G7から見た保護主義って何なんだろう?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は帰宅時に猫を轢いてしまいました。
あの轢いたときの感じ・・・。
一生忘れることが出来ません!
後ろの車が車間距離を取っていてくれれば、急ブレーキで轢かず
に済んだかもしれないんですが・・・。
可哀想なことをしてしまいました。
車間距離は取りましょうよ!
自身のためなんですから。

帰宅して早速FFOMC発表を見たんですが、市場の予想通りの結果
でしたね~。
「利上げペースが早まる」
ってことです。
これってね、金融面から見れば、
「日米の金利差による、ドル高・円安が進む」
って考えられるんです。
でもね、米国の実体経済から見れば、
「実体経済よりも利上げペースが早まれば、インフレに向かっちゃう」
ってな状況も有り得るんです。
素人考えですけど、この2点は絶対に抑えておくべきだと思います。

本日最初は、この記事から↓
G7サミット、各国のイメージ戦略で繰り広げられた写真バトル
(AFP BB NEWS 2018年6月10日 13:06 配信)

米朝首脳会談が際立ってしまってて、そちらに意識が行ってたんで
すが、本日改めてこの記事の写真をじっくりと拝見しました。
直感で申し上げますが、
「グローバリズムvsナショナリズム」
の戦いなんだな~、って思っちゃいました。
単純なんですけど、欧米関係はかなり冷え込んだ、って言えそうで
すよね。
この記事を読んで、個人的に考えちゃうポイントが
「保護主義」
なんです。
ではね、「保護主義」って何?
自国のことを最優先にして政策を実行することでしょ。
自国よりも他国のことを優先する国家なんか、有得ませんよ。
「他国=世界」
って置き換えても当然のことです。
例えばなんですけど、グローバリズムに毒されているメディアって、
必ずこのような文言を使うんです↓
「自国にとってのみ都合がいい政策って、必ず世界的に大きな問題を
引き起こすんですよ!」
自国民の生命と領土を守るのが、国家の仕事でしょ。
世界的に大きな問題となっても、自国民の命と領土をを守るのって、
当然何じゃないのかな~?
じゃないと、他国とか移民に奪われて行くだけでしょ。
医師団なんかに国境なんか、無くてもいいんです。
人命救助に国境はありませんからね。
でも国家は別です。
だって国家は自国民の救助が最優先なんですから。
企業じゃないんですよ!あくまでも国民なんですからね。

ってな訳で、G7は欧米経済戦争に突入しそうな雰囲気です。

G7から米朝首脳会談で、昨日はFOMC声明。
この流れをどのように考えるのかが、今後0のポイントになりそう
ですよね。

最後に、この記事↓
文大統領 条件満たせば「韓米演習の中止検討できる」
(聯合ニュース 2018/06/14 19:51 配信)

この記事の最初に注目すべき文言がこちら↓
「北に対する軍事的圧力について柔軟な変化が必要であり、韓米
合同軍事演習(の中止)についても慎重に検討する」
ここからは完全に妄想の世界に入ってしまうんですが、
「米韓合同演習の中止=韓国は自身で守れ」
「柔軟な変化が必要」=韓国の軍備増強
ってな感じに思えちゃうんです。

そのように思わせちゃう文言がこちら↓
「具体的な内容について、米国と緊密に協議するよう指示したという」
具体的な内容を、今から米国と協議するんだそうです。

北朝鮮は米国との会談を要望し、見事に為し遂げました。
米国は、米韓合同軍事演習の中止すらも示唆しました。
これってね、韓国の安全保障が非常に脅かされる事態ってことでしょ。

ってことは、韓国も軍備増強路線に走る可能性が高そうですね。

この記事の中で、「これはね~?」っていう文言がこちら↓
「南北を連結して大陸とつながり、平和と繁栄をリードする革新的な
挑戦を考える時だと説いた」
申し訳ありませんが、ここで言う「大陸」って米国ではなく、「中国」
ですよね。
何でこんなことを平然と言えるのか、理解に苦しみます。

朝鮮戦争で米軍がどれだけの犠牲を出したか、てな考え方自体が
出来ない国家になっちゃったんでしょうね。

何度でも言いますけど、
「お隣だから!」
的な考え方は、絶対にしてはいけません(国家間ではね)。

自国の保護主義って、そこまで「悪」なんですか?

この記事へのコメント