、中国に水素技術を売ったりしていませんよね?
自社の利益のためだったら、日本国に不利益なことでも平然と
行ったりしていませんよね?

ってのが、素直に個人的な受け止め方です。

グローバリズムに国境なんてありませんから、遵法・遵法とか
表向きは叫びながらも、裏では国益に反することを平然と実行
する企業の何と多いこと。

何度でも言いますけど、今一度ね、「江戸時代」を振り返ってみ
ては、如何でしょうか?

●●●追伸●●●
このことは国会議員にも当てはまります。
経済界にも当てはまります。

つまり、国家よりも自社存続が優先される、ってことなんでしょうか。

よくね、「時代の流れに臨機応変に対応する」
って意味不明なことを言う経営者がいるんですが、
「時代の流れ」
って何ですか?

欧米を中心とした「欧米のため」の流れなんじゃないの。

何で独自の世界観と文化と歴史と技術を保持する「日本」が、そんな
流れに対応しなきゃならないんですかね?

これこそ日本国の強みであり、世界を席巻できるだけの「強み」なん
だと、想うんですけどね。

横文字ばかり言う経営者に、ロクな方々はいません。

だって、日本国がどうなろうと「知ったこっちゃ無い」んですから。

この記事へのコメント